BOSSZ TOPICS

【TOPIC】
アリストテレス・著『Ta topika』(和訳・平凡な事について)が語源だそうです

仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング

2018年03月16日 10時02分58秒 | 仮面ライダー

【装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE 10】

2017年8月発売 全8種 各380円(税込410円)

実はまだあった装動エグゼイドシリーズ。
結局、劇場版を観に行けなかったので、レンタル開始でようやく観る事が出来ました。

TV版と同じく、命の尊さをテーマに、更に親子の絆も描いた、最近の「???」なライダー映画の中では秀作だと思います。
ただ、エンディング後のビルドとの絡みは蛇足な感じ。
マーベルユニバースの映画で、次作に続くエピソードをチラッと挟まれるとワクワクするのに、仮面ライダーでそれをされると宣伝臭くなるのは、魅せ方に問題があるんだろうなぁ。

今回は、劇場版登場のライダーがラインナップされている為に保留としていたSTAGE10の紹介をしたいと思います。

ラインナップ1&2、仮面ライダーエグゼイド クリエーターゲーマー。

これが最終進化形態だと思ってたんですが、中ボス相手に戦っただけなのは、拍子抜けでした。
まぁ、ハイパームテキがあるから、それ以上は無理っちゃ、無理なんですけどね(笑)

ムテキゲーマーや、マキシマムゲーマーより、エグゼイドのパワーアップ形態ってのが判り易いデザインです。

空中にガシャットで絵を描くと、シールドや剣が出現、更に通路が出来たり、最後はミサイル乱射と、ムテキじゃないけど何でもありな能力のせいで、武器は付属しません。
スカート(?)の部分は、シールの面積が広くて、シワになりやすいので、ちょっと貼りにくいです。

キックも、スカートが干渉して、この程度しか上がりません。
基本的に直立でお絵描きしながら戦ってるので、ポージングはそんなに気にする必要は無いですけど。

ラインナップ3&4、仮面ライダー風魔 ニンジャゲーマー。

劇場版の中ボス。
まぁ、こいつがラスボスとは思ってなかったんで、扱いとしてはこんなもんやろな、って感じでした。

まずは、アクションボディセット。
これは風魔のアクションボディではあるんですが、この状態でも忍者プレイヤー、いわゆる戦闘員として成立してます。
通常のライダーもこんな仕様なら良かったんですけどね。
一ツ目がなかなか良い雰囲気です。

クロスアーマーを装着すると、仮面ライダー風魔の完成。

TVシリーズで登場しても良さそうな、忍者ゲームがモチーフです。

ニンジャと言えば、二刀流。
設定的には、背中の柄が残ってるのは変なんですが、まぁ、食玩ですから許容範囲でしょう。

敵が近接戦闘能力なのに、ヒーロー側が遠距離攻撃……。
ちょっとズルい気が……。

ランナップ5&6、仮面ライダーレーザーターボ。

復活後は、レベル0で最初から人型だった、嘘吐き貴利矢さん。
ロボみたいなレベル3よりは、かなり戦いやすそうです、……スーツアクターさんが(笑)

レベル1は今回ラインナップが無いので、後ろの顔は目玉が無いヴァージョンのシールが付いてます。

ガシャコンスパローはアクションボディセットに付属。

チャンバラゲーマに付属の物と成型色違いなので、弓モードも再現出来ます。
シールが片面だけなのも、同じ仕様です。

ラインナップ7、プロトコンバットゲーマ。

当然ながら、コンバットゲーマの色違い。
モノトーンなので、オレンジよりも兵器感が増してます。

レーザーターボに装着して、プロトコンバットバイクゲーマー レベル0。

クロスアーマーセット付属の台座を使えば、飛行時のディスプレイが可能。

ラインナップ8、最後はプロトスポーツゲーマ。

3台目の自転車です。

プロトスポーツバイクゲーマー プロト0。

設定的には、ゲンムとエグゼイドのシャカリキスポーツガシャットは同一の物なので3人並ぶ事は無いんですけど、せっかくなので並べてみました。
自転車は、誰が装着してもあんまりカッコ良くない……。

ちなみに、ラインナップ7&8には、劇中登場のトロフィが1つずつ付属してます。
なので、BOSSはトロフィ2つゲット(笑)

さてさて、実は実は、装動エグゼイドシリーズ、まだ続きます。
もうしばらくお付き合い下さいませ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2人目の敵と味方

2018年03月07日 10時27分36秒 | 仮面ライダー

【創動 仮面ライダービルド BUILD3】
2017年11月発売 全6種 各380円(税込410円)

ラインナップ1、ライオンハーフボディと、

ラインナップ2、消防車ハーフボディ。

ライオン消防車!

