BOSSZ TOPICS

【TOPIC】
アリストテレス・著『Ta topika』(和訳・平凡な事について)が語源だそうです

指差し確認! あっち、こっち、どっちだ?

2014年08月26日 14時42分18秒 | スーパー戦隊

【ミニプラ 烈車合体 武装烈車】

Dsc_0511

今回はファイヤー、ポリス、シールドの各武装烈車がラインナップ。
ファイヤーとポリスはランナー2枚で2色成形。
シールドはランナー1枚です。
塗装はせず、シールの貼り付けのみですが、しっかりと色分けられます。

Dsc_0514

トッキュウオーポリスとディーゼルオーファイヤーに武装合体

Dsc_0515

もちろんトッキュウオーファイヤーとディーゼルオーポリスにも合体可能。
予想通りですが、ファイヤーのアームを伸ばすと自立は難しいです。
今回も何んとかバランスを取って撮影しました。

Dsc_0513

今回のコスパ ワースト1はシールドレッシャ―。
ポリスとファイヤーが両手なのに、シールドは片手ですから当然ですね。
シールドレッシャ―は最初の方から登場してたので、ピンクレッシャ―とセットにしてくれれば良かったのに……。

コメント (2)

君の駅まで導け! イマジネーション☆

2014年08月19日 11時16分31秒 | スーパー戦隊

【ミニプラ 烈車合体 ディーゼルオー】

ライトは「じいちゃん」と呼んでますが、君の乗ってるレッドレッシャ―って、汽車ポッポだよね?(笑)

Dsc_0490

黄色と水色の車両が強引にカーキャリアとタンクに合わせたなぁ、と思ってましたが、よく見るとコンテナなんですね。
コンテナなら確かにこんな色だな、と納得。

Dsc_0491

トッキュウオーで失敗したので今回は着色はせず、付属のシールの貼り付けのみにしました。
これはこれで、思いの外きれいに仕上がります。
とは言え、せっかくのモールドが潰れてしまうので、もったいないと言えばもったいない。
爪や爪楊枝で押せば、多少はモールドも浮き出しますが……。
やはり、これ以上求めるなら筆で塗るしかないですね。

Dsc_0493

こんなポーズも取れます。
合体と可動の両立が素晴らしい。

Dsc_0494

前回のトッキュウオーと合体して、トッキュウオーカーキャリア。
車は 2台しか付属しておらず、ディーゼルオー合体時を考慮してか、色分けも無いです。

Dsc_0495

もちろん、トッキュウオータンクにも合体可能。
カーキャリアもそうですが、武装合体時には肘が曲がらないのが残念です。

Dsc_0496

そして、超トッキュウオー。
烈車一つ一つは小さいんですが、ここまで来ると結構ボリューミー。
早く【超超トッキュウダイオー】に合体させたい!

コメント (4)

太陽のムカラ

2014年08月13日 09時18分38秒 | アニメ・コミック・ゲーム

やっぱり買ってしまった、【アーマープラス 黒い輝煌帝】

Dsc_0474

基本的には既発の【輝煌帝】の色違いだと思いますが、当然ムカラは新造です。
(ボディは聖闘士聖衣シリーズと同じかも?)

Dsc_0473

腰布は軟質パーツなので動きに干渉しません。

Dsc_0476

さぁ、武装しましょう。

Dsc_0477

黒い素肌に日本的な鎧のミスマッチが、何故かカッチョ良い。

Dsc_0478

かなり男前な仕上がりになってます 。
フェイスガードの下から覗く青い瞳が素敵です。
ただ、角飾りがプラスティックなので、武装させる時は慎重にしないと折れそう。

Dsc_0480

何んと言っても、このデカいブーメランが堪りません 。
甲冑にブーメランと言う不思議な組み合わせの妙。

Dsc_0481

これで遼たち五人の鎧と黒白の輝煌帝が揃いました。
たぶん、これで 打ち止めだと思うんですが、朱天たち四魔将が発売されたらどうしよう……。

コメント (4)

アオイホノオ 実写ドラマ版

2014年08月05日 16時09分17秒 | アニメ・コミック・ゲーム

これは事実に基づいたフィクションなのか?
実在の人物を「こうだったら面白いな」と組み合わせた妄想なのか?
いずれにせよ、こんな話をよくドラマ化したなぁ。
色んな所へ正式に謝りに行った方が良い作品だと思います(笑)

熱血主人公・焔燃の解ってるようで解ってない空回りと、天然ヒロインの解ってないようで解ってる指摘のやり取りが面白い。
周りから影響受けまくりでブレッブレなのも笑えます(……人の事は笑えませんね)
「自分の作品が1番面白い」ってのは、クリエーターなら誰しも思う事でしょうが、それを少し茶化しながらも、本質を突いたセリフがあり、笑いの中にも目から鱗な部分がそこかしこに出てきます。

「素人だから騙されてるんです」
「素人が騙せたら良いやん、見てるのは素人なんやから」

特にこの台詞が印象に残りました。
確かにそうだ。
主人公も偉そうに分析してるけど素人やし、的外れな事も結構言うてる。
でも、映画評論家が皆が皆、映画を作れるわけじゃないし、素人なんてそんなもんですよね。

BOSSは、リーダーやクリスさんの創作に乗っかってただけですが、少なからず創作と言う物に関わった事がある人間なら、かなり面白く見られる作品です。
劇中に出てくる漫画やアニメ作品が1980年頃の物なので、アラフォー世代なら更に面白さUPでしょう。
原作も読みたくなったので、今度買ってみようと思います。

放送時間は地域によってかなり違うみたいなんで、下記公式HPをチェックして下さい。
http://www.tv-tokyo.co.jp/aoihonoo/

ちなみに『燃えよペン』の主人公・炎尾燃とは字が違うけど同一人物なんでしょうか?

>クリスさん
ありがとうございました、無事に第1、2話見る事が出来ました。

コメント (4)