goo

ロシア・スパイへの毒ガス攻撃: ノルド・ストリーム 2が、より大きな標的なのか?

2018年3月11日 (日)

ロシア・スパイへの毒ガス攻撃: ノルド・ストリーム 2が、より大きな標的なのか?

Finian CUNNINGHAM
2018年3月10日

イギリスにおける元ロシア・スパイに対する謎めいた明らかな殺害の企みの影響は、ヨーロッパ全体に広がっている。

予想通り、事件はイギリス・マスコミでの反ロシアの主張を煽り立てるのに利用された。しかし、更に、欧州連合は、イギリスの主権に対するロシアによる攻撃とされるものに対するイギリスとの“団結”を示すよう圧力を受けている。

元イギリス当局者たちが、イギリス国内へのロシアによる侵害とされるものを巡るEU諸国の団結の欠如を悲嘆していると報じられている。EUは、ロシアによる違法行為なるものを暗黙の内に承認して、イギリスとの“団結”という義務的声明を出して答えた。

日曜、イギリスにおける、亡命クレムリン工作員セルゲイ・スクリパルに対する明白な致死的毒ガス攻撃へのロシアの国家的関与という非難は、適正手続きの嘆かわしい無視と平行している。

66歳のスクリパルと彼の娘が集中治療に急送された事件から数時間後、イギリス・マスコミは、ロシア工作員が、報復暗殺を試みたと憶測している。

スクリパルは、2010年、イギリス国外の政治経済やその他の秘密情報収集、情報工作を任務とするMI6への二重スパイによる国家反逆行為のかどで起訴された後、ロシアから亡命した。彼はイギリス南部の都市ソールズベリーに暮らしているが、そこの公園で、33歳の娘とともに麻痺しているのを発見されたのだ。

イギリス人テロ対策当局者たちは、使用された化学物質は特定せずに、二人は猛毒の神経ガス攻撃の犠牲者だと明らかにした。彼らは、そのような致死的な作戦を実行する攻撃、あるいは攻撃者は、国家ぐるみのものに違いないと主張している。イギリス警察は攻撃を実行した機関をまだ明らかにしていないが、イギリス・マスコミは、ロシアの関与という無責任な憶測に早速飛びついた。この憶測は、ボリス・ジョンソン外務大臣などの政府閣僚が当てこすりをして、あおられている。

ロシア外務省は、モスクワの関与という非難を“更なる無責任なロシア嫌悪”だと切って捨てた。

過去8年、イギリスで公然と暮らしている、不祥事を起こした元スパイに報復するため、今月の大統領選挙を前に、ロシアが危険な作戦を実行するだろうという考えは、信憑性に欠ける。欧米マスコミにおいて、既に高まっている反ロシア・ヒステリーを考えれば、クレムリンが、そのような計画を考え出すなど笑止千万だ。

とは言え、証拠は、スクリパル暗殺の企みで、軍用化学兵器が使用されたことを示している。著名イギリス人毒物学者、アリステア・ヘイ博士が、ラジオ・フリー・ヨーロッパで、今週攻撃で使用された化学物質は、ソマンやタブンなどのサリンやVXと関係する有機リン毒物のどれかであった可能性が高いとかたった。これらは人肌に一滴付けただけで殺人できる神経ガスだ。

化学兵器に関するイギリス政府顧問が、急いたロシア非難を警告したのだ。“現段階で、誰かを非難するのは、余りに早急すぎると私は思う”と、この専門家は述べた。

国際的に尊敬されている毒物学者が、あえて語っているのは、使用された物質の極端な致死性ゆえに攻撃の性格は“軍隊能力”を帯びているということだ。

ロシアが関与していないと仮定すると - 上記理由からして、もっともな仮定だが - 疑問はこうだ。一体どのような国家機関が、これ実行したのだろう? 一体何の目的で?

ここでは特に、ロシアと全ヨーロッパの関係を破壊させることを狙う機関に焦点が当てられている。上記の通り、毒ガス攻撃事件を巡るロシア非難の影響の一つは、EUに、モスクワに対して厳しい対応を示すようにというすぐさまの圧力だ。

元駐ロシア・イギリス大使、トニー・ブレントン、ヨーロッパ諸国を、イギリスへの支援が足りないと非難したと報じられている。

“トニー・ブレントン元大使によれば、元ロシア・スパイが、ソールズベリーで、毒ガス攻撃された後のロシアに対する戦いで、欧州連合はまたもや、イギリスを支援しそこねている”とデイリー・エクスプレスが報じている

別の元イギリス外務省顧問、イギリスのBrexitを巡るEUの辛辣な論争ゆえに“クレムリンは、イギリスがアメリカとEUに同盟がなく、スクリパル事件に関して何もできないのに付け込んでいる”と主張している

ロシアが関与しているというこの論理は錯乱している。だが示唆に富んでいる点は、モスクワに対するより広範な敵対的対応にヨーロッパを巻き込むという意図された効果だ。

確かに以下の論議は不確かだ。だが一考に値する。

先週、アメリカが率いるロシア-EU ノルド・ストリーム 2プロジェクトを駄目にする政治キャンペーンは、新たな弾みを得た。

110億ドル、1,200キロのガス輸送パイプラインは、来年の完成が近づいている。

ポーランド、エストニア、リトアニアとラトビアの外務大臣が、ワシントン DCを訪れ、ノルド・ストリーム 2と、どうすれば潰せるかいう特定の話題で、レックス・ティラーソン国務長官と会談したとボイス・オブ・アメリカが報じた

ポーランドとバルト諸国は、伝統的なヨーロッパへのエネルギー源ロシアを置き換えるアメリカによるガス供給を主張している。この問題は戦略的重要性が非常に大きい。ヨーロッパ消費者にとってずっと高価な結果となるにもかかわらず、ヨーロッパ諸国が、アメリカ・ガス輸出に切り替えることへの支援を、トランプ大統領は強く主張している。

ノルド・ストリーム2プロジェクトは、ロシア国営企業ガスプロムと、五社の私営エネルギー会社イギリス、ドイツ、フランスとオランダのパートナーシップだ。

しかし、プロジェクトは、ウクライナ、クリミアに関して、そして、アメリカとヨーロッパの選挙への“干渉”とされるものに対するロシアに対する非難を巡る政治的影響に晒されている。

ドイツとオーストリア政府、ロシアとの新ガス・ネットワークの強力な支援者だ。先週、オーストリアのセバスティアン・クルツ大統領は、モスクワを訪れ、ウラジーミル・プーチンと会談し、ノルド・ストリーム 2支援を表明した。

とは言え、猛烈な反ロシア・イデオロギー政治が傑出しているポーランドとバルト諸国は別としても、EU政権内部には同様にノルド・ストリーム供給に反対する分子もいる。彼らは、そのような仕組みは、ヨーロッパ内政に対する余りに大きな影響力をモスクワに与えてしまう。そのような主張をする連中は、親NATOで、親ワシントンであることが多い。

要は、ロシア-EUガス・パートナーシップを駄目にするためのキャンペーンに、先週のポーランドとバルト諸国政府閣僚代表団ワシントン訪問で見るように新たな弾みがついていることだ。もちろん連中はドアを押し開けているのだ。アメリカの国益は、ヨーロッパへのガス供給国としてのロシアを打ち負かすという目的と深く結びついている。

すると、ロシアをはめるよう仕組まれた、イギリスにおける暗殺の企てのタイミングは、ヨーロッパの世界的エネルギー市場を巡る戦略的闘争の好都合な時期のものだ。亡命ロシア・スパイ殺人未遂とされるものを巡り、モスクワに対して“より強硬”となるよう、巨大な圧力がEUにかけられているように見える。求められている“より強硬な”対応は、ノルド・ストリーム 2 ガス・プロジェクトのキャンセルである可能性がある。

もしこれが、EU-ロシア関係を切り裂くための最近の取り組みの動機なのであれば、実行犯らしきものとして絞られるものは以下のものへと変わる。モスクワを排斥する狙いで、セルゲイ・スクリパルと彼の娘を殺害しようと、おそらくイギリスや東ヨーロッパの共犯者と協力したアメリカ国家機関だ。

写真: politico.eu

記事原文のurl:https://www.strategic-culture.org/news/2018/03/10/russian-spy-poison-attack-nord-stream-2-bigger-target.html
---------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

タイガー軍、東部GHOUTAでMISRABAのキータウンに入る、武装勢力が退去中(地図)

タイガー軍、東部GHOUTAでMISRABAのキータウンに入る、武装勢力が退去中(地図)

  698 寄付

 

東部Ghoutaの前進に引き続き、タイガー軍、共和国警備隊、シリア軍は、この地域の完全解放のためのもう一つの大きなステップを踏み出しました。

3月10日、政府軍はポケット中央部にあるミスラバ州の主要都市に入り、武装勢力を中心部から退去させた。地元の情報によると、タイガー軍とその同盟国は町の大部分の支配権を確立し、武装勢力はその周辺にとどまった。前進はシリア空軍によってバックアップされた。

しかし、この地域ではまだ衝突が続いている。政府軍がミスラバで彼らの利益を確保すれば、東部Ghoutaの武装したポケットは事実上2つの別々の部分に分割されるだろう。

タイガー軍、東部GhoutaでMisrabaのキータウンに入る、武装勢力が退去中(地図)

  698 寄付

 

サウスフロント

あなたはこのコンテンツが好きですか?私たちを助けてください!

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

プーチン大統領は憲法を政権交代に変えないだろう

プーチン大統領は憲法を政権交代に変えないだろう

 
プーチンNBCインタビュー2018年3月9日金曜日、NBCとのインタビューでウラジミールプーチン大統領。

次回の投票で第4期に再選される予定のロシアのプーチン大統領は、2024年以降、クレムリンに滞在する憲法を変更する予定はないと述べた。

無期限の任期を守っている中国の西平平氏の足跡をたどるかどうかについて、米国のテレビ局NBCから質問を受けたプーチン大統領は、そのような意図はないと主張した。

「私は憲法を変えたことは一度もなかったが、私は自分のためにそれをしなかったし、今日もそうする計画はない」と彼は土曜日にクレムリン氏が発表したインタビューで語った。

プーチン大統領は、憲法を尊重することに常に誇りを持っていた。

2008年、プーチン大統領は首相に就任し、ドミトリー・メドヴェージェフはプーチン大統領がクレムリンに戻った2012年まで大統領を務める。

「なぜロシアの権力が、私が過去何年もやったことすべてを破壊しようとしている人々に引き継がれるのはなぜだと思いますか?

彼は2000年以来の彼の潜在的な後継者について考えていたと述べた。

"それは決して考えることを傷つけることはないが、終わりにそれを決定するロシアの人々になるだろう"と彼は付け加えた。

プーチン大統領は、7人の挑戦者の乗組員に対して、最高批評家アレクセイ・ナヴァルニーが刑事告発のために投票に反対することを禁じている。

プーチン大統領は、彼がナヴァルニーを容赦することができるかどうかについては言及しなかった。

プーチン大統領は、「誰にでも恩赦を科せられる」と述べた。

"私は原則何が好きですか?プーチン大統領は、問題を露呈し、これは良いことだと確信している。

"しかし、それは国の肯定的な発展のためには十分ではありません。絶対に十分ではありません。問題に集中しているので、それだけでは不十分ではないだけでなく、特定の破壊に至る可能性があり、創造が必要なため危険でもあります。

出典: AFP

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

al-Quds Residencyに関する新しいイスラエル法が世界中の批判を呼び起こす

al-Quds Residencyに関する新しいイスラエル法が世界中の批判を呼び起こす

 
イスラエル議会、クネセト
イスラエル議会、クネセト

イスラエル当局が東エルサレム・アル=クーズに住むパレスチナ人を街に住む権利を剥奪することを可能にする論争の的になる法律が、世界的な怒りを呼び起こしている。

トルコ外務省は、1967年のイスラエルの占領以来、数千人のアル=クルド人パレスチナ人の永住権が取り消されたと、イスラエルの法律を非難した。

「パレスチナ人の基本的人権を無視して、東エルサレム(アル=クード)の人口構造を変える努力を増やすというイスラエルの意向を明らかにする、この不当な措置を拒否する」と述べた。

イスラエルの議会(クネセ)は、テルアビブ政権の脅威と見なされる東エルサレム・アル=クードに住むパレスチナ人の永住権を失効させる、いわゆる「忠誠の侵害」法を水曜日に通過させた。

この措置の下で、イスラエルは居留地が撤回された者を追放することができ、イスラエル最高裁判所は内務大臣による裁定に挑戦することができない。

最近の移民であろうと、東エルサレム・アル・クッドの長年の住人であろうと、すべての永住者に適用されます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

中国閣僚は、米国との貿易戦争は "災害"

中国閣僚は、米国との貿易戦争は "災害"

 
米国の中国の旗

中国は日曜日、米国との貿易戦争を始めるのではなく、米国の保護主義の拡大に直面して国益を守ると宣言した。

中山商務相は、「貿易戦争に勝利者はなく、両国にも世界の他の国にも災害をもたらすだろう」と述べ、中国の年次総会の席上でブリーフィングで述べた。

「中国は貿易戦争と戦いたいとは考えておらず、中国も貿易戦争を開始することはないが、我々はいかなる課題にも対処することができ、わが国と国民の利益を断固的に守るだろう」

ドナルド・トランプ大統領が輸入した鉄鋼やアルミニウムに関税を課す計画を暗示したのは、北京が「中米経済貿易と協力の問題」に関する最新の声明だった。米国の指導者は、木曜日に、輸入鉄鋼については25%、アルミニウムについては10%の関税を課していると発表した。

中国の指導者たちは、過去に貿易障壁の高まりに反すると脅してきたが、トランプ氏の発表に続いて直接行動を起こさずにいる。

ソース: AP

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

トルコ戦闘機、イラクのクルド人武装勢力18ヵ所を破壊

トルコ戦闘機、イラクのクルド人武装勢力18ヵ所を破壊

 
PKK戦闘機
PKK戦闘機

国営のアナドル報道官は、トルコ戦闘機は、週末にイラク北部で禁止されたクルド人労働者党(PKK)に属する少なくとも18の目標を破壊した、と発表した。

トルコ軍によると、土曜日と日曜日に行われたこのストライキは、イラク北部のハークク、ザップ、メティナ、ガラ、アバシン・バシャンの各地域を標的にしていたという。

トルコは、Qandil山脈を拠点とするイラク北部のPKK標的に対して、定期的に空爆を実施している。

米国、欧州連合(EU)、トルコのテロ組織と見なされるPKKはトルコのクルド大南東部で約40,000人が死亡したことで30年にわたる反乱を遂げている。

出典:ロイター

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

シリア陸軍、東部Ghoutaキャンペーンを継続、メインタウンを閉鎖

シリア陸軍、東部Ghoutaキャンペーンを継続、メインタウンを閉鎖

 

シリア軍は、武装勢力が首都ダマスカスの民間人に致命的な攻撃を仕掛ける場所から、日曜日に東部Ghoutaで彼らの活動を続けた。

陸軍と同盟軍は2月18日に東部Ghoutaの軍事作戦を開始し、その後、テロリストのダマスカス攻撃の発射台となった地域の半分以上を占領している。

いわゆるシリアの人権天文台(SOHR)も、日曜日のGhouta東部のいくつかの前線で激しい戦いを確認した。

シリア軍が武装勢力の残りの部分からGhouta東部の最大の町を切り離した後、新鮮な戦闘が始まった。

したがって、政府軍は、東部GhoutaをDoumaとその周辺、西部のHarasta、さらに南部の町の3つの部分に分けました」とSOHRによれば、

これとは別に、シリアの公式のSANA通信社によると、テロリストは東部Ghoutaからの民間人の避難用に設定された安全な廊下をモルタル殻で標的にしていたと報じた。

アル・ヌスラ・フロントと他の所属のテログループは、アルワピデーン・キャンプ付近の安全な通路を通って市民が離れることを阻止した、と同報告書は指摘する。

一方、シリアのロシアの平和と和解の中心であるウラジミール・ゾロトキン総裁は、Ghuta東部の過激派と民間人の安全な退出を確保するための交渉が進められていると述べた。

ロシアの中心部とシリアの軍隊は、「地域の民間人の退出時に、Ghouta東部の不法武装集団のメンバーと交渉を続けている。武装勢力は、数十人の住民が安心して家族と一緒に自由逃避と引き換えに地域を離れるようにすることを検討している」と述べた。

ゾロトキンは、さらに、武装勢力に対し、東部Ghoutaを離れるよう呼びかけ、民間人に同じことをさせた。

出典:代理店

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

武装勢力はアルワファディーンキャンプの安全な廊下を通ってGhoutaを離れる

武装勢力はアルワファディーンキャンプの安全な廊下を通ってGhoutaを離れる

2018年3月10日土曜日

Alwaght-ダマスカス田舎のal-Wafedeenキャンプの安全な廊下を通って金曜日の夜、東部Ghoutaを抜け出した多数の武装勢力。

 SANAの記者は、Ghouta郊外のAl-Wafedeen Camp廊下の最後の地点には数人の武装勢力が到着したと伝えられている。

 しかし、テロリストはアルフ・ワフェディーンとジーリーンの安全な廊下を標的にしてテロリストがシェルと爆発弾を持ってゴフタを離れるのを阻止しようとしている。

ホダイダの襲撃襲撃、6人が死亡
2018年3月9日金曜日

アラブ首長国連邦地裁は、サウジアラビアの侵略戦闘機が、ホデイダ州のアル=ツタとアル=グラヒ地区の市民農場で、3日の夜、

2つのストライキはAl Thutahに、もう1つはAl-Grahi地区のストライキに襲いかかった。

 

 

侵略戦闘機、ハジャの20以上の空爆を開始
2018年3月9日金曜日

アラブ首長国連邦当局者は、サバSaa)によると、米国の支援を受けたサウジの攻撃的連合軍戦闘機が、木曜日、ハジャド州のハラードとメディー地区での一連の空爆を開始したと発表した。

タグ:

侵略 ハジャ

シリアのアラブ軍の支援のもと、アル・グザラニヤのアル・グウタ段階連帯地元
2018年3月9日金曜日

Algaght-いくつかの東部Ghouta町の地元住民は、ダマスカス田舎のal-Ghizlaniyah町に連帯して、シリアのアラブ軍が町の安全を回復し、テロ組織の存在に対する家族の抗議行動を支持することを支持した残りのGhoutaの町。

参加者は、東部Ghoutaを開催し、シリア軍が町を解放するよう呼びかけたテロ組織からの民間人と拉致者の解放を要求する旗を掲げた

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

シリアのトラピスト修道女は西洋の力と派閥メディア燃料戦争宣伝を言う

Syrian-Trappist-nuns-400x225.png

シリアのトラピスト修道女は西洋の力と派閥メディア燃料戦争宣伝を言う

この投稿は当初このサイトに掲載されました
 

書面による控訴では、宗教団体は、政府、NGO、国際的な報道機関が争った紛争の様式を体系的に切り離している。Ghouta東部では、ジハード主義者が首都を攻撃し、民間人を人間の盾として使用する。シリア政府と国民は、外部からの攻撃から自分自身を守る義務があります。紛争だけでも、国のキリスト教徒とイスラム教徒の共存が損なわれている。