ベストマッチでもなければ、劇中にも登場してませんが、これがオモチャの醍醐味ですね。

ライオンハーフボディと、第1弾の掃除機ハーフボディとを組み合わせれば、

「ライオン!」「掃除機!」「ベストマッチ!」
「たてがみサイクロン! ライオンクリーナー!!」

消防車ハーフボディと、こちらも第1弾のハリネズミハーフボディの組み合わせで、

「消防車!」「ハリネズミ!」「ベストマッチ!」
「レスキュー剣山! ファイアーヘッジホッグ!!!」

英語にすると、ちょっとカッコよく聞こえますね。

こちらは劇中登場のトライアルフォーム、ライオンコミック。
うん、『ジャングル大帝』の事だな(笑)

続きまして、ラインナップ3、ドラゴンハーフボディと、ラインナップ4、ロックハーフボディ。

「ロック!」「ドラゴン!」「ベストマッチ!」
「封印のファンタジスタ! キードラゴン!!」

何故か呼び方がロックからキーに変わりますが、このフォームは戦兎に掛かる負荷が大き過ぎて、ほぼ劇中には登場してません。
クローズ登場の為の捨て石みたいで可哀想なポジションでした。

左腕のキーチェーンは軟質素材ではない為、肩側にボールジョイントを使ったり、腕側はパーツ自体の差し込みを無くしたり、かなり試行錯誤の跡が見えますが、やはりポーズが付けづらいのは否めません。

ラインナップ5は、クローズ用ドラゴンハーフボディ。

「ウェイクアップ バーニング! ゲット クローズドラゴン! Yeah!」

顔はビルドと違って、分割は無し、前面が一体になったパーツです。

ビートクローザーが付属してますが、

デザインの関係上、肩がほぼ上がらないので、大上段に構えられないのが残念。
ボリュームがあって、良いデザインなんですけどね。

最後は今回の目玉(?)、ラインナップ6、ブラッドスターク。

この人、行動もさる事ながら、正体がバレた後も、オープニングの喫茶店で楽しそうにしてるカットを残してるせいで、未だに敵か味方か、よく判らない。
それ以前に、何が目的かも解りませんが……。

アーマーの留め具やベルトをガンメタで塗装するだけで、かなり良い感じに見映えしました。
特に、シールも何も無くて真っ赤いけの下半身は引き締まります。

トランスチームガンが付属。
ビルドやクローズと違って、一箱完結の商品なので、コストダウンの為か成型色が赤いです。
黒く塗るべきなんですが、これはこれでありだな、と思い直し、赤を残す感じで銀色部分を塗装しました。

さらにコストを下げる為か、肩アーマーは後ろ半分が塗装してないどころか、そもそもありません。
脇腹の白と青のコードは、前面だけシールなので、背中側は塗りました。

スチームブレードは消防車ハーフボディに付属してます。

トランスチームガン(ライフルモード)は、ロックハーフボディに付属。
今回、1番見て欲しいのが、実はこれ(笑)
赤いバルブ部分とマガジンに装填されたコブラフルボトルのシール以外は、全部塗ってます。
特に、赤・緑・黄色のコード部分は苦労しました。
その甲斐あって、黒のままとは雲泥の差。
BOSSが塗っただけでここまで変わるんやから、上手い人が塗ったらさぞカッコよくなるやろうな、と言う造形レベルは素晴らしいと思います。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アソートが……

2018年02月19日 10時03分30秒 | 仮面ライダー

【創動 仮面ライダービルド BUILD 2】
2017年10月発売 全7種 各380円(税込410円)

12個で12アソートなのに全7種……、ナイトローグを全然見掛けませんでした。
全6種X2個づつのアソートにしてくれたら良いのに、と思う。

まずは、ラインナップ1・タカ+2・ガトリングで、
『天空の暴れん坊! ホークガトリング!!』

左太ももの塗装されてない部分、ガンダムマーカーにはカッパーが無いみたいなのでどうしようか迷ったんですが、銀を塗ってから100均で買った油性マジックのオレンジを重ねたら、割と近い色になりました。

