古代日本国成立の物語

自称「古代史勉強家」。趣味は実地踏査と称して各地の遺跡、神社、歴史博物館を訪ねること。学芸員資格の取得を目指して勉強中。

環濠集落と高地性集落

2018年10月17日 | 雑感
 今年、何度も何度も日本列島を襲った大型台風や暴風雨による河川の氾濫などの大きな被害の状況をテレビやネットで見ていて、被害にあわれた方々に対するお見舞いの気持ちを抱くとともに、不謹慎と思いながらもある考えが頭に浮かんだ。

 大自然の猛威に対して、現代の治水技術、土木技術をもってしても防ぐことができない河川の氾濫。これが縄文時代や弥生時代といった古代だったらどういうことになるのだろうか。人間が生きていくためには水は欠かせない。そしてその水の主たる供給源は今も昔も河川である。したがって水の獲得だけを考えれば河川の近くに住むのが合理的である。しかし、毎年いくつもの台風が襲来する日本列島で、河川の氾濫を防ぐための堅牢な堤防やダムを築く技術のない古代においては、河川の近くに住むことは危険極まりないことであった。ひとたび大雨が降ると河川は氾濫し、周辺のものは全て流されてしまうことになる。だから、古代のムラはたいていの場合、台地や河岸段丘の上、あるいは平地であっても微高地と呼ばれる周囲よりも少し高くなったところに設けられている。生活のために必要となる水を汲んで高いところへ運搬する労力よりも、河川の氾濫による被害から身を守ることを優先したと考えられる。

 弥生時代になると村の周囲に濠や壕を巡らせた環濠あるいは環壕集落が出現する。稲作中心の社会になって各地で集団による定住生活が定着すると、耕作地に近い低地にムラが形成されるようになる。するとムラどうしが耕作地や水資源、あるいは収穫物をめぐって互いに争うようになり、それぞれのムラは自らを防御するためにムラの周囲に濠や壕を巡らせるようなった。(水を貯えたものが濠、そうでないものを壕と表現するが、ここではまとめて濠と表すこととする。)環濠集落と呼ばれるもので、有名な佐賀県の吉野ヶ里遺跡では濠に沿って逆茂木が備えられており、環濠集落そのものが防御施設であることは間違いないと考えられる。しかし一方で、奈良県の大和盆地中央にある多重環濠集落で有名な唐古・鍵遺跡では、その環濠が浅くて防御機能を果たしえないという。この遺跡の多重環濠は河川につながっていたことから、上下水道の機能、あるいは運河の機能を果たしたのではないかと考えられる。

 そして現代における河川の氾濫による水害の映像を見て思いついたことは、環濠集落は水害からムラを守るために築かれたのではないだろうか、ということだ。現代のゲリラ豪雨のような猛威には抵抗できないであろうが、近くを流れる河川から水が溢れ出てムラを襲った際に周囲に濠があれば被害を緩和することができる。特に低地に設けられた環濠集落は敵からの防御とともに水害対策の目的があったと考えることができないだろうか。

 この発想をさらに拡げてみた。いわゆる高地性集落は実は暴風雨や大水害がムラを襲ったときの避難場所ではなかっただろうか。もちろん、ムラが敵から攻撃されたときの避難場所でもあり戦闘のための施設という位置付けであることは言うまでもない。両者の考えは矛盾するものではなく、むしろ両立するものである。高地性集落は東海地方、北陸地方よりも東側には存在せず、その分布は東海・北陸以西の西日本に限定される。これは台風の進路にあたる地域と一致している。環濠集落についても関東地方や東北地方において存在が認められるものの、その多くが西日本に分布する状況は同様である。環濠集落に関する報告書などを読むと、時代を経る中で環濠が幾度かにわたって埋められたり掘られたりを繰り返すという記事を眼にすることがよくある。これは河川の氾濫による土砂で埋まった環濠を掘り返して再建するということを繰り返したということではないだろうか。

