BOSSZ TOPICS

【TOPIC】
アリストテレス・著『Ta topika』(和訳・平凡な事について)が語源だそうです

愛と勇気と力

2018年02月27日 14時10分32秒 | その他のロボット

【スーパーミニプラ 無敵超人ザンボット3】
2017年11月発売 全4種 各950円(税込1026円)

正直、メッチャ高いんですが、買わずにはおれませんでした。

4種アソートなので、箱ごと買えばダブり無しでコンプリート出来ます。
こちらは外箱のデザインです。
左隅にロゴがありますが、放送開始から40年経つなんですね。

で、ラインナップ共通のパッケージがこちら。
めっちゃカッコいいです!
放送当時のプラモデル(アオシマだったかな?)を思わせる構図や色味が素晴らしい。

まずはラインナップ1、ザンボエース。
小さい人型ロボが合体すると巨大ロボになる、と言うパターンは当時かなり衝撃的でした。
ザンボエースで戦わないといけない状況から、ザンブル、ザンベースが到着。
「お待たせ!」
「待たせたな、勝平!」
「遅ぇぞ、宇宙太! 恵子!」
と悪態ついてからの合体、そして大逆転は燃えましたね。

間違って同じ写真をUPした訳ではないですよ。
よく見ると、腕の長さ(肘の辺り)が違うのが判ると思います。
こちらは、可動域が抑えられますが、見た目重視の短めの腕。
好みでどちらかを選べます。

武器はザンボマグナムが付属。

通常のミニプラも可動は素晴らしいんですが、スーパーの冠が付いてるだけあって更に動きます。
腰も回ります。

差替えでザンバードに変形。
コクピットのキャノピーはクリアパーツです。

こちらはラインナップ2、ザンバード+オプションセット。
ザンボエースとザンバードがラインナップされてる事でお察しの方もいると思いますが、実はザンボエースを買わなくてもザンボット3は完成します。
逆に、ザンボエースはザンボット3に合体出来ないと言う事です。
まぁ、この商品を買う人の中にザンボエースを買わない選択肢は無さそうですが(笑)

オプションセットとして付属するのはホルスタージェット。

装着完了。
当時のスーパーロボットの武器と言えば、内蔵が基本。
「そんなとこに入るわけないやろ!?」
って感じで、色んな所が開いて手品のように武器が出てくるロボが全盛の中、ホルスターに銃やスコープをぶら下げてるのは、ガンダムに先駆けたリアルロボット路線の片鱗かもしれませんね。

後姿も良いです。

もちろんスコープやマガジン、バレルはザンボットマグナムに装着可能です。

ラインナップ3、ザンブル。
キャタピラは動きません。

最後はラインナップ4、ザンベース。

あ!
写真撮る時に当たったのか、垂直尾翼がズレてるやん……。

細かい所ですが、着陸用の車輪が取り付けられます。
ザンブルのキャタピラと同じく、回転はしません。

いよいよ、3機揃い踏みからの、

ザンボット・コンビネーション! ワン! ツー! スリー!

ザンボット3!

塗装無しの成型色のみでここまで色分け出来てるのは見事ですね。

ザンボットカッターは、ザンバード+オプションセットに付属。
交換用手首はザンブルに付属してます。
この写真で付けてる左手の中途半端な開き具合は何? と思ったら、

ザンボットグラップを持つ為の手でした。
そう言えば、こんな持ち方してたなぁ。

ちなみに、説明書に載ってるのは、こんな持ち方。

シャフトの延長パーツを付ければ、ザンボットブローにもなります。

更に、こんな手首が付属してたんですが、この指を立てたのは何?

パッケージ写真を見ると、ザンボットブローを持つ時に使ってました。
こんな持ち方してたっけ?
覚えが無いなぁ。

目の黄色と黒い線は塗装してくれてます。
BOSSのように腕に自信が無い人間にはありがたいですが、腕に覚えがある人用に、塗装はしてないけどディティールアップされた顔パーツと選択可能になってます。

最後に、

ザンボット・ムーンアタック!!

