和泉の日記。

気が向いたときに、ちょっとだけ。

あとがき。

2010-11-30 20:39:45 | いつもの日記。
「seed」でした。
ひねりのないタイトルだね。
いつものことです。

ちなみに今回久々に【SS】の冠が付いてません。
そろそろ皆さん忘れてると思いますが、脊髄反射小説の略ね。
定義は以下の通り。

・思いついた内容を思いつくままに書くこと
・他人の評価を気にしないこと
・明確な誤字脱字以外、書きなおさないこと

つまり、引かぬ!媚びぬ!省みぬ!という3条件。
今回はこの条件に当てはまらないのでSSじゃないんですね。

今回はねー、考えましたね。
具体的には、そもそもエコとか環境問題そのものに疑問を持ってるという下地があって、
そこから「惑星の種子」という言葉が浮かんだのが3日くらい前。
これ、どーにか小説に出来ないかなーとアレコレ考えて、ようやくあらすじが完成。
そこに主人公と妹というキャラを放りこんで、展開をまとめるためにもう一人の女性を追加。
・・・みたいな。
実際に執筆した時間は1時間未満ですけどね。
漠然とぼんやりと考えた時間は長かったです。

ま、そんなこと読者には関係ねーんだけどな!

実際、いつものSSと何ら変わらねえよ、って思う人が大半なんじゃないんでしょうか。
それはそれで全然問題ないです。

でもね、今回は結構手応えがあるんですよ。
今回のお話の発端は前述のとおりエコだの環境問題だのに対する反感からなんですが、
怒りとか悲しみとかネガティブな思考から物語が発生するのは好調なときなんです。
嫌なもの書きだな!
ここのところ、このパターンの物語作りができてなかったので、ちょっと嬉しいですね。
コメント (2)

seed

2010-11-30 16:24:49 | 小説。
逃げる。
遠くへ、遠くへ。
小さな妹の手を引いて。
僕らは、逃げる。
文明――と呼ばれたものの残滓に、そっとその身を隠しながら。

日光は危険だ。
太陽の光を過度に浴びれば皮膚はただれ、視力も失う。
だから、僕らは本来このような真昼に行動すべきではない。
分かってる。勿論そんなことは分かっている。
だけど、逆に言えば真昼なら追っ手も少ないということだ。
「お兄ちゃん・・・」
きゅ、と小さな手が不安そうに僕の服の裾を握る。
「どうした? 喉、渇いたか?」
「・・・うん」
妹は、遠慮がちに・・・申し訳なさそうに、小さく頷いた。
この状況で水がどれほど貴重なのか、幼いながらに理解しているのだ。
しかしこの水は妹を救う為のものだ。ここで惜しむ意味はない。
「ほら、ゆっくり飲むんだよ」
簡素な水筒を差し出す。
妹はそれにゆっくりと口をつけ、1口2口、本当に舐める程度だけ水を飲んだ。

彼女の中で、種子たねは、確実に育っている。
死に行く惑星を救う、惑星ほし種子たね

それは――妹の心臓だ。

この種子を惑星へ捧げる――つまり大地へと植えることで、惑星は再生される。
それは何でも死に瀕した惑星の意思であり、希望であり、力であるらしかった。
だがしかし、そんなものは僕に言わせればただの悪足掻きだ。
全ての命は、いずれ死ぬ。
朽ちる。
果てる。
それは人間だって動物だって、惑星だって例外ではない。
偉そうに、惑星の意思だの天からの啓示だのともてはやすが、何のことはない。
所詮この小さな女の子を犠牲にしなければ、命を譲り受けなければ、永らえることはできないのだ。
世界中の人間は、これで救われると歓喜した。
誰だって死ぬのは嫌だから、それ自体は分からないでもない。
だけど。
ただひとりの肉親の命を投げ出すなど、僕には到底許せることではなかった。

そもそも、おかしな話なのだ。
どうして、たったひとりの心臓で惑星の命を永らえることができる?
――いや、惑星の種子にそんな力はない、と主張するつもりはない。
偉い人々が次から次へとやってきては、妹に頭を垂れ、説得し、祈る。
その姿を見れば、嘘ではないことは分かっているつもりだ。
妹の心臓で、惑星を救うことができる。
それはつまり、惑星と人間ひとりは等価だという証拠ではないか。
だったら。
人が、決められた生を全うし、緩やかに死んでいくように。
惑星だって、死んで行けば良いのだ。
人と、同じように。
だから僕は、妹を連れて逃げ出した。

