BOSSZ TOPICS

【TOPIC】
アリストテレス・著『Ta topika』(和訳・平凡な事について)が語源だそうです

シュワッと弾ける!&潰れる!流れる!溢れ出る!

2018年05月25日 12時43分44秒 | 仮面ライダー

【創動仮面ライダービルド BUILD5】

2018年1月発売 全7種 各380円(税込410円)

全7種の内、ラインナップ7・ナイトローグは目のシールを1枚追加しての再録。
全7種セット 2660円(税込2872円)もあります。

ラインナップ1&2 仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム。

「シュワッと弾ける! ラビットタンクスパークリング! イエイ! イエーイ!!」

スパークリングフォームは、初期フォームのラビットタンクからパワーアップしたのが判り易くて良いデザインだと思うんですが、ストーリー展開の早さのせいで、アッ!と言う間に次のフォームが登場してしまい、あまり活躍の場面が無いのが残念です。

一応、フォーマット通りの分割ですが、顔だけは前面が一体となってます。
たぶん、トゲトゲが干渉するせいではないでしょうか。

ベルトと両拳、その他所々をガンダムマーカーで塗装してます。

ライダーパンチ!

ライダーキック!

『装動エグゼイド』から1つ増えた腰の可動のおかげで、ポージングの切れが違いますね。

ラインナップ3&4 フェニックスロボフォーム。

「不死身の兵器! フェニックスロボ!」

映画版で初登場の後、TVにも登場。
デカい腕はBOSS好みです。

ロボの爪は人差し指と中指、薬指と小指がくっ付いてるので3本指っぽいですが開閉します。
このギミックが有るのと無いのでは、表情の付け易さが雲泥の差です。

ホークガトリングと比べて背中の翼も大き目で、しっかり開くので、飛行シーンに迫力が出せます。

劇中登場のトライアルフォーム、フェニックス掃除機。

ベストマッチが登場した後でトライアルフォームに変身するのって、順番が逆なような気がしますが……。

最後はラインナップ5&6 仮面ライダークローズチャージ。

こちらはデザイン上、ハーフボディ2つではなく、アーマーと素体の2分割。
【装動エグゼイド】と同じパターンですね。

ラインナップ6・アクションボディセットのダミーヘッドは、ゼリーを被る前の状態で造形されてます。
なかなかに芸が細かい。

「潰れる! 流れる! 溢れ出る! ドラゴンインクローズチャージ! ブラァァッ!」

スクラッシュドライバーの変身音声は若本規夫さん。
「ブラァァッ!」って何?(笑)

TVで観てる時はカッチョ悪いなぁ、と思ってましたが、こうやって見るとなかなかにカッコ良い。
顔と胸のクリアパーツは軟質素材使用で、ゼリーのプルプル感の再現が素晴らしいですね。

ツインブレイカー<アタックモード>はアクションボディセットに付属。

コストの関係上、<ビームモード>はロボットハーフボディに付属してます。

どちらのモードもシールは付いてますが、それだけではかなりショボいです。
青い部分は頑張って塗りました。

最後に、2人並んでパシャッ!

コメント

スーパーライブディメンション!!(2018年5月18日追記有)

2018年05月16日 10時57分48秒 | スーパー戦隊

【スーパーミニプラ 超獣合身 ライブボクサー】
<プレミアムバンダイ限定>
2018年3月発売 4500円(税込4860円)

ライブロボだけでも嬉しいのに、ライブボクサーまで!!
30年前に熱中した特撮ヒーローの玩具が今の技術で手に入るなんて、当時の誰が想像したでしょうか?

 大地を揺るがせ! バイソンライナー!!

荒野を目指せ! サイファイヤー!!

今でこそ結構いますが、当時のヒーローモチーフに牛やサイが使われたのは目新しかったですね。
鉄也と純一が登場した当初は、「3人のままで良かったのに……」と思いましたが、ボルトの3人に対する思い入れ、スタンスの違いを随所に盛り込む事で、ドラマに厚みを持たせました。
BOSS的に、戦隊ヒーローNo.1の作品です。

卓二と麻里がケンプに殺される前に、2台のマシンの設計を終わらせてたって設定もナイスでした。

そして、2台のマシンが「ボクサーディメンション!」

完成! ライブボクサー!!

