BOSSZ TOPICS

【TOPIC】
アリストテレス・著『Ta topika』(和訳・平凡な事について)が語源だそうです

ラスボスの器じゃなかったようですな

2017年03月30日 10時50分39秒 | 仮面ライダー

不死身のゾンビの力を得てもエグゼイドに

勝てなかった社長……、ご愁傷様でした。

【装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE 2】
<5&6 仮面ライダーゲンム アクションゲーマー レベル2>

2016年12月発売 各380円(税込410円)

だいぶ更新が遅れてきてるなぁ……。

ラインナップその5、クロスアーマーセット。
まぁ、この辺は流していきます。

ラインナップその6、アクションボディセット。

もともと黒い人なので、アーマーが無くても違和感はあんまり感じませんね。
こう言う奴って言われれば、こんな奴って感じです。

エグゼイドの色違いですが、黒と紫に変わると、そこそこカッチョ良いと思うんですが、いかがでしょうか?

ガシャコンバグバイザーは、レベルXでベルトになるのでゲーマドライバーと差し替え出来るのかと思いきや、径が違う(バグバイザーの方が細い)ので付けられませんでした。
820円もするんやから、それくらいの遊び心は欲しかったなぁ。

820円もするので、アクション性は高いです。

別売りの、【仮面ライダーレーザー バイクゲーマー レベル1】か、【仮面ライダーエグゼイド  アクションゲーマー レベル1】と合わせれば、ゲンムのレベル1も再現出来ます。
流石にこれは髪の毛が黒くなった所で、カッチョ良くはなりませんね(笑)

コメント

Say! The Docking!

2017年03月27日 11時13分25秒 | スーパー戦隊

【ミニプラ キュータマ合体シリーズ 01 キュウレンオー】
2017年2月発売 全6種 各350円(税込378円)

本編では遂に究極の9人の救世主が勢揃いしました。
個人的に、スティンガーがスパイだったってオチは安易だな、と思ったんですが、訳有りそうなお兄ちゃんがいてたりして、ただ命令でスパイ活動をしてたわけでもなさそうなので、今後の展開が楽しみですね。

さて、今回は6分割。
とは言え、分割されてるのは他のボイジャーに比べて大型なシシボイジャーだけで、あとは単品で完結してます。

更に、BOSSも前々から「セットで2000円で良いのに」と言ってたのが、遂に実現しました。
全6種が一箱にまとめられた【キュウレンオーセット】も、2100円(税込2268円)で同時発売されてます。
箱が付いてるだけなのに、ネットではプレミアム価格が付いてますが、食玩に力を入れてるスーパーならまだ残ってるんじゃないでしょうか。

まずはシシボイジャー。
頭・胴・肩・太腿と、ロボ形態のほとんどを占める為、他のボイジャーに比べてかなり大きめで、分割は致し方無しって所でしょうか。
前シリーズのキューブアニマルで培った技術が踏襲され、成形色による色分けが美しいです。

続いて、オオカミボイジャー。
青い毛並み部分のモールドの細かさが、技術力の高さを象徴してます。

オウシボイジャー。
タンクタイプで重厚感のあるデザイン。
注目は目の部分。

なんと、このパーツだけで成形色一色使ってます。
「どこにコスト使っとんねん! シールでえぇやろ!」
と怒られへんかったんかなぁ、と担当者の心配をしてしまいます(笑)

カメレオンボイジャー。
この人も目だけで一色使ってます。

そして、ほんのチョッとだけ舌が伸びます。

カジキボイジャー。
マグロのヒーローって、なかなかなチョイスですよね。

各キュータマは取り外しが可能。
きっちり、クリアパーツで再現されてます。
これもコストを上げてるやろなぁ。
その効果は抜群で、表はコックピット、裏面は各星座の紋章っぽいモノが薄っすらと浮かび上がる、美しい仕上がりとなってます。

さぁ、5機のボイジャーが揃った所で、星座ドッキング!

