BOSSZ TOPICS

【TOPIC】
アリストテレス・著『Ta topika』(和訳・平凡な事について)が語源だそうです

その一瞬を捉えて、商品化とは!

2018年08月27日 09時23分57秒 | 仮面ライダー

【創動 仮面ライダービルド BUILD6】

2018年2月発売 全7種 各380円(税込410円)
全7種セットは2660円(税込2872円)
全7種の内、ラインナップ7・ブラッドスタークは目のシールを1枚追加した再録なので、今回は購入してません。

ラインナップ1&2 仮面ライダービルド ハザードフォーム。
こう言うヤバい設定は大好きです。
ただ、ビルドは矢継ぎ早の展開で視聴者を飽きさせないのは良いんですが、それぞれのフォームの見せ場が少なくなってしまうのはもったいないですね。

真っ黒なボディに目だけ光ってるのが、ヤバさ爆発です。

殴る!

蹴る!

歴代の中でも、かなり狂暴な仮面ライダーですね。

このハザードフォーム、ただ真っ黒な訳ではありません。
成型色・塗装・シールで色味を変えてる芸の細かさです。
ただ、肉眼でもパッと見ただけでは判別不能(笑)

ハザードフォーム(タンク)には、スマホウルフのマスクが付属してます。
目が変わるだけなので、変化率は低いですね。

『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』に登場したラインナップ3・ドクター&ラインナップ4・ゲーム。
お察しの通り、エグゼイド絡みのフルボトルです。

このフォーム、実は映画にも登場しません。

ボトルをセットして、ドクターとゲームのハーフボディが現れると、画面が光って、

仮面ライダービルド エグゼイドフォーム!

……になっちゃいます。
ベルトの穴は同じ径なので再現は簡単でした(笑)

聴診器とドット絵のような左腕はかなり面白いデザインなので、この姿で戦うシーンも見たかったですね。

ラインナップ5&6で、仮面ライダーグリス。

クローズチャージと同様に、ダミーヘッドはゼリーを被る前の状態。

透き通った頭はクリアパーツで再現。
この仕様、ゴーストの雨合羽の時にも採用して欲しかったなぁ。

ツインブレイカーはアタックモードで付属。
台座もグリス専用の成型色です。

ビームモードはゲームハーフボディに付属してます。
BOSSのように全部買うなら問題無いんですが、やっぱりこの売り方はどうかと思うなぁ。

翼が生えたようなエフェクトがカッコいいグリスのライダーキック。

最後に、代表戦を再現してみました。

ちゃんと撮ったら、かなりカッコ良くなりそう。
やり始めたら、もっと更新が遅くなるやろうなぁ……。

コメント

だいたい解った

2018年08月20日 10時50分59秒 | 仮面ライダー

【SHODO 仮面ライダーVS 8】
2018年2月発売 全6種 各500円(税込540円)

今回は『仮面ライダーZX』『仮面ライダーディケイド』『仮面ライダー響鬼』の3作品からラインナップ。

まずはZX。

そのままだと銀と黒の部分が抜けてるのが気になります。

特に背中はベルトだけ塗装してる、謎のカラーリング。
誰だ、お前は?(笑)

いつものようにガンダムカラーで塗ったのがこちら。
かなり締まりました。

背中側。
やっと、ZXらしくなりました。

「ゼクロス!」

♪ 電撃! 稲妻! 熱風!

ZXは付属の武器が2ヴァージョンあって、BOSSは十字手裏剣&衝撃集中爆弾ヴァージョンをセレクト。
もう1種はマイクロチェーンが付属してます。

肘・膝もそうですが、十字架の黒い部分は塗装されてません。
極細マジックで簡単に塗れるので、ここは是非とも塗りましょう。

「ZXキック!」

今回の敵怪人ラインナップは、TVスペシャルにも登場したタイガーロイド。

毛並みの再現や塗装もしっかりしてて、かなり出来が良いです。

まぁ、ご想像通り、首は動きませんが。

BOSSのblogではお馴染みの『ヒーローの背中越しの敵』

やっぱりライバルキャラは並べて飾りたいと思うし、出来も良いんですが、いかんせんタイガーロイドの知名度が低いせいか、

こんな価格で叩き売られてました……。

続いて、BOSSの大好きな仮面ライダーディケイド。

白とピンクの部分が所々抜けてるので、少しだけ塗りました。

ディケイドって、あんまり拳を握ってるイメージが無いので、開いた手の方がしっくりきます。

ライドブッカーは残念ながら、ソードモードのみ。
持たせる時は腰のブックモードを外し忘れないように注意。

もちろん(?)真っ黒だったので塗装してます。

平成ライダーの特徴として、昭和ライダーには無い【肩アーマー】があるんですが、これは軟質素材で胸アーマーと一体成型になってます。
そのせいで腕の動きがかなり制限されてしまいます。

BOSSは買ってませんが、依然発売された『仮面ライダーカブト』は、あのポーズが取れるんだろうか? と気になってしまいました。

ディメンションキック!

