JM3AVI 山と無線大好き

山に登ってアマチュア無線やってます  山ラン(山岳移動ランキング)の活動記録

宍粟市の一山

2022-05-14 | 日記
2022年5月4日(水)
 藤無山を下山後まだ時間が早いのでもう一座予定していた一山(ひとつやま、1064m)に登る。この山も宍粟50名山に数えられる山だ。登山口は山の南側を通る国道429号の高野峠。登山口の反対側に広い駐車スペースがあったのでここに車をおいた。高野峠は旧波賀町と一宮町の間の峠で、国道と言っても峠辺りは幅員が狭く大型車は通れない。しかし、他府県ナンバーを含めて交通量はそこそこあるようだ。
国道高野峠の登山口
 峠のお地蔵さんの横に登山口の標識があり、その先も分岐点などにはわかりやすい標識が設置されている。杉の植林地を少し登って尾根筋に着くと松林と低い雑木林を分ける防獣ネット沿いの道となった。P895.5の三角点を過ぎると作業道が登山道のすぐ近くを通るところが何カ所かあるが、登山道を横切るようなことはない。その先も快適に登山道を進んでいく。山頂が近くなるにつれ樹種もナラか何かの広葉樹が中心となり、明るい新緑の中の登りとなった。
杉林を少し登っていく
ネット沿いの道もネットが邪魔になるようなことはない
道が曲がるところには標識がある
895.5mの三角点
三角点ピークからいったん下ると作業道が現れた
登山道のすぐ際で作業道はとまっている
この辺りは古い林道のような所を歩く
山頂までもう少し
 一山山頂に着くと一気に眺望が広がった。北側の阿舎利山や三久安山などまだ登っていない山が正面に見えて今後の登頂意欲をくすぐる。アマチュア無線は430MHz・FMのハンディで京丹波町の長老ヶ岳から出ていたJG3WSE局、京都府・福井県境の青葉山のJI2JEK局、高知県筒上山移動のJH5GAS局ほかと交信することが出来た。無線と展望を存分に楽しんでから同じルートを下った。
山頂手前でやっと眺望が開けた
一山山頂、正面に氷ノ山
宍粟50名山の標識
西側?
北側?
東側だったような・・・
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

次男夫婦と夕食会

2022-05-08 | 日記
2022年5月7日(土)
 大阪南部で暮らしている次男夫婦は3月に晴れて入籍、コロナ禍とあって結婚式は9月に親族のみで行うことになっている。私たち夫婦もお嫁さんと会うのは2回目なのだが、昨日は義母も一緒にお食事会。次男夫婦はそれぞれが仕事を持ち、聞けば二人そろっての休日は久しぶりとのこと。次男が子どもの頃はおばあちゃん子だったので、義母とお嫁さんとの初顔合わせも出来て楽しい時間となった。
 お店は北新地のチャイニーズレストラン。小さなお店でお料理はコースもあるが今回はアラカルトで注文。美味しくいただきました。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

藤無山

2022-05-06 | 日記
2022年5月4日(水)
 前夜は養父市の温泉に入り道の駅で車中泊した。連休とあって風呂も道の駅も混んでいた。移動二日目は宍粟50名山の藤無山(1139m)に登る。登山口は養父市側の大屋スキー場から登ることにした。このスキー場は初めて来たが、グリーンシーズンはキャンプ場営業をしており早朝からゲレンデで遊ぶこども達で賑わっていた。
ゲレンデ下はオートキャンプ場になっていた
 駐車場に車をおいてキャンプする人を横目に林道を上がる。ゲレンデトップから先も林道が続き市境界まで林道歩きだった。そこからは市境界の尾根筋を登っていく。登山道の踏み跡ははっきりしているが、養父市側の桧の枝などが時々被さってくるのを避けながら登った。
林道沿いにはグランピング施設が点在
キャンプ場辺りを俯瞰
ゲレンデトップのリフト降場を見上げる
この辺りの眺望はいい

