MUSIC IS THE SCENERY

いつも背景には音楽がある。
インディー・ポップ中心の洋楽ブログ。

Prefab Sprout - Cars and Girls

2019-08-19 22:58:54 | 今日の一曲


あおり運転暴行事件の容疑者が逮捕されましたが
個人が特定されてからというもの
この男の人となりが
知人たちによって次々に暴かれています。
若い頃だけではなく
いい歳をしても車と女のことしか頭になかったようです。(リンク


 


ブルース・スプリングスティーン的思想である
〝人生はハイウェイ〟に対しての
パディ・マクアルーン的な解釈の曲であり
彼お得意の教訓ソングとなっています。

僕らを見てごらん 車に乗るのはもうおやめ
車や女の子たちよりも心を痛めることがあるんだ

あどけなさは人生に手痛い目にあわされる

人生はいかした女の子を乗っけて車を流すのとは訳が違う

ブルース風の考え方 麗しき車の流れよ
この世には夢を見続ける人たちが不可欠のようだ
願わくば彼らがいつまでも正気に戻りませんように



コメント

最近のお気に入り3曲

2019-08-12 22:50:03 | 新アーティスト・新曲

1年近く前の曲もありますが
最近気に入って聴いている3曲です。

***************************************

El Perro del Mar - Broder

見た目はどんどん変わってしまっていますが
曲は相変わらず素晴らしい。


Sambassadeur - Foot of Afrikka →

7年ぶりの新曲。いい感じに力が抜けています。
アルバム『Survival』も良い出来。


Naz - Fare →

珍しく邦楽ですが、ほとんど洋楽。
1ヵ月前にTVK「𠮷井さん」で紹介されていました。




コメント

England Is Mine(『イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまりの物語』)

2019-07-30 22:53:41 | その他
(7月27日17:10~ 横浜「ジャック&ベティ」)
 
映画館に足を運んだのは10年ぶり以上のこと。
横浜の「ジャック&ベティ」で公開中なのは知っていたので
見ようかどうしようか迷っていたところ
劇場近くの古書店に
探している本があることが分かったのが決め手に。
 
ロック・ヒーローらしからぬロック・ヒーロー
モリッシーのザ・スミス以前を描いた作品。
しかし、事実を基にしてはいるものの
ノンフィクションではなく創作なので違和感のあるシーンも。
 
基本的にはザ・スミス以前のモリッシーについて
多くを知っているわけではないので
事実の一端を垣間見ることができたのは大収穫。
 
この手の題材の映画としては、とにかく地味な作品。
しかし、そこがザ・スミスでありモリッシーらしくもある。
上辺だけでただ盛り上がる演出ではなく
モリッシーの心の内側とともに淡々と事実が描かれていく。
 
ザ・スミス初期作品の歌詞など世界観も散りばめられていて
ファンにはクスッとさせられる場面も多い。
 
違和感があったのはモリッシー役の俳優が美形すぎたのと
彼の持つ繊細さが
自分が感じていたのとは少し異質だったこと。
まあ、それでもモリッシー役がピタリと嵌る俳優など
この世にいるとは思えないのも事実なのだが。
映画の中では彼の皮肉屋の面も出てはいたのだが
少し綺麗すぎた印象だ。
 
リンダーは実に魅力的に描かれていた。
ルーダスのアルバムは1枚だけ聴いたことがあったが
前衛的過ぎて私の耳には合わなかったので
それきり棚に入ったままになっている。
彼女のアート作品は機会があったらぜひ見てみたいと思った。



先に上映された東京の劇場では
観客の多数が20、30歳代だったという情報もあったが
「ジャック&ベティ」は大半が50代か40代で
全体でも30~40人程度の入り。
映画は本当に滅多に見に行かないのだが
単館上映が性に合っている。


The Smiths - Still Ill

 
コメント

タワレコで明日までアウトレットセール

2018-11-29 18:05:50 | 雑記・メモ

タワーレコードのオンラインショップでアウトレットセール
怒涛のサプライズ 大地に立つ!!」が開催中です。
といっても、期間は11月30日 (金) 23:50までなのでお早めに。

私も数日前に気付いていろいろと物色。
なんとか送料無料となる2000円を超えたので注文しました。

選んだのは全部で7作品。
すべて微妙に古い感じの国内盤(といっても2000年以降)。

Waltz For Debbie - Gone And Out (00)
Airliner - The Last Days Of August (03)
Emmy The Great - First Love (08)
Liechtenstein - Survival Strategies In A Modern World (09)
Twiggy Frostbite - Through Fire (09)
S (Jenn Ghetto) - Cool Choices (14)

Puro Instinct - Headbangers In Ecstacy (11)

最初の6作品はすべて300円 (税込324円)
Puro Instinctは200円 (税込216円) という安さで
全部で税込2160円です。

Waltz For DebbieとAirlinerは
スウェーデンのLabrador Recordsの少し前のアーティスト。
Emmy The Greatは当時少し話題になった
香港出身の英国人SSW。
LiechtensteinはFraction Discsのオーナーを中心にした
スウェーデンのガールズ・バンド。
Twiggy FrostbiteはスウェーデンデュオThe Deer Tracksの女性
Elin Lindforsをリードシンガーとする女性トリオ。
S (Jenn Ghetto) は先日書いたばかりの
Jenn Championの前作。
そして、最後のPuro Instinctは
Pearl Harborという名前で活動していた米国の金髪女性2人組で
このブログにも過去2回登場しています。

とくにLiechtensteinのアルバムは
日本盤のみ収録のボーナストラック「Apathy」という曲が
すごく良かったので当時、購入を考えましたが
1曲のためにというのもなんだったので
入手しなかったものです。

Liechtenstein - Apathy →

会場で行われていた頃の昔の廃盤セールもそうでしたが
こういうのは未だに血が騒いでしまいます。





コメント

Jenn Champion - O.M.G. (I'm All Over It)

2018-11-25 23:37:13 | 新アーティスト・新曲



Jenn Champion - O.M.G. (I'm All Over It)

先日、マクドナルドの店内BGMで流れていた曲が耳に残り
自力でしばらく探しましたが分からず
マクドナルドお客様サービス室に問い合わせてみたところ
丁寧に教えてもらえました。

03年に解散した米国・シアトルのバンドCarissa's Wierdに
ギタリストとしてJenn Ghettoの名前で参加。
01年からは〝S〟の名前でソロ活動も開始していて
アルバムを4作品発表。
そして、今年7月にソロ5作目となる『Single Rider』を
Jenn Champion名義で発表。
「O.M.G. (I'm All Over It)」はシングル曲で
最新アルバムのオープニング・ナンバー。
軽快でとても聴きやすい曲です。

在籍していたCarissa's WierdのメンバーBen Bridwellが
Band of Horsesを立ち上げたとのことです。



 

コメント

Carbon Poppies / Lacuna Bloome

2018-10-06 00:14:04 | 新アーティスト・新曲

久しぶりになります。
自分の趣味の枠をグルグルと回っていましたが
また音楽に戻ってきつつあります。
早速ですが、最近とくに気に入っている2曲です。




Carbon Poppies - Rain On My Face

自主制作12インチを1枚出しているルイジアナの男女3人組。
Elefant RecordsからEPデビューです。
この曲はShape & Sizesの66年の曲のカバー。
バックコーラスと個性的な女性ボーカルがクセになります。
少し切ない、何度聴いても飽きないレトロな傑作です。


*********************************




Lacuna Bloome - I Am →

The Stone Roses、The Cure、Wolf Alice、Oasisなどからの
影響を公言している英国・ブライトンの新人バンド。
30年前にタイムスリップしたようなマンチェスター・サウンド。
一部では既にかなり話題になっているようです。
メンバーの顔つきが可愛らしくて初々しい。



 
コメント (2)

El Perro Del Mar - Breadandbutter

2016-03-23 00:37:48 | トピックス



育児休暇からEl Perro Del Marがカムバック。
そして、Ging Ging Recordingsから
「Breadandbutter(パンとバター)」をデジタル・リリース。
アルバム『KoKoro』に先駆けてのシングルです。

西洋と東洋が調和した曲も良いし
ヴィデオも素晴らしい。
そして、今回はジャケットにびっくり。
アルバムが待ち遠しいです。

これもそうだったのですが
西洋の人たちは縦書きの音引きが
なぜか横になってしまいます。

コメント

MSTUが10周年で一夜限りのライヴ

2016-03-02 23:34:47 | トピックス


2枚のアルバムを残して8年間も中断していた
Monkey Swallows the Universeが
1stアルバム"The Bright Carvings"の発表10周年を記念して
5月27日に5人で一夜だけのライヴを行うようです。

そして2月26日にはbandcamp
「Sheffield Shanty」のニュー・ヴァージョンである
「Sheffield Shanty II」(「2」ではなく「アイアイ」)と
「Groucho」を発表しました。

Sheffield Shanty II」はヴィデオも制作され
Chevy Chaseに扮したNat Johnsonと
Paul Simonに扮したKevin Goriが見れます。

オリジナルの「Sheffield Shanty」はこちら。

コメント

EPDMのTシャツ

2015-08-22 18:58:25 | その他



アメリカのSkreened.comというところで
El Perro Del MarのTシャツを発見。
23.79ドル+送料14.99ドル。
送料が高いのでホワイトとホワイト・グレーのストライプ
2枚を注文しました。合わせて7,700円くらい。

10日ほどで届いたのですが
包装してあったビニールの袋を開けて取り出すと
昆布のような変な臭いが鼻をついたので
一度軽く洗濯してから今日初めて着てみました。

音楽Tシャツなんて買ったのは実に37年ぶり。
高校生の時にシンコーミュージックのロック座で買ったのが
なぜかそれほど好きというわけでもなかったTOTO。

いい歳をして有名アーティストのTは着にくいですが
El Perro Del Marなら
知っている人もほとんどいないので。
楽しい一日でした。




コメント

西友で永遠の名曲

2015-08-05 22:29:32 | 今日の一曲



仕事帰りに最寄り駅の西友に寄ると
耳に入ってきたBGMがなんと
The Pale Fountainsの「Just A Girl」でした。
取りかけていたアイスクリームを
驚きのため落としてしまったほどです。
西友の店内BGMのセンスの良さは
以前書いた通りですが
まさかこの曲が流れてくるとは。
もちろんVirginヴァージョンではなく
Crepusculeのオリジナルの方。
ラジオなども含めて
他人がかけたこの曲を初めて聴きました。

コメント