一法学生の記録

2014年4月に慶應大学通信部に進んだ法学生の記録である
(更新)2017年4月に神戸大学法科大学院へ進学しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

学習時間について

2015-12-28 20:24:25 | 通信教育
学習時間について

 学習時間について、考えながら勉強をすることがある。例えば、司法試験を受ける場合の民法の学習時間は1000時間程度が目安であると、読んだことがある。実際に民法に取り組めば、その内容の浩瀚なることが、よくわかる。民総を勉強しているが、僕の場合、500頁の総則を読みを得るのに必要な時間が、約125時間(1時間に4頁)とすれば、物権・債権、親族法、相続に、それぞれ100時間を掛ければ、併せて525時間になる、残りの475時間を、判例学習などの応用に充てれば、なるほど1000時間もあり得る。
 働きながら一週間で学習できる時間はどれくらいだろうか。僕の場合、土曜日は、疲れで午前中は略動かない、午後頑張って5時間。日曜日は頑張れば10時間できる。平日は、追い込まれないと稼働できない。週末も、何やかんやで、年で平均すれば、週平均10時間と言うところが妥当だろうか。年間52週あるから、ざっと500時間、二年間を掛ければ、1000時間である。途方もない感じがしてくる。実際のところ、僕の二年目に関して言えば、長期休みも基本的には勉強をしているが、何やかんや週末は用事が入るので、年500時間にも達してない。因みに、宅建で300~500時間程度らしい。
 では、慶大通信学士入学生を卒業するのに、どれぐらい学習時間がかかるか。大学の「単位」には、一単位当たりの学習時間が45時間と定められていると聞いたことがある。スクーリングの一科目は1~6単位まであるが、実際にはそこまでかからない。僕の場合は、大よそ、4単位の科目は、一科目のレポートを仕上げるのに1ヶ月、試験勉強1ヶ月かかるとして、8週間で80時間。ただし、夜の読書を入れれば、100時間ぐらいだろうか。2単位であれば、その半分ぐらいだとして50時間。
 そう考えれば、卒業するまでに必要な単位数で計算すると、約50単位が通信で取得するとすれば(124単位全-40単位認定-12単位語学-8単位卒論-14単位スク=50単位通信課題):1単位が25時間だから通信課題に必要な学習時間数……50単位×25時間=1250時間ということになる。
 
 以上
コメント

12/27

2015-12-28 12:36:02 | 日記
12/27

 夜の読書において、法制史Ⅱのレポートで参照した、中村菊男(1956)『近代日本の法的形成』の江藤新平の法典編纂作業を終えた後の民法編纂作業について、流し読みをしているのであるが、江藤を継いだ、大木喬任司法卿が右大臣岩倉具視に宛てた申稟の中でも次のように、語られている:

 人民法律ヲ以テ奇貨トシ其私ヲ掩ヒ其奸ヲ逞セントスル者往々有之今之時二当リテ完成ノ民法ヲ創立シ以テ之ヲ統裁スル二非ラサレハ殆ント人類之交義ヲ定メ滅スル二至ラン所謂完成之民法トハ天然之性理二基キ全国人民ノ便益ヲ攻究シ夫婦父子ノ権義ヲ明カニシ婚姻離婚相続之制ヲ定メ後見人管財之条則ヲ設ケ其他契約之方法二至ルマテ之ヲ制定スル也即テ其効益人道ノ丈節ヲ守リ権利之不可犯ヲ画スル等固不俟言一家ノ経済ヨリ一国ノ富強ヲ生シ家庭ノ平穏ヨリ邦家ノ安寧二及ホサシムル所ナリ故二苟モ生ヲ我域内二託スル者有生之初ヨリ有生之後二至ルマテ民法之庇陰二由テ其権利ヲ保全シ其財産ヲ安固二シ家庭ノ斉整ヲ得サル者ナキナリ今我実際之形状ヲ観察スル二…

 翻って、民法の学習をしている中で思い当たることは二つある:

 一つは、確か我妻先生も、その総則の総論の編で述べておられたように思うが、民法の財産関係とは、詰まる所、持てる者の法であり、持たざる者にとっては、生涯不要の産物であるということもできる。

 二つは、大木が述べるところ、世の中の物権債権親権相続権何々権がはっきりするところに家庭の安心、国家の富強が有り得こと、これは江藤が長文の辞表で認めたところと、共通するものである。

 上の二つは、鏡の両面であろうとおもう。時効の勉強をしていて、迫真の気持ちが湧くのは、自分もビジネスをしていてその当事者であるからに他ならない、自分が一個の学生として、あるいは働くところを持たない、持たざる者であれば、財産関係について自分が依拠するところは、もちろん身分関係については別だが、むしろほとんどないと言ってもよいかもしれない。

