ようこそ里山へ 茨城笠間・青葉って永遠

茨城県笠間市。観光と陶芸の町の知られざる宝。穏やかな里山と田園は心の原風景。庭と山川草木、体感する旬の言の葉たち。

水辺の要に稲田みかげ石加工

2019-02-28 07:59:19 | 石の仕事誌
 稲田みかげ石を加工中です。 こちらは、古池改修現場の滝石(関連記事⇒こちら)。 ちょいと一服、経過拝見ですございますが。 シュミレーションを経ましたので、お陰様で順調。 水抜きしている設置場所の脇で、こんなふうに。 テストピースで実験しました。 何しろ、替えの利かないご縁の石ですから、慎重を期す必要あり。 加工中の破損のリスクも検討しつつ。 刻みの断面の形状・寸法等、いくつか試 . . . 本文を読む
コメント

夜明け前の珍モード体験です

2019-02-27 06:55:17 | 今日の一歩
 ムスカリさんも、二番手伸びて。 一番手も、下から開花。 地温、たしかに上昇中です。 お陰様で、スノーフレークさんも押されて上へ。 こんなふうに。 夜明け前から、青葉鮮やか。 その傍らで南天さんは、日に日に実を減じておりますが。 消えゆく前も、色味は天晴れ。 暗いのに感度いいなと思っておりましたが、モードがいつもと違いました。 ナイトスナップなるものらしく、暗い所のスナップに最適 . . . 本文を読む
コメント

今日も田んぼが伝える事ども

2019-02-26 07:27:03 | 田んぼ風土記
 今朝は、田んぼ観察。 黒く見えるところは、湿り気があります。 地下水位が高いエリアは、気温が上がって温かい日が続いても、乾かず。 ちょっと歩きます。 小川に掛かる橋の上から見ると、よくわかります。 こんな感じで、流れから遠ざかるにつれて乾いていく様子が、一目瞭然。 お隣と境は、高低差があるので乾いております。 畔の段差の下のお隣さんは、その分、水分過多の状況。 画像手前の . . . 本文を読む
コメント

ちょいと歩けば足元も温もり

2019-02-25 07:22:52 | 里山を歩く
 クロモジさんも、枝先ふくらむ。 ささやかながら 確かに、ふっくら。 福楽夢と書いて、ふくらむ、と。 読みたくなるよな春の朝。 ちょいと歩けば、こんな感じで。 野も一面に、ふっくら緩んで。 お陰様で、流れ出しました。 春の音色が、さらさらと。 小さな岸辺、その足元は。 タネツケバナさんも、のどかな春。 