一法学生の記録

2014年4月に慶應大学通信部に進んだ法学生の記録である
(更新)2017年4月に神戸大学法科大学院へ進学しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

教材購入しました

2017-01-23 21:05:17 | 日記
教材購入しました

1.『憲法〔第六版〕』芦部信喜,岩波書店
 (今更ながら、勉強します、ロー指定)
2.『法解釈入門』山下純司、島田聡一郎、宍戸常寿,有斐閣
 (もっと、今更ながら、ちなみに、ロー指定)
3.『刑法各論〔第六版〕』西田典之,弘文堂
 (購入の経緯は、前述しました)
4.『不法行為法(民法を学ぶ)』窪田充見,有斐閣
 (とても分厚いです。ロー指定)
5.『判例プラクティス刑法Ⅱ各論』著者多数,信山社
 (でも最近やっぱり判例百選に回帰している)

 以上
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出願しました

2017-01-23 20:34:13 | 日記
出願しました

 平成27年度司法試験予備試験に出願しました。

 一七五〇〇円也

 以上
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/23

2017-01-23 20:31:29 | 日記
1/23

 わが家に、手紙が届くと嬉しいもの。
 (文通の相手は通信部ですが・・・)

 刑事訴訟法のレポ、無事に合格をしていたので、これで97単位。これで、本年度の公約としていた100単位まで、残り、債権総論の3単位だ。債権総論を仕上げるために、わざわざ大阪中央図書館まで出向いて、資料を集めて完成させたものだから、内容はかなり手堅い。
  
 頑張ろう。

 以上 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保障外国人的权利,才有助于稳定社会、发展经济的秘结。

2017-01-18 12:55:14 | 中国語
保障外国人的权利,才有助于稳定社会、发展经济的秘结。

(1)现状:在日逗留的外国人(居住在日本的外国人)约有223万人(中长期逗留者/特别永住者),约占日本人口的1.8%。与此相比,英国总人口6,500万人中,外国籍居住者约有500万人。渣按总人口的8%。在欧盟各国的比例约占7~15%,总的来说,还算少的。
日本的难民认定数,2015年度为27人(另外,以人道为理由允许逗留者为79人)英国为9975人(申请人数达3.2万人)。
可谓,日本相对而言属于封闭性的国家。
(2)所谓“难民”是什么?
1951年缔结的有关难民地位的条约:指“因种族、宗教(信仰)、国籍、政治意见或属特定社会集团(组织)”为由,A:在自己的国家已受迫害,或有可能受迫害;B:逃亡到其他国家的热门=“国外难民”“国内难民”(有涉及难民定义的问题)
*为何日本认定难民的人数如此少?
A:由于负责立证者是本人
与移民定义无关(没有移民定义上的问题)
*为何不缓和条件?

(3)“脱欧”
是移民的问题吗?
据说,当“移民”的比率增加时:
1:文化上的理由
2:来自经济上的理由

对社会保持稳定(并发展经济)有坏影响
1:移民将夺走自己的工作岗位
2:自己教的税,都有可能用在移民的补贴金上

在英国居住三年的波兰人(反对“脱欧”派)为例:
*问题的根本不在于“移民”。
A:对一个国家而言,移民带来新活力,是一个劳动力和智慧(创新)的源泉;
B: 英国人也有不少不尽义务,只接受补贴者
*只是将自己的不满或恐怖威胁,转嫁到移民问题上而已。
与此相比:日本
1)面临劳动人口减少问题
2)应积极收容外国人
3)但有可能增加社会的不稳定因素吗?

(3)分析问题
所谓“社会稳定”指什么?
《以欧洲为例》
移民
贫困、贫富差距的固定化(第一代)
积累不满的因素(第二代)
A:产生低工资劳动的竟手
B:有可能形成“过激”思想的温床
=》贫富差距,日益扩大
与此相比:日本
*准备接受外国人的条件是否齐全(整顿)?

(4)“保障外国人的权利”指什么?
受教育的权利=对外国人的义务教育呢?
参加审判的机会是否平等?
得到公共服务上的权利、机会是否平等?
(不仅制度完善,还须考虑是否便于利用)
在“人才市场”上只用日语开说明会
*是否要实现平等的报酬?
对所谓“农名工”应如何对待?“临时工”
个人见解:须应确定移民的定义
改正“外国人技能实习生制度”
=》禁止与日本人的待遇有差距
(禁止在待遇上与日本人区别对待)
*不应将不同文化上的交流强加于人
(无论在社区、学校、工作岗位上)

(5)外国人“打官司”(申诉法院)的机会是否平等?
(现状)
包括“简化式案件”在内,一年发生的刑事案件为110万起。其中上法庭的诉讼案件约有8万起。民事案件,每年地方法院的有75万起,简易法院的有120万起。主要是围绕争夺财产权的通常诉讼,地方法院的有20万起,简易法院对的有55万起。关于家事案件以及仲裁、调停在内,一年约有100万起。
*法庭上以诉讼方式处理的民事案件,约达刑事案件的10倍以上。
但一般地来说,“法庭翻译”只从事刑事案件而已。
*处理刑事案件时,给嫌疑人、被告人配备翻译是官方的义务。
个人见解:在民事案件中,外国人的利用率,象征该社会的成熟程度。