 以上は何ら検証のできていない素人の思いつきの発想なので悪しからず。


↓↓↓↓↓↓↓電子出版しました。ぜひご覧ください。

古代日本国成立の物語 ~邪馬台国vs狗奴国の真実~
小嶋浩毅
日比谷出版社
コメント

アマゾンで電子出版しました

2018年09月29日 | 雑感
 日本書紀や古事記は神話の部分も含めて何らかの史実や伝承に基づいて書かれていると考える著者が、その記紀を中心とする日本の歴史資料をベースにして、魏志倭人伝など中国の歴史資料、さらには各地で発掘された遺跡とその遺構や遺物から得られた考古学の知見を組み合わせ、できるだけ合理的な解釈を試みることによって古代日本国、すなわち大和政権が成立するまでの過程を解き明かそうと挑戦した書である。

古代日本国成立の物語 ~邪馬台国vs狗奴国の真実~
小嶋浩毅
日比谷出版社



 本書は当ブログ「古代日本国成立の物語」の第一部を書籍化したものをそのままアマゾンKDPにて電子出版したものです。390円とお手頃価格に設定しましたので是非ご購入いただければと思います。印刷版をご希望の方は当画面の「メッセージ」にてご連絡いただけると個別に対応いたしますので、よろしくお願いします。
コメント

「Japanリベラルアーツ入門~神話と芸能~」を受講して

2018年09月10日 | 雑感
 2018年9月5日、セカンドアカデミー(株)と丸善雄松堂(株)が主催する公開講座 「Japanリベラルアーツ入門~神話と芸能~」を受講してきました。講座開催の告知を知ったとき、「リベラルアーツ」と「神話」というふたつの言葉に惹かれてすぐに申し込みました。

 リベラルアーツは最近流行っている言葉で「教養」と訳されることが多いようですが、自己を様々な束縛から解放して生きるための力を身につける学問という理解をすればいいのではないでしょうか。私たち人類は科学技術の進展によって様々な利便性や快適性を手に入れる一方で、自然環境破壊、原発問題など新たな課題を生み出してきました。人類がこれらの現代的課題に立ち向かうためには、分野ごとに高度に専門化された知識や技術を集めただけでは最適な解決につながるとは限りません。部分最適を寄せ集めても全体最適にはならないということです。人文科学、自然科学、社会科学など多方面にわたる分野を横串にした知識や考え方が必要となります。まさに今、リベラルアーツが求められる理由がここにあると思います。
 私は今、 ビジネスマンとして企業で働きながら古代史の勉強に取り組んでいます。またそれと同時に、学芸員資格の取得を目指して通信制大学で学んでいます。私のような学びの取り組みを世の中の人は生涯学習と呼びます。そしてこの生涯学習の考え方はある側面においてリベラルアーツに通じるものがあると思うのです。学芸員資格のための必修科目である「生涯学習論」を学ぶ中でそれを強く感じたこともあって、今回の講座に興味を持ちました。

 そしてもうひとつの「神話」という言葉。古代史の勉強には古事記や日本書紀、いわゆる記紀を読むことが欠かせないのですが、これまで独学で勉強してきた私は実は記紀神話に関する専門家の話を聴いたことがありませんでした。この講座でその専門家の話を聴いてみたいという思いと、リベラルアーツをタイトルに据える講座で語られる古事記は単なる解釈論ではなくて何か面白そうな話が聴けそうだとも思いました。また、神話と神楽のつながりを連想したこともあって「芸能」という言葉にも少し興味が沸きました。

 さて、タイトルに神話と芸能とあるとおり、講座は2部構成になっていて前半が麗澤大学の岩澤先生の「古事記から読み解く日本人の思考法」、後半が清泉女子大学などで講師をされている武藤先生の「歌舞伎の表現-音を見る・動きを聴く-」という構成でした。