10枚のカードをぶち抜いていく演出はカッコ良かったですね。

最後は、仮面ライダー響鬼。
響鬼紅もラインナップされてたんですが、あんまり好きじゃないので今回は購入を見送りました。

流石にマジョーラカラーではないです(笑)

「鍛えてますから」

響鬼さんと言えば、このポーズ、と言うか指。
鍛えたら仮面ライダーになれるって、思い切った設定だなぁ、と感心しました。
デザインは元より、戦い方も独特だし、ベルトが変身アイテムじゃない事からも、企画段階では【仮面ライダー】のつもりはなかったのかもしれませんね。

一応素手で戦う時もありましたが、

やっぱり、これでしょう。

「ハァ~ッ!」

「ハッ!!」

響鬼さんも肩アーマーが干渉して、音撃棒を大上段に構える事が出来ません。
この辺は今後のシリーズで改良されるのかなぁ?

コメント (8)

シュワッと弾ける!&潰れる!流れる!溢れ出る!

2018年05月25日 12時43分44秒 | 仮面ライダー

【創動仮面ライダービルド BUILD5】

2018年1月発売 全7種 各380円(税込410円)

全7種の内、ラインナップ7・ナイトローグは目のシールを1枚追加しての再録。
全7種セット 2660円(税込2872円)もあります。

ラインナップ1&2 仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム。

「シュワッと弾ける! ラビットタンクスパークリング! イエイ! イエーイ!!」

スパークリングフォームは、初期フォームのラビットタンクからパワーアップしたのが判り易くて良いデザインだと思うんですが、ストーリー展開の早さのせいで、アッ!と言う間に次のフォームが登場してしまい、あまり活躍の場面が無いのが残念です。

一応、フォーマット通りの分割ですが、顔だけは前面が一体となってます。
たぶん、トゲトゲが干渉するせいではないでしょうか。

ベルトと両拳、その他所々をガンダムマーカーで塗装してます。

ライダーパンチ!

ライダーキック!

『装動エグゼイド』から1つ増えた腰の可動のおかげで、ポージングの切れが違いますね。

ラインナップ3&4 フェニックスロボフォーム。

「不死身の兵器! フェニックスロボ!」

映画版で初登場の後、TVにも登場。
デカい腕はBOSS好みです。

ロボの爪は人差し指と中指、薬指と小指がくっ付いてるので3本指っぽいですが開閉します。
このギミックが有るのと無いのでは、表情の付け易さが雲泥の差です。

ホークガトリングと比べて背中の翼も大き目で、しっかり開くので、飛行シーンに迫力が出せます。

劇中登場のトライアルフォーム、フェニックス掃除機。

ベストマッチが登場した後でトライアルフォームに変身するのって、順番が逆なような気がしますが……。

最後はラインナップ5&6 仮面ライダークローズチャージ。

こちらはデザイン上、ハーフボディ2つではなく、アーマーと素体の2分割。
【装動エグゼイド】と同じパターンですね。

ラインナップ6・アクションボディセットのダミーヘッドは、ゼリーを被る前の状態で造形されてます。
なかなかに芸が細かい。

「潰れる! 流れる! 溢れ出る! ドラゴンインクローズチャージ! ブラァァッ!」

スクラッシュドライバーの変身音声は若本規夫さん。
「ブラァァッ!」って何?(笑)

TVで観てる時はカッチョ悪いなぁ、と思ってましたが、こうやって見るとなかなかにカッコ良い。
顔と胸のクリアパーツは軟質素材使用で、ゼリーのプルプル感の再現が素晴らしいですね。

ツインブレイカー<アタックモード>はアクションボディセットに付属。

コストの関係上、<ビームモード>はロボットハーフボディに付属してます。

どちらのモードもシールは付いてますが、それだけではかなりショボいです。
青い部分は頑張って塗りました。

最後に、2人並んでパシャッ!

コメント

装動エグゼイド FINAL STAGE(プレミアムバンダイ限定)

2018年05月02日 09時23分59秒 | 仮面ライダー

【装動 仮面ライダーエグゼイド FINAL STAGE】
2017年12月発売 3200円(税込3456円)

通常シリーズで収録しきれなかったライダーを通販限定で補完。
最終話直前で登場したラスボス・ゲムデウスクロノスと、『仮面ライダークロニクル』攻略のキーとなったニコが変身するライドプレイヤーのセット。
全ライダー発売に燃える担当者の執念を感じる一品。

まずはゲムデウスクロノス。
基本的にはクロノスの色違いですが、スカートは新規造形です。

剣と盾も新規造形。
エグゼイドやブレイブのSD体型にも似合う武器と比べて、いかつめのデザインがラスボスらしくて良いです。
並んだ銀色の宝玉(目玉かもしれない)部分は金色のベタ塗りだったので、ガンダムマーカーで塗ってます。