この肘と手首の可動域、素晴らし過ぎる!!
当時のオモチャでは、このポーズの再現が出来なかったんだよなぁ。

 

スーパーミニプラシリーズ。
初めて買ったんですが、通常のミニプラと比べて、とにかくパーツ数が多い。
特に関節周りのパーツは多い上に、めっちゃ小さいしで、もう大変でした。

更に、差替え変形のせいでパーツのはめ込みがかなり緩い部分があります。
特に腰の左右に付いてる赤いパーツと拳の4本指部分は、ポーズを変えたり、武器を持たせるたびにポロポロ落ちて、かなりストレスが高くなる。
最終的には、見えない部分に両面テープを仕込んで撮影しました。
ポロリさえなければ、プロポーションもバッチリだし、楽しく遊べる商品なので、そこだけが非常に残念です。

コメント (4)

アソートが……

2018年02月19日 10時03分30秒 | 仮面ライダー

【創動 仮面ライダービルド BUILD 2】
2017年10月発売 全7種 各380円(税込410円)

12個で12アソートなのに全7種……、ナイトローグを全然見掛けませんでした。
全6種X2個づつのアソートにしてくれたら良いのに、と思う。

まずは、ラインナップ1・タカ+2・ガトリングで、
『天空の暴れん坊! ホークガトリング!!』

左太ももの塗装されてない部分、ガンダムマーカーにはカッパーが無いみたいなのでどうしようか迷ったんですが、銀を塗ってから100均で買った油性マジックのオレンジを重ねたら、割と近い色になりました。

武器は、サイドBにホークガトリンガーが付属。
仮面ライダーが銃を持ってるのも、普通になってきましたね。

台座を使えば、飛行時が再現出来ますが、翼がやっぱ小さい。
まぁ、劇中でも飛んでない時はこんなもんなので、仕方ないですね。
オプションセットとして、デカい翼を出してくれないかな。

続いて、ラインナップ3・ニンジャ+4・コミックで、
『忍びのエンターテイナー! ニンニンコミック!!』

忍者とコミックがベストマッチ。
忍者漫画と言えば、白土三平先生ですね。
ただ、仮面ライダーなので、鷹と忍者で『変身忍者嵐』にして欲しかった(笑)

武器は4コマ忍法刀。
分身・火遁・風遁・隠れ身の術がシールで再現されてます。
左手と右足のペン先モチーフは判りやすいですが、実は刀の先もペン先になってます。
マフラーがちょっとだけ動くので、表情を出すのに便利です。

ラインナップ5パンダ+6・ロケットで、
『ぶっ飛びモノトーン! ロケットパンダ!!』

BOSS好みのアンバランスなデカい手ですが、なぜパンダ? 熊で良いやん。

腕のロケットで飛行するのは『仮面ライダーフォーゼ』を彷彿させます。
福士蒼汰くんが復活して話題になった映画版、結局行けなかった……。

ここからは劇中登場のトライアルフォーム。

忍者+タンク。
特性的にはラビットタンクに近そうですね。

パンダ+ガトリング。
雑魚キャラをガトリングで蹴散らしてからの、ボス敵をぶん殴る感じでしょうか。

ゴリラ+ロケット。
これはパンダロケットと同系列と言えますね。
ベストマッチまでもう少し、惜しい!(笑)

さて、問題のラインナップ7、ナイトローグです。

この人は1箱で遊べるので、他のラインナップよりもコスパが良いせいか、敵なのに入荷の度に即売り切れが続いて、ホンマに見掛けませんでした。
先月末に発売された第5弾で再販されてますが、やっぱり品薄のようです。
ただ、第5弾はフルコンプのセット販売もあるので、まだ入手はし易いと思います。まぁ、全部集めてるのが前提で、こいつだけ欲しい人は探すのが大変なのは変わりません……。