 第1部の岩澤先生のお話はユダヤ・キリスト教神話と古事記神話を比較することで、英語文化圏の人々と日本人の間に横たわる民族性の違いや思考法の違いを浮き彫りにして (日本人を単一民族と考えることの是非はともかくとして) 日本人とはどういう民族なのかを解き明かそうとするものでした。その解明プロセスが大変ロジカルでわかりやすく、まさに論理性や言語化を重視する英語文化圏アメリカで学ばれた先生ならではのわかりやすいお話でした。

 ユダヤ・キリスト神話の創世記において神は天地や人間、その他この世の全てを創造しました。翻って古事記神話の始まりをみると、「天地(あめつち)初めて發(ひら)けし時」と天地がどのようにできたのかは記されず、次いで「高天原に成りし神」として天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神の三神がどこからともなく出現します。そしてこの三神を皮切りに次々と神様が生まれ、その神々が日本の国土や山川草木などこの世の様々なものを生み出していきます。しかし人間は神様の子孫として描かれています。
 このように両者を比べると、神話のスタート時点から大きな相違点を見出すことができます。創世記においては神はこの世のすべてのものから超越したものとして初めから存在し、その神が天地を皮切りに人間を含むこの世の全てを造り出しました。この明快な神話に比べて古事記では、天地がどのように出来上がったのかがわからず、神様もいつのまにかそこに存在しています。この曖昧さはまさに日本人特有だと思いました。先生によるとユダヤ・キリストの神様は「創造の神」で、古事記神話の神は「生成の神」であるといいます。なるほど、「造る」と「生む」の違いか。

 この話を聞いていて以前から考えていたことが頭に浮かびました。日本人は神社に行って神様を拝みます。日本にある神社の数は8万とも10万とも言われ、その多くは記紀神話に登場する神様や土地の守り神を祀っています。天照大神を祀る神明神社、素戔嗚尊を祀る八坂神社、住吉三神を祀る住吉神社、建御名方神を祀る諏訪神社などです。一方で全国の神社の約半分を占めるとも言われる八幡神社に祀られる神様は八幡さま、つまり応神天皇です。また天神さんと呼ばれる天満宮では菅原道真が祭神となっています。最近の神社では明治神宮は明治天皇を祀り、乃木神社では日露戦争で活躍(?)した乃木将軍が祀られます。現代人の感覚で言うと神様を祀る神社と人間を祀る神社があるように思いますが、後者も人間を祀っているわけではなく人間が神様になって祀られているということだと思います。そう考えると天照大神や素戔嗚尊も、もともとは人間であったと考えることができないでしょうか。記紀神話に登場する神様はもとは人間だった、つまり記紀神話とは人間の所業を神様の話に置き換えた物語であると言えないでしょうか。記紀神話を神様の話と決めつけてしまえば全てがウソ、創作された話ということになり、逆に人間の話と思えばそこに何らかの事実があったと考えることができます。

 記紀神話というのは、ときの為政者、権力者が自身の権力や地位を正当化するために自身の祖先が神様であったとする系譜、つまり自身は神様の子孫であることを謳うための系譜を作り出そうとしたことから生まれたのです。古事記、日本書紀の原典であったであろう帝紀・旧辞あるいは天皇記・国記、各地の風土記などは各地の豪族や中央の氏族を含む権力者側が作ったものです。
 一方のユダヤ・キリスト神話はどうなのでしょう。詳しくないので間違いかもしれませんが、ユダヤ教成立の経緯と合わせて考えると少なくとも権力者、支配者が生み出したものではなく、支配・被支配を否定する発想から人間を超越したところに神を存在させたと考えられます。権力者、支配層よりも上に神を存在させて、人間は平等であるとの思想のもとに神に祈る。この感覚は日本人である私にも理解できます。しかし日本人は権力者の祖先である神に対して手を合わせて祈ります。よくよく考えると不思議です。日本における権力者は民衆を苦しめる存在ではあったものの、必ずしも民衆の絶対的な敵ではなかったのかもしれません。受講の感想を書きながら発想が広がってしまいましたが、これについてはおいおい考えて行きたいと思います。

 さて、第2部の武藤先生の歌舞伎のお話。想像していた神楽などの芸能の話ではなくて、歌舞伎の楽しみ方のお話でした。私は生まれてこのかた、歌舞伎にわずかでも興味を持ったことが全くなかったので、この第2部への期待は古典芸能であるから少しは古代史に関連する話が聞けるかも知れないということだけでした。しかし、その淡い期待は裏切られ、古代史につながる話は全くありませんでした。その代わり、全く興味のなかった歌舞伎に初めて興味を持つことができました。
 武藤先生によると、歌舞伎の楽しみ方は黒御簾(くろみす)音楽に集約されている、話の筋や内容はどうでもよくて演技に合わせて演奏される黒御簾音楽を聴くことが歌舞伎を楽しむコツだというのです。実際に舞台の映像を見ながら、聴きながら教えてもらい、その意味がよくわかりました。「音を見る・動きを聞く」というタイトルの意味も理解できました。そして、歌舞伎を観てみたいと思うようになりました。単なる食わず嫌いであった自分に気付いたことは大きな収穫でした。

 今回の公開講座は講座ひとつあたり50分、質疑応答も入れて全部で2時間でした。どちらの講座ももう少し聴きたかったなあ。
コメント

JAPAN リベラルアーツ入門 ~ 神話と芸能 ~

2018年08月09日 | 雑感
 来る9月5日(水)、「JAPAN リベラルアーツ入門 ~ 神話と芸能 ~ 」というセミナーに行こうと思います。「リベラルアーツ」という言葉、最近はいろいろなところで聞くようになってきましたが、恥ずかしながら私は最近知ったばかりなのです。

 どこまでも多様化、複雑化する現代的課題に立ち向かわなければならない私たちは、これまでのように深い専門知識、高い技能、長い経験を持っているだけでは対応しきれなくなってきているようです。人文科学、社会科学、自然科学、、、幅広い知識と経験が最適解を導き出すことに大いに役立つはずです。たしかに、ビジネスの世界では従来の経営論や戦略論の教科書に書かれているようなことが効かなくなってきていることを実感します。企業はバカ高いコンサルタントの言うことを鵜呑みにすることはなくなってきました。商品やサービスを生み出す側も、それを買う側もどちらも人間です。ビジネスはまさに人間の営みそのものと言えます。そう考えたときに、人間の感情や行動を本質的に理解しようとするのは自然な流れ。だからこそビジネスマンに哲学や歴史、文学、美術などの学びが求められるようになってきているのだと思います。これはビジネスに限ったことではなく、人生100年を生きていくうえでとても大切なことだと思えるようになってきました。

 博物館学芸員の資格取得を目指す中で「生涯学習論」と「博物館教育論」を学びました。これらを学んだ今だからこそ、リベラルアーツを理解できるようになった気がします。趣味で学んでいる古代史も単なる趣味ではなくて、これからの人生にとって役に立ちそうな気がしてきました。具体的に何が、とは言えませんが。

 リベラルアーツという言葉にも惹かれましたが、それよりも神話という単語に食いついてしまったような気もしますが、以下にあらためて紹介しておきます。


JAPAN リベラルアーツ入門 ~ 神話と芸能 ~
2018年9月5日(水)18:30~20:30 場所:DNPプラザ(市ヶ谷)


 
 
コメント

国会図書館に登録されました

2018年06月26日 | 雑感
去る4月26日、国会図書館から昨年末に出版した「古代日本国成立の物語」を受領したとの連絡がありました。国立国会図書館オンラインで検索してみるとちゃんと登録されていました。



なんだか、うれしい。

コメント

本を出版しました(邪馬台国vs狗奴国の真実)

2018年01月01日 | 雑感
新年、あけましておめでとうございます。

このブログを始めて1年と5ケ月、2回目の正月を迎えることになりました。読んでいただいている皆さま、本当にありがとうございます。毎日のアクセス数を見ていると、訪問いただいている方の数が1年前と比べて2倍くらいになっていて、書き続ける励みになっています。