ラストバトル風。
(実際の劇中では、ゲムデウスの能力が無くなって、通常の緑のクロノスでした)

最終決戦をレベル1で分離→レベル2で決着! の流れは激熱でした。

続いて、ライドプレイヤー・ニコ。
こんなのまで発売するとは思ってませんでした。

ポッピーと同じく、女性ライダー用の素体を使用しているので、他のライダーと比べると小ぶりです。
胸のシールは、ゲームクリアの星マークが無いヴァージョンとの選択式。

帽子やリュックの模様もシールが付属してるので、ニコの雰囲気がバッチリ再現されてます。

剣タイプのみですが、ライドウェポンも付属してます。
(これも劇中シーンの再現ではありません)
台座はクリア成型の物が3つ付いてます。

何故、2つじゃなく3つなのか?
その理由は、ここから先のオマケに関係します。
結構ディスプレイに重宝しそうなアイテムを色々付けてくれてます。

まずは、バグスターのバックルが3個。
ポッピーやゲンム、クロノスのバグバイザーを外した時に、腹部の穴を隠してくれます。

そして、ガシャットケースをこのタイミングでねじ込んできました。

しかも、無駄に細かい開閉ギミック付き(笑)

ゲンムのコンティニュー用土管。
これを欲しがってたのはBOSSだけじゃなかったって事ですね。

ポンッ!

台座としても使えるので、おなじみのシーンでディスプレイを楽しめます。

さぁ、ここからがエグゼイドの真骨頂とも言える、あのバトルシーンを再現する為のエフェクトパーツです。

『HIT!』『HIT!』

3つ目の台座はこのエフェクトパーツ用でした。
アクションゲームの要素を取り入れた斬新な演出をプレートで再現。
番組当初は面食らいましたが、慣れてしまえば面白い効果として楽しめました。

『GREAT!』

『PERFECT!!』
『GAME CLEAR』

『LEVEL UP!』

いやはや、これは面白い。
贅沢言えば、『CRITICAL』や『MISS』も欲しかった所ですが、これだけあれば充分遊べるでしょう。

遂にFINAL STAGEの紹介も終わりました。
長い間のお付き合いありがとうございました!
……と言いたいんですが、なんと! まだVシネマがありました。
まさか、Vシネマのキャラが食玩で発売される事になろうとは思ってもみませんでした。
なので、もうしばらくお付き合いの程、よろしくお願い致します。

コメント (2)

バイクも2分割

2018年04月25日 10時14分11秒 | 仮面ライダー

【創動 仮面ライダービルド BUILD4】
2017年12月発売 全6種 各380円(税込410円)

今回のラインナップは、2フォームのベストマッチとバイクです。

ラインナップ1・オクトパスハーフボディと、2・ライトハーフボディで、

「ベストマッチ!」「稲妻テクニシャン! オクトパスライト!!」

タコ足配線って事なら、ベストマッチと真逆のような気が……。

左腕のライト部分はキラシールで良い感じにフラッシュを反射してくれました。

右肩のタコ部分は軟質素材で、口を中心に4本づつに分かれてる為、腕の動きにあまり干渉せず、アクション性は問題無し。
吸盤部分の銀色は塗装されてないので、塗装はまぁまぁ面倒臭かったです。

オクトパスライトは武器を使わないので、代わりと言うか、ライトハーフボディにパンドラパネルが付属してます。

続きまして、ラインナップ3・海賊ハーフボディと、4・電車ハーフボディで、

「ベストマッチ!」「定刻の反逆者! 海賊レッシャー!!」

海賊だったらベストマッチは船のような気がするんですが……、快速電車ってダジャレなのか?

マントは軟質素材。
肩を上げるとマントも付いてきちゃうので、ポージングは制約されるかな。

マントをバサッとひるがえすポーズだけはカッコ良く決まります(笑)

武器はもちろんカイゾクハッシャーが付属。

ボーガン状態で持たせるだけでなく、

黒い連結部分を外して、拳を挟めば、弓矢のような持ち方も出来ます。

最後は、ラインナップ5&6・マシンビルダー。

エグゼイドの『仮面ライダーレーザー・レベル2』は単品でバイク状態でしたが、今回は遂にバイクまで2分割になりました。

塗装無しでもまぁまぁ見れるんですが、ホイールが真っ黒なのはやっぱり気になるので塗りました。
あと、マフラーも片面しか塗装されてないので、そこは塗らないと変ですね。

2分割しただけあって、サイズ感はバッチリ。

願わくば、ルパンVSパトのミニプラみたいに、ボディの下部に穴が開いてたら、面白いディスプレイが出来たと思うんですが、贅沢かな?

コメント (2)