世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

和食品=「高額おせち」=ライフライン商品 2020年の市場規模は600億~630億円程度に成長か

2021-01-01 18:11:56 | 連絡
★和食品=「高額おせち」=ライフライン商品2020年の市場規模は600億~630億円程度に成長か
★ライフライン製品=国内供給率160%、国内消費率100%、設計技術ブラックボックスレベル化和食品=「高額おせち」 商品海外輸出比率60%、一極依存ゆでガエル化回避(注1)、リスク分散多極メッシュ輸出NW構築、海外貿易収支黒字化寄与、国家税収寄与、国家財政黒字化寄与、保健・医療・介護・福祉予算財源増加、消費税軽減、貧富格差解消、三権分立・普通選挙・議会制・自由民主主義・人権尊重・議員内閣制弧状列島日本の継続的なGDP=消費+投資+政府支出+(輸出ー輸入)=増加、税収増、所得再分配、社会福祉予算増の繁栄に寄与か>
(注1.1)焦点:一帯一路・海外遠征・戦狼外交・人民解放軍拡充、国家安全維持法=国内・域外・事後遡上適用・法=施行、「海警法」施行、共産党一党独裁・ネットカメラ住民監視統制・人権や言論弾圧・知的財産侵害・政府、中国依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖
https://jp.reuters.com/article/germany-china-idJPKBN1HO07I

(注1.2)中国が「武器使用」「防衛作戦への参加」を明記の『海警法案』全文発表

2021/01/01 11:00 
:::::::::::::::::::::::::::
遠山 綾乃
遠山 綾乃(とおやま あやの)Ayano Toyama
東洋経済 記者
東京外国語大学フランス語専攻卒。在学中に仏ボルドー政治学院へ留学。精密機器、電子部品、医療機器業界を経て、コンビニ、外食業界を担当。趣味はミュージカル観劇。
::::::::::::::::::::
「高額おせち」がコロナ禍で売れまくった事情 手作り派が減り、市場規模は20年間で倍増
コロナ禍で需要が急拡大した今回は例外的ではあるが、お正月におせちを食べる習慣がない人は多い。一方で、意外なことに重箱に詰められた市販の「おせち」は市場規模が毎年成長している。
 公式な統計はないものの、業界関係者の話を総合すると、
おせちの2020年の市場規模は600億~630億円程度で、約400万セットが販売されたとみられる。約300億円だった2000年頃からの20年間で市場規模は倍増している。
 市場拡大の背景には、おせちを家庭で作らなくなったことがある。従来は年末に食材を買い出して手作りする家庭が多かったが、共働き世帯の増加などの理由で減少傾向に。市販品を購入すれば、多忙な年末の時間を有効に活用できるとあって、一度購入すればリピーターになる人も多い。
「かまぼこや伊達巻きなどのおせち具材は苦戦が続いている一方で、重箱の詰め合わせに顧客がシフトしている」(イトーヨーカ堂の小畑氏)
台頭するECの存在
 加えて、その流れを加速させているのがECの存在だ。重詰めおせちは約40年前からGMSなどで販売されていたが、豊富な種類を取りそろえ、手軽に購入できるECが近年普及した結果、市場が急拡大。ここ数年は年5%弱程度のペースで市場の成長が続いているとみられる。
 総務省によると、2020年1月時点での国内の世帯数は5907万世帯。市販のおせちを購入する流れは今後も強まるとみられ、現在の市場規模から考えても、さらに販売数量を伸ばす余地は大きいとおせち関連の業者らは意気込む。
 とはいえ、おせちを購入する層の増加で当面の成長は見込めるものの、おせちを食べる人そのものは減少傾向にあるのが現実でもある。昔ながらのおせちには関心のない顧客も呼び込める商品や、幅広い価格帯での提供による顧客層の開拓、配送体制の拡充など、潜在的な需要を取り込むための体制強化が求められている。