「やあ、こんなところにいたんだね」
文明の残滓――倒壊したビルディングの陰に身を隠す僕らに、女性が声を掛けてきた。
見知らぬ女性だ。だが、向こうはこちらを知っているらしい。
それはつまり、明確に僕らを狙った追っ手だということ。
僕は、妹を庇うように前へと出る。
「まぁ、警戒しなさんな。悪いようにはしない」
「信じると、思ってるのか?」
「・・・信じないだろうねぇ、こんな胡散臭いおばさんの言うことなんか」
自嘲するように笑う。
自身のことを良く分かっているようだ。
「まぁ・・・なんだ。戻る気はないかい?」
と、彼女は実に端的に要求を述べる。
「ない」
僕も、短く返す。
「そっか」
予測できた答えだったのだろう。
あっさりと納得し、小さく笑った。
「あたしにも、ひとり息子がいてさ」
「・・・は?」
急に、何を言うのだ。
僕は話の展開について行けず、呆然とする。

「まぁ聞きなよ。こう見えて、一応母親なんてものをやってんだ。
 そうだね、歳は・・・そっちの妹さんと同じくらいかな。
 ま、ウチのは残念ながらあたしに似てそんなに可愛くないんだけどね。
 だから、お兄ちゃん。君の気持ち、痛いほど良く分かる」

――良く分かる?

「何が――分かるって言うんだ」
理不尽な要求。
ある日突然、死んでくれと請われる。
そんな妹の気持ちが。
そんな妹を持った僕の気持ちが。

――分かるなんて、言うな。

「ああ、確かにちょっと軽率だったね。ごめん。
 勿論、全部分かるなんておこがましいことは言わないよ。
 でも、多分――あたしも、息子が妹さんの立場だったら、君と同じコトをするだろうね」
悲しそうな瞳で、彼女はそう言った。
そして、そのまま。
瞳を曇らせ、俯いたままで。
「だから――同じ理由で、あたしは妹さんを連れ戻さないといけない」
と、残酷なことを言った。

「君には、悪いと思う。殺されたって文句は言えないと思う。
 だけど、それでも、無理矢理にでも連れて行かないといけない。
 そうしないと――あたしは息子を守れない」

この惑星は、もうすぐ、死ぬ。
惑星の種子を捧げない限り。
それはつまり、この女性の子供も死ぬということで。
惑星の命と妹の命が等価であるように。
妹の命と女性の子供の命もまた、等価なのだ。
等価であるなら、自分の大切な人が理不尽に死ぬことに納得なんてできない。
だから。
僕らが逃げ出したのと同じ理由で、この人は僕らを追ったのだ。

「ホント、もう――厭んなるわね。良い大人なのにさ」
こんなとき、どうすれば良いのかなんてさっぱり分からないわ。
悲しそうに笑って、そう言った。
「僕は――妹を守る。それだけだ」
「・・・偉いね、お兄ちゃん」
そして、彼女は腰に差したナイフを抜く。
僕は丸腰だ。急ぎながらこっそりと逃げ出したため、用意することができなかった。
ああ――参ったな。
目の前の女性からは、悪意なんてこれっぽっちも感じないけれど。
多分僕は、殺される。
そうしないと妹を連れ戻せないことが、彼女にも理解できただろうから。
この荒廃した世界を生き抜く大人に、丸腰で敵うわけがないから。
だから僕は、殺される。

「逃げるんだ」
僕は妹に小さく囁く。
戸惑う妹の顔は、明らかに全てを察していて。
「嫌だ、お兄ちゃん、嫌だよ」
涙を溜めて、拒絶した。
僕は、その細い身体をそっと抱きしめて、優しく髪を撫でた。
「お兄ちゃんも、後で行くから。あの人を、やっつけた後で」
「・・・本当に?」
「ああ。お兄ちゃんは嘘吐かないだろう?」
「・・・うん」
頷きながらも、妹はまだ納得していない。
「ほら、走って」
未だ踏ん切りのつかないその肩を、小さく押す。
妹は、多分、分かっている。
何もかも、分かっている。
だから、泣き出しそうなまま――だけど、精一杯に走り出した。
ああ、それで良い。
それで良いんだ。
「じゃあ――始めるよ」
目の前の女性は、切なげな顔をして、だけど強く宣言した。

決着は、いとも容易くついた。
二度三度ナイフをかわしたものの、それがやっと。
隙を見て逃げることもできないまま、僕は深々と刺された。

「妹に――」
「・・・何だい?」
「妹に、伝えて」
「・・・ああ、何でも伝えてあげる」
「嘘吐いて、ごめんね・・・って」
「ああ、分かった」
「それから・・・諦めずに、逃げるんだ・・・って」
「・・・伝えるよ」
「お願い、します」