完成! キュウレンオー!!

腕が動物ってのは、『百獣王ゴライオン』以来、大好きなデザインです。
カメレオンだと、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のゲキリントージャを思い出します。

相変わらず、動いてくれます。
各ボイジャーとキュータマの接合部分はボールジョイントなので、接地力も抜群です。

特筆すべきは、肘関節。
肘を曲げる時は関節を引き出す方式になってるので、伸ばした時と曲げた時の両方で、見栄え良くポーズを決める事が出来ます。

もちろん、セイザドッキングの醍醐味である手足の交換も完全再現。
ですが、かなりバランスが悪くなります。
まぁ、『百獣戦隊ガオレンジャー』のガオマッスルみたいでアリっちゃアリですけど。
ただ、残念ながら、オウシボイジャーとオオカミボイジャーには肘関節の引き伸ばし機構が無いので、手足を入れ替えた場合、ほぼ肘が曲がらなくなってしまいます。
テンビンボイジャーとヘビツカイボイジャーはどうなってるのか、気になる所です。

コメント (2)

もはや組立式フィギュアだな

2017年03月21日 13時37分48秒 | ガンダム

【HGBF 1/144 ガンダムトライオン3】

2015年6月発売 2800円(税込3024円)

ようやく作りました、ガンプラ。
購入が発売から1年後の2016年6月で、そこから9ヶ月も放置してた事になりますね。
パーツ数には難儀しましたが、特にトラブルも無く組み上げる事が出来ました。

まずはリクトライオン。
『未来ロボ ダルタニアス』のべラリオスや、『超獣戦隊ライブマン』のランドライオンのように、まんまライオン。
合体時に背中に背負う関係上、胴が短いので、可愛らしいライオンさんになってます。

せっかくなので【GPベース】も購入してみました。
トライオンに同梱されていたガンダムトライエイジカードをセットできるんですが、フタがスモーク系のクリアカラーなので、写真だとチョッと見えにくいかな?

続いて、ウミトライオン。
こちらは腕と胸を構成するパターンから、『超電磁ロボ コン・バトラーV』のバトルクラッシャーや、『超電磁マシーン ボルテスV』のボルトボンバーみたいなイメージ。

最後に、ソラトライオン。
エネルギー体の翼は、クリアパーツでキレイに、
しっかり大きめで再現されてて迫力があります。

そして、三位一体!

トライオン3!

胸にライオン、大きめのアンテナ、大きめのバックパック、腕に羽根、脚に爪、とケレン味あふれるBOSS好みのデザイン。

言われてみれば、ZZベースなのが判りますが、ライオンのインパクトで、完全に別人ですね。
2/3くらい(かな?)がZZの流用パーツなので、

おまけでコアファイターが付いてます。
これ以外でも相当数のパーツが余るので、組み上げた後に「ホンマにこれで完成なんか?」と焦りました(笑)

ラプターブレイカ―!

ベストメカコレクションからの進化がスゴい。
ボックス横の定型文『様々なアクションポーズが楽しめます』が現実のものとなりましたね。

アームドブースター!

ダブルキャノネード!

ライガーグレア!

そして、

超咆剣! ハイパーミノフスキー・トライザン!!

カッチョ良い!
カッチョ良いんですが、流石にこれだけ長いと保持するのも大変です。

今回、色を塗ったのはライオンの牙とヒゲのみ。
実は牙も白いシールが付いてるので、実質、色を塗る必要があるのはヒゲだけです。
まぁ、もちろん、プラモ作りに慣れてきて、更なる完成度を求めれば、色々と気になる所は出てくるでしょうが、BOSSのように超久しぶりにガンプラに挑戦しても、このクオリティで仕上がるとは、タイトル通り、フィギュアの最終工程を購入者に任せた感じですね。
これがロボット魂で発売されたら、1万円くらいするやろうなぁ。

コメント (11)

伝説の食玩、復活!

2017年03月18日 10時18分27秒 | 食玩オリジナル

バイン、バ~イン、ムゲンバ~イン♪

のテーマ曲が懐かしい、あの食玩が復活しました。

【ムゲンサーガ ムゲンファラオ】
2017年1月発売 全5種 各400円(税込432円)

オリジナルの発売された2008年当時は、カッチョ良いな、と思いつつも食玩に手を出す事は無かったんですが、改めて見ても、めちゃめちゃカッチョ良いので、今回は迷わずGETしました。

全5種、順に紹介していきます。
まずはラインナップその1、ムゲンアヌビス。

ライディーンや戦隊ロボ、ミクロマンにも言えるんですが、人間の口が付いた銀色の顔がメチャ好きです。
それだけで、人智を超えたテクノロジーを感じさせてくれます。

合体が基本なんですが、合体前の形態でも膝が曲がって、まあまあアクションが取れるので、これ単体でも充分に遊べます。

続いて、ムゲンスフィンクス。

可動は前脚が上下するくらいですが、後ろに乗ってるファラオを内部に搭乗させるギミックが付いてます。
両肩のチェーンは1つづつパーツが分かれてるので、本物のチェーンと変わらない動きになります。

ムゲンラー。

太陽神のイメージ通り、シール多めで熱いエネルギーを感じさせるデザインです。

ムゲンスコーピオン。

エジプトでは、サソリって神聖な生き物なんでしょうか?
両手はもちろん、尻尾もクネクネ動きます。

最後は、ムゲンセベク。

BOSSは聞いた事が無い神様ですが、ワニの強さを考えると、神格化されるのも不思議ではないですね。
当然(?)ながら、口は開閉ギミック搭載です。

さて、五神獣が揃って、レッツ! ムゲンバイン!!

完成! ムゲンファラオ!!

いやはやカッチョ良いですな。
金色のアクセントが効いた配色が最高です。
アオシマのアトランジャーっぽい、手首の羽飾りも素敵。
天が創造せし、巨大なる神ってイメージですね。
ファラオを肩に乗せられるのも、操縦じゃなくて、共に戦ってる感じがしてGood!

ただ合体するだけじゃなくて、首・肩・肘・手首・股関節・膝・足首、とロボットとして押さえるべき関節は全て可動するので、あらゆるアクションに対応出来ます。

手首のチェーンは槍に付け替える事も可能。
これまたBOSS好みの武器です。

来月発売の第2弾『ムゲンアーサー』
そして、第3弾『ムゲンアシュラ』の発売も発表されました。
このシリーズ、BOSS的に目が離せないシリーズになりそうです。

コメント (2)

こんな仮面ライダーもありなんですね

2017年03月13日 10時06分52秒 | 仮面ライダー

【装動仮面ライダーエグゼイド STAGE.2】

2016年12月発売 全6種 各380円(税込410円)

今回はラインナップ3&4、仮面ライダーレーザーを紹介します。

監察医って設定と、嘘吐きキャラが気に入ってたので、早々にお亡くなりになられたのが残念です。

まずはラインナップその3、バイクゲーマーレベル1。

仮面ライダーレーザー本体と、別売のレベル2を武器に換装するパーツが付属。
このシリーズでは珍しく、単体でも遊べます。

続いて、レベル2。

レベルアップして、人型からバイクに。
稀に見る2段変身パターンですね。

レベル1の顔を付けたら完成なんですが、一応、単品でバイク状態になって、特に違和感も無いので、レベル1がいらない人は、これだけ買っても問題無いと思います。

エグゼイドを乗せると、こんな感じ。
『仮面ライダーゴースト』の時のマシンフーディーニのように、ライダーへの装着が無いのでサイズはピッタリ。
このボリューム感は、かなりサービスしてくれてるんじゃないでしょうか。

レベル1付属のパーツを使えば、レベル1の武器になります。
こう言う、オプション感覚の良心的な分割なら、何も文句は無いんですけどね。

コメント