トランスチームガンは付属してますが、

スチームブレードは、ラインナップ6・ロケットハーフボディに付属してます。
だから、全部買えって事ね、ハイハイ。

コメント

47歳になりました

2018年02月16日 10時25分05秒 | 日記・エッセイ・コラム

昨日の2月15日はBOSSの誕生日。
普段会えない人達や、お会いした事のない方までにお祝いメッセージを頂けるなんて、素晴らしいシステムですね、インターネット。
ありがとうございました!!
また1年、よろしくお願いします。

「誕生日なんだから、今日は仕事しないぜ! 何もしないぜ!!」
と休みを頂きましたが、朝から娘を保育園に送り、洗濯して、保育園にお迎えに行った後、夕方6時まで室内遊戯施設で親子3人で遊び、疲れて寝た娘を抱っこして帰る。
話題の【自己犠牲】な1日でした。
親父になる前なら、『マジンガーZ』観た後、酒飲んでたな、たぶん(笑)

楽し過ぎて、明日もその遊戯施設に行く事になりました。
電車とバスを乗り継いでいくので、昨日は帰りの時間を気にしながら遊んでましたが、明日は翌日に保育園に行く事を気にしなくていいので、結構遅くまで遊んでるかもしれません。

子供と遊びに行くのを楽しみにしてる自分に違和感を覚える昨今今日この頃。

コメント (4)

俺、親父だから

2018年02月13日 11時04分53秒 | 日記・エッセイ・コラム

『あたし、おかあさんだから』って歌が話題になってるけど、何故こんなに叩かれてるのかが理解できないので考えてみた。

 

子供と遊びたい時に爪を短くするのは自己犠牲なのか?
遊びやすいから、そうしてるだけやん。
パートに行くから靴を変えるのも、職種に合わせて臨機応変に対応してるだけやし。
一人暮らしで自分の事ばっかりなのは当然で、家族が出来たら自分以外の事も考えるわな、そら。

呪いみたいって言う人もいるけど、
【あたし、女なのにネイルやヒールでおしゃれしてないの】
って歌詞なら凹むやろうけど、「おかあさんだから」って言い訳があるだけ楽やん。
どうせ、10年もしたら親なんて鬱陶しがられるんやから、なついてる時くらい呪われても良いやん。
やりたい事の優先順位1位が、【子供の笑顔を見る】に変わっただけの歌やと思うんやけど、これは単細胞な男目線なんやろか?

 

俺、親父だから
タバコ吸わなくなった

俺、親父だから
朝まで飲まなくなった

俺、親父だから
スパロボもFFもしなくなった

俺、親父だから
アメコミヒーローじゃなくて、プリキュアの映画に行く

もし親父になる前に戻ったら
ファミレスには行かない、きっと朝まで居酒屋(笑)

 ……自分に置き換えても自己犠牲とは思わんなぁ。
さらに続けてみよう。

 

俺、親父だから
眠いけど、保育園に送っていく

俺、親父だから
娘の制服やパンツを洗濯する

俺、親父だから
苦手な薄味料理を作る

俺、親父だから
めっちゃぬるい風呂に入る

 ……たぶん、俺みたいな人間は「親父だから」と思わないと、子育てなんてしんどい事やってられんわ。

そうか!

世の中には「あたし、おかあさんだから」と言い訳しなくても、苦にせず子育て出来る女性が多いって事か。
だから、こんなに叩かれたんだな。

でも、限られた時間の中で、やらなければならない事と、やりたい事を全部やるのは至難の業なんやから、取捨選択はあって当然。
爪を切るおかあさんは、そんなにネイルに執着がなかっただけで、実際、爪伸ばしてヒール履いてるおかあさんもいてるんやから、お互いに「そう言う人もいてるんやね」で良いやん。
何故、全部自分に当てはめようとして、「それは違う! 間違ってる!」と自分と違う価値観を完全否定するのかは、やっぱり理解できない。
あなたが違うだけですよ、と。
100人が100人、共感できる歌があるとでも思ってるんやろか?
こうなるとSNSって、攻撃対象を探して撃沈する為のシステムなのか? って気になってくる。

ただ、この歌の作詞が女性だったら、こんなに叩かれたのかな? って気もする騒動でした。

のぶみさん、頑張れ!
伝えたい事は間違ってない。
あとは伝わるようにするだけだ!!

