一法学生の記録

2014年4月に慶應大学通信部に進んだ法学生の記録である
(更新)2017年4月に神戸大学法科大学院へ進学しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

江戸時代の司法制度

2015-08-30 17:52:52 | 日本法制史Ⅱ
 江戸時代の司法制度

 江戸時代の司法制度は、幕府が武家の棟梁として全国的な司法権を有したのに対して、各藩あるいは幕府の直轄地にたいしては、藩領・直轄領あるいはその家臣(一領一家中)に限られた司法権が与えられた。各藩の権限は司法権の全般に渡り、刑の種類や、執行についても各藩に任されていたのであるが、藩の司法権は幕府に監督され、その意味で幕府は上位機関として位置づけられる。また、藩を跨ぐ事件についても、刑事事件であれ、民事事件であれ、藩は幕府に対して吟味願を提出し、その事件の所属に基づいて寺社奉行・町奉行・勘定奉行がそれぞれ担当し、そのうち奉行所の手限を越える重大な事件に関しては、評定所を設けてこれを議し、仕置伺を草して老中に上申する仕組みである。

 江戸時代の司法制度においては、たとえば白州における裁判が非公開であるとか、事件の捜査、捕縛あるいは取調べを行う部局と、事件を審理し、犯罪事実を認定し、刑罰を適用する部局が同一の機関においてなされるなどは、西洋世界の歴史的産物たる罪刑法定主義や三権分立を継受していないのであるから当然であるのだけれども、一方で注目すべき特徴もある。

 先ほど評定所から上申された仕置伺であるが、老中はこれを仕置掛右奥筆に回付し、その当否について調査・検討させ、仕置掛右奥筆は幕府法である公事方御定書や過去の判例などを調べて、老中に提出するのであるが、これは幕府における司法官僚にほかならず、判例の蓄積とその検討を職務とすることにより、法的安定性を維持するための専門機関であると位置づけられよう。さらに、江戸時代の弁護人制度については、もちろん近代司法における弁護人制度は存在しないのであるが、奉行所の召喚や出訴のために出府したものに宿を提供する公事宿が、刑事事件においては、被糺問者の依頼を受けて書面を代筆したり、これに付き添って出廷し意見をのべたり、とりわけ取調べをおこなう吟味役人と被糺問者との間を周旋するための媒体として、幕府の側からは不可欠な存在であると認められていたことが注目される。

 奉行所によって出府を命じられた者は、遠路はるばるその取調べを受けるために、江戸へやってくるだろう。おそらく裁判手続きに関してもよく分らず、不安なままに泊め置かれる宿において、出廷前の書類を世話してくれたり、裁判の進行については被告人の立場に立った教示をしてくれることは、藁にもすがる思いである被告人からすれば、大変力強いに違いにない。およそ庶民の権利を守るという着想からは少し外れているとはいえ、江戸時代の司法制度における弁護人の役割が宿泊施設に宿ってきたことは、じつに日本的であり興味深い。

 以上
コメント

江藤新平の先駆性

2015-08-30 12:23:24 | 日本法制史Ⅱ
 明治新政府にとっての二大事と言えば、一つは地方分権的な幕政を解体して統一的な国家を建設すること、もう一つは外国との不平等条約を改定して対外的独立を確保することである。いまだ不安的であった新体制の基盤を固めるための国内政策が優先されることになるが、それは、国家としての主権が幕末以降の不平等条約によって制限されていた現状を改めるためにも、これは連続しているのである。ここまでの認識は、当時の明治新政府の首脳には、当然のことながら認識されていたのである。だが、江藤の一歩抜きん出ているのは、民権と国権にたいする関わり合いについてである。

 対外的な軍事力と言うことが意識されたのも、幕末から維新の海外情勢に応じた認識であった。とりわけ、アヘン戦争を具に観察していた幕府では、それまでの異国船打払令を薪水給与令に改めるが、その本質は、徹底した避戦政策と軍備増強であった。だが、封建主義的幕府体制の下では、莫大な財政負担を地域に強いる辺境警備の強化には自ずから制約を受けざるを得ない。この事を十分に認識していた明治新政府も、いまだ不安定である国内政策は去ることながら、中央集権化による軍備拡張は、条約改正のための準備作業である法典編纂などの政策と鏡の両面として、迫られていたといえよう。

 明治六年の司法卿を辞するにあたって、江藤は以上の認識から国家の軍備拡張を唱えるが、そのためには司法改革がぜひとも断行されなけらばならぬと説く。それは、第一に民法典の充実により、国民の権利義務の関係を正しく規定することによって、相続、婚姻、あるいは商売上の権利、移動の自由などを確保し、以て聴訟(民事裁判)の事務を適法、適正に、取扱うことが可能となる。また、第二に刑法典の充実により、犯罪捜査、捕縛、訴追、あるいは監獄の適正な実施を保障し、行政権と司法権の独立を確保することによって、はじめて国民は安心して、諸々の活動を営むことが可能となる。

 こうして、民権が保証されることによって、国民の活動は活発となり、国が富み、税収は増えるから、国家はその余剰分を軍備拡張に充てることができ、ひいては国権の確立に資することになる。こうしたことを、江藤は長文の辞表にしたためて、正院に提出したのであるから、その識見において、大正デモクラシーの思想を、すでに抱懐していたことが、明らかである。だが、当時の政府とって、民権の伸長をその本旨とする主張には、急進的に過ぎるとと映ったであろう。

 以上。
コメント

10月の逡巡

2015-08-29 18:51:24 | 日記
10月の逡巡

 10月は、中国の国慶節で有り、1日から7日まで一斉休暇となる。これに合わせて、中国に駐在する日本人の多くは、帰省をして、通常営業をしている本社に出向いて、半年間の諸問題について報告するのが、通例であろう。だが、10月は通信生にとっては試験の秋であり、年四回実施の第三回目が、10月の三週目に実施されることになる。

 慶應大学通信課程の厳しいところは、一部の科目については試験の機会が予め決められているためめ、その機会を逸すれば、該当科目の履修を放棄したと見做される(と伝え聞いている)ため、何が何でもこの機会に帰国をして、試験を受けなければならないわけで有る。

 しかしながら8月のスクーリングにて、すでに5日間の有休を消費(ちなみに過去二年間は有休を消費したことすらない)したうえに、10月の1日から7日までは中国公休の日程で、予め航空券を手配しているから帰国しないわけにはいかない。そうすると、およそその翌週には、試験を受けるために帰国の途につかなければならないわけだ。

 駄々をこねても始まらないわけで、ここは勘弁して日程に屈するのみ。

 以上。
コメント

7月試験の結果

2015-08-29 18:18:58 | 単位
7月試験の結果

・ 英語Ⅶ   B
・ 日本政治史 A
・ 憲法(J)  A

 試験結果については検証のしようが無いのであるが、明らかに日本政治史の試験において「進歩党」を「改進党」と書き違えたので、これは不合格で決まりだと10月試験の日程に乗せたのであるがA評定を頂いてしまった。また、憲法(J)の結果はレポートの不合格をくらっているためKCC-Channelでは確認することができないが、概ね満足のいく回答を書くことが出来たので、問題なかろう。

 以上
コメント

毛利敏彦『江藤新平』〔増補版〕

2015-08-29 16:55:17 | 日本法制史Ⅱ
 毛利敏彦『江藤新平』〔増補版〕
   -急進的改革者の悲劇ー

 日本史に疎い私にとって、鎌倉期から明治期をカバーする法制史Ⅱの学習は、政治学に次ぐ重量を印象付けるが、いやしくも法律学をもっぱらとする学徒にして、法制の源たる法制史を看過するには耐えがたい。よって履習を覚悟したものの、今期の課題文である「江戸時代の武家諸法度」を一瞥するに、ますます恐懼の念出でて、取り掛かるに億劫であった。そんな折、前期の課題文である「江藤新平の司法改革」が来春まで使用できるとのこと知り、伝記周辺から読み進めれば習得に難くないと判断し、期限差し迫るの効用も期待して、履修することにした。

 掲題の書物を読み終えたところ、江藤新平なるものの実像と、時代の雰囲気と言うものに、取り付かれたようである。とりわけ、明治新政府の首脳陣における、合しても別なる派閥の関係において、政策決定に至る過程での真に人間味あふれる各人の動機を如実に浮かび上がらせるところは、筆者の観察眼に負うところ少なくない。本書では明治六年の政変に関する、筆者が解明した真実が披瀝されており、一般的な征韓論に基づく結論を丹念な資料批判によって、その真意を明らかにしており、歴史を見る目を養うという意味でも、再読をするに痒くない。

 以上
コメント