世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

ココイチがジンギスカン屋に? マイクロ飛沫感染三密環境店舗廃業 三密回避環境店舗創業

2021-01-13 18:23:33 | 連絡
第一創業マイクロ飛沫感染三密環境「ジンギスカン店」等廃業支援と第二創業三密回避環境「カレーハウス」等起業支援行政制度設計施策加速か>
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/77a7c82df376d4ff0577875a6029f761
★第一創業マイクロ飛沫感染三密環境「居酒屋」等廃業支援と第二創業三密回避環境「焼肉屋」等起業支援行政制度設計施策加速か>
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/77a7c82df376d4ff0577875a6029f761


:::::::::::::::::::::::::::::
2021/01/13 12:11 
全国で「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋(本社・愛知県一宮市)が、北海道旭川市の有名ジンギスカン店「成吉思汗(ジンギスカン) 大黒屋」を経営する大黒商事(旭川市)を、完全子会社化した。大黒屋店主が多店舗展開の夢を託したという。
コメント

年末に友人9人で長時間会食…うち5人が新型コロナに感染 年越し90人参加デヴィ夫人パーティー感染者数?

2021-01-13 17:47:34 | 連絡
★年越し1日前8人会食パーティー感染は、クラスター認定陽性反応がは13日後に判明か>
★「都内高級ホテルで開催した年越し90人参加デヴィ夫人パーティー」
『デヴィ夫人杉村太蔵に大声反論! TV出演は今後リモート限定か』
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/5606da04d75925e9da08fa1a94016c2c

ではクラスター認定陽性反応者が90人×8分の5=55人 が1月14日に報道か>
:::::::::
2021/01/12 20:57 
 三重県では12日、新たに25人に新型コロナウイルスへの感染が確認されました。三重県は愛知県と岐阜県が緊急事態宣言の対象になれば、県独自の警戒宣言を出す方針です。
感染がわかったのは、津市や伊賀市などに住む10歳未満から70代の男女25人です。
このうち、津市に住む会社員の30代男性は12月30日に県内の飲食店で友人8人と長時間会食し、男性を含めた参加者5人が陽性とわかりました。

コメント

俳優・綿引勝彦さん死去、75歳=男性平均寿命80歳ー5年 膵臓がん=死因1位悪性新生物(27.4%)…

2021-01-13 17:38:27 | 連絡
★75歳=男性平均寿命80歳ー5年
★膵臓がん=死因1位悪性新生物(27.4%)

::::::::::::::::::::::::::::
2021/01/13 15:20 
俳優・綿引勝彦さんが昨年12月30日午後0時54分、膵臓がんのため亡くなった。75歳。所属事務所が13日、報道各社に書面で発表した。葬儀は近親者のみで執り行い、喪主は妻で女優・樫山文枝が務めた。