「我々は、シリアに住む人々であり、私たちは本当に疲れ果てて、自分の人生と土地を守る人々の包括的な非難を出すこのグローバルな憤りによって疲れている。今や7年目の血まみれの戦争の犠牲者は、何十万人もの無実の民間人だけでなく、外国政府や権力の利益によってあまりにもしばしば奴隷化された真実や情報です。これらは、紛争の悲劇を初めて経験したシリアのトラピスト姉妹によって発行された書面上の控訴に含まれる厳しい言葉です。

ここ数週間、国際機関、西側の大統領、大規模なニュースネットワークが、ダマスカス政府とシリアのバシャール・アサド大統領に対する正面攻撃を開始し、首都郊外の反政府勢力であるGhouta Eastに閉じ込められた民間人を意図的に標的にしていると非難した。しかし、宗教団体は、「政府が支配する部分に住む民間人に対する攻撃が始まったのはその地域からのものだ」と述べている。さらに、「ジハード派を支持しなかった」地域の人々は鉄の檻に入れられた:男性、女性、屋外に吊るされ、人間の盾として使用された。

<iframe id="aswift_0" name="aswift_0" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" width="670" height="60"></iframe>

宗教は、原油価格を下回るためにジハードに人身売買している西側の紛争や政府に燃料を供給するために、 "傭兵"の参入を支持している隣国を惜しまない。「今日、シリア政府は、シリア政府に、国家を守るためではなく、修道士たちが強調しているように、すべての正義に反する」と語った。そして、「アサドの教会の党派的な敬意」を語る人たちは、クリスチャンとイスラム教徒がこの地に住んでいるため、シリアを知らないことを明らかにしている。この戦争だけで、この国の多くの地域でこの共生を傷つける責任がある」と語った。

以下、アジアニュースに送られたTrappist姉妹の証言を発表します。

彼らはいつ彼らの武器を沈黙させるのだろうか?そしていつ彼らは非常に党派的なジャーナリズムを沈黙させるのだろうか?私たちは実際にシリアに住む人々です。私たちは本当に疲れています。この世界的な憤りによって、彼らの生活と土地を守っている人たちの断固たる非難を浴びせます。

これらの月に何度もダマスカスに行ったことがあります。私たちは反政府爆弾が学校を虐殺した後に行った、数日前に、政府のGouthaから90人を落とした翌日だった。私たちは、子供たちの話、家に帰って学校に行くこと、空中で裂かれているのを見なければならない恐怖、自分たちが裂かれてしまうのを恐れている、夜に眠れない子供たちミサイルが屋根を突破する恐れがある。恐怖、涙、血、死。これらの子どもたちも私たちの注目に値するのではないでしょうか?

なぜ国民はまぶたに殴られなかったのですか、なぜ誰も憤慨しなかったのですが、なぜこれらの無実の人々のために人道的あるいは他の訴えが出されなかったのですか?なぜ、シリア政府が介入して、シリアの市民の感謝を呼び起こすのは、なぜなら、彼らは恐怖(彼ら自身の目で見てきたものであり、私たちが聞いたこと)から守られているからです。 ?

もちろん、シリア軍の爆弾があっても、女性、子供、民間人、負傷者、死者があります。私たちも彼らのために祈っています。民間人だけでなく、ジハード奏者のために祈っています。なぜなら、悪を選ぶすべての人が失われた子供だからです。神の心に隠された秘密です。そして、罪人の死を望んでいないが、罪人は改宗し生きることを、私たちは裁かなければなりません。

しかし、これはあなたが名前で物事を呼び出さないという意味ではありません。そして、自分を守る者と攻撃する者を混同することはできません。

ダマスカスの民間人に対する攻撃は、ガウス地区から政府支配地域へと始まり、その逆ではなかった。同じGoutha - 私たちは本当に人々を思い出さなければならない? - ジハード派を支持しなかった民間人は鉄の檻に入れられた:男性、女性、屋外に曝され、人間の盾として使用された。Goutha:今日、脱出し、停戦許可を利用しようとしている政府地域に避難したい民間人は、反政府狙撃兵の標的になっている...

なぜ西部のこの盲目?公衆に知らせる人々は、たとえ教会の状況であっても、そのように片面化することは可能でしょうか?

戦争は悪いです、ああ、はい、それはとても悪いです!あなたはシリアの人々にこれを伝える必要はありません、戦争を見た人々は今7年間彼らの家を奪います...しかし戦争の残虐行為によって惑わされることはありません。彼らの強力な武器を注ぎ込んだ政府、近年シリアへの軍事情報を注ぎ込んだ政府については静かにしておいてください...近隣諸国を通ってシリアに故意に入ることを許可された傭兵は言及しません(多くはIsis、少なくともこれらのイニシャルとそれが意味するものを認識すべきである)。

この戦争によって得られ、得られた政府については、私たちは静かにすることはできません。最も重要なシリアの石油井に何が起こったかを見てください。しかし、これはほんの一例ですが、ここで重要なのはもっと重要なことです。

戦争は悪いです。しかし、私たちはまだ狼と子羊が一緒に住むという目標には達しておらず、信じている人々にとって、教会は正当な防衛を非難しないことを覚えておく必要があります。たとえ彼女が確かに武力や戦争に頼ることを望まないとしても、信仰は自国や家族を擁護する人たちを非難するものではありません。死ぬまで非暴力を選ぶことができます。しかし、それは個人的な選択であり、それを選ぶ人々の人生を味わうことができるだけであり、私たちは確かに全国民、全国民にこれを求めることはできません。

真の人間性をもっている人は誰も、男女は戦争を望むことはできません。しかし今日、シリア政府、シリア政府、その国家を守ることは、すべての正義に反していると言います。国を略奪し、人民を殺したいと思っている人たちの仕事を容易にする唯一の方法です。戦争が何よりも反乱軍を再武装させてきた長い年月と、新しい兵器や新しい傭兵が入ることを可能にする人道廊下...そして、これらの年にどのような残虐行為が起こったのか、ジハード主義者たち?暴力、略式処刑、強姦...最終的に脱出することができた人から聞いた話は?

最近、ある記事が注目されました。つまり、東洋のすべての教会が権力の務めに過ぎないという単一の論文に多くの言葉が費やされました。利便性のために...敬虔な司教やクリスチャンをSyrian Satrap ...マスコミが無視するコインの反対側を明らかにするシリア教会の魅力を、どのようにもアピールする方法。

無駄な防衛と批判を超えて、簡単な推論を行いましょう。それは、人の心をよく知っているキリスト、すなわち私たち一人一人に善と悪の共生があることを知っていて、彼が生地の中に枯れていて欲しいということを知っているキリスト、つまり、状況が成長し、それが真実と善に向かって方向づけられる。サポートが必要な場所をサポートし、変更が必要な場所を変更します。二重性のない勇気をもって、しかし内部から。イエスは、懲罰の火を呼び起こした雷の息子たちを支えていませんでした。

もちろん、シリアの政治は(世界のすべての国々のように)腐敗に苦しんでおり、教皇には罪があります(教皇がしばしば不平を言うようにすべての教会のように)

しかし、すべての人の常識に、非信者でさえも魅力的です。西洋がシリアに対して呼んでいる真の選択肢は何ですか?イスラム国家、シャリア?これはシリア人の自由と民主主義という名目でですか?私たちを笑わせないでください。実際には、私たちを泣かせないでください。

しかし、いずれの場合でも妥協するのは決して妥当ではないと思うなら、一貫性のために、ほとんどの企業が購入したことを考えれば、「強力な力を犠牲にすることなく」ガスを使用しないという小さな事例を挙げてください。トルコの橋を渡るISISからの安いオイル:あなたが数キロメートル走行すると、このオイルが盗まれた誰かの死のおかげで、あなたはそれをやります。ディーゼルオイルを消費します。シリア..

あなたが本当に世界に民主主義をもたらしたいのであれば、西洋の儀式からあなたの自由を確かめ、あなたの一貫性について心配してから、他人のものに介入してください。

最後に、少なくともクリスチャンやイスラム教徒がジハード主義者グループの残虐行為を非難し、メディアの沈黙を迎えるならば、彼は限界的な機関で珍しいエコーを発見し、シリア政府の利益を批判する人々ビッグメディアのフロントページ。西側のいくつかの重要な新聞でシリアの司教によるインタビューや介入を覚えている人はいますか?明らかに異論はありますが、真の情報は異なる視点を想定しています。

さらに、アサド大統領に対するシリア教会の興味深い話は、クリスチャンの近視眼を守るために、シリアを知らないことを証明しています。クリスチャンとイスラム教徒が一緒に住んでいるからです。多くの部分で同棲を傷つけたのはこの戦争だけでしたが、軍によって保護された地域(「他人」によって管理されている地域とは異なります)では、私たちはまだ一緒に住んでいます。深刻な傷がつくと、今日も残念ながら許しても大変なのですが、それでもなお一緒になります。そして、皆にとって良いことです。私は、キリスト教徒とイスラム教徒が一緒に運営する慈善事業、救済、開発の多くの作品を目の当たりにしています。

もちろん、ここに住む人は、多くの矛盾の中でも、キリスト教徒とイスラム教徒の間に多くの反対観念がある机の裏側から書いている人ではなく、これを知っています。

"私たちを主から戦争から引き離し、悪いジャーナリズムから私たちを救いなさい..."。

本当に状況を理解しようとするジャーナリストに敬意を払い、本当に私たちに知らせてください。しかし、彼らは確かに、私たちが書いたことのために仕事に就くことはありません。

*

注目の画像はAsiaNewsのものです。


 グローバル・リサーチから Talianoの書籍「シリアの声」を直接注文する  。  

タリアノはシリアの人々と話し、聞いている。彼は、米国とNATOが主催したテロリズムの6年以上と米国の3年の「平和作戦」空爆の後、日々の生活の中で、国家とその国民の勇気と回復力を明らかにする。

マーク・タリアノ  は何年にもわたって研究を地上での観測と組み合わせ、シリアの主流のメディア・ナラティブを反駁する、十分に文書化された情報を提供します。 

ISBN:978-0-9879389-1-6

著者:Mark Taliano

年:2017

ページ数:128(拡張版:1章)

定価:$ 17.95

特別価格:$ 9.95 

from:https://www.globalresearch.ca/syrian-trappist-nuns-say-western-powers-and-factional-media-fuel-war-propaganda/5631561

返信を残す

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

シリアでロシアの空軍基地を標的にしている爆発物

AMN

シリアでロシアの空軍基地を標的にしている爆発物

この投稿は当初このサイトに掲載されました

almasdarnews.com

ベラルーシ、レバノン(10:12 AM) - シリアの武装勢力は、少なくとも1つの爆弾武装ドローンでラタキア州のロシア・ハメミム基地を標的にした。

Hmeimim基地の防空システムは、軍事施設に到達して弾薬を落とす前に、到来する脅威を中和したと伝えられている。

攻撃の報告は、地方自治体を引用すると主張している親政府の情報源に由来しています。もし本当であれば、無人機がどちらの武装グループに属しているかは不明である。

<iframe id="aswift_0" name="aswift_0" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" width="670" height="60"></iframe>

早ければ今年、シリア北西部の反政府勢力が、小さな爆弾で武装した少なくとも10人の無人飛行士を持つHmeimim基地に対する襲撃を行った。ロシア当局はトルコの支援を受けた武装グループを非難した。

この記事を共有する:

また、  連合は、ユナイテッドでシリア政府がスラングした直後、Deir Ezzorで29人の民間人を殺害した

https://www.almasdarnews.com/article/breaking-militant-drones-target-russian-airbase-in-syria-with-bombs/から

返信を残す

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