ここのところ、北九州実地踏査ツアーのレポートを綴っていますが、実はこのツアーに一緒に行った古代史研究仲間の佐々木さんと岡田さんのご協力とご支援を得て、このたび、本を出版することができました。

本のタイトルはブログタイトルと同じ「古代日本国成立の物語」で、サブタイトルを「邪馬台国vs狗奴国の真実」としました。内容は当ブログの「古代日本国成立の物語(第一部)」に少し手を加えたもので、300ページの作品になりました。



この表紙に使用した写真は3月に佐々木さん、岡田さんとともに行った「古代出雲歴史博物館」で自ら撮影したものなのですが、古代出雲歴史博物館には「個人が撮影した写真を営利目的でなくとも出版物に使用する場合は当博物館の承諾が必要」という決まりがあり、担当の方と何度もやり取りをして承諾を得た結果、ようやく掲載することができました。


一昨年のお正月、それまで興味の赴くままに古代史を勉強していた私は「自分の考えを形にしたい」と考え「年内に本を出そう」という目標を立てました。年内という目標は果たせず、結果として2年かかってしまいましたが、ようやく形にすることができました。ご支援いただいた佐々木さん、岡田さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
また、車中泊ツアーの記事にも書いていますが、旅行やドライブに出かけた際に遺跡や古墳、神社に立ち寄ることがたびたびあります。それに嫌がらずにつきあってくれる奥さんにはいちばん感謝の意を表したいと思います。
実際に印刷が終わったのは12月下旬でしたが、発行日は2017年11月1日、30回目の結婚記念日を発行日としました。

当ブログは現在「古代日本国成立の物語」の第二部として記事を連載しています。もう少し書き進めたあたりで「続編」として2冊目に挑戦しようと思っています。今回は自分のために作った本なので印刷冊数はごくわずかにしましたが、次はもう少し思い切ってみようかな、とも。

それでは本年も発信を続けますので、ぜひとも読んでいただけますよう、よろしくお願いいたします。


※私の本に興味をお持ちいただいた方は himiko239ru@yahoo.co.jp までご連絡ください。
コメント (2)

2016年最後の投稿

2016年12月31日 | 雑感
 今年も残すところ3時間ほどになりました。
 今年の年初、古代日本国成立に関する自分の考えを本にしようと目標を決め、自分の仮説を検証するために本を読み、情報を集めて、考えて、整理して、原稿を書いて、ということを毎日少しづつ続けてきました。また、休日や出張の空いた時間を利用して遺跡や古墳群、神社などを訪ね、自分で感じたことを仮説の補強に利用することにも努めました。結果、すでに書いてきた通り自分の考えを「古代日本国成立の物語(第一部)」としてまとめることができたのですが、書籍化については少し先送りすることにしました。というのも、原稿を書きながらも考えが途中で180度変わってしまうことが何度もあったため、いきなり書籍原稿として起こすのではなく、後戻りや変更もあり、という前提でブログで発信しながら仮説を固めていくのがいいと考えたからです。そして一年がかりで検証を積み重ねてきて、ほぼ固まったと思えるようになりました。
 このブログは開始以来4ケ月が経ちましたが、実は一日も欠かさずに発信を続けて本日の年末を迎えることになりました。明日から新しい年に入りますが、いよいよここまで書いてきた内容を書籍原稿として編集する作業に入るとともに、合わせて第二部の構想も考えていきます。したがって、しばらくの間、当ブログの発信は不定期になってしまうと思いますが、ときどきはのぞいていただければと思います。

それでは来年もよろしくお願いいたします。



↓↓↓↓↓↓↓電子出版しました。ぜひご覧ください。

古代日本国成立の物語 ~邪馬台国vs狗奴国の真実~
小嶋浩毅
日比谷出版社
コメント