〇「男性平均寿命80歳=健康寿命72歳+要介護期間8年」、「女性平均寿命86歳=健康寿命74歳+要介護期間12年」。厚生労働省は2018/3/9、介護を受けたり寝たきりになったりせず日常生活を送れる期間を示す「健康寿命」が、2016年は男性72.14歳、女性74.79歳だったと公表した。前回(13年時点)と比べ男性が0.95歳、女性は0.58歳延びた。
平均寿命と健康寿命の差は、介護などが必要となる期間。この差を縮める「ピンピンコロリの生活=要介護期間0年=にする」ことが社会保障費の抑制につながる。16年の平均寿命と健康寿命の差は男性8.84年、女性12.35年。13年と比べると男性0.18年、女性0.05年改善した。研究班の代表を務める辻一郎・東北大教授(公衆衛生学)は「要介護の大きな原因となる脳血管疾患の患者が、生活習慣の改善で減っている」と指摘。「高齢者の社会参加の場が広がっていることも健康寿命の延びにつながっている」とみている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27899950Z00C18A3CR0000/
〇長 寿 の 心 得
還暦 六十歳で お迎えが来た時は、ただいま留守と云え。 古希 七十歳で お迎えが来た時は、まだまだ早いと云え。 喜寿 七十七歳でお迎えが来た時は、せくな老楽これからよと云え。 傘寿 八十歳で お迎えが来た時は、なんのまだまだ役に立つと云え。 米寿 八十八歳でお迎えが来た時は、もう少しお米を食べてからと云え。 卒寿 九十歳で お迎えが来た時は、そう急がずともよいと云え。 白寿 九十九歳でお迎えが来た時は、頃を見てこちらからボチボチ行くと云え。
http://irumagakuen9ki.sakura.ne.jp/file/hiroba/hiroba-170622-choujyunokokoroe.pdf
〇厚生労働省は2019年11月、2018年の死亡数の死因順位と年次推移を公表した(2018年人口動態統計より)。2018年の日本の3大死因と、それに続く死因別死亡率の順位は以下。3大死因のトップ3に初めて「老衰」が加わった。1位悪性新生物(27.4%)2位心疾患(15.3%)3位老衰(8.0%)4位脳血管疾患(7.9%)5位肺炎(6.9%)6位不慮の事故(3.0%)7位誤嚥性肺炎(2.8%)8位腎不全(1.9%)9位血管性等の認知症(1.5%)10位自殺(1.5%):鉄道の人身事故に自殺が占める割合はおよそ60~70%となっている。【相談窓口】「日本いのちの電話」ナビダイヤル 0570(783)556午前10時~午後10時、フリーダイヤル 0120(783)556毎日:午後4時~同9時毎月10日:午前8時~翌日午前8時11位。その他(23.6%)
https://womanslabo.com/news-20170405-1

コメント

【速報】「このままでは医療壊滅に」うつ病拡大洗脳工作報道か あさナビ 1月11日(月)~黒木瞳、工藤勇一

2021-01-13 17:15:51 | 連絡
★悪人、犯人、病状探し、欠点指摘、閉塞感強調、病名発見すれど治療処方箋無し、問題解決策提言無し、悲観論強調、 うつ病や認知症発症(注1)拡大洗脳工作報道か>
(注1)弧状列島,共助,2020年5月24日 ウィークエンド・ケアタイム 「ひだまりハウス」 ~うつ病・認知症について語ろう~
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/0e9c4674ad12e580b198a4a947e2bc2c
https://www.1242.com/hidamari/hidamari_blog/blog20200524-233358/
★「暗いと不平を言うよりも、進んで灯りをつけましょう」現場現物現実取材メディア報道期待か
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%82%82%E3%81%97%E3%81%B3
★あさナビ 1月11日(月)~黒木瞳、工藤勇一 横浜創英中学校・高等学校、校長
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/b5a632ad5f754a9dff2bd93e53dd25d8

:::::::::::::::::::::::::::::::
2021/01/13 15:58
日本医師会の中川会長
<中川 俊男(なかがわ としお、1951年6月27日[1] -70歳 )は、日本の脳神経外科医、医学者。第20代日本医師会会長。 
北海道旭川市出身。函館ラ・サール高等学校[2]、札幌医科大学医学部卒業。1988年、新さっぽろ脳神経外科病院を開設。1992年、日本脳ドック学会を設立し、幹事・事務局長を務める[1]。
1994年に 「無症候性未破裂脳動脈瘤の発見と治療」で札幌医科大学より博士(医学)を取得[3]。2000年、札幌医科大学医学部脳神経外科臨床教授に就任。その後、厚生労働省の中央社会保険医療協議会委員、厚生科学審議会委員、社会保障審議会委員を務めた[1]。
2006年に日本医師会常任理事、2010年に副会長となり[1]、2020年6月に会長に就任[4]
>

は、「このまま感染が拡大すると医療崩壊から医療壊滅になってしまう」と危機感を表し、「人は一生に一度戦争を体験するというが、今がまさに有事の時だ」と述べ、特に若者に対して徹底した感染防止対策を行うよう呼びかけた。
日本医師会・中川会長「医療崩壊の状況になってきている。さらにこのまま感染者数の増加が続くと、医療崩壊から医療壊滅になってしまうおそれがある」、「人は一生に一度戦争を体験すると言われる。まさに戦争を有事と置き換えれば、今がそのとき」、「政府にお願いします。すべての国民に明確な感染拡大防止のメッセージを繰り返し発信してください。国民の間に連帯感を持った、危機感・緊張感を再び呼び覚ましてください」
中川会長は、政府や自治体に対しても、「データがすべて基準を上回ってから対策をこうじても遅い」と指摘し、欧米のような感染拡大が現実化しないよう、早め早めに対策をうつよう呼びかけた。
コメント

