BOSSZ TOPICS

【TOPIC】
アリストテレス・著『Ta topika』(和訳・平凡な事について)が語源だそうです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゲ! キ! ア! ツ! ダイオーッ!!

2016年02月13日 11時00分46秒 | スーパー戦隊

【ミニプラ シュリケン合体シリーズ05 ゲキアツダイオー】

1年通じて、楽しく見る事が出来ました。
ニンジャレッドやハリケンレッドの先輩忍者に加えて、アオニンジャ―が魔法忍者と言う事で、マジイエローなんて変化球のゲスト出演もありました。
その中でも、BOSS的に1番嬉しかったのは、伝説の世界忍者・ジライヤの登場。
ジライヤと聞いて、ニンジャブラックかと思いきや、まさかの戸隠流正統。
欲を言えば、アクションまでとは言わずとも、筒井さんに目が出てるバージョンのジライヤで登場して欲しかった所ですが、OPから本編まで、当時そのままの演出(特にオフィスに突っ込んで床を腹這いで滑って反対側から出て行く意味不明なアクションが最高!)が粋な計らいでしたね。
最終回直前では、笹野高史さん演じる好天おじいちゃんまで変身するサービスっぷり。
歴代最高齢レッドの記録は、この先、更新される事があるんでしょうか?(笑)

では、参りましょう。

まずはホウオウマル。

こちらは忍シュリケン(頭)とセットです。

セイリュウマル。
ドラグランザーみたいでカッチョ良い、BOSS好みのバイクです。

ゲンブマル。

ビャッコマル。
青龍、玄武、白虎なのに、どうして朱雀じゃなくて鳳凰なんだろうか?
そもそも何故に中華なイメージを押し出したのか?
その流れで、

パンダマルや、

マゴイマルなんて事になっちゃってます。

でも、最初から6体合体の戦隊ロボって、初めてじゃないかなぁ?
後から付け足してゴチャゴチャになるロボはなんぼでもいてるけど……。

中華なロボは、パンチ&キックで戦うので、武器は持ってません。

よく動きます、流石!

そして、この背中に付いた取っ手をクリクリ回すと、

胸からミサイルが飛び出すギミックを搭載してます。
ニンニンジャ―が人間大砲で発射される必殺技を再現したものですが、これはバネが内蔵されてる訳じゃないのに、アカニンジャ―(こけしみたいですが)から順番に撃ち出されるんです。
BOSSにはどういう原理かはっきり解りませんが、地震発生のメカニズムの説明でよく見る、プレートが弾かれるしくみの応用なのかなぁ? と予想してます。

ちなみに、写真をよく見てもらうと、1つだけ穴にミサイルが入ってない個所がありますが、実はランナーと間違えて捨ててしまいました。
昔、ガンプラのビームサーベルを捨ててしまったのと同じ過ちを犯すとは……。

最後は覇王ゲキアツダイオーでフィニッシュ!
覇王と大王が被ってるネーミングセンスも疑問ですが、ライオンハオーに座ってるだけなんで、覇王シュリケンジンと変わり映えしませんね。
ただただデカい!!

さて、明日からは新戦隊『動物戦隊ジュウオウジャー』がスタート。
ジューマンの設定は面白そうですが、ロボがレゴみたいですこぶるカッチョ悪いんですよね。
まぁ、動く画を見たら一転、コンプリートに走っちゃうかもしれませんが(笑)

ちなみに、ネットニュースで「動物モチーフはガオレンジャー以来15年ぶり」って書いてたんですが、『ゲキレンジャー』や『ゴーオンジャー』『ゴーバスターズ』は動物じゃないんでしょうか?

コメント (2)