コメント

異例の元日初詣控え…参拝客ら大幅に減少 三密回避環境6条件の中1条件公表か

2021-01-01 18:11:56 | 連絡
【密を避けるため、お守りなどの特設授与所が複数設置】
★静止・移動期間における行動様式三密回避環境6条件=①検温・②消毒・③マスク、④換気・空調、⑤透明アクリルカーテン仕切り/人、⑥平時定員8割減予約2割限定(注1)=の非常時経済社会活動条件の
⑥実施公表か、①・・・⑤対策不明か>
(注1.1)時間分割・分離・密接削減、時差出勤を5時間の範囲で1時間ずつに決めたら、全体で出勤の2割になるという説明があれば納得する。そうなると東京の一定の分野、業界、団体が話し合いをしながら時差出勤にしようとなる。https://news.1242.com/article/219698
(注1.2)新型コロナ感染症、時間分割・分離、空間分割・分離、接触削減「8割必要」モデルで算出https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58399970T20C20A4000000/
:::::::::
2021/01/01 16:48
新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、全国的に初詣を控える傾向が強く、神社やお寺では参拝客が大幅に減少した異例の元日となりました。
東京では先月31日、新型コロナの1日の感染者が初めて1000人を超えています。明治神宮では例年なら参道が参拝者で埋め尽くされますが、1日は本殿の前にさえ列がありませんでした。
明治神宮・水谷敦憲総務部長「激減という表現の方が適切だと思います」
参拝客「スムーズに参拝できたのと、やはりちゃんと対策がとられていたのかなって」
今年は、密を避けるため、お守りなどの特設授与所が複数設置されています。明治神宮によると、参拝客は例年の半分ほどになる見込みだということです。
コメント

JR神戸線で人身事故運転再開 鉄道の人身事故に自殺が占める割合はおよそ60~70%か

2021-01-01 18:08:39 | 連絡
::::::::
2021/01/01 16:55 
明石駅で発生した人身事故の影響で、JR神戸線は須磨〜西明石駅間の運転を見合わせていましたが、16:45頃、運転を再開しました。なお、ダイヤが乱れています。
〇厚生労働省は2019年11月、2018年の死亡数の死因順位と年次推移を公表した(2018年人口動態統計より)。2018年の日本の3大死因と、それに続く死因別死亡率の順位は以下。3大死因のトップ3に初めて「老衰」が加わった。1位悪性新生物(27.4%)2位心疾患(15.3%)3位老衰(8.0%)4位脳血管疾患(7.9%)5位肺炎(6.9%)6位不慮の事故(3.0%)7位誤嚥性肺炎(2.8%)8位腎不全(1.9%)9位血管性等の認知症(1.5%)10位自殺(1.5%):鉄道の人身事故に自殺が占める割合はおよそ60~70%となっている。【相談窓口】「日本いのちの電話」ナビダイヤル 0570(783)556午前10時~午後10時、フリーダイヤル 0120(783)556毎日:午後4時~同9時毎月10日:午前8時~翌日午前8時11位。その他(23.6%)
https://womanslabo.com/news-20170405-1

コメント

住民目線で鋭く切り込んだ地域紙幕…“正直者のお手伝いさん5W3H”8人体制で復活か

2021-01-01 18:01:39 | 連絡
★省資源=紙資源節減ーインターネットICT媒体=読者ニーズ+NTシーズ統合運用
★「メディア〇〇〇さんは現場現物現実の取材予算要員体制を強化加速して“正直者のお手伝いさん5W3H”8人探し連れてきください」。
::::::::
2021/01/01 17:31 
千葉県印西、白井、船橋の3市にまたがる千葉ニュータウン(NT)の地域紙「月刊千葉ニュータウン」が12月、234号で終刊となった。2001年から20年にわたって取材、執筆にあたってきた武藤弘さん(76)のもとには、ねぎらいや惜しむ声が寄せられている。(菅彩織理)
角舘さんと渡辺さんは「地域紙の灯を絶やしてはいけない」と、2月に後継紙を創刊する方針だ。武藤さんは制作方法などを助言し、「2人の新たなスタイルで作ってほしい。一市民として街の変化を見守りたい」としている。  
コメント

皇居・宮殿で「新年祝賀の儀」…三密回避環境6条件の3条件遵守3条件無視か 感染拡大加速行事例か

2021-01-01 17:49:26 | 連絡
★静止・移動期間における行動様式三密回避環境6条件=①検温・②消毒・③マスク、④換気・空調、⑤透明アクリルカーテン仕切り/人、⑥平時定員8割減予約2割限定(注1)=の非常時経済社会活動条件の中
③、④、⑥8割減無視が公表、①、②、⑤無視か
★⑥出席者758人×0.3=230人7割減か
★③マスクの着用や④部屋の換気
::::::::::::::::::::::::::::
2021/01/01 13:12 
天皇、皇后両陛下が、皇族方や三権の長らから新年のあいさつを受けられる国事行為の「新年祝賀の儀」が1日、皇居・宮殿で行われた。今年は、新型コロナウイルスの感染対策のため、規模を縮小して実施された。
 昨年は758人が出席したが、今年は感染対策のため、配偶者や国会議員の出席を大幅に絞り、出席者は230人となった。また、マスクの着用や部屋の換気も徹底して行われた。皇后さまはじめ女性皇族は、コロナ禍で多くの国民が苦労していることを考慮し、ティアラの着用を控えられた。
コメント