半藤一利さん死去、90歳=男性平均寿命80歳+10年 老衰=死因3位老衰(8.0%) ノンフィクション作家、

2021-01-13 17:07:03 | 連絡
★90歳=男性平均寿命80歳+10年
★老衰=死因3位老衰(8.0%)
2021/01/13 16:35
昭和史に関する研究で知られたノンフィクション作家の半藤一利(はんどう・かずとし)さんが12日正午ごろ、老衰のため東京都世田谷区の自宅で死去した。90歳だった。葬儀は故人の遺志により家族葬で行われる。
 東京都生まれ。1945年3月の東京大空襲の戦火をくぐり抜けた。戦後、東京大を経て文芸春秋に入社し、作家の坂口安吾や元海軍記者の伊藤正徳らとの出会いをきっかけに戦史を研究するように。「文芸春秋」63年8月号に、自ら司会を務めた戦争当事者による座談会を掲載。さらに取材を加え、65年に単行本「日本のいちばん長い日 運命の八月十五日」として刊行、2度映画化されるなど大きな話題を呼んだ。
 
〇「男性平均寿命80歳=健康寿命72歳+要介護期間8年」、「女性平均寿命86歳=健康寿命74歳+要介護期間12年」。厚生労働省は2018/3/9、介護を受けたり寝たきりになったりせず日常生活を送れる期間を示す「健康寿命」が、2016年は男性72.14歳、女性74.79歳だったと公表した。前回(13年時点)と比べ男性が0.95歳、女性は0.58歳延びた。
平均寿命と健康寿命の差は、介護などが必要となる期間。この差を縮める「ピンピンコロリの生活=要介護期間0年=にする」ことが社会保障費の抑制につながる。16年の平均寿命と健康寿命の差は男性8.84年、女性12.35年。13年と比べると男性0.18年、女性0.05年改善した。研究班の代表を務める辻一郎・東北大教授(公衆衛生学)は「要介護の大きな原因となる脳血管疾患の患者が、生活習慣の改善で減っている」と指摘。「高齢者の社会参加の場が広がっていることも健康寿命の延びにつながっている」とみている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27899950Z00C18A3CR0000/
〇長 寿 の 心 得
還暦 六十歳で お迎えが来た時は、ただいま留守と云え。 古希 七十歳で お迎えが来た時は、まだまだ早いと云え。 喜寿 七十七歳でお迎えが来た時は、せくな老楽これからよと云え。 傘寿 八十歳で お迎えが来た時は、なんのまだまだ役に立つと云え。 米寿 八十八歳でお迎えが来た時は、もう少しお米を食べてからと云え。 卒寿 九十歳で お迎えが来た時は、そう急がずともよいと云え。 白寿 九十九歳でお迎えが来た時は、頃を見てこちらからボチボチ行くと云え。
http://irumagakuen9ki.sakura.ne.jp/file/hiroba/hiroba-170622-choujyunokokoroe.pdf
〇厚生労働省は2019年11月、2018年の死亡数の死因順位と年次推移を公表した(2018年人口動態統計より)。2018年の日本の3大死因と、それに続く死因別死亡率の順位は以下。3大死因のトップ3に初めて「老衰」が加わった。1位悪性新生物(27.4%)2位心疾患(15.3%)3位老衰(8.0%)4位脳血管疾患(7.9%)5位肺炎(6.9%)6位不慮の事故(3.0%)7位誤嚥性肺炎(2.8%)8位腎不全(1.9%)9位血管性等の認知症(1.5%)10位自殺(1.5%):鉄道の人身事故に自殺が占める割合はおよそ60~70%となっている。【相談窓口】「日本いのちの電話」ナビダイヤル 0570(783)556午前10時~午後10時、フリーダイヤル 0120(783)556毎日:午後4時~同9時毎月10日:午前8時~翌日午前8時11位。その他(23.6%)
https://womanslabo.com/news-20170405-1
コメント