コメント (4)

これにて終了

2018年02月08日 10時14分53秒 | スーパー戦隊

【宇宙戦隊キュウレンジャー 勇動】
2017年12月発売 全3種 各380円(税込410円)

番組終盤になって、まさかの新食玩シリーズが登場しました。

ただ、シリーズはシリーズなんですが、キュウレンジャーに関しては第1弾のみ、実質のシリーズ化は新番組『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』からとなります。

キュウレンジャーは戦隊なのに、色だけじゃなく、シルエットにもヴァリエーションがあるので、12人揃った姿も見てみたかったですね。
その反動か、『ルパンVSパト』は、いきなり6人ラインナップだそうで……、また食玩貯金しないとなぁ(笑)

ラインナップ<1>は、シシレッドオリオン。

食玩フィギュアとしては珍しくグーじゃなくて、開いた手での立体化です。

背中のマントは左右独立して動くし、手首にも回転軸があるので劇中のアクションに近いポーズが再現可能。
特に手首が回るのはありがたいですね。

ラインナップ<2>は、ホウオウソルジャー。

スーツの色が、黒じゃなくて紺なのは、このフィギュアで気付きました。

シールドの赤と金はガンダムマーカーで塗りました。
やっぱ、このファイアパターンが無いと、フェニックスっぽくないですよね。
取っ手も角度を回転させられるので、かなり良いバランスで構える事が可能です。

最後に、ラインナップ<3>は、シシレッド。

3人とも、箱を開けるとこんな状態。

塗り分けは、ほぼシールなので、結構、貼るのが大変。
特に広い部分をカバーする胸のシールはシワになりやすいので要注意です。

こちらがシールを貼った状態。
武器とセイザブラスターはシール無しですが、所詮は食玩、BOSS的にはこれで充分だと思います。

並べると、こんな感じ。
正直、ライダーシリーズもゴースト以前のクオリティに戻して、1箱で1人完成にして欲しいですね。
今の2箱で1人完成は、クオリティは高くなるけど、やっぱり食玩とすれば高過ぎると思います。

で、シール部分を塗装してみたのがこちら。
頭の獅子とゴーグル、胸のエンブレムは細か過ぎて塗装できそうになかったので、シールをそのまま使ってます。

並べてみると、武器とセイザブラスターを塗るだけでも全然違っただろう事が判りますね。

後姿は塗らないと全然ダメ(笑)

で、手首に回転軸があるので、シシレッドオリオンと交換する事が可能。
これは良い仕様ですね。

逆もしかり。
ただ、こちらを再現するには、シシレッドの手を白に塗装する必要があります。

さて、今回はズームやフラッシュの焚き方を何種類か試してみたんですが、お気付きいただけたでしょうか?

上と下、どちらも今までよりはキレイに撮れてる気がするので、あとは好みの問題かな?

 

遂に大団円を迎えた『宇宙戦隊キュウレンジャー』

最初から9人なんで、久しぶりに追加メンバー無しかも? と思いましたが、3人も追加されました。
結果的に12人の大所帯になりましたが、トケイキュータマのエピソードで上手く12人って人数を利用しましたね。
まぁ、全宇宙を救うんだから、多過ぎる事もないっちゃ、ないかな(笑)

「よっしゃ、ラッキー!」でカッコ良くなるのか? 1年も引っ張れるのか? と多少の不安はありましたが、やり切ってくれました。
ラッキーは【待つものじゃなく、やらない理由を探さずに呼び寄せるもの】ってメッセージが最後まで貫かれ、熱いラストに到達。
1年間、素晴らしい作品をありがとうございました。

コメント (2)