武器は、サイドBにホークガトリンガーが付属。
仮面ライダーが銃を持ってるのも、普通になってきましたね。

台座を使えば、飛行時が再現出来ますが、翼がやっぱ小さい。
まぁ、劇中でも飛んでない時はこんなもんなので、仕方ないですね。
オプションセットとして、デカい翼を出してくれないかな。

続いて、ラインナップ3・ニンジャ+4・コミックで、
『忍びのエンターテイナー! ニンニンコミック!!』

忍者とコミックがベストマッチ。
忍者漫画と言えば、白土三平先生ですね。
ただ、仮面ライダーなので、鷹と忍者で『変身忍者嵐』にして欲しかった(笑)

武器は4コマ忍法刀。
分身・火遁・風遁・隠れ身の術がシールで再現されてます。
左手と右足のペン先モチーフは判りやすいですが、実は刀の先もペン先になってます。
マフラーがちょっとだけ動くので、表情を出すのに便利です。

ラインナップ5パンダ+6・ロケットで、
『ぶっ飛びモノトーン! ロケットパンダ!!』

BOSS好みのアンバランスなデカい手ですが、なぜパンダ? 熊で良いやん。

腕のロケットで飛行するのは『仮面ライダーフォーゼ』を彷彿させます。
福士蒼汰くんが復活して話題になった映画版、結局行けなかった……。

ここからは劇中登場のトライアルフォーム。

忍者+タンク。
特性的にはラビットタンクに近そうですね。

パンダ+ガトリング。
雑魚キャラをガトリングで蹴散らしてからの、ボス敵をぶん殴る感じでしょうか。

ゴリラ+ロケット。
これはパンダロケットと同系列と言えますね。
ベストマッチまでもう少し、惜しい!(笑)

さて、問題のラインナップ7、ナイトローグです。

この人は1箱で遊べるので、他のラインナップよりもコスパが良いせいか、敵なのに入荷の度に即売り切れが続いて、ホンマに見掛けませんでした。
先月末に発売された第5弾で再販されてますが、やっぱり品薄のようです。
ただ、第5弾はフルコンプのセット販売もあるので、まだ入手はし易いと思います。まぁ、全部集めてるのが前提で、こいつだけ欲しい人は探すのが大変なのは変わりません……。

トランスチームガンは付属してますが、

スチームブレードは、ラインナップ6・ロケットハーフボディに付属してます。
だから、全部買えって事ね、ハイハイ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仮面ライダー掃除機?!

2017年12月15日 13時41分57秒 | 仮面ライダー

【創動 仮面ライダービルド BUILD 1】
2017年9月発売 全6種 各380円(税込410円)

前回のラビットタンクに続きまして、今回はラインナップ3~6をご紹介します。

まずはラインナップその3、ゴリラハーフボディ。
専用台座とのセットです。

もちろん全ボディ共通、ラビットタンクにも対応してるのでライダーキックの再現が可能です。
台座用のシールだけはラビットハーフボディに付属してますが、これはベストマッチが完成する場合のみ、両脇にそのアイコンが印刷されているからです。

ただ、ラビットやタンクに付属してたダミーボディが無いので、どうやって他のハーフボディを紹介しようかと思ったんですが、2つ1組として紹介する事にしました。

と言う訳で、ラインナップその4、ダイヤモンドハーフボディ。


こちらには、ラビットタンクのメイン装備・ドリルクラッシャー<ブレードモード>が付属してます。
「全部買え!」って事ですね、はいはい。
鍔(?)の部分はシールですが、ドリルは銀一色なので、黄色い部分はガンダムマーカーで塗りました。

