一法学生の記録

2014年4月に慶應大学通信部に進んだ法学生の記録である
(更新)2017年4月に神戸大学法科大学院へ進学しました。

法務省法務総合研究所国際協力部へ

2017-09-08 19:13:49 | 日記
法務省法務総合研究所国際協力部へ

 主に、新興国への法整備支援などを行っている法務省の一部局であり、中之島検察庁の庁舎にその事務所があるので、そこに訪問をした。その部に出向をしているのは、法務省の職員、検察官、裁判官などである。あくまで、行政機関であるため、裁判官は、形式上、検事の身分を取得して業務を行うことになる。具体的には、短期又は長期(1年以上)の派遣官として、対象国に滞在をし、当該国の法整備支援を行う。法整備支援と言っても、法律の起草だけでなく、その施行段階における適正な執行を確保するために、施行規則の制定作業や、体制整備、人材育成などもパッケージとして支援を行っているらしい。

 この他、法整備支援に関与している弁護士のお話もお伺いした。お話下さった先生は、インド・バングラディッシュ・パキスタンに関する企業法務をもっぱら業としている。いまではクロスボーダー法務(アウトバウンド)は、中堅・大規模事務所の業務として高いニーズがあり、こぞって新興国にも事務所の開設がされているが、それらはここ10年程の話であって、企業の海外進出の動きと連動している。したがって、今後も日本企業が一定規模で進出している地域においては、クロスボーダー法務の需要が見込める。

 あと10年若ければ、こういった仕事にも興味をもって志望をすることもできただろうが、海外への長期滞在を前提とする仕事に就くことは、だんだん難しくなってくる。とはいえ海外との関わりをもちつつも、この先十年で伸長するであろうと思われる分野については、なんとなく考えておいた方が良いような気分である。

 以上
コメント

5/4

2017-05-04 18:44:26 | 日記
5/4

 
 短答過去問題集(Wセミナー) 民訴法101~200

 
 以上
コメント

「一法学通信生」から「一法学生の記録」へ

2017-04-04 15:54:24 | 日記
「一法学通信生」から「一法学生の記録」へ

 法科大学院への進学するにあたり、ブログタイトルを「一法学通信制の記録」から「一法学生の記録」へ、変更しました。今までの蓄積の上に、今日がある。当初から(今でも)記載内容ははなはだ不味いですが、歩んできた道のりこそがその人の側面でありますので、あえて装いを改めることはせず、二字削除をもって、本ブログを継続したいと思っております。

 今後とも、ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。
 (読者は居ないのですが、そういことで・・・・)

 以上
コメント

入学式オリエンテーション

2017-04-04 15:33:14 | 日記
入学式オリエンテーション

1.弁護士の先生による座談会にて

 社会人・純粋未修からの出身と、法学部出身の隠れ未修出身の両先生による、トークイベント。
 
 ○ 1Lでの学習は、法律知識の総体に対して、重点的な論点について深く掘っていくものであり、全体を網羅すべき内容ではない。したがって、法律知識の全体像を見渡すものではなく、むしろ個別論点についての深い洞察と理解を養う力を付けることができる。
   なるほど、確かに法律全体像を見渡す学習は、司法試験対策にとって必須であるが、困難度合いとしてはあまり高くない。言い換えれば、自学自習でもこなすことができる。しかし、一つの論点を深く、論理的或いは両論併記的に理解し、問い詰めていく営みは、自主的の意思としては貫徹することが硬く、かつ、先生の教授と、あるていどの強制が無ければ、難しいだろう。

 ○ 社会人出身のロースクール生活は、もちろん学習の負荷が高いとはいえ、在職中のストレスに比べればそれほどではない。

 そのことは、私自身が、現に、自らを鼓舞するときに、何度も再帰する思考方法の一つである。たとえ、どれだけ辛くて主、孤立が深くても、あの頃よりましだと思える対象が他にある。追い込まれたときは、自らを相対化することで、脱「袋小路」できる。

 お酒を飲み過ぎて言葉に詰まる。

 以上

コメント

入寮しました

2017-03-31 22:19:14 | 日記
入寮しました

 今日は、学生寮への入寮手続きと引越しに行きました。「××山荘へお越しの方は次でお降りください」の次のバス停で降りたが、実に山奥である。ここで、3年間の勉強生活が始まる。楽しみである。区役所での住民票の移転、保険証の更新、マイナンバーカードの変更手続き、郵便局での住所届出、そのほか諸々の手続きを終わらした。今日は、一旦実家に引揚てきたが、明後日より、本格的な山籠もりが始まる。

 以上
コメント