スキー場が過ぎてからも林道歩き
終わりころには林道が崩落
市境界の尾根筋を登って行く

降雪の影響か変形した樹形も多い
 藤無山の山頂は広くて眺望もあり雰囲気のよいところだった。430MHz・FMで三重県津市移動のJS2MIT局と交信したほか、50MHz・SSBでも岡山県赤磐市移動のJR4EDU局他と交信することが出来た。
 下山は同じルートを戻る。スキー場まで下るとリフトが動いており、夏スキーを楽しむスキーヤーが多くいた。
藤無山山頂
山頂からの眺望はこんな感じ
下山時には夏スキーをする人が多かった
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

須留ヶ峰

2022-05-05 | 日記
2022年5月3日(火)
  GW後半は全国的に好天の予報。高速道路の渋滞や人の多そうなところを避けて、またまた兵庫県北部に向かう。3日に登ったのは養父市の須留ヶ峰。登山口となる養父市餅耕地の集落を抜けて細い林道を車で進み、林道の駐車余地に車を停めた。先行者と思われる車が二台ありわずかなスペースに何とか駐車することができた。
この先も進んでみたが倒木がありバックでここまで引き返した
 まずは舗装された林道を終点まで歩く。すぐ横を流れる沢は水量も多く流れも早い。周りの新緑と一体となりとても雰囲気が良く癒される。林道終点からは沢の渡渉や丸木橋で沢を何度も渡りながら高度を上げて行く。
標識は多いが時間と距離はあまり当てにならない
沢の流れは見飽きることがない
 1時間ほど登ると今では使われなくなった地道の林道に合流する。ここで標高は650mほど。合流点の林道は少し崩落しているが、その先はちょっとだけ林道を歩く。
沢に沿って登っていく
この丸木橋はやめて沢に下りる

林道崩落地に合流
 林道はすぐに終わりその先は尾根を登る。次第に林相は杉の人工林からブナなどの広葉樹の森に変わる。登りには周りをよく観察する余裕がなかったが、下山時には大杉山山頂付近に天然杉が多いことがわかった。標高1048mのピークは大杉山の名前が付いている。登山道にずっと設置されている案内板にはこのピークが須留ヶ峰と描かれているがこれは明らかに間違いだろう。大杉山山頂からは素晴らしい眺望が広がっていた。ここで弁当を食べしばし休憩。
林道終点から尾根筋の道へ
気持ちのよい林を登っていく
標高が上がると新緑が始まったところ
大杉山山頂
妙見山辺りか

氷ノ山と鉢伏山はよく分かる
 須留ヶ峰山頂まではいったん下って小さなピークを幾つか越えて登り返す。疲れた体にはこれが結構きつかった。須留ヶ峰(1054m)は周りを低木が囲みほぼ展望はない。三角点と山名を書いた標柱があるだけの落ち着いた山頂だった。430MHz・FMで徳島県の次郎笈 に登っているJJ5ERA局を呼んで交信し山ランも達成することが出来た。 
大杉山の先にあった大杉?

