Nyancoin Bakery / 江都屋

当ブログは引っ越しました。→ http://blog.livedoor.jp/edoyakogane/

気のせい

2009年04月25日 19時39分34秒 | ヨタ話/写真
 
 ずいぶんと前のこと。仕事の合間に同僚数人と世間話をしていると、その中の一人スズキくん(仮名)が「気」について話し出した。誰某の手から放たれる気を感じた、云々の話。ジンジン痺れてきたり、熱くなったりするんだって。

 そういう話を聞くと、ちょっとしたイタズラ心が沸き出てくるのが人情ってもんじゃありませんか。何気なく「ああ、それ俺もできるよ」と自信ありげな顔をして、3メートルほど離れたスズキくんの左肩あたりに向けて右掌を軽く開いて差し出してみた。それに向かい合わすようにスズキくんも左手をこちらに向けた。

 十数秒間そのままでいたらスズキくんは「あ、きたきた」とか言い出した。手が熱くなってきたのだそうな。そのまましばらく続けてみると、反対側の右手まで熱くなってしまった。こりゃすごいとスズキくんは興奮していたのだけれど、実際、俺はなんにもしていないのだよね。俺は単に、それができる風を装って手を差し出しただけ。何かが来たり、熱くなったりは全て、スズキくんの体内で起こったこと。

 俺は「気」を全否定するものではないけれど、スズキくんの一件以来、怪しいものが多いだろうと考えるようになった。「気」即マユツバとまでは言わないけれど、少なく見積もっても半分以上は受け手のそれこそ「気のせい」なのではないか、そのように思う。

 その五年ほど後に逆の立場になったことがある。先のとはまた別の職場でまたもや「気云々」の話になった。今度はおとなしく聞いていると、ナカジマくん(仮名)が俺の右手首をつかんで、そこから反対側の左手まで気を通してあっためてやる、と言う。ナカジマくんはそういうことができるヒト、なんだそうだ。

 おもしろそうなんで手首をつかませてはみたが、おとなしく左手をホカホカされるのもシャクなので、目を閉じてこちらからもその「気」を送り込むことを強くイメージしてこっそり抵抗してみたらナカジマくんは「おかしいなあ、跳ね返される」と言って、パフォーマンス(?)を中断したのであった。その程度の力で俺に「気」を通そうなんて百万年早いわい、とナカジマくんには言っておいた。

 …なんてことを考えていると、ひょっとして先の二件のときには俺の手から何かが出ていたりしていたのかなと考えられなくもないのだが、まあしかしやはりそれは気のせいだろうね。よしんば何かがほんとに出ていたのだとしてもだね、手があったかくなる程度のものに大した価値があるとも思えないのであるよ。
 

別室ブログ  
mail form
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

そのままの姿でいいんだよ……??

2009年04月21日 12時34分56秒 | ヨタ話/写真
 
 「」の花の写真を撮った後、ぶらぶら歩いていたら足を踏み外してすとんと片足側溝に落ちてしまった。びっくり。さいわい怪我も何もしなかったのだが、考えてみればこういうのがフタもなくむき出しになっているのはけっこう危ないね。自転車で走りながらケータイメールなんかするアホタレさんが落ちるのはかまわんが(いやいや、かわいそうだとは思うけどさ)。

 そういう危ないものを、危ない形のままきれいに修繕する。こういうのも税金の無駄遣いということになるのだろうかね。こんなことのために消費税5%払っているんではないのだよ。
 

別室:The Another World Atlas of EDOYA へ  
mail form

この記事をはてなブックマークに追加

高低差のある対面

2009年04月20日 20時36分32秒 | ネコイヌetc.
 
 ふと見上げると居酒屋の二階窓にこちらを見おろす猫
 

別室:The Another World Atlas of EDOYA へ  
mail form

この記事をはてなブックマークに追加

2009年04月18日 15時50分00秒 | ヨタ話/写真
 
 今朝の散歩中にあった花。筆で描いたような模様がふしぎふしぎ。


 んで、まったく関係ない話。今ちょうどテレビに新しいビールのCMが流れていた。立て膝でビール瓶を持ち、さあどうぞどうぞと勧めてまわる光景。こういう卑屈な行為を良しとするようなCMはもう作らないでほしいものだ。目にしてしまう度にいくらか嫌な気分になってしまうぞ。まあ、これを卑屈だと感じるのは俺の勝手ではあるのだけれどね。見なけりゃいいだけの話だ。
 

別室:The Another World Atlas of EDOYA へ  
mail form
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

二重構造

2009年04月11日 21時28分58秒 | 疑似ビルディング(看板建築)
 
 格調高い造りの美しい疑似ビルディング。

 二階から屋根にかけての(おそらく)古い方の疑似ビル部分は何やらいわくありげで、単なる「ガワ」ではないようにも見えてしまいますな。それに対して前面は少し新しく、のっぺりしているのが残念ではある。
 

別室:The Another World Atlas of EDOYA へ  
mail form

この記事をはてなブックマークに追加