(6)总结
在日本的外国人拘留比率约1.8%,比欧洲偏低。在日本的难民认定数显著少。其根本原因是在当日本积极大量容纳外国人,有可能增加社会的不稳定性,出现类似在欧美各国发生的混乱象征,如:政治上的极端势力抬头,引起恐怖事件等。或许日本人生怕再日本也会发生,感到不安。但另一方面,随着日本的劳动人口减少,或人道上的理由等,有可能放宽容纳外国人,也有这种因素。
由于欧盟区域内人员可自由移动,于是居住在英国的外籍人口上升至约8%。移民有助于提供劳动力、扩大消费、带来振兴产业等恩惠,同时,将会成为以“脱欧”为象征,采纳封闭性因素的原因。然而,我认为增加社会不稳定因素的原因,不在于移民问题本身。反而在于接受方的体制上的问题。
已欧洲为例:第一代移民大多是贫困者,但都根据自己的意愿移住的,因此都不怕吃些苦头。但贫困状态固定化的第二代,因在受教育或就业就会方面,感到自己受歧视的人越来越多。于是社会越来越走向两极分化,增加不稳定因素。
我认为:要解决该问题,重要的是充分保障外国人的权利。
第一:对初期的或第一代人们,保证提供教育机会或就业机会,以及利用其他公共服务的机会,不让贫困固定化。或构筑一种不使贫困继承相传的框架;
第二:可谓外国人在日本积极开展经济活动或其他实业,其重要标志在于外国人的“民事手续”的利用率。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

間引きの重要さ。

2017-01-17 22:29:21 | 日記
1/17

 間引きの重要さ。

 法学の勉強も3年目。しかも、通信だから殆ど自学自習である。

 そのためか、やっと自分の勉強方法が出来てきたところだ。まだまだ、改善の余地があるのは言うまでもない。

 ただ、入学一年目は、とりあえず興味のある近代史や、政治学などを履修していたので、本格的に法解釈学の勉強を始めたのは、2年目からである。

 しかも、その2年目はけっきょく、法解釈の科目としては、必修科目の憲法、民法総論、と刑法総論の3科目しか履修することができなかったのだ。

 なぜか。

 その主な原因は、勉強方法が確立(今もしてないが)していなかったことが大きい。

 憲法の勉強をするのに、はじめ、前文をノートに書き写して、満足していたぐらいだ。

 得体のしれないものを相手にするので、憲法と名の付く新書は、おそらく6冊ぐらいは、読み漁った。

 それはそれで、良い勉強にはなったと思う。

 教科書は高いから、古本屋さんでGETしたが、それも、かなり古いものだったらしく、コストメリットを考えれば、まったく合理的な選択とは言えない。
 (教科書は、少々高くても最新版を買わないと、課題にも、テストにもついていけないことがある。)

 民法総論も、相変わらず、我妻先生の御本を、頭から丁寧にノートに写し取り、来る日も来る日も繰り返し、一向に勉強が進まなかった。

 それでも、続けてやってきた努力は、一定の意味があっただろうと、願いたい。

 帰国のとき、段ボール一箱分の大学ノートを廃棄したが、今思えば、もったいない。

 なぜなら、今では、自分で取ったノートを見返しながら勉強するのが、スタイルになっているから。

 これまで、様々な学習方法を試してきたけれども、今の方法な中々気に入っている。

 基本書の論理構成を、いったん自分のノートに整理して、改めてアウトプットする。

 その時に、使っているのが、法科大学院の協会が取り纏めている、共通到達度目標である。

 知識の理解を問うための基本的な質問が網羅されているのだ。

 それで、間引きの話に戻るが、基本書は例外なく分厚いものである。その記述は、先生によってむらがある。

 私が、身に付けるべきは、法律の構成(とその結果)が中心である。

 自分が理解可能な構成でなければ、習得することができない。

 したがって、基本書を読むときに、いたずらに本文そのままを追っていくのではなく、理解できる範囲に限って、上手に間引いていくことが大切である。

 基本書は、学説と学説のきわめて主張し合う場であるから、私が勉強すべき内容と、その範囲を超えてしまっているところは、峻別すべきである。

 また、難解な記述も、何度も読み返すことで、理解できよう。

 しかし、一個の科目に対する知識は、基本書の全体から、バランスよく摂取することが、大切であると考える。

 一点をぐいぐいと掘り下げていくやり方では、木を見て森を見ず、の弊に陥ってしまいがちである。

 初学者にとっては、間引くといっても、どこを間引いていいのか解らない。

 僕にとっての成長とは、まさに、どこを間引いて良いのか、見当がつくようになったことである。

 以上

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加