目を閉じる寸前。
女性の顔は、悲しそうに歪んでいて。
ぼろぼろと、みっともなく涙を流していた。
そして、最後に。
真っ暗になった世界の中で。

「ごめんなさい」

という声が聞こえた気がした。
コメント

あずにゃん。

2010-11-29 16:20:31 | いつもの日記。
近所でけいおん!フィギュアのガチャガチャを発見したので当然のようにトライ。
何が出るかなー♪
とわくわくしつつ開封すると、おお、なんとあずにゃんじゃないですか。
いいねいいねー。

このフィギュア、ガチャガチャにしてはちょっとサイズが大きめ。
手足や首、ツインテール等のパーツがばらばらの状態でカプセルに入っています。
注意書きにも、
「この商品は組み立てにある程度技術を必要とする、上級者向け組み立て式PVCフィギュアです」
と記載されています。
なるほど。
さー、それじゃ早速組み立てるぞう。





・・・・・・。
前髪のパーツが入ってねぇー!

え、何!?
ナニコレ!?
どんな嫌がらせ!?
いや、ちょ、待って待って。マジで。マジで有り得ないんですけど!
こんなん、あずにゃんじゃない!
僕のあずにゃんがこんなにデコ全開なわけがない!
うーわー・・・信じられない。

これは・・・どうしよう。
ちょっと、このままじゃアレすぎて飾れないわぁ・・・。
上級者向け、ってアンタ上級者向け過ぎるだろう。
それともアレか。
あずにゃんへの愛があれば前髪も生えてくるのか。
無理だ。僕にはそこまでは無理だ。

絶望した!
タカラトミーのあずにゃんの扱いに絶望した!
これだからタカラトミーは!まったくもう!
コメント

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 (5)」&「長門有希ちゃんの消失 (2)」読了。

2010-11-28 16:44:53 | 読書感想文。
ハルヒちゃんと長門ちゃん読了。
ハルヒシリーズは、ハルヒちゃんがオリジナルで長門ちゃんと小説版がスピンオフだと
思っています。
谷川流?誰それ?的な。

さて、まずはハルヒちゃんの方ですが。
こちらはまぁ、いつも通りかなあ。
あ、でも初期に比べて読みやすくなってる気がします。
作中でもネタにされてたけど、頭身が上がったからかな?
あと、恒例の初夢シリーズはもうなんかこれはこれで良いような気がしてきた。
そういえば今回長門の出番が少なかったなぁ。
長門分は長門ちゃんの方で補給という考え方ですか。
まぁ良いけど。

長門ちゃんの方は、実に真っ当なラブコメ。
真っ当すぎて、逆に新しい気がします。
最近ここまでベタなラブコメものなんてなかったからなー。
こっちでは、メガネをかけた長門が大活躍。
そして朝倉さんも大活躍。
ただの痛い人になったハルヒも、実にイイ味出してます。
2巻で、この作品の方向性とか全体の構図とかがしっかり見えてきた感じかな?
ハルヒワールドで王道ラブコメ。実に良いじゃないですか。
何より長門が可愛いです。ズルい。

そんなわけで、長門ちゃんがシリーズ一番のお気に入りになってしまいました。
メガネっ娘!メガネっ娘!
実に素敵だと思います。
このまま、アニメ化しちゃえば良いのに!
もちろん京アニでね!
コメント

雑記。

2010-11-27 01:30:53 | いつもの日記。
やっとストライクウィッチーズ2を最後まで見た。
最後まで、いまいち面白さが良くわからなかった。
でも、3期があるなら喜んで見るよ!
そんな感じ。
・・・だって、みんな可愛いんだもん。
特に、ルッキーニとサーニャがマジ可愛い。やばい。
坂本さんは割とどうでもいい。

東雲アマガミ、モジャ子3話読了。
いやー、やっぱ薫はいいなあ。あれ、反則じゃね?
あーいうクラスメートのいるリア充学生生活が送りたかった。
てーんきゅ。とか言われたかった。
僕の学生生活は八割が黒歴史でできています。

