日々の出来事
日々の出来事を書いていきます。
 



(Part1の続きになります)

今回の座席は、「2階席ほ列の10番台
ステージ向かって左側で、前が丁度通路になっていたので、前は誰もいない席でした。
やっぱ座席があるのはいいなぁ。
前回の郡馬と違って良く見えるや~と思い、ライブスタートを待ちました。

開始時間近くになり、会場諸注意のアナウンスが流れだすと、早くも「ショウゴ!ショウゴ!
のコール
今回もまず、MOVIEがスタート!
山、海、電車 などの映像が写し出されます。
そしてやはり前回同様、
Like a long lonely stream~
と、「A PLACE IN THE SUN!」を歌うアカペラの浜省の声。
前回は生歌なのか分かりませんでしたが、今回は歌い方で生歌だ~!って分かりました。

そして幕が下から徐々に開き、
今日も「A PLACE IN THE SUN!」でライブがスタート!
初めて参加の人にとっては、まさかの選曲に驚きの一瞬でしょう。

服装は、群馬の時と同じでした。
上は紫色のシャツで下は黒のズボン。

みんな曲に合わせて手拍子を行い、
2曲目の「光と影の季節!」へ突入~!
この曲が始まった瞬間、
会場は「おお~!」って沸きます。
前奏部分で、
浜省:「イエーイ!」と一言叫び、
浜省はピョンピョン跳ねます
歌のない部分はいっぱい飛び跳ねていました。

浜省:「ハロー!和歌山!今夜気分はどうだい?
そう言って、3曲目の「HELLO ROCK&ROLL CITY!」に突入~!
いつものようにハーモニカを吹き、この曲でもご機嫌さは継続~!
ピョンピョン跳ねて、元気いっぱいでした

浜省:「昨日、関東から和歌山に来て、久し振りに来れて嬉しいです。
昨日、和歌山城に行ったんだけど、すごく綺麗にライトアップされていて、和歌山城を見ると、昔ライブに来た事を思いだして、とても懐かしく嬉しい気分になりました。

とにかく、とっても嬉しいんだ~!って事を、繰り返しを言っていました。

そして、ご機嫌なまま、4曲目「この夜に乾杯!
浜省:「サクソフォ~ン、古村敏比古!
とサックスの古村さんを紹介して、5曲目「旅立ちの朝!」へ。

浜省:「ありがとう
と一言言って、「二人の絆!」が始まりました~!
途中、手を横にフリフリして、お客さんもみんな真似てフリフリしてました。

7曲目は「誰かどこかで」でした。
群馬では「彼女はブルー」だったので、違う曲が聴けて良かったです。
でも、彼女はブルーも、もう一度聴きたかったぁ。

ここからは恒例のバラードコーナー。
椅子が準備され、浜省が座ります。
浜省:「立ち見の人は座れなくって申し訳ないんだけど・・・

ここでだったか忘れましたが、また和歌山について語ってました。
浜省:「前に和歌山に来た時は、あの駅前のTOKYU INに泊まっていたんだよね~
お客:「え~!
浜省:「また久し振りに戻ってこれて、ほんと嬉しいです。
よっぽど嬉しかったのか、こういった話を沢山していました。
浜省:「今回はソロデビューから30周年記念パーティーという事で、全国を周っています。お食事とかは出ないけどね(笑
みなさんに、歌を届けたいと思います。

との事を言ってました。
おそらくこの30周年というMCは、全会場で言っているのでしょうね。

ここでだったか定かではないですが、昔の話しが続き、
浜省:「小島君は、幼稚園を退園になってるんだよね(笑
浜省:「確か、観音様の腕にぶら下がって折ったんだよね(笑

小島:(し~!言っちゃダメ!ダメ!)というジェスチャーをする(笑

少し話しが続き、
浜省:「1曲目はプロミスランドから、「ロマンスブルー」、2曲目は愛の世代の前にから、「愛という名のもとに」を聴いてください。

そう言って、「ロマンスブルー」と「愛という名のもとに」が歌われました。
今回は2階席だった事もあり、キーボードの鍵盤がしっかりと見えました。

両曲ともピアノ前奏から始まるんですが、綺麗な音が会場全体に響き渡り、とっても良かったです。
特に、「愛という名のもとに」はずっと聴きたいと思っていた曲なので、今回初めて聴けてとっても嬉しかったです。

バラード2曲が終わると、今回もここから例の寸劇の始まりです(笑
浜省:「70年代を語らせると右に出る者はいない、福田君に語ってもらおう
浜省が一旦退場し、またいつものように、ビートルズや、かぐや姫の曲が流れる中、福田さんが70年代を振り返ります。

福田:「大阪万博、よど号事件、三島山荘事件、これを知ってる人は、相当年寄りだ(笑
福田:「オイルショック、~~、~~を知ってる人は、おそらく、僕達と同じ世代だろう

年代ごとのヒット曲が流れ、ステージでは、次の準備が進められています。

しばらくして、70年代ファッションで浜省が登場~!
お客さん:「おおお~!!
と盛り上がります!

ステージはいつの間にやら70年代を思わせるバーに様変わり。
メンバーがバーの席に着いてお酒を飲んでいます。

パイプ椅子に座り、
浜省:「浜田省吾で~す。皆さん、こんにちは。
浜省:「まだデビューして間もないです。もし知っていたら一緒に歌ってくださ~い。励みになります(笑
浜省:「こうやって、パイプ椅子に座ってハーモニカ○○を付けると、昔を思い出します。
浜省:「1974年はアマチュアで、1975年はドラムをたたいて、1976年にはソロデビューして・・・
浜省:「今から歌う曲は、初恋を歌ったんだけど、いつの間にやらこんな曲になってしまいました(笑
浜省:「18歳で浪人をして・・・夏に2週間の恋をして・・・その事を歌った曲です。
浜省:「俺は、16歳まで子供の作り方を知りませんでした~(笑
浜省:「曲を知ってる人は、一緒に歌ってください。

このような話しをして、今回も弾き語りの「路地裏の少年」が始まりました~。
浜省:「路地裏の少年は、22歳の最後の夜に作った曲です。
この日は、「路地裏の少年」を作った際の、裏話しをいろいろしていました。

浜省:「次の曲は、あの頃の自分をほんとそのまんま表している曲です。
浜省:「おおげさであって、シリアスでもあり、ナイーブな感じの、そんな曲です。
こんな感じの曲紹介を行い、
生まれたところを遠く離れて
を歌いました。

歌い終わると浜省が一旦退場し、スクリーンが下りてきて、今回もMOVIEがスタート
群馬で一度観たMOVIEでしたが、今回もしっかりと観てみました。
(MOVIEの詳細は、10月11日の群馬レポPart2に書いてあります。)
和歌山でのMOVIEは、スクリーンがやたらしわくちゃだったのがちょっと気になりました(笑

20分くらいのMOVIEが終わると、スクリーンが上がりながら「初恋」がスタート!
今回もここから後半がスタートです
さぁ、盛り上がっていくぞ~!

以上、
浜省ご機嫌でピョンピョン跳ねていて、「愛という名のもとに」が初めて聴けて嬉しかった、「浜田省吾 和歌山県民文化会館 ライブレポPart2(本編 前半編)」でした~。
最後まで読んでくれてありがとう。

コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )