BOSSZ TOPICS

【TOPIC】
アリストテレス・著『Ta topika』(和訳・平凡な事について)が語源だそうです

最高に強くしてやるぜ!

2018年08月10日 12時33分11秒 | スーパー戦隊

約1ヶ月ぶりの更新でございます。

【ミニプラ VSビークル合体シリーズ04 エックスエンペラー】
2018年7月発売 全5種 各350円(税込378円)

 

パッケージは<1><4>がエックスエンペラースラッシュ。

<2><3><5>がエックスエンペラーガンナーの2種類になってます。
左下の数字を確認して、買い間違いのないように注意しましょう。

まずはラインナップ1、エックストレインシルバー。
新型の新幹線っぽいデザインです。

同じ電車型のトッキュウオーシリーズはコロ遊びが出来ましたが、今回は車輪は付いてません。

<2>と<3>を合わせて、エックストレインゴールド。
まぁ、この程度の分割は気にならなくなってきました(笑)
シルバーと対照的に、機関車モチーフ。

劇中と違って、後部車両の穴を塞ぐシャッターが無くて、開きっ放しなのは残念。

<4>エックストレインファイヤー。

一両編成ですが、アタックモードへの変形はきっちり再現されてる(合体が大前提なので当然ですが)ので、パーツ数はまぁまぁあります。

最後の<5>エックストレインサンダー。

アタックモードは雷と言うより、除雪車っぽい感じのデザインです。

ファイヤーとサンダーは、劇中ではVSチェンジャーにセット出来るんですが、今回はハイパーアイテムズとの連携はオミットされてます。

せっかくヘリコプターやバイクまでセット出来るんだから、今後の展開で電車用のアタッチメントも付けて欲しいなぁ。

四機並べると、シルバーカラーの方にだけダイヤルが付いてる事に気付きました。
なるほど、ルパンエックスのシルバーとパトレンエックスのゴールドで差別化してるわけですね。

さて、それでは警察エックス合体ム!

ホントにXの文字に合体するのは有りそうで無かった発想ですね。

完成! エックスエンペラースラッシュ!!

手首と足首の関節部分は、先端部分を外してから、

ピンを180度回転させると、ボールジョイントに変わるアイディアが秀逸。

これによって腕の表情と、足元の接地性がかなり高まります。

実はキュウレンオーのテンビンとヘビツカイにも採用されてたシステム(ただし90度回転)なんですが、この辺は長きに渡るシリーズの強みで、技術やアイディアが後続品に継承される良い流れが出来てますね。

そして、快盗エックス合体ム!

手を突いて側転から、

逆立ちしての、

エックスエンペラーガンナー!

変形する時にコクピットが移動するのは、グレンダイザーやダイモスの合体時を彷彿させます。
手足が逆転するデザインなので、バランス的に腕が長くなってしまうのは仕方ないところ。

この変形パターン、なんとなく見覚えがある気がしたんですが、『ビーロボ カブタック』のスーパーチェンジに似てますね。

ひっくり返っても、アクション性が損なわれてないのは流石ミニプラ!

ただ、安全性の問題からか、エックスチェンジャーは再現出来ません。
(twitterやblogを見てると、出来ん事はないみたいですが、説明書に載ってないので紹介は控えさせていただきます)

そして、もちろんこれで終わりではありません。
お待ちかねの全部合体!

超越合体! グットクルカイザーVSX!!

仲が悪いまま、強敵を前に初共闘の展開は燃えましたね。

やっぱり、ゴールドとシルバーの腕が長めですが、ブルーとイエローがサブアームとして動かせるのは面白い。
コクピットも全員一ヶ所に集まるんじゃなくて、3ヶ所に分かれてるのも、サンバルカンロボに始まるかつての戦隊ロボっぽくてナイス。
11機合体してるのに、言うほどゴテゴテしてないのも良いですね。

バルカンを撃ちながら、ノコギリで切り裂く、初戦はいつものごとく力の入った演出で素晴らしかった。

さて、次はグットストライカーの色違いみたいな奴が登場するみたいなので、3体揃い踏みも近いかな?

コメント

最初からロボ2体なので、第3弾は武器のみ

2018年06月26日 08時53分57秒 | スーパー戦隊

【ミニプラ VSビークル合体シリーズ03 武装合体】
2018年5月発売 全5種 各350円(税込378円)

武装合体と言う事で、ルパンカイザーやパトカイザーのように共通のパッケージではなく、ラインナップごとに別デザインになってます。
なので、お父さん・お母さんが間違って同じのを買ってしまうリスクも低くなってます(笑)

サイクロンダイヤルファイターは、プロペラが二階建てになった面白いデザインのヘリコプター。
ライムグリーンが奇麗な発色。
強度の関係か、プロペラは軟質素材です。
これまでのビークルと同じく、魂ステージ対応なのはホント重宝します。

「左手変わりま~す♪」
完成! ルパンカイザーサイクロン!

プロペラが左右に開くと、かなりのボリュームで迫力があります。

警察らしく、白バイモチーフのトリガーマシンバイカー。

風忍・馬風破(マニアックの部類に入るんだろうか?)みたいな黒い人が乗ってますが、これ、サポートロボとして分離したら面白いんじゃないかなぁ、と思ってみたり。

「警察とヨーヨーは相性が良いらしい!」

 だったら、鉄仮面や折り鶴とも相性が良いはず(笑)

ハサミは「SCISSORS」と必ず複数形になる、と習ったんですが、最近は変わってきてるのかな?

ステルス戦闘機っぽいデザインで、パッと見は戦隊メカっぽくないですが、ダイヤルが付いてるのですぐバレます。

アタックモード。
ハサミはもちろん開閉可。
刃先は軟質素材仕様でお子様も安心設計。

合体はひとまず置いといて、次に行きます。

働く車の定番、クレーン車。

白いカラーリングにパトランプ。
何気ない所ですが、一気に特殊車両感が増しますね。

クレーン部分は、先っちょがちょっとだけ伸びます。

最後のラインナップ<5>はこちら。

小型メカの『ブレードダイヤルファイター』と『トリガーマシンドリル』の2つはセットでの販売となってます。

武器になった時の見映え重視で、劇中デザインより翼が長くアレンジされてます。
こっちの方がカッコ良い気がする……、好みでしょうが。
シザーダイヤルファイター同様、剣になる翼部分は軟質素材です。

親子亀のように、シザーダイヤルファイターと合体。
このコンセプト、戦隊メカよりウルトラメカに近い気がするんですが、いかがでしょう?

「左腕変わりま~す♪ 剣、持ちま~す♪」

「完成! ルパンカイザーナイト!」

合体すると、剣と盾と言うシンプルな武器になります。
バルカン砲と電動ノコギリから、一気にヒーロー感がアップします。
……泥棒やけど。

ルパンカイザーサイクロンナイト。

中の人、両腕がかなり重いと思う……。

ヒーローメカの定番、漢の武器、ドリル装備の装甲車。
ドリルの黄色以外はシール対応なので、まぁまぁ貼るのが大変でした。

こちらもシザー&ブレード同様、親子メカ仕様です。
合体時は、先端のドリルを引っ込めます。

クレーンの先端に突起があるので、ドリルを搭載可能。
高所の作業や救出にも活躍しそうです。

他のビークルやファイターも穴があるので、搭載可能になってます。

パトカイザーストロング。

クレーンは第3の腕として重宝しそう。

パトカイザーストロングバイカー。
クレーンとヨーヨーで、見た目のゴツさと裏腹に距離を置いた戦いに有利かな。

ここまではミニプラ単体での遊び方。
ここから先は別シリーズの食玩との連動です。

まずは【ハイパーアイテムズ VSチェンジャー】との連動。

ヘリコプターも、

バイクも、

飛行機も、

クレーン車も、全て付属のアタッチメントで装備出来ます。

しかも、今回はこれだけではありません。

なんと、勇動シリーズとサイズがピッタリ。

付属の持ち手パーツを付ければ、劇中同様シザーダイヤルファイターを盾にする事が出来ます。
勇動第2弾でブーメランがラインナップされるかと思ったんですが、今回は新キャラがメインなので見送られたようです。
どこかのタイミングで、ぜひ発売して欲しいですね。

 

おまけ。

前回、パトカイザーの紹介で触れましたが、遂に劇中でも変則合体が登場しましたね。
共闘じゃなく、無理矢理乗っ取る……、そう来たか!って感じでした。
狭い操縦席の中でのレッドVS2号・3号。
マジックハンドとかも上手く使ってて面白い演出でした。
ああ言うの、またやって欲しいなぁ。

コメント

新食玩シリーズ、本格始動!

2018年06月12日 11時48分41秒 | スーパー戦隊

【快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 勇動】
2018年4月発売 全7種 各380円(税込410円)

『宇宙戦隊キュウレンジャー』の終盤でスタートした新シリーズ・勇動が本格始動しました。
第1弾で6人全員ラインナップと言う気合の入りよう。
なので、今回は写真多めです。

まずはルパンレッド。
ライダーに比べて戦隊ヒーローはシンプルなデザインなので、1箱で完成する良心的な販売方法(笑)
まぁ、これが食玩本来の姿だとは思うんですが……。

続いて、ルパンブルー。

ボディはルパンレッドと共通ですね。
成型色とシールで割と細かく塗り分けられてます。

ルパンイエロー。

こちらは女性用素体でプロポーションはもちろん、身長も少し低めです。
何故か、マントが黒い……。

 快盗戦隊ルパンレンジャー!
赤・青・黄の3人戦隊は、やっぱりバランスが良いですね。

さて、お次はパトレン1号。

赤と白のツートンは、いかにも熱血正義漢らしいカラーリング。

パトレン2号。

立ち位置的に下っ端なので、どうしても2号とは思えない。
ピンクが2号でも面白かったと思うんですけどね。

そして、パトレン3号。

女性用素体はルパンイエローと共通になってます。

警察戦隊パトレンジャー!
警察つながりで『特捜戦隊デカレンジャー』との共演に期待してしまいます。
バンに「肩に力が入り過ぎ」とか、説教されそう(笑)

お気付きかもしれませんが、パッケージ写真で持ってる武器は、実は別売。

最後のラインナップはこちら、アイテムパーツセット。
武器が10個とパトレン1号・2号用の交換手首のセットです。

順番に紹介します。

まずは、ルパンソード。

逆さに持つと、マジックハンドも再現できる優れモノ。

トリガーマシンモードのグッドストライカーを装着したVSチェンジャー。

こちらはダイヤルファーターモード装着。

パトメガボー。
ルパンソードとパトメガボーは1本づつしか入ってないので、あと2セット買おうかどうか迷ってるうちに売切れてました……。

交換用の手首は、開いた手。
手首が交換できる=回転するので、ポーズによっては『装動エグゼイド』や『創動ビルド』よりも決めやすいですね。
更に、肩関節が引き出せて、肩アーマーの干渉が抑えられるのは嬉しい設計です。

最後は、各トリガーマシン、ダイヤルファイター装着のVSチェンジャーが6個。
新戦士の情報も出たので、この6人で並び立つ姿は見れないかもしれませんね。

全ての武器はシールでの色分けなので、

箱から出した瞬間、萎えそうになる量のシール……。

ミニプラ同様、背中に穴が開いてるので、魂ステージを使ったディスプレイが可能ですが、残念ながら、ルパンレンジャーはマントが邪魔して、その穴を活かせません。

おまけ。
パトレン3号はルパンイエローと共通素体なので、マントを装着する事が出来ます。

コメント (4)

スーパーライブディメンション!!(2018年5月18日追記有)

2018年05月16日 10時57分48秒 | スーパー戦隊

【スーパーミニプラ 超獣合身 ライブボクサー】
<プレミアムバンダイ限定>
2018年3月発売 4500円(税込4860円)

ライブロボだけでも嬉しいのに、ライブボクサーまで!!
30年前に熱中した特撮ヒーローの玩具が今の技術で手に入るなんて、当時の誰が想像したでしょうか?

 大地を揺るがせ! バイソンライナー!!

荒野を目指せ! サイファイヤー!!

今でこそ結構いますが、当時のヒーローモチーフに牛やサイが使われたのは目新しかったですね。
鉄也と純一が登場した当初は、「3人のままで良かったのに……」と思いましたが、ボルトの3人に対する思い入れ、スタンスの違いを随所に盛り込む事で、ドラマに厚みを持たせました。
BOSS的に、戦隊ヒーローNo.1の作品です。

卓二と麻里がケンプに殺される前に、2台のマシンの設計を終わらせてたって設定もナイスでした。

そして、2台のマシンが「ボクサーディメンション!」

完成! ライブボクサー!!

良いですねぇ、この箱感!
戦隊の2号ロボには箱体型が多いんですが、この人は特に箱。
この人だけは変にアレンジしてスタイリッシュになっちゃダメです(笑)

各関節はしっかり可動します。
まぁ、体型が体型だけにポーズの幅は限られてきますが、着ぐるみに近付ける為の、大き目の拳パーツも付属してるのが嬉しいですね

さぁ、2体揃った所で、「合体! スーパーライブディメンション!!」

「完成! スーパーライブロボ!!」

当時から「聖衣みたいな合体やな」と皆さんも思ってたでしょうが、最近読んだ開発者の話では、「ライブロボのデザインは既に決まってて合体の予定が無かった。試行錯誤の末、聖闘士星矢の聖衣を参考にした」との事。
皆さんの予想は間違ってなかったようです(笑)

このライブロボ、放送時間(本編が17分くらいかな?)の関係上、『東映版スパイダーマン』のレオパルドンと肩を並べる程、敵を瞬殺してました。

敵の攻撃をものともせず、悠々と歩いて、
(劇中を忠実に再現すると、右肩のサイは外すべきですが・笑)

「スーパービッグバースト!」

……で終わり。
それでもDX超合金はメチャメチャ売れたらしいので、そのインパクトは絶大だったと言う事ですね。

1号ロボと2号ロボが合体する、今のフォーマットの元祖、スーパーライブロボ。
いやホント、手に入れられて嬉しい限りです。
BANDAIさん、今後もこの路線、続けて下さいね!

 

2018年5月18日追記
【ライブロボ】と【ライブボクサー】のパッケージ裏面を並べると、こうなります。

ゴージャス!!

コメント (2)

ミニプラに連動!

2018年05月09日 00時39分41秒 | スーパー戦隊

【快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ハイパーアイテムズ】
2018年3月発売 全3種 各400円(税込432円)

普段は、なりきり系の食玩は買わないんですが、今回は<ラインナップ1.VSチェンジャー>のみ購入しました。
<2.ルパンソード>と<3.パトメガボー>は購入してませんので、レビューは無しです、悪しからず。

本体はシンプルなデザインです。
が、劇中同様、ダイヤルファイターやトリガーマシンをセットする事で変身遊びが楽しめます。

その変身遊び、今年は初の試みとして、ミニプラにも連動してます。
<イエローダイヤルファイター>に付属のオプションパーツ装着(機体下部の青い部分)でしっかり固定され、子供が振り回しても外れない仕様になってるので、安心して遊べます。

オプションパーツは各ダイヤルファイターに対応。

本体のトリガー部分は一体型パーツなので、裏から見るとスカスカですが、子供はそんなに気にしないのかな?
こだわる人はパテで埋めるんでしょうね。

トリガーマシン用のオプションパーツ(機体下部の赤い部分)は、<トリガーマシン2号>に付属。

何故、成型色が白じゃなくて、青や赤なんだろうか?

ダイヤルファイターとトリガーマシンだけでなく、

グッドストライカーにも、しっかり対応してます。
この角度からは見えませんが、こちらも装着用のオプションパーツが必要です。
パーツは、<グッドストライカーA>に付属。

構造上当然ですが、トリガーマシンモードでも問題無し。

さて、ただミニプラに連動してるだけなら、このアイテムは買わなかったと思います。
BOSSに432円を使わせた理由はこちら。

「グッドストライカー連射 倒れちまえショット!」

ネーミングはどうかと思うんですが、デカいフレーム状のVSチェンジャーを連射するルパンカイザーの必殺技は、宇宙刑事シャイダーの【ビッグマグナム】を彷彿させて、BOSS的にツボ。
ガトリングとノコギリでどうやって持ってるんだ?って謎は置いといて(笑)

これを再現するのにピッタリのサイズ感なんですよね、このアイテム。
その辺も計算されてのサイズ設定なんだろうか?
上手な商売しはるなぁ。

ちなみに、ルパンカイザーのレビュー(2018年3月13日のblog)で、脚が前に上げられないと書いたんですが、間違いでした。
前垂れの部分はちゃんと可動するので、問題無く脚は上げられます。
前回は脚を上げた時にポロっとパーツが落ちたので、上がらないものだと勘違いしてしまいました、申し訳ございません。

コメント (2)