 法学的知識を身に付けることは、一方で、思考を鍛える面があり、他方で、その知識を利用するという面があると思う。それは、即ち、筋力と技術の関係と同じであり、相互補完的であるのと同時に、その技術を適用できる場面が特殊であるということも言えよう。ここで述べている中心は、何のために法学を勉強するのか、という根本問題であり、前者は普段の生活に寄与するが、後者はその寄与する程度が低いからである。

 以上
コメント

時効の中断

2015-12-26 15:05:09 | 民法総論
時効の中断

 時効の中断には、一、請求、二、差押え、仮差押え又は仮処分、三承認、があり、二、請求には細かく、1、裁判上の請求、2、支払命令、3、和解のためにする呼出(申立)、4、任意出願、5、破産手続参加、6、催告がある。

 時効の勉強が財産関係に深いことから、民法上の債権及び物権等隣接概念が多出するため、学習に難儀している。例えば、{一、請求、1.裁判上の請求、イ)給付の訴、)中断される権利そのものに限らず、それを当然の基礎とするものにおける}次のような例について:

 判例一:乙の債権者甲が、債権者代位権に基づいて、乙の丙に対する権利を行使することは、その乙の権利の消滅時効を中断する
【用語】債権者代位権:債権者が債務者の持っている権利を債務者自身に代って行使する権利のこと

 判例二:債権者が受益者または転得者に対して詐害行為取消の訴を提起することは、その基礎たる債権の消滅時効を中断しない
【用語】詐害行為取消権:債権者が債務者の法律行為を一定の要件のもとに取消してしまうことができる権利

 判例一及び、判例二は、いずれも債権者の債務者に対する履行請求の訴ではないが、判例一における債権者の丙に対する行為が、乙に対する債権の存在を当然の基礎としていること、判例二の債権者の受益者または転得者に対する詐害行為取消の訴も、債務者に対する債権を基礎としていることにおいて、共通しているが、判示は分かれている。

 この点について、我妻氏は「訴が時効中断の効力を生ずるのは、その訴の訴訟物となる権利に限るという思想の現れであり、賛成できない」と述べている。

 以上
コメント

法学の適性:

2015-12-21 12:01:45 | 日記
法学の適性:

 自分には法学の適性があるのだろうか。
 
 最近、読んだ本の内に、これも星野英一の『民法のすすめ』岩波新書(1998)という、文庫本がある。

 そのなかで、語られていたことの内、もっとも印象深かったのは、作家・スタンダールは、文体を練るために毎日民法典を読んでいたという、記述だ。

 文体とか、言葉の環境とか、措辞といった微妙な問題は、僕の語学生の時代には、大変大きな重みを持っていた。

 あるいみ、法学の問題は、言葉の技術という次元においては、近しい関係にあろう。

 次に、最近読んだブログには、いまどき我妻民法で勉強する人は居ないだろうと、いう断じ方がしてあった。

 すくなくとも、慶應大学で通信生をやろうとおもった動機は、最難関の大学を卒業してみたいという、野心的な好奇心があったはず。

 たぶん、こういう断じ方をされれば、ますます自分には法学の適性があるのではないかと、感じてしまうのである。

 ああ、恥ずかしい。

 以上
コメント

12/20

2015-12-20 18:50:57 | 日記
12/20

 学習は、詰まる所時間との勝負なのであり、これは学生全般に当て嵌まろうが、通信生においては尚更である。

 民総の学習は、我妻民法で基礎を固め、伊藤(シケタイ)あるいは池田真朗で確認をする、という順序である。

 学習には愉しみがあるし、我妻民法書を読んでいても、僕の力では、やっと痒い所に手が届くぐらいの理解ができるのに対して、後の二冊は大雑把だから、あまり理解したことにならない。やはり、民法の基礎は、基本書で学ばなければならないと、思うのだ。だけれども、たのしんでばかりもいられないのが、通信生である。

 何とか、元旦の三連休には、民総のレポートを仕上げなければならないから、来週末には我妻民法のレポート該当部分、すなわち時効の残り約50頁ほどを、学習しなければならないのだ。たった50頁であるが、意味を理解するのは、本当に難しい。独学では尚更、重要部分のレトリックが伝わりにくいし、中々リアルな問題と結びつけるのも、苦労がいるだろう。

 だから、読み進めていて難解な部分は、ブログに書き直すようにしているのだ。
 頭の運動を終えた後は、今日もプールだ。

 以上
コメント