「この中に1人、妹がいる!」というラノベが気になって仕方ない。
何でも、基本ハーレムものなんだけど、ヒロインの中に1人生き別れの妹がいるらしい。
血縁ありの実妹だから間違ってもその娘と恋仲になっちゃいけないんだが、妹の方は
近親相姦上等で自分が実妹であるという事実を隠して迫ってくる。
彼女は欲しいし、自分を慕ってくれる女の子もいっぱいいる。
・・・ただし、その中に1人、妹がいる!
というお話らしい。
やべえ、なにそのミステリみたいなハーレムもの。斬新!
超読みたいです。
でも、さすがに色々難しいなあ。
金銭面やら置き場やら、ねー・・・。
まあ、そのうち読もう。これは読まないといけない気がする。

今週のアニメ版俺妹、事前に見たネット上の感想は散々なものだったんですが、
個人的には楽しめた。
別に違和感なかったけどな?
フェイトさんが真人間だったことが許せないの?
もしくは黒猫がいじめられて泣くシーンがお話上カットされたのが気に食わないの?
んもう、ドSだなあ☆
・・・とまあ、表面上のアレコレは変わってましたがね。
俺妹の本質はハズしてなかったんじゃないかと、僕は思いますよ。
桐乃は変わらずムカつくクソガキだったし。
むしろ、あの話を2話に収めた点を評価すべきなんじゃねーのかなぁ。
ま、あのアニメ業界人はムカついたけどね。でも、それも正論だと思うしさ。
という感じでした。
とにかく、来週も楽しみにしてるぜ!
コメント (2)

「僕は友達が少ない (5)」読了。

2010-11-25 09:13:46 | 読書感想文。
結局、発売日より3日早く届きました。
Amazonすげえ。
ということで、発売日当日になったので感想を。

前回は「星奈と結婚するの?」というところで終わってましたね。
で、今回の冒頭でそこに突っ込んでいくわけですが・・・。
結果、華麗にスルー。
・・・スルーかよ!?
いや、なかったことになってるわけじゃないんだろうけどね?
なんか、特に進展するわけでもなく、そのまま一旦放置という結果に。
どうしてこうなった。
前回からの引きに対してこの有様は酷くないかい!?
まぁ本当に進展されても困るんだけどさ。僕は夜空派だからね。

と、そこを除けばあとはいつもの「はがない」でした。
うん、ギャグが酷え。(褒め言葉)
えげつない。(褒め言葉)
メインヒロイン二人に躊躇なくゲロ吐かすのはどうにかならんのか。(褒め言葉)
そんな感じ。

ああ、今回一番のビックリは、全部幸村が持って行きましたね!
そういうオチかよ!
「美少女っぽいけど男だよ」というこの手の作品にありがちなお約束・ご都合主義を
逆手に取った見事な叙述トリック!
・・・なわけねーよ。
ただひたすらに、マジでか!?という感想しかありませんでした。
特に、事実発覚のシーンとか、軽く犯罪じゃね?
いちいち酷い作品です。
でも、その辺が大好きだ。

漫画版も好調で、更にはジャンプSQ.19でスピンオフまで連載開始。
はがないワールド拡大中ですが、このままだとアニメ化も遠くない印象ですね。
でも、アニメになったとして、この酷いギャグをどうするんだ。
厳密に再現するのか。
しなかったら怒るけど。

と、いらん心配をしてしまうあたり、ファンだなあと思います。
コメント

「猫物語 (白)」読了。

2010-11-25 09:00:15 | 読書感想文。
化物語シリーズ最新作、猫物語(白)読了。

今回、語り手が阿良々木から羽川翼に変更されています。
っていうか阿良々木さん出番ねぇ!
一応、最後の方にちょろっと出てくるけどね。

本作からセカンドシーズン、とあとがきにありましたが、まさにそんな感じ。
これまでのシリーズとはだいぶ異なるように思います。
語り手が違う、というのもそうですが、キャラの造形もだいぶ変わってる。
戦場ヶ原は毒気が抜けて真人間(?)になったらしいし。
神原は髪を伸ばしたらしいし。
そして羽川は本作を通して非常に大きな変貌をとげることになります。
今回は当然羽川メインですが、今後他のキャラに焦点を当てたお話が楽しみです。
まぁ、それでも作中では「なにも変わらない」と断言してるんですけどね。
十分変わってるよ、と僕は思います。ってか普通はそう思うだろ。

それにしても、西尾維新は本当にキャラの立て方が上手い。
異常に上手い。
羽川もそうだけど、戦場ヶ原に阿良々木火憐・月火のファイアーシスターズなど、
今回もみんなで大暴れです。
それぞれの確固とした理念に基づいて動きまくり、それが実に心地良い。
味付けが多少極端ではあるけれど、僕はその辺含めて好きですよ。