良いですねぇ、この箱感!
戦隊の2号ロボには箱体型が多いんですが、この人は特に箱。
この人だけは変にアレンジしてスタイリッシュになっちゃダメです(笑)

各関節はしっかり可動します。
まぁ、体型が体型だけにポーズの幅は限られてきますが、着ぐるみに近付ける為の、大き目の拳パーツも付属してるのが嬉しいですね

さぁ、2体揃った所で、「合体! スーパーライブディメンション!!」

「完成! スーパーライブロボ!!」

当時から「聖衣みたいな合体やな」と皆さんも思ってたでしょうが、最近読んだ開発者の話では、「ライブロボのデザインは既に決まってて合体の予定が無かった。試行錯誤の末、聖闘士星矢の聖衣を参考にした」との事。
皆さんの予想は間違ってなかったようです(笑)

このライブロボ、放送時間(本編が17分くらいかな?)の関係上、『東映版スパイダーマン』のレオパルドンと肩を並べる程、敵を瞬殺してました。

敵の攻撃をものともせず、悠々と歩いて、
(劇中を忠実に再現すると、右肩のサイは外すべきですが・笑)

「スーパービッグバースト!」

……で終わり。
それでもDX超合金はメチャメチャ売れたらしいので、そのインパクトは絶大だったと言う事ですね。

1号ロボと2号ロボが合体する、今のフォーマットの元祖、スーパーライブロボ。
いやホント、手に入れられて嬉しい限りです。
BANDAIさん、今後もこの路線、続けて下さいね!

 

2018年5月18日追記
【ライブロボ】と【ライブボクサー】のパッケージ裏面を並べると、こうなります。

ゴージャス!!

コメント (2)

ほねほねになっちゃった

2018年05月14日 11時38分57秒 | その他のロボット

【ほねほねゲリオン 第一弾】
2017年12月発売 4種X2カラー=全8種 オープンプライス

BOSS的には珍しく、BANDAIさんじゃなく、Kabayaさんの食玩を購入しました。

オープンプライスなので価格は店舗やサイトによって違いますが、だいたい400円前後で売られてましたね。

初號機、零號機、サキエル、シャムシエルの4種がそれぞれ2色づつのラインナップですが、BOSSは使徒に思い入れが無いので、初號機と零號機のみ購入しました。
BOSS同様にエヴァのみ購入の人が多かったのか、使徒だけが未だに山盛り残ってる売場もあるようです……。

まずは、<ほねほねゲリオン初號機>
ほねほねザウルスのコラボと言う事で、白がノーマルカラー、お馴染みの紫色の方がアナザーカラー扱いになり、ラインナップナンバーは<5>になります。

エヴァの体型と骨アレンジは、思ってた以上に相性が良いですね。
BOSSは持ってませんが、定番の【ほねほねザウルス】と共通のジョイントなので、組み換え遊びも出来るようです。

 『ほねぐれっしぶナイフ』
ネーミングのやっつけ感がバカバカしくて好き(笑)

こちらは、『ほねっとガン』
ちなみに胸の丸いクリアパーツは、『ほね2機関』だそうです。

ラインナップ2、ほねほねゲリオン零號機。
こちらはノーマルカラーの白を買いました。

『ほねザウルスシールド』
ヤシマ作戦で使用したシールドは、かなりアレンジされてますが、カッコいいです。

ほね2機関だけでなく、単眼もクリアパーツ仕様。
ドクロっぽいアレンジのせいで三つ目にも見えます。

シャムシエルに付属のボーナスパーツと、ほねっとガンを合わせると『ほねトロンライフル』が完成して、ヤシマ作戦の再現が出来るんですが、それだけの為に400円は出せなかった……。
初號機に付属のパーツだけでもそれっぽく見えるので、良しとしましょう。

ちなみに、ノーマルカラー、アナザーカラーいずれか4種を集めるとボーナスパーツで、【ラミほね(もちろんラミエルです)】が完成します。

最後に。

ノーマルカラーは蓄光素材なので、夜中にも撮影してみました。

初號機同様に口に開閉ギミックがありますが、零號機の口が開いてるのは、あまり記憶に無い。
BOSSが覚えてないだけなのか、劇中でも開いた事が無いのか……。

こちらの商品は『第1弾・改』として、さらに2色のアナザーカラーも2018年2月に発売されてます。
第2弾の情報はまだ出てませんが、弐號機はラインナップされるのかな?

コメント

ミニプラに連動!

2018年05月09日 00時39分41秒 | スーパー戦隊

【快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ハイパーアイテムズ】
2018年3月発売 全3種 各400円(税込432円)

普段は、なりきり系の食玩は買わないんですが、今回は<ラインナップ1.VSチェンジャー>のみ購入しました。
<2.ルパンソード>と<3.パトメガボー>は購入してませんので、レビューは無しです、悪しからず。

本体はシンプルなデザインです。
が、劇中同様、ダイヤルファイターやトリガーマシンをセットする事で変身遊びが楽しめます。

その変身遊び、今年は初の試みとして、ミニプラにも連動してます。
<イエローダイヤルファイター>に付属のオプションパーツ装着(機体下部の青い部分)でしっかり固定され、子供が振り回しても外れない仕様になってるので、安心して遊べます。

オプションパーツは各ダイヤルファイターに対応。

本体のトリガー部分は一体型パーツなので、裏から見るとスカスカですが、子供はそんなに気にしないのかな?
こだわる人はパテで埋めるんでしょうね。

トリガーマシン用のオプションパーツ(機体下部の赤い部分)は、<トリガーマシン2号>に付属。

何故、成型色が白じゃなくて、青や赤なんだろうか?

ダイヤルファイターとトリガーマシンだけでなく、

グッドストライカーにも、しっかり対応してます。
この角度からは見えませんが、こちらも装着用のオプションパーツが必要です。
パーツは、<グッドストライカーA>に付属。

構造上当然ですが、トリガーマシンモードでも問題無し。

さて、ただミニプラに連動してるだけなら、このアイテムは買わなかったと思います。
BOSSに432円を使わせた理由はこちら。

「グッドストライカー連射 倒れちまえショット!」

ネーミングはどうかと思うんですが、デカいフレーム状のVSチェンジャーを連射するルパンカイザーの必殺技は、宇宙刑事シャイダーの【ビッグマグナム】を彷彿させて、BOSS的にツボ。
ガトリングとノコギリでどうやって持ってるんだ?って謎は置いといて(笑)

これを再現するのにピッタリのサイズ感なんですよね、このアイテム。
その辺も計算されてのサイズ設定なんだろうか?
上手な商売しはるなぁ。

ちなみに、ルパンカイザーのレビュー(2018年3月13日のblog)で、脚が前に上げられないと書いたんですが、間違いでした。
前垂れの部分はちゃんと可動するので、問題無く脚は上げられます。
前回は脚を上げた時にポロっとパーツが落ちたので、上がらないものだと勘違いしてしまいました、申し訳ございません。

コメント (2)

装動エグゼイド FINAL STAGE(プレミアムバンダイ限定)

2018年05月02日 09時23分59秒 | 仮面ライダー

【装動 仮面ライダーエグゼイド FINAL STAGE】
2017年12月発売 3200円(税込3456円)

通常シリーズで収録しきれなかったライダーを通販限定で補完。
最終話直前で登場したラスボス・ゲムデウスクロノスと、『仮面ライダークロニクル』攻略のキーとなったニコが変身するライドプレイヤーのセット。
全ライダー発売に燃える担当者の執念を感じる一品。

まずはゲムデウスクロノス。
基本的にはクロノスの色違いですが、スカートは新規造形です。

剣と盾も新規造形。
エグゼイドやブレイブのSD体型にも似合う武器と比べて、いかつめのデザインがラスボスらしくて良いです。
並んだ銀色の宝玉(目玉かもしれない)部分は金色のベタ塗りだったので、ガンダムマーカーで塗ってます。

ラストバトル風。
(実際の劇中では、ゲムデウスの能力が無くなって、通常の緑のクロノスでした)

最終決戦をレベル1で分離→レベル2で決着! の流れは激熱でした。

続いて、ライドプレイヤー・ニコ。
こんなのまで発売するとは思ってませんでした。

ポッピーと同じく、女性ライダー用の素体を使用しているので、他のライダーと比べると小ぶりです。
胸のシールは、ゲームクリアの星マークが無いヴァージョンとの選択式。

帽子やリュックの模様もシールが付属してるので、ニコの雰囲気がバッチリ再現されてます。

剣タイプのみですが、ライドウェポンも付属してます。
(これも劇中シーンの再現ではありません)
台座はクリア成型の物が3つ付いてます。

何故、2つじゃなく3つなのか?
その理由は、ここから先のオマケに関係します。
結構ディスプレイに重宝しそうなアイテムを色々付けてくれてます。

まずは、バグスターのバックルが3個。
ポッピーやゲンム、クロノスのバグバイザーを外した時に、腹部の穴を隠してくれます。

そして、ガシャットケースをこのタイミングでねじ込んできました。

しかも、無駄に細かい開閉ギミック付き(笑)

ゲンムのコンティニュー用土管。
これを欲しがってたのはBOSSだけじゃなかったって事ですね。

ポンッ!

台座としても使えるので、おなじみのシーンでディスプレイを楽しめます。

さぁ、ここからがエグゼイドの真骨頂とも言える、あのバトルシーンを再現する為のエフェクトパーツです。

『HIT!』『HIT!』

3つ目の台座はこのエフェクトパーツ用でした。
アクションゲームの要素を取り入れた斬新な演出をプレートで再現。
番組当初は面食らいましたが、慣れてしまえば面白い効果として楽しめました。

『GREAT!』

『PERFECT!!』
『GAME CLEAR』

『LEVEL UP!』

いやはや、これは面白い。
贅沢言えば、『CRITICAL』や『MISS』も欲しかった所ですが、これだけあれば充分遊べるでしょう。

遂にFINAL STAGEの紹介も終わりました。
長い間のお付き合いありがとうございました!
……と言いたいんですが、なんと! まだVシネマがありました。
まさか、Vシネマのキャラが食玩で発売される事になろうとは思ってもみませんでした。
なので、もうしばらくお付き合いの程、よろしくお願い致します。

コメント (2)