日々の出来事
日々の出来事を書いていきます。
 



(Part2の続きです)
初恋」がスタートし、後半がスタートしましたぁ。

しかし、群馬の時もそうだったけど、やはりMOVIEの余韻が抜けなくって、すぐにライブに気持ちが戻りませんでした。
「初恋」では、歌詞がスクリーンに映し出される演出が印象的です!
曲が終わり、ようやく現実に気持ちが戻ってきた所で、

13曲目、「終わりなき疾走!
ここからまたヒートアップ!で会場は盛り上がります。
個人的に好きな曲なので、今回も聴けるのは嬉しい

この後、次の曲の前に、リズムに合わせて浜省が話します。
浜省:「ヒップホップの踊り知ってる?
浜省:「まず、手を前に・・・
浜省:「次は、手を上に・・・」←(横だったかな?
浜省:「では次は、疲れた~!ってポーズで」←(顔を手であおぐ感じで)
浜省:「みんな一緒に!

こ~んな感じで、変な踊り?(笑 をレクチャーし、みんなで真似てやったのですが、
ちょっと恥ずかしかったかな~(笑
特に「疲れた~!」のポーズは恥ずかしかった人が多いのでは?(笑

一通りの踊りをレクチャーした後、
14曲目、「土曜の夜と日曜の朝!」へ!

曲途中でメンバー紹介を行い、恒例の年代別調査へ!
浜省:「それではここで、避けては通れない、年代別調査の時間がやってまいりました(笑 別にみんなの歳を知りたいわけではないよ!堂々と答えてください!
浜省:「まずは、10歳未満!
お~、いるね~って感じで観客席を見渡し、手を振ります。
浜省:「では、10代!
お客:「は~い!
同じように、観客席を見渡します。
浜省:「20代の人!
お客:「は~い!!
浜省:「それでは、30代!
お客:「は~い!!!
群馬と同じで、またしても一気に増える(笑
浜省:「40代の人!
お客:「は~い!!!
やっぱ40代も多い~!

浜省:「1階30代!
お客:「は~い!!!
浜省:「2階30代!
お客:「は~い!!!
浜省:「30代!
お客:「は~い!!!!

浜省:「1階40代!
お客:「は~い!!!
浜省:「2階40代!
お客:「は~い!!!
浜省:「40代!
お客:「は~い!!!!
浜省:「町支と同じ(笑 50代の人~!50代は、俺と町支だけか?(笑
浜省:「60歳以上の方はいますか~?

30代と40代は、1階と2階を分けて聞いていました。
こんな感じでいつもの年代別調査を行い、「ダンス ダンス~!」とまた歌へ。
曲の後半では、
浜省:「ホ~ホッ!
お客:「ホ~ホッ!!
浜省:「ホッホッホッホッ~!
お客:「ホッホッホッホッ~!
浜省:「みんな、普段会社で大声出せないでしょ~!だからここで大きい声を出して!
浜省:「仕事してる人もしてない人も。何か大変な事がある人もない人も!みんな大声を出して叫ぼう!
浜省:「もっともっと!
浜省:「ホ~ホッ!
お客:「ホ~ホッ!!
浜省:「ホッホッホッホッ~!
お客:「ホッホッホッホッ~!
浜省:「では、さっきの踊りを~!
といって、さっきレクチャーを受けた、3種類のヒップホップダンス?をここでみんなでやりました。
「前、上、疲れた~!」の3種類を、繰り返し何回もやったかと(笑
こんな感じで、「土曜の夜と日曜の朝!」が終わりました~!

この後は「Thank you!」を歌い、
I am father!」でみんなで「ウォウォウォウウォウォッウォ~!」と大合唱。
そして「J・BOY!」へ。
俺は、指で「J」を作って拳を上げました。
グーで拳を上げる人も入れば、人差し指を一本立てる人などいろいろでした。

さぁ、本編いよいよ最後の曲です。
バックでピアノが流れる中、浜省が話します。
浜省:「音楽をやっていて、いろいろな人に出会えた事に感謝している
との事を話し、
浜省:「もう一度、ここでメンバー紹介をしたいと思います。本当はもっと多くの人が裏にはいるんだけど、その人達を代表して、ステージのメンバーを紹介したいと思います。
そういって、ツアーメンバーの小島さん、福田さん、美久月さん、町支さん、小田原さん、長田さんを紹介しました。
そして今回も、本編最後は「家路」でした~!
スクリーンに家路のPVが流れる中、盛大に歌われました。

本編が終了となり、手を振りながら浜省&ツアーメンバーが退場していきます。

しばらく、「ショウゴ!ショウゴ!!」のコールが続いた後、
アンコールとして登場!
今回もやはり、ここから着替えて来て「グッズTシャツの背の赤丸なし」
になっていました。
アンコール1曲目は「ラストショー!
いつものように、みんなで手を横にフリフリしながら歌いました。
そして2曲目は、前奏のギターが鳴った瞬間に大盛り上がりの「MONEY!
いつもながら、激しい「MONEY!」でした。

これで1回目のアンコールが終わり、一旦引っ込みます。

そして、「ショウゴ!ショウゴ!」のコールが響き渡る中、再び登場~!
スクリーンにプロモPVが流れる中、じっくりと「君と歩いた道」を歌いあげました。

浜省:「今回は8年振りだったんだけど、また8年後だと、とっくに還暦だよね(笑
またみんなと再会出来るよう、頑張っていきたいと思います。
和歌山は、幸せな夜でした。

最後、結構いっぱいしゃべっていたんですが、思い出せません。
みんな健康で、誰一人欠ける事なく、また会いましょう!」って事も言ってたかな?

長めのMCの後、最後の曲、
ラストダンス!」が始まりました。
曲中にはミラーボールがキラキラと光り、とっても綺麗で感動的でした。

そして、最後の「ラストダンス」が終わると、メンバーが一列に整列して丁寧におじぎをし、ファンに手を振りながら、退場していきました~!



和歌山市民文化会館セットリスト

01 A PLACE IN THE SUN
02 光と影の季節
03 HELLO ROCK&ROLL CITY
04 この夜に乾杯!
05 旅立ちの朝
06 二人の絆
07 誰かどこかで
08 ロマンスブルー
09 愛という名のもとに
10 路地裏の少年
11 生まれたところを遠く離れて
<MOVIE>
12 初恋
13 終わりなき疾走
14 土曜の夜と日曜の朝
15 Thank you
16 I am a father 
17 J.BOY
18 家路
<Encore1>
01 ラストショー
02 MONEY
<Encore2>
01 君と歩いた道
02 ラストダンス


こういった感じで、和歌山ライブが終わったのですが、
率直な感想として、とっても楽しいライブだったし、浜省がピョンピョン跳ねて、やたらとご機嫌だったのが印象的でした。
それと個人的には、「愛という名のもとに」が聴けたのがとっても嬉しかったです。
群馬ライブとは、3曲違ったのも嬉しかった。
でも、群馬同様、「日はまた昇る」はまた聴けませんでした~。
この曲はどうやら松戸限定になりそうな予感?

ライブ終了後は、↑の写真のように、グッズ売り場は賑わっておりました。
ライブを観た後だと、気分も乗っていろいろ欲しくなってしまうんでしょうかねぇ。

この日は和歌山で一泊し、次の日は大阪で遊び、神戸の実家にも行きました。
大阪&神戸の話しは、こちらの日記に書いてあります。

さて、ライブは無事終わったのですが、俺にとってはあと一つ、大きな用事が待っております。
それは、飛行機に乗って帰宅しなければいけないという事です!
帰宅の事も一気に書きたかったのですが、1万文字の文字制限で、これ以上書ききれませんでした(汗
続きはいずれ、機会あればPart4で(笑

以上、浜省がピョンピョン跳ねてやたらとご機嫌なのが印象的だった、
「和歌山県民会館 ライブレポPart3(本編 後半~アンコール編)」でした~!
最後まで読んでくれてありがとう。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )