aoちゃんがやってきた

妊娠養生法&胎児との交信日記
埼玉は日高市の漢方専門薬局たまき の裏日記でもあります

芋ほりと公園とおしゃべりと 二歳2ヶ月

2018-11-06 16:16:03 | 育児
心はともに
みなさま こんにちは

漢方専門薬局 環の 裏ブログです。
本編はこちら
二歳2ヶ月も半ばをすぎ、

10月後半にあおたん、初の芋ほりに!

こちら


ここ


あった!



小さいのを掘ったよ~!



茎も食べれたり
ツタは
クリスマスリースにするんですって



あおちゃんは、たったまま、見学
「モウ ナカ ハイルー」と早々に撤退。

前日から気持ち悪くなるくらい、楽しみにしていたんだけどな、母は。
土に触れるのが気持ちいいよかった~。
お芋も甘かったです
明日は こちらでお芋パーティー!
ちなみに 11/29木曜日に、こちらで
風邪対策の漢方講座をさせていただきまーす。
おててのいえ
https://ameblo.jp/okawari-itadakimasu


さて
定型おしゃべり が出来たり、
なかなか いいにくい言葉があったり
思わぬところでの会話をキャッチしていたり
意外なコメントが飛び出したり、
あおきゅんのおしゃべりに 日々和まされています。

イヤイヤ期なるものも、絶好調ですが、いろいろ気づかされます。

さて、おしゃべり
定型文 
 素敵な急須を買いました。常滑焼です!
それを始めて我が家に受け入れたとき、私が
「急須かっこいいね~」っとほれぼれしたのです。
その後、あおきゅんが、急須を見るたびに
「キュウス カッコイイネ~」というようになり、
私が
「ありがとう、あおちゃんに褒められて 嬉しいな」という会話をしたら、

その後、急須をみるたびに、見なくても
あおちゃん
「キュウス カッコイイネ アリガトウ アオタンニ ホメラレウト ウレシイナ~」
と、一気に言います。

******

電話の真似
やたら 大きな声で
「ァハイ!!ハイ!ハイ!」と何度もいいます。

私、言ってるの???

やだなぁ

******

絵本をよく覚えるので、一度すごく驚いたことがあって
「いつの間に 覚えたの?お母さんびっくりしちゃう」
と、言ってしまったら、次から
絵本のフレーズに続いて

「イツノマニ オボエタノ オカータン ビックリシチャウ」と続き

したり笑顔。うぷぷ

....................



綺麗好きな あおたん、髪の毛一本たりとも見逃しません
お部屋でも、お風呂でも、必ず捕まえます。
捕まえるまで いう言葉は

「カミトコケ カミトコケ カミトコケ」

(髪の毛)

*******

パン屋さんで、パンをいくつか買って最後に
「あと、シュークリームを2つお願いします」
と、言った2日後

あおたんが、急に なんでもないときに
「アト シュークリーム フタツ オネガイシマス」

って。笑

この時差といい
脳が選んだ言葉といい
興味深い。

ちなみにこのシュークリームはフタツとも私の胃袋に収まったんですけどね。

***********

もう眠くて眠くて もう寝るってときに

お父さんが、ちょうど仕事からヘトヘトに帰ってきて、喜ぶだろうと
あおちゃんのお布団にきたら、いつもなら、起きている場合
そこから、ヤンヤヤンヤのお祭りが始まるのですが、

あおたん
「オトーサン カイシャ イッテー!!」 と ぷんぷん!

なかなか 厳しいパンチとなりました。

私、声をころして大爆笑

******


クマのぷーさんを 初めて見たあおたん

「カワイイネー パンツ・・ハイテナイネェ」

大人が無意識で考えなくなっている部分に
違和感を覚える子。そのまま それが育っていくといいなぁ。

*************

そんな あおたん ワールドですが
もちろんイヤイヤ期真っ只中で、こちらもいろいろ考え中です。

朝のお着替え、まずパジャマを脱ぎたがらない
「ヤナノ ヤナノ」

その服がどんな動物みたいか と連想させるとうまく着替えてくれる
それに失敗した場合、「おもちゃのチャチャチャ」を歌いながら着替えると
今のところ100% すんなり着替えている

・・・・・・・

なんと、まさかの またトイレ 「チアウノ ヤーダ」となってしまった。
絵をはったり、飛行機のモビールをつったり、いろいろしのいできましたが
結局 おむつリターンズ。
ただ、おむつでした場合もすぐに「オシッコデター」と教えてはくれる。

1日にトイレとオムツが半々くらいで
お風呂に入った後は、なぜか トイレ!と教えてくれ、トイレでできる
夜中も朝までもつことが多くなった。

外出中は、トイレででき、おむつで出ることはない。
うんちは、毎度 トイレ

それと、おしっこがたまっているのだけど
興奮さめやらぬ時、出ない。それで
出ないまま、便座から降りると、パンツを履かないで逃げ回る
これは、どうやら、トイレで出なかったという自分へのいら立ちがあるみたいなんです。
トイレで出ないことは 良くないこと だと思ってしまった背景には

私が オシッコガ出たときに、喜び過ぎているのが原因かもしれない。
スゴイねとは、褒めてはいないのです
「出たね!よかったね、気持ちいね!」という言葉を選んではいるのです。
が・・・・
ある日
「あおちゃん、おしっこがトイレで出なくてもいいんだよ、
そういうこともあるよ、座れたからいいじゃん」って言ったら、
急にすっとパンツを履いてくれたのです。

だから、叱ることも問題になるけれど
褒めたり、喜ぶことも問題で、褒める喜ぶ=いいこと 
すると
逆は悪いこと というジャッヂが生まれてしまう。

大人は一つ一つの言動とそれに対する子供の心に生じる何かを
予測しないといけないな~と反省。

・・・・・・・・・

あおちゃんは、砂場道具は
スコップ 一つ バケツ2つ、じょーろ 1つ
しか持っていない。

だから、誰かが そのスコップ貸して と言ってきたとき
貸して、違う遊びをするか、
貸さないかの 二択しかない。

あおちゃんは、気前のいい子で、貸してと言われると
基本、なんでも貸している。

でも、貸したくなくて貸しているわけではなく
そもそも あまり執着がないようではなるのだけれど
すごくお気に入りのジョーロを貸したときに
お友達が、ドカドカ土を詰め始めて、あおちゃんは気にしていなかったけれど
私は非常に複雑な思いが湧き上がっているのを感じた。

でも、これ、私の問題なんですけどね。
貸せるように、道具は全部 2個ずつもったほうがいいのかな?と思い

それを さーちゃん(妹)に言ったら

「道具が一つしかないのは、コミュニケーション力があげるのにいいよ」

とのことで、一つの道具でどうやって
2人で楽しめるか、考えさせるのだそうだ。

なるほどね!

なかなか 現場にいると、そこに閃かないもんだな~。
それは、子供の問題と自分の問題がクロスして
感情という潜在意識にアクセスすることによるためなのかもしれない。

人のトラウマは5歳までにできたものは、非常に大きな影響を残し続ける。
それは、犯罪とか、事件とか、そんな大きなことではなく
日常の些細な一言だったり、出来事が、そういう種となり育つ。
私自身、これまで、ヒプノセラピーでかなり癒されてきたけれど
まだ、自分で気づけていないものが あるに違いない。
この公園体験を追体験することによって
自分自身まで癒してやろうじゃないか!

そのためには、公園行く前までに 心のコンディションを整えておく必要がある。

まずは、
「何があっても、すべての出来事を子供たちの成長の糧にすること!」
そこを決めてしまうことかもしれない。

それが出来た時、自分自身も癒されているんだろうな~。

二歳二ヶ月 真似っこあおちゃん

2018-10-20 15:17:46 | 育児
心はともに
みなさま こんにちは

漢方専門薬局 環の 裏ブログです。
本編はこちら

あおちゃん 明日で 2歳2ヶ月です。
ご機嫌だと、ずっとしゃべっています。

お父さんとふざけっこが大好きで
エスカレートすると、ひっかいたり、噛んだりします。
鼻やほっぺが狙うポイント。

そこで、アオちゃんに
「生まれる前はなんだったの?」ってきいたら

あおちゃん「ガオー(ライオン)」だそうで。

なるほど~~~!!笑
これから、いろいろ聞いてみたいと思います。

**********

なんでも真似したいらしく
ゴー、ゴーと いびきみたいな音が聞こえるので
振り返ると
布団の上に寝転んで、
「ゴー、ゴー」と やっては、きゃはきゃは笑っているのでした。

父の真似らしい。

かたや、私の携帯を耳に当て
「はい、はい、はい、 おほほほほ」って言ってるのです。

私、おほほほなんて・・・言ってないんですけど・・。

ボールにアイロンビーズをいれて、泡だて器で
ぐるぐる混ぜながら
「こむぎこ いれて~
りんご いれて~」
って言っています。


あおちゃん「リンゴとにんじんください」
お金をだしてから「これでおねがいします」って
言っています。

日常の生活 そのものが面白いらしく
いろんな場面のセリフを一人、何度もリピートしながら
覚えているようです。

どこかで私が言ったのか
あおちゃんが「ダンナサン?」って突然いうので
私「お母さんの旦那さんは、俊ちゃんよ」って言ったら
その後、何度も何度も
あおちゃん「オカーサンノダンナサンハ シュンチャンヨ」って
ずいぶん高音ボイスで繰り返します。
ちょっと、インコみたいな感じでね、面白いんですよ。
どんなふうに感じているんだろう。

この模倣というのが、ものすごく大事なお仕事なんだそうです。
クリエイティブな部分を発達させたり
将来、自分の好きなことをみつける ということにも絡んでくるのだとか。

最近 シュタイナー幼稚園の先生の講演記録を読んでいて
とっても興味深かったのです。
やっぱり、シュタイナー幼稚園いれたいなぁ。

********

「OOに行ったね~」と、よく言います。

でも、時間系列がバラバラ。

過去も未来もごちゃまぜ。
でも、時間ってほら、本当はいろんな流れがあって
未来から過去ってのもありっていうじゃないですか?

週末に、おとーさんがいろいろドライブで連れて行ってくれて
「あおちゃん、今日はどこ行った?」と とーさんが聞いたら

あおちゃん
「おてて(自然育児の会) 行ったね~」と

とーさん、がくっ! 笑

それから
「みとこし 行ったね~」と、よく言うので

ん?
三鷹市?
なんだろう?と、数週間思っていて、
ある、建物の前で信号待ちしていたら

「みとこし みとこし」っていうんですね。

そこは、三越なのでした!

半年前くらい、まだ、抱っこやおんぶでの移動が主流だったころ
よく三越で遊ばせていたんです。
三越行こう、
三越行った という言葉を私がよく使っていたのを覚えていたらしく

今頃出てきたようなのです。おもしろ~い!
言葉がでる、ずっと前から
どんどん言葉の種がまかれている。

そうそう、発語前によく読んでいた絵本も
しっかり覚えていて、久しぶりにひっぱりだしてきて
1人朗読しているんです。不思議不思議。

********

おたまじゃくしの101っちゃん 
という 加古さんの本で
「おかあさ~ん、おかあさま~」というセリフを読んでから

急に大声で
「おかあしゃ~ん!」
「おかあしゃま~」と 叫ぶ。

これが、妙に くすぐったい。
なんでしょうね。

************

すっかり、パンツ生活になり、1日ドライブでもパンツ
外の大人トイレで、パンツを足首までおろして
おしっこもしてくれるので、楽々になりました。

うんちが、4日たまってしまった場合は、
膀胱の感覚が鈍くなるのか、トイレでできず
あっと思った瞬間に、じゃっと出てしまうこともあり。
ただ、外出中はそういうことはなく、自宅のみ。

夜は寝る前 1時間おきに3回おしっこが出れば
朝まで持つ というのが分かってきました。
まあ、9時10時頃寝れば、もつ。
でも8時台に寝ちゃうと、夜中に1回 おむつがえまたは
トイレに起きて、トイレでして、戻って寝てくれることも。
おねしょ有りと無しが、半々くらいです。
それでも、涼しくなったせいなのか
おむつ替えで、ズボンを下さずに、カバーも片側だけはずすのみという
スペシャルテクを編み出したせいなのか
おむつ替えでも 起きなくなった。

トイレから戻っても、すぐ寝たり、
眠れなくても30分以内には寝られるようになった(以前は2時間かかっていたのが!)
なので、明け方、もぞもぞして、トイレに行きたそうだったら
「トイレ行こう」って遠慮なく声をかけられるようになった。

*********

最近のお気にいりの本は

いたづらきかんしゃ ちゅうちゅう
とらっくとらっくとらっく
とらっく
のりたいな
ろせんばす

圧倒的に乗り物系が好みのこの頃
道路標識がお気に入りで、
道路にある
駐車場のマーク(P)
一方通行
駐車禁止のマークに反応する。

他には
おへやのなかのおとのほん
はじめてのおつかい
おもち
めんたべよう
サンドイッチサンドイッチ
14ひぴのさむいふゆ

という感じ

**************




二歳児に愛される 二歳一ヶ月その2

2018-10-02 13:56:10 | 育児
心はともに
みなさま こんにちは

漢方専門薬局 環の 裏ブログです。
本編はこちら

2歳一ヶ月 二度目のブログです。

あーかん(お母さん)
おーたん(お父さん)だったのが、

おかーしゃん、おとーしゃん と言えるようになってしまった。
いや、言えるようになった。
そして、「みた、これなに?」と いつも聞いている あおちゃま。

その八割はワタシが知らないもので、
それに対して、どうするかはいろいろ方法や手段があるのでしょうが
分からないと、私が気になってしょうがないので
調べられるものは、一緒に調べて へ~っと言っています。

例えば、眼鏡のレンズとレンズをつなぐ鼻の上に乗る部分とか

答え
 ブリッジ っていうんですと。

Q 眼鏡のレンズから耳につながる部分

答え テンプル(つる)



Q 眼鏡のレンズのふち

答え リム


ⓠベッドの足元の板の横についている棒

答え フットボードの一部分


Q お風呂の水道の 温度を調節する部分や シャワーとカランの切り替えレバー

答え 温度調節栓
   湯量調整栓


あおちゃん的には、別に名前なんてどうでもいいのかもしれず
その働きが知りたいのかもしれませんが
名前を伝えると、一生懸命 復唱して、もう覚えている。
名前を覚えることで、疑問をもった心を満足させてしまっていいのだろうか?
とも、思う。
本当はそれが、あるのと ないのとでは、どう変わるのか、
体験していく方が面白いのかもしれません。

二歳の今、自我が芽生え、さまざまな欲求が起こってきています。
なるべく、それを汲んでいきたいのですが、
いつの間にか 大人のペースや都合に飲まれているのに気づく。

あるお母さんのサイトを読んで、心打たれたのは
子どもさんが、なんでも宝物に見えて、拾ってくるところで
それがミミズの干からびたのや、ゴミなども、どんどん家にたまり
捨てたいけど捨てずにいる母、宝物を共有できる目線に、私はいたく感動しました。
ゴミや、ましてやミミズの干からびたのなど触ろうものなら
止めてしまう私がいる
子どもの欲求を途中で諦めさせているんですよね。

子どもと同じ目線になる というのは、実はすごい世界を見せてくれるのかもしれない。
この世界がどんなに輝かしいかということを体験させてくれるのかもしれない。

最近、
私は、自分自身の欲求というのが、今、見えなくなっている。
ゆっくり休みたいとか、泳ぎたいとか、何かが欲しいとか、そういう感覚が感じられないことに
気づいたし、人に認めてもらいたいとか そういうのもなくなってきた。
それは、あおちゃんが 私をたくさん認めてくれて、代わりがいない存在、
私という存在価値を肯定的にとらえていることによって、心が満たされたからかもしれない。
人を愛してなんぼって思っていたけれど

人は愛されることで、こんなに心が満たされるのか~っと、驚く。

子どもの母への愛情はとても深く強く、一人の人間の欠けた部分を
どんどん補強してくれる。
だから、母は強くなれるのかもしれない。
 

***************

夕飯時、変顔をして、私を笑わそうとする。笑
より目か、白目を頑張ってるが、
もう少しで、白目になりそうだ。もう すごくおかしいのだ。

「あおちゃん、その三つ編み可愛いね」というと
「おかーしゃんの髪の毛かわいいね」と言ってくれた。

二歳なのに、気を遣ってくれてるのかな、
同じように言ってみたいだけなのかな。
本当にそう思っているのかな。
そういうことを言いたくなる姿が、面白いな~~~。可愛いな~。
だけど、どんな理由であれ、あおちゃんに言われると 嬉しいんだな~。

日々、アップロードされていくあおちゃんに
驚かされてばかりです。

**********
記録

昼間はほぼ ほぼトイレでおしっこ、うんちになりました。
ときどき、お昼寝起きがトイレに間に合わないことがあるくらい。
そういうときは、ウールの布をしいているので、それがお布団濡れを防御!
ウールは撥水効果があるうえ、通気性もよいという優れもの。

そして、夜中は 神おむつだったのですが
夜中もおしっこが出ると、「デター」と起きるようになって、
起きると、なかなか眠れない。
そんなわけで、朝まで寝られるからこの一ヶ月、紙オムツにしていたのに
まったく意味をなさなくなり、結局 布に戻しました。
そして、
今度は 夜中におしっこが出そうになると「トイレー」と起きるようになり
夜中もトイレでするようになりました。
ただ、夜中2回ほどトイレに行くんですが、そのうち一回は 起きると
なかなか眠れない。

夜中の12時前後は、トイレからもどっても、すぐ眠れるんですが
明け方3時前後のは、目が覚めてしまう。
これもまた、数週間で変わっていくのかなぁ。


一皮 二歳1か月

2018-09-20 15:11:59 | 育児
心はともに
みなさま こんにちは

漢方専門薬局 環の 裏ブログです。
本編はこちら

明日で二歳と一ヶ月です。
二歳になってから、このたかだか一ヶ月でめくるめく成長が感じられます

まず、夜中に起きなくなった!
朝まで毎日、ぶっとおしで寝てくれる。こんなありがてぇことはない!
でも、実は八月の後半から、夜中のおむつ替え時に
ねながら、おむつをはめられるのを、嫌がって逃げ回るのです。
30分くらい、お尻が涼しくなる待ちです、こちらは。
なので、夜中だけ 神おつむ いや 紙おむつにしました。
夜中におしっこチェックをしなくなったら、私も寝れる~~~。
もう 夜中にいつおしっこがでたのか、まったくわからなくなってしまった。



変化 その2
うんちが毎日でるようになりました、しかもトイレで!
「うんち!」っと教えてくれます。
この一年間のお便秘がうそみたい~~。

変化その3
おまけに「トイレ」と、おしっこを教えてくれるようになりました。
トイレでします。
そのため、トレパン通りこして、普通の布パンツになりました。
三時間以内のご近所外出は(公園や図書館など)パンツで
一日外出時は 布おむつとおむつカバーを一応つけさせてもらってます。嫌がるけれど・・・。
外出時、車中おまるです、外のトイレはよほど気に入った環境でない限り
拒否だったんですよね、八月まで。九月に入ってから、まだトライしてません。
何せ、全部パンツも脱がないと トイレにあがらないので
外で、靴を履いているときにパンツまでおろすのが一苦労
皆さん、どうされているのかな?
新聞紙を持参して、その上で、靴ぬいで、ぬがせるか?!
脱 トイレ嫌々期の我が家のポイント。
自宅のトイレを嫌がらなくなったのは、キリンのポスターと
うさぎのポスターとラクダの置物がヒット。
トイレに入るたびに、トイレに貼ってある動物たち
全員に順番に挨拶をしていると
その間に、出る。

変化その4
梨が食べられるようになりました。
果物は食わず嫌いでしたが、無農薬のなしがすごく美味しくて!
それから、歯ごたえのあるものも、ジョジョに食べています。
お弁当の歌の影響で、れんこんさんも いけました。
残念ながら、人参さんたちはNG

変化その5
絵本の朗読がすすんでいます。
図書館で借りてくると、気に入った本は翌日には気に入った部分を諳んじている。す、すげぇ。私は 何度読んでも 覚えられない・・・。
気に入った本は、返却後も よく朗読?しています。

今月の特にお気に入りは以下
えこよみ「立夏から大雪まで順番通り覚えている、なぜかこの部分」
ぶーぶーじどうしゃ「道で宅急便やごみ収集車を見つけると、はしゃぐ」
かわいいあひるのあかちゃん「高音ボイスで最初から最後まで読む」
ぱぴぷべぽおんがくかい「全体的にお気に入り」
あおいめくろいめちゃいろのめ「毎回 爆笑」
わっしょいわっしょいぶんぶんぶん「そうだ!合唱だ合唱がある、と一人で言っているのが面白かわいい」

その6
お風呂で、私が体を洗っている間に
1人で、湯船で遊んでいてくれるようになりました。
お湯をため始めてから 一緒に入るので、お湯はひざ下以下の水位ではありますが。
私が頭を洗うのをとても嫌がるので、いまだに
お昼寝中に洗面所で洗う。という具合。

その7
真っ暗ねんね
その日に読む本を読み終わって 眠そうだったら
もう電気を真っ暗にしてしまう。
「ひ~~~」と言っても。まっくら
「お茶~」と言われても「明日飲もうね」という
「トイレ~」と言われても「明日行こうね」という
「おーたーん(お父さん)」と言われても「まだ帰ってません」という。
そして、頭をマッサージしていると、こてっと寝てくれる。
成長したな~~。


それから、いろんな人の真似をするのが好き
公園で、あるママが自分の子が他の子の作品(土)を壊してしまい
「ごめんね、ごめんね」としきりに謝る緊張モードに。
すると
あおちゃんが急に
「ゴメンネ ゴメンネー」といい、
突如現れたU字工事に
お砂場の雰囲気が変わったのでした。

その他
一泊 鳥羽でお泊りして、砂浜で遊び、海を体験したり
遊園地(恵那峡ワンダーランド)で気球の乗り物にのってから
毎日「気球にのったね~」と言ってうれます。
公園でいろんな遊具にチャレンジするようになったり
走って転んだり でも 毎回泣かない。
日本人、フラン人やアメリカ人の小学生と公園で遊んだり(母、筋肉痛)
今はどこも撤去の方向にある回るジャングルジムが近所にあって
あおちゃんが、これに乗るのが好きで、真ん中に立ってぐるぐるされている。

「みた(見て)、これなーにー?」が口癖のように、何でも聞いてくれるんだけど
私も知らないことが多い。
「なんだろうね~」
「あんだろうね~」という会話になる。

父と母が話していると
「どしたの~?」と 走ってきて わりこむ。

父と母が手をつなぐと、父の手を振り払って、母の両手と自分の両手でつなぐ。笑

もうね、本当に面白かわいい あおいちゃんです。

2歳の誕生日に、私が作った文章に
さあちゃんが切り絵で絵をつけてくれて、絵本に製本してくれました。
これがまた、すんごいそっくりで、かわいいんですわ~。
さあちゃん、ありがとう!!



親バカ日誌 二歳

2018-08-22 22:50:45 | 育児
心はともに
みなさま こんにちは

漢方専門薬局 環の 裏ブログです。
本編はこちら

今日は私がカボチャを切っていて、
「かたーーい」と言ったら
あおきゅんに
「アンバッテー」(ガンバッテ)と言われました。笑

ザ 2歳です!!
このブログをお読みくださっているみなさま
これまでの応援、誠にありがとうございます!

お陰様で、あおきゅん、二歳を迎えられました。
二年前に生まれたなんて、もうつい最近、先月くらいの記憶なんです。
もう二年も経ったなんて、なんだか、浦島太郎のような時空を超えた気持ちです。

二歳目前から、急におしゃべりがどっと増え
ブランコにも幼児用には 自分で乗れるようになり
大きい子用のブランコには、立ってのれるようになりました。

絵本も、
「ねずみのかいすいよく」
「ねないこせかいチャンピオン」を
私が、読めずに、つっかえたりするよ、先に読むあおきゅん(笑)
よく覚えてるなぁ~と感心しちゃいます。

わらべうたの
「いもむしごろごろろ~」を よく一人でくちずさんでます。
歌を歌い始めました。
い~も~む~し、ご~りょごりょ、ひょ~たん・・・までをリピート。
(本当は、ひょうーたん ぽっくりこ)

ぼうしゅー、ぼうしゅー と言うので、
帽子?と思ったら、絵本を持ってきて、
芒種のページを指差す、

さらに、ショウショ、ショウショといって
小暑のページをを指差す、

ショショ、ショショといって
処暑のページをひらく、
そうだね、明日から処暑だわ〜〜。
とかね。
全部覚えているようではなく、時には候の名前が節気となっていたりするんですが
あおきゅんの興味がある部分が記憶に残ったんでしょうねぇ。

えこよみ という 24節気72候の絵本なんですが、絵が綺麗で、赤ちゃんの頃から
お気に入りで、よく読まされてました、最近しばらく、読んでいなかったので、
まだ話す前から、蓄積された知識として、口をついてでてきたようで、
びっくら仰天。人間って、凄いわぁ。