須留ヶ峰山頂
須留ヶ峰からの眺望はこの程度
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

丹波市の天狗山と高山

2022-05-01 | 日記
2022年4月30日(土)
 GW前半中日、今日は天気が回復しそうなので先週に続いて丹波市方面へ向かう。予定では、丹波市谷川にある首切地蔵尊から高山林道を進み、ケヤキ峠から天狗山(558m)と高山(660m)をそれぞれピストンで登るつもりだった。首切地蔵の手前に生活環境保全林の標識があり、ここが高山林道の起点になっている。広い駐車場があったのでここに車を駐める。
高山林道を入る
 高山林道は9割ほどがコンクリート舗装された良い道で、途中には森林整備作業中でチェーンソーの音が響いていた。林道終点まで行くと車が駐まっている。ハッチバックのドアは開いたままだが人は見当たらない。花木の採取か何かの許可証がフロントガラスに見えた。ここからケヤキ峠まで予定では10分となっていたが、車に気をとられたか登山口をよく確認せず谷筋の踏み跡に入ってしまう。しばらく進んでからGPSを見てルート間違いに気がつく。戻ろうかとも思ったが薄い踏み跡は続いており、そのまま谷を詰めればケヤキ峠と天狗山の中間辺りの尾根に乗れそうだ。
谷筋の炭焼き窯跡
 尾根に乗ると比較的新しい防獣ネットが尾根沿いに続いている。天狗山山頂の手前でネットは終わり一登りで山頂。樹木に囲まれて展望はない。三角点があり点名奥山のプレートがかかっていた。430MHz・FMで堺市のJA3WPN局他と交信しケヤキ峠に向かう。
天狗山への尾根筋にはネットが続く
天狗山山頂、三角点と関電の標識が見える
山崎独歩会の点名プレート
 ケヤキ峠に着いて本来登ってくる予定だった道を見るがそれほど明瞭な道ではないようだ。ネットで見ていた峠の標識も朽ち果てて残骸が放置されていた。峠から高山手前の猿藪分岐までは急登が続く。ヤブや倒木もあって歩き難い。少し登ると倒木で東側の眺望が開けているところがあった。お腹も空いてきたのでここで休憩することにして昼食をとる。その後の登りもロープ場など一部に登りやすいところもあったが、相当厳しいものだった。猿藪との鞍部からは傾斜は緩やかになるが踏み跡も隠れるようなヤブだった。
ケヤキ峠
ここで昼食
猿藪分岐
松の木に小さなキノコ類がたくさん
白髪岳辺りかな
 ようやく着いた高山山頂には標識が何とか残っていた。以前には眺望もあったようだが、今は木が伸びて北西側の樹間にほんの少しのぞく程度だ。無線は奈良県黒滝村の大天井ヶ岳に登っているJN3OHW局ほかと交信することが出来た。
高山山頂、三角点は無残な姿
 下山は予定変更で西側に続く西脇市との市境界尾根を下る。このルートはヤブもなく歩きやすいルートだった。大呂峠でお地蔵さんを見て北側の林道に降りる道を下る。途中から地図にない作業道が山道を寸断していた。林道を歩いて首切地蔵尊を見学し駐車場所に戻った。
西脇市との境界尾根
伐採地、松は残されている
高圧線鉄塔からも眺望はこの程度
大呂峠のお地蔵さん
首切地蔵尊、そこそこ参拝者がいる
地蔵茶屋も開いていた
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

丹波市の明治山

2022-04-27 | 日記
2022年4月23日(土)
 マゴ谷に登った後は南東にある芦谷(679m)に登ることも考えていたが、疲労度や残り時間などいろいろ考えて今日はパス。まあ、毎度のことながら一座目の山頂に着く前にそんな気持ちが半分以上になっているのだが・・😅 
 このまま帰ると早すぎるので途中にある低山の中から明治山(154m)に立ち寄る。明治山は丹波市氷上町にあって、市役所の隣にある甲賀山と並ぶ標高100m余りの超低山だ。甲賀山には快適な遊歩道があるのに比べて、明治山は薮山との情報もあって今まで未踏であった。
 南東にある寺院マークが普門禅寺でここから道があるらしい。寺院の駐車場があったので車をおかせてもらう。お寺の人がおられれば挨拶をしようと思ったがどうも留守のようだ。建物の前を通って右手の傾斜地に進む。そのまま傾斜地の仮設階段を登ると手入れされたタケノコ畑。時節柄とがめられたら嫌だなと思いながら足早に進む。その先は手の入っていない竹林となる。明らかに道間違いとは思ったが引き返す気にもならず先に進むと何とか道に出た。
竹藪を抜けてここに出た、すぐ下が寺院の登山口の模様
 「里山の道」の標識がある道は小笹のブッシュもある道だが踏み跡はよく分かる。すぐに山頂横の分岐に到着。山頂には三角点や説明板のほか防獣ネットなどもあった。説明によれば登山道や標識は2008年に地元の子供会が整備されたようだ。当時は山頂からの眺望もあったようだが今では眺望はまったくない。10MHzのアンテナを張り大東市のJG3NES局と交信した。下山は西の愛宕神社への道を下った。麓でタケノコ掘りをされている方に挨拶をして駐車場所に戻った。普門禅寺まで戻ると登山口の標識があった。登りは本堂の右へ行かずに左が正解のようだ。
山頂横の分岐
山頂の四等三角点、古墳跡のようだ
途中に展望台の標識があったが展望はない
愛宕神社
帰路に見たクライミングではなく山腹工事現場
最後に見た登山口の標識、石段の先から左に行くのが正解らしい
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

