ようこそ里山へ 茨城笠間・青葉って永遠

茨城県笠間市。観光と陶芸の町の知られざる宝。穏やかな里山と田園は心の原風景。庭と山川草木、体感する旬の言の葉たち。

なぜか小松寺さんのその②

2019-11-13 07:19:13 | 里山を歩く
お陰様で、素晴らしい再訪。



平成の大改修成り。
令和元年に、落成法要が営まれたようでした。



謹んで、記念碑を拝読。



東日本大震災からの、長い復興の道のりでしたが。



皆様のご芳志と、歴史を刻んだ鬼瓦さんに。
ただただ頭が下がりました。



被災をまぬかれた部分は、古材が持続しております。
古き時代と平成の匠をつなぐ、技の絆を拝見しつつ。



無事だった観音堂へと、渡る廊下を仰ぎ見る。
この奥の石段を上ると、平重盛さんの宝篋印塔(ほうきょういんとう)があるそうです。
この先はご遠慮して、軒の彫刻を拝見。



龍の眼力が四方に及んで。
聖域を守るその下で。



さらに睨みを利かす、ブレイブ一匹。



なぜか、ピンとくるシーンでした。
が、ピントがずれて浮かび上がった古材からも、歴史の重みをしかと伝わり。



さらに、しばらくの間。
ご縁に感謝で、境内の樹木を拝見いたしました。
続く・・・

☆人気ブログランキング☆ここで一押しm(_ _)mオン願い申し上げます ↓

コメント   この記事についてブログを書く
« なぜか立ち寄った小松寺にて | トップ | なぜか小松寺さんのその③ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

里山を歩く」カテゴリの最新記事