さて、次回は八九寺メインの「傾物語」。
12月発売ですってよ。
・・・来月じゃん。
ペース早すぎです。おかしいよ。
コメント

「鋼の錬金術師 (27)」読了。

2010-11-22 14:08:03 | 読書感想文。
ハガレン最終27巻読了。

いやー、こうして単行本でガッツリ読むと終わったなぁって実感しますね。
実に良い最終巻だったと思います。
色んな伏線も(思い当たるところは)全部回収されて、満足満足。

っていうか、最終話って120ページくらいあったんですね。
いや、多いなぁとは思ってたんですけど。
数字として見るとまた感慨深い。
っていうか、これ月刊ペースで描いてたんだよね?
マジか・・・。
荒川弘、怖い。

それから、連載終了後に掲載された番外編も収録。
こっちは、うん、まさに番外編ですね。
その後の小粒な話って感じ。

そんなわけで、ハガレン完結。

――なんですけど。
どうやら劇場版やるらしいですよ!
何だろう、最近凄いアニメの映画化がはやってるよね?
けいおん!とかそらおととかストライクウィッチーズとか。
何にせよ、2度目の劇場版。
なかなかの偉業じゃないでしょうか。
アルの鎧姿が出てるところから察するに、エンディング後じゃなくて途中の話なのかな?
これはなかなか、気になりますね。

気になるといえば、コミックスに挟まれてた広告。
一番くじやるらしいですけど、景品のフィギュアが、邪神・・・いやなんでもないです。
コメント

「僕は友達が少ない+」第一話。

2010-11-21 19:30:57 | 読書感想文。
僕は友達が少ないスピンオフ、「僕は友達が少ない+」がSQ.19で連載開始。
すげー、ジャンプだよ!?
原作はMF文庫なのにジャンプで連載って、どういう流れなんだ!?

まあ、ともあれ大好きな作品のスピンオフは嬉しいですね。
設定的には原作とは完全にパラレルな世界観。
どれくらい違うかっていうと、

・のっけからケイト先生登場
・メインヒロインは夜空じゃなく星奈
・星奈も夜空、小鷹と同じクラス
・隣人部は小鷹が設立
・夜空はクラス委員長

みたいな感じ。
みんな友達がいないとか、その辺の内面的設定は同じなのでご安心を。
なるほど、これはこれでなかなか。
これなら、本編丸無視で星奈ルートいけるね!
なかなか良い選択だと思います。
なんか、夜空より星奈の方が人気あるって話も聞いたことあるし。
調子に乗って理科ルートとか・・・は、いらないけどな。

SQ.19は季刊なので、次は3ヶ月後とか?
先は長いのぅ・・・。
単行本となると、更に先か。
楽しみなんだけど、それだけにキツいわー。
コメント

雑記。

2010-11-20 21:35:58 | いつもの日記。
「僕は友達が少ない(5)」が早くもAmazonで発売開始。
25日発売なのに?
はえーよ。
多分、こっちの本屋で買うより早く届きそうなので取り敢えず注文しときました。
本屋意味ねぇな。

PSP版俺の妹がこんなに可愛いわけがないのサンプル動画がパネェ。
黒猫がぐりぐり動いてんの。
以前、ホワイトアルバムとかですげーって言ってたけど、あれとはまたちょっと違う
凄さがあります。
何かねー、アニメ絵のままポリゴンっぽく動く感じ?
っつーか実物見た方が早いね。
↓参照。
http://news.dengeki.com/elem/000/000/320/320330/index-2.html

「ロミオとシンデレラ」の人の新曲来てた。
◆「キャットフード」 オリジナル曲 vo.初音ミク

今回も、そこはかとなくジャンヌっぽい。っていうかyasuっぽい。
何だろ、サビの終わり部分とか。
「~なーいゃぃゃー」って。yasu節じゃんそれ。
あと、ギターも何となくそんな感じ。
いや、パクリでは全然ないですよ?念のため。完全に完璧にオリジナルです。
しかも今回もちゃんとかっけーんだな、これが。
ミクでも良いけど、男性ボーカルで歌が付くともっと良さそう。
男が歌うには歌詞が可愛すぎるけどな!

読みたい本はたくさんあるのに、なかなか読めない現状。
気が乗らない+体調悪い、みたいな。
本気で好きなヤツを厳選して買って読んでます。
・・・未だに、4大少年誌は全部何かしら読んでるし、青年誌も相当数読んでるからね。
プラス近年ラノベにハマってるし。特に西尾維新、ペース早すぎ。
そりゃあ、厳選しないとどうにもならんわ。
基本、乱読気味だからむしろ丁度いいのかも知れません。
コメント (2)