丹波市のマゴ谷

2022-04-24 | 日記
2022年4月23日(土)
 丹波市青垣町にあるマゴ谷(524m)に登った。この山は地理院地図に名前はなくネットで検索しても登頂記はほぼ見当たらないマイナーな山だ。丹波市周辺には、地図には載っていなくても日本山名事典に掲載されている山ラン有効のピークが多くあるので、まだまだ通いがいがある。
 登山口は青垣町大名草(おなざ)にある鹿野馬神社。地図を見ていてこの神社の上から山頂まで尾根筋を歩いてみようと計画した。神社前の加古川右岸には広い駐車場や近畿自然歩道のトイレがあった。駐車場の横でゲートボールをしている地元の方に挨拶してから赤いゲートを開けて橋を渡る。
駐車場、愛菜館おなざの向こうに大箕山が見える
ゲートを開けて神社へ
 鹿野馬神社へは苔むした階段を登っていく。神社の本殿裏に小さな社が二つあり、左側の社横から山の斜面に取り付く。そこそこの急登だが植林地の中を適当に尾根を目指して登る。尾根に付くと薄い踏み跡もあり、何より下草や薮がほとんどないのでとても歩きやすかった。途中の眺望は全くないが、それも日陰と思えばこれからの季節にはよいルートだ。
鹿野馬神社の階段を登る

鹿野馬神社本殿
マムシグサの咲く斜面を登る
神社裏の尾根に乗る
歩きやすい尾根筋
一部にマツタケ山があった(9月から11月まで入山禁止)
新緑の樹間に北側の尾根がのぞく
 山頂は広い疎林の中で周囲は樹木に囲まれている。三角点は地面に埋まっていて頭だけが出ていた。430や144MHzでCQを出すが応答なし。スマホを見ると電波が来ていたので、ネットでアマチュア無線局の運用状況がリアルで分かるJ-クラスタを見る。9割方が7MHzの運用となっていたので、こちらも7MHzのアンテナを張る。CWで茨城県つくば市移動のJH3GBD局を呼び交信成立。今日はフェージングの谷が深く最後は終了のやりとりが出来ないままの交信となった。
山頂は広いがプレートの類いは発見できなかった
7MHz・CWを運用
 下山は同じルートを下ったがP390から東の尾根を使ったり、神社に降りずにそのまま尾根を南に進むのもよさそうに思った。
大きくはないが桧の樹皮がめくれていた、熊かな
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

尾張富士

2022-04-21 | 日記
2022年4月10日(日)
 だいぶ報告を引っ張ってしまったが、今回の静岡・愛知移動の最後は犬山市の尾張富士(275m)に登る。明治村の西にある低山で登山ルートは幾つかあるようだが、今回は山の西麓にある尾張富士大宮浅間神社から山頂の奥宮への参道を登ることにした。
 神社には参拝者用の広い無料駐車場があるのでここに車をおく。本殿の前を通って奥宮への参道に入る。この神社(山)は毎年8月に行われる石上げ祭が売りのようで、参道には数多くの献石の碑が立ち並び綺麗な色に塗られた栗石がおかれていた。
参拝者駐車場、本殿の近くにも駐車場があった
天下の奇祭、石上げ祭の看板

神社の本殿前を通過
参道を登っていく
途中から犬山市街方向がちょっと見えた
山頂直下はこんな道
 山頂には奥宮の建物があるが眺望はよくない。かろうじて東側の入鹿池がわずかに見える程度だった。西尾市の八ツ面山から出ていたJS2FEZ局と430MHz・FMで交信して同じ道を下った。
山頂の奥宮
カラフルな石が置かれていた

山頂から東側にわずかな眺望
 二日間の山ラン移動の結果は、新山9座と10の市郡から初めての無線運用を行うことが出来て満足のいくものとなった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

弥勒山と道樹山

2022-04-19 | 日記
2022年4月10日(日)
 三国山で山ランを一座追加した後は弥勒山と道樹山に向かう。この山は二つとも愛知と岐阜の県境にあり山頂を繋ぐ縦走路は東海自然歩道となっている。春日井市の都市緑化植物園から周回ルートを登る予定だ。植物園に着くと広い駐車場はほぼ満車状態で非常に賑わっている。何とか空きスペースを見付けて車を駐めることが出来た。
 先ずは弥勒山に登る。初めは林道を進み途中から山道に入る。YAMAPで見てもルートはいろいろあるようだが、標識で弥勒山山頂方向を確認しながら登っていく。植物園も人がいっぱい出ていたが登山コースも出会う人が多い。県境尾根に乗り弥勒山(437m)までやや急な道を登って行く。山頂には展望台もありランチを食べたりして寛ぐ登山者が多かった。山頂の隅っこで無線機を出し、430MHz・FMで名古屋駅近くから出ていたJK2EZPと交信した。
登山口の標識
広い林道を歩く
ここから山道へ
県境の尾根に乗った
弥勒山への道
弥勒山山頂
山頂横に展望台
山頂からの眺望


 ここから県境尾根を鞍部まで戻り縦走路を南の道樹山に向けて歩く。出会う人は幾分少なくなるが自然歩道の道は快適に歩ける。中間点のP425は大谷山と名前が付いているが山ランには無効なので素通りする。道樹山山頂(429m)には神社があるが樹木に囲まれて展望はない。額田郡移動のJS2SEB局と交信しここも山ランを達成。
大谷山山頂
道樹山山頂

 下山は細野町への道を下る。民家や畑の中の長閑な道を通り駐車場所へ戻った。

下山路にあったお地蔵さん
畑の中の道を歩かせてもらう
植物園の溜め池
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

三国山

2022-04-17 | 日記
2022年4月10日
 三国山という名前の山は日本中に数多くあり、大抵は旧国でいう3つの国の境界にある山がそう名付けられているようだ。今回の三国山(701m)は尾張・三河・美濃の三国の境界にあり、今では愛知県瀬戸市と豊田市、岐阜県土岐市の境界となっている。山頂にはキャンプ場や電波塔群があり車でアプローチできる。
駐車場に車をおく、ここにも無線運用する局がいたが後で挨拶しようと思ったが下山時には撤退されていた
隣の駐車場、奥がキャンプ場かな
 先ほど登っていた猿投山で無線をしたとき、三国山からCQを出している無線局が聞こえた。本日の二座目として予定していたのでそのときは声を掛けず現地に向かった。山頂直下の駐車場に車をおいて山頂までちょっとだけ歩く。山頂には展望台がありその上から無線運用するJN2TZB局の声が聞こえる。挨拶する前に展望台の下から無線で応答する。TZB局にも無線機を通さない生の声が聞こえたようでその後は展望台でのアイボールとなった。お互いに過去何度か交信していることは覚えていたが、帰ってから調べると10度目の交信であった。
車止めを越えて山頂までちょっと歩く
道端には祠などもある
山頂展望台

展望台からの眺望



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする