平和な毎日

ランニング大好き。走るほうは別ブログに書いてるので、ここでは好きなものを中心にあれこれと書いてきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

sony tablet p購入

2014年09月07日 | I love SONY

2011年に出た変態タブレット。この手のキワモノ大好き人間なので気になっていましたが、たまたま入ったGEOに3G+Wifi版が置いてあった。以前持っていたlenovoタブレット(WIFIのみ)は息子にとられたのと、今なら格安SIMがあるので3g対応のタブレットが欲しかった。お値段9800円。sonet のSIM(3000円)を買うと、その分だけ値引きされるので格安SIMを始めるには丁度頃合いかと思い購入しました。

とにかくあくのつよいモデルで勧められたものじゃないけど、キーボード入力スタイルが取れるだけで幸せですわ。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

中古カメラショー

2014年02月25日 | 日記

うーん、気がつかなくて行かなかったことはあったけど、ついに「知ってて行かない」日がきてしまった。昔は「春の祭典」というか「祭りだ!祭りだ!」「ソイヤソイヤ!」ってくらい自分にとっては大きなイベントだったのに。

そいえば、秋葉原に移転した「ヒカリカメラ」もいつの間にか撤退したし、三共カメラ三原橋店の仮店舗も倉庫みたいな悲惨な状況だし。これも時代なのかしら。湿っぽい話ですみません。

 

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャズ紀行

2014年02月16日 | 洋楽が好き

いつものDISK UNIONで見つけた2枚組み。おぉこの水彩タッチなジャケットはKenny Drewさんじゃないですか。お値段は200円、おいおい。

ケニーさんはハードバップ時代に名をはせたピアニストですが、日本では独自企画のスタンダード路線でジャズファンの裾野を広げた功労者です(その分、根っからのジャズファンからは軟弱になったと嘆かれましたけどね)。

そして何を隠そう、私にとって生粋のジャズアルバムが彼のララバイだったのね。何故このアルバムを買ったかというと、レコード店のサイン会に出くわしたから。ジャズにはとんと知識のないハードロック青年ですからケニードリューだどんな人かなんて「じぇんじぇん知りません」。

多分「彼が有名なマイルスデイビスです」といわれたら、「ふーん、そうなの」と頷いたでしょう。要するにサインに釣られただけです(馬鹿です)。

んで、それまで持っていた唯一のジャズLPがウェザーリポートのMr.Goneでしたから、第一印象は「これは聴きやすい」「これがジャズだよね」でした。そりゃその前がウェザーリポートじゃ、何を聴いても解り易いですわね。でもハードロック少年にはララバイは正に子守唄そのもの。聴きやすいけど味わうまではいかない。かといってウェザーリポートは全然わからん。結局、ジャズは「やめ!止め!」

んで、時代は変わって次にジャズが好きになきっかけが、これまたウェザーリポートだから好みなんて解らないわね。んで、そこから電化マイルスに入ったんですね。

そのせいもあって、マイルスバンドに居たキースジャレットは聴くくせにケニーさんとはなかなかご縁がなかったのだ。

何十年ぶりの再会は「あぁ、そうそう。これだったね」。ララバイから変わってない(当たり前か)、優しさ溢れるジャズピアノが展開されてます。どちらかというと有名な曲より彼のオリジナルの方が好みですね。

昔と違って、今なら流して聞くことも味わって聴くことも出来ますね。でもボーっとしながら聴くのが一番かな。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人の箱買い

2014年02月02日 | 洋楽が好き

むふふふーん。買ってしまったぁ。箱買いじゃ箱買い。これぞ金に物を言わせた大人のたしなみってなもんよ。ゲットした場所はBookOff‥???

これがその箱ね。見たことない箱だわね。一体どんなレアカードが入っているのかしら、むふふふ‥って違うっちゅーの。そう、箱は箱でもBOX SETという奴です。

いやぁ、いつもは250円コーナーしか覗かないのにその日に限って通常の中古ーCDコーナーにも足を運んだのね。したらさ、見つけてしまったのよ。マイルス様のプラグドニッケルボックス。

どんなのかというと、1965年にマイルスデイビス御一行様が熱海のホテル「サンハトヤ」で、じゃなくってシカゴのプラグドニッケルというクラブで行われた二日間のライブを収録したもの。

何でボックスかというと、6枚組みだから。

日本だったら美空ひばりデラックスなんてのがあるけど、これはベストヒストリー物。何十年もの歴史が入っている。それに対してプラグドニッケルは「二日間」、たったの二日間のライブで6枚組み。一体何を考えてる、レコード会社。

いや本当は違うみたい。最初は1枚物で出したんですが、それを良しとしないマイルス中毒者が「出し惜しみせず全部出せ出せ」とムシロ旗を立ててレコード会社の周りをデモ行進したのが理由のようです。

普通はライブなんて1公演を収録するかツアーのベストを選曲して製作するかのどちらかですわね。ところがジャズに関してはその理屈が通らないケースがよくある。そう、ジャズファンは「全部聴きたい」のだ。

んで、以前からこのライブ気になっていたのですが、以下の理由で購入を躊躇っていました。私はエレキマイルス以降行のファンなんですね。ところがこいつはまだアコースティック時代のライブ。

だから聴きたくても「馴染めなかったらどうしよう」という不安があったんですね。更に悪いことに、このボックスは現在売られていないのと、そもそもジャズのましてボックスなんてそうそう売れるものじゃないから、中古の店頭でもあまり見かけないんです。

一度、DiskUnionで6980円で見かけ、一晩考えて翌日意を決して向かったら「売り切れ」、にゃははは。

それが何と5980円。レジに向かって一直線ですわ。

早速トレイにセット。うーん、アコースティックでも凄いものは凄い。白熱のステージ、やはりマイルスはライブが素敵だわ。買って良かった。

ちなにみ5980円のシールをはがすと下には9980円のシールが。長期在庫で値下げしたんですね。ブックオフはDiskUnionより高いんですが、こういった逆転現象もあるんだ。

ちなみにこれは日本版。実はこのライブ、日本のものは海外より1枚少ない。そう、本当は7枚組なんですよね。なのでコアなファンは海外版を求めます
ジャケットも海外バージョンのほうが格好よい)。

ただですね、ただでさえ高めのこのセット、海外物は日本物の倍近い価格なんですわ(アマゾンノマーケットプレイスで17Kくらいしてた記憶があった)。いくら良くてもそこまでお金は払えません。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

枕元スピーカー購入 SRS-M50

2014年01月24日 | I love SONY

寝入りばなに音楽を聴くためのベッドサイドならぬ布団の枕元スピーカーには名前も知らないパソコン用のものを使用してた。寝るときに使うだけだからあまり高価なものは要らないんだが、とってつけたようなデザインが何ともいただけない。更に背が高いのでバランスが悪くすぐ倒れる。何しろそこは机の上じゃなくて枕元なのだ。

んで、何か中古でお手頃の物を探してたんだが本日ハードオフで丁度良いサイズの品をゲットしたのだ。お値段315円。

最初見た感じは100円ショップのスピーカーをふた周りほど大きくした印象で何とも安普請に見えたんだけど、良く見ると愛嬌があってなかなか可愛らしい。角が丸いので枕元でも安心。

2電源でACアダプタ以外に単四駆動するのも嬉しい。アダプタはさすがになかったけど他のものが流用できるし、何よりエネループを使えばコードの煩わしさから開放されるのも良いじゃないか。

んで、自宅で早速試聴しました。エネループをセットしてスイッチオン‥え!何この豊かな低音。

正直、ミニマムな外観から想像していた音より遥かに良かった。正面にある小さなバスレフポートがきちんと仕事をしているのね。今まで使ってたパソコン用のものとは格が違う音でした(当たり前だわね)。ボリューム上げても音割れないし、さすがソニー。

今まで使ってたスピーカーと比べるとサイズの違いは一目瞭然。しかし出てくる音は段違いに良いんです。「いやぁ、久しぶりに良い物を手にしたなぁ」と、ささやかな喜びに浸る私。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加