さて、オプションの紹介が終わった所で、

「ゴリラ!」「ダイヤモンド!」「ベストマッチ!」
「輝きのデストロイヤー! ゴリラモンド!!」

この左右のバランスの悪さがカッチョ良いですね。

こんな腕で殴られたら、ひとたまりもありません。

右向きと左向きで全く印象が変わるのもビルドの特徴ですね。

その5、ハリネズミハーフボディ。
ゴリラ同様、Aサイドには専用台座付属。

その6、掃除機ハーフボディ。

Bサイドには、ドリルクラッシャー<ガンモード>付属。
これも黄色部分はガンダムマーカーです。

「ハリネズミ!」「掃除機!」
この組み合わせは劇中では未登場だったと思います。

ハリネズミもそうですが、特に掃除機のモチーフチョイスが攻めてます。
敵怪人で家電モチーフは結構な数がいてると思うんですが、武器はともかく、ヒーロー自身が家電なのは、なかなか無いですよね。
まぁ、フルボトルの設定自体が敵から能力を奪う形なので、こうなって当然っちゃ、当然なんですけど。

トゲトゲのグローブは、男塾名物・撲針愚(ボクシング)を彷彿させます。
針が長く飛び出たタイプの差し替え用手首が欲しくなりますね。

掃除機ハーフボディには、いかにも掃除機なギミックで、延長用のパイプが付属してます。
ちゃんと吸い込んでるように見えるのは、画像加工した訳ではなく、完全に偶然撮れただけです(笑)

ここからは、劇中登場のトライアルフォーム。
まずは、ハリネズミタンク。
ラビットタンクとは、ガラッと印象が変わりますね。

ラビット掃除機。
やっぱり、掃除機のインパクトはスゴい!
ラビット感が全然無くなります。

ゴリラ掃除機。
もはや、デストロンの機械合成怪人(笑)

最後に、こんな感じで撮ってみました。

ラビットとタンクをダミーボディにセットして、他のフォームを挟むと何んとなく変身シーンっぽくなりました。
後は適当な大きさのプラモデルのランナーで枠を作れば、かなり良い感じになりそうです。

ビルドは、トライアルフォームを含むとかなりのバリエーションになるので、今後は写真が増えそうですね。
これ以上更新が遅れないようにしなければ……。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

さあ、実験を始めようか

2017年10月24日 11時24分59秒 | 仮面ライダー

【創動 仮面ライダービルド BUILD 1】

2017年9月発売 全6種 各380円(税込410円)

9月の放送開始から、2か月ほど経とうとしてますが、どうなんでしょう?
記憶喪失の主人公って、いまいち感情移入しにくいと言うか、子供の憧れとしてのヒーローが、本質的にどんな人間か判らないのが、個人的には難しいように思いますね。

ただ、伝統的なライダーっぽい印象を醸し出しつつ、斜めに色分けする大胆なデザインは、かなりカッチョ良いので、結局、食玩は買ってます(笑)

 戦隊ロボのセット販売が好調だったのか、ライダーの方もセットでの販売が始まりました。

箱を開けると単品販売の箱が6個入ってます。
2280円(税込2460円)なので、単品6個揃えるのと同価格です。
外箱の分だけお得かな?

まずはラインナップその1、ラビットハーフボディ。
ハーフと言う事は、お察しの通り、エグゼイドと同じく、2つ買わなければ完成しないパターンです。

左顔、右肩、右腕、左足のセット。
抜けてる部分に付属のダミーボディをセットする事で、人型になります。
ダミーボディに可動部はありませんが、きっちり色を塗れば、これ単体でも見た目だけは成立しますね。

で、ラインナップその2、タンクハーフボディ。

当然、ラビットハーフの反対側。
右顔、左肩、左腕、腰、右脚のセットで、こちらにもダミーボディが付属してます。
ダミーの顔は一体型なので、タンクの顔パーツをセット出来ないのが残念。

どちらも片腕だけは可動するので、これはこれで、偽ライダーっぽくて有りかな?(笑)

で、二つを合わせるとラビットタンクの完成です。
赤と青のキカイダーカラー、カッチョ良いですね。

ベルトと拳、脚の付け根の赤青をいつものガンダムマーカーで少し塗装しました。
左脛の白いバネ(?)部分も、シールでなく塗装してくれてるのは嬉しいですね。

斜め分割の恩恵なのか、エグゼイドよりも可動ヶ所が増えて、腰の回転軸が加わってます。
可動域も申し分なく、アクション性は高いです。

ただ、やっぱり1体完成させるのに820円は高いなぁ……。

 

おまけ。

ダミーボディ同士も組み合わせる事が可能なので、幽波紋のようにディスプレイするのも面白いと思います。

ちなみに、今回は写真を少し大きくしてみたんですが、見づらくないですか?

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加