「ちあうの」とか (違うの)
「あっち、こっち」とか
「なんか、なんか」とか
うまくいかないと
「もーー」といったり、
車から降りるとき、
「まってね」といって、抱っこをもとめ ます。笑
おしっこやウンチがでると
「でたよ」といいます。

その後、トイレブームがさり、またおむつで出て
事後報告という形になっていたのですが、

一日 3回くらいトイレでして、あとは4・5回オムツでという感じです。

そんな矢先に、おむつはずし名人と出会いまして
その二人の方が教えてくれた方法で
これから、トライするところです。

ミッションは
「出た時間を 記録せよ!」
おむつでも、トイレでも。

そんなん、だいたい把握しているしな~と思ったんです。
これが、記録し始めると、全然ちがう!
トイレにとらわれずにすむ、記録するのが 面白いのです。
おむつででても、記録できるという喜び、楽しみがあるのです。

そして、トイレに座れたら シールをはるんですって
大事なのは、出ても出なくても、座ったらシール。
これは、まだシールを準備できておらず、まだ実行していません。

もちろんね、自然に、気長に待ってもいいじゃないかと、思うんですよ。
でも、それじゃあ、つまらないんです、私。笑

***********

夏休みで、親戚の大勢の中にいたせいか、
帰宅したら、急に 「だっこ」「おんぶ」と、いって
時には、デデモスを持ってこようとしたりして

このあっつい中、おんぶして、二人で汗びっしょりになっています。
正確には、私の汗で、あおきゅんがびっしょり。

*********

そうそう、二歳のお誕生日プレゼントを迷いに迷いました。

こどもビームスへいっき、
ストライダーを試乗させようと思ったら、のらず
ピンクのキックボードはずいぶん嬉しそうに乗るのですが、

う~~~ん、こういう乗り物が 家にごろごろするのもなぁと
躊躇し、
買わなかったのです。

その数日後

とーさんが、ある夢をみたそうです。
あおきゅんが、髪の毛をピンクに染めていて、
こっちを見てくれないと。(そんなだったかな?)
ちなみに、私が赤い髪の毛になって、あおきゅんと姉妹になっていたそうです。笑

それを聞いて、私が
「ん?何か 買い物しそこねたものある?」と、きくと

とーさん
「いやぁ、むしろ買いすぎだと思ってるけど・・・・あ!キックボードだ!」

とのことで、どうも夢って面白いですね。

無意識での思いが、夢として出てきて
抑圧した気持ちをしっかり吐き出させてくれるそうです。
自分自身を癒せるシステム、すごいな~と思います。

そんなこんなで、お誕生日のお祝いは
数日前に 両方の祖父母と懐石料理のお店で食事会をしました。
もう途中から、歩き回っちゃって、せっかくのお料理なのに
私は何を食べたんだから、ちっともわからない感じで・・とほほ、

そして、お誕生日前日は ウナギ屋さんへ。

誕生日当日は、あっさり簡単に。

これから、この一年間の写真集作りにいそしみます。

それをみながら、あおい百人一首絵本の続きをかかねば・・・

。。。。。

それから、ウンチウンチ、ウンチが3日に一回でるようになりました。9日に一回からの
大逆進!
野口を受けて、その後ヨーグルトをたべだし、1日500g食べるんです。。
そしたら、出るようになりました。
最近は飽きちゃったみたいで、3日で500gくらいですが、ウンチ出てます。
家でしか出なかったのに、先日は絵本屋さんで、あおきゅんがモヨオシ、私が

「あ、しゅんちゃん!ウンチ!」と、遠くからさけんじゃったところ、
お店の方が、速やかにトイレへ誘導してくださり、無事にトイレで出来ました。
おまけに、この月齢で、母がウンチが分かるのは 早い!と、褒められました。デヘヘ、
あおきゅんのウンチは また特別なんで、すごく分かりやすいんですが、
最近誰にも褒められないからね、こういうのが凄く嬉しかったりしてね、
ぜひ、皆様、ご近所のお母さんたちを褒めてあげてくださいまし。

という、ウンチの話題で、今日はここまでに。

親バカ日誌、いつもお読みいただき、本当に有難うございます!