平和な毎日

ランニング大好き。走るほうは別ブログに書いてるので、ここでは好きなものを中心にあれこれと書いてきます。

ジャズ紀行

2014年02月16日 | 洋楽が好き

いつものDISK UNIONで見つけた2枚組み。おぉこの水彩タッチなジャケットはKenny Drewさんじゃないですか。お値段は200円、おいおい。

ケニーさんはハードバップ時代に名をはせたピアニストですが、日本では独自企画のスタンダード路線でジャズファンの裾野を広げた功労者です(その分、根っからのジャズファンからは軟弱になったと嘆かれましたけどね)。

そして何を隠そう、私にとって生粋のジャズアルバムが彼のララバイだったのね。何故このアルバムを買ったかというと、レコード店のサイン会に出くわしたから。ジャズにはとんと知識のないハードロック青年ですからケニードリューだどんな人かなんて「じぇんじぇん知りません」。

多分「彼が有名なマイルスデイビスです」といわれたら、「ふーん、そうなの」と頷いたでしょう。要するにサインに釣られただけです(馬鹿です)。

んで、それまで持っていた唯一のジャズLPがウェザーリポートのMr.Goneでしたから、第一印象は「これは聴きやすい」「これがジャズだよね」でした。そりゃその前がウェザーリポートじゃ、何を聴いても解り易いですわね。でもハードロック少年にはララバイは正に子守唄そのもの。聴きやすいけど味わうまではいかない。かといってウェザーリポートは全然わからん。結局、ジャズは「やめ!止め!」

んで、時代は変わって次にジャズが好きになきっかけが、これまたウェザーリポートだから好みなんて解らないわね。んで、そこから電化マイルスに入ったんですね。

そのせいもあって、マイルスバンドに居たキースジャレットは聴くくせにケニーさんとはなかなかご縁がなかったのだ。

何十年ぶりの再会は「あぁ、そうそう。これだったね」。ララバイから変わってない(当たり前か)、優しさ溢れるジャズピアノが展開されてます。どちらかというと有名な曲より彼のオリジナルの方が好みですね。

昔と違って、今なら流して聞くことも味わって聴くことも出来ますね。でもボーっとしながら聴くのが一番かな。

 


最新の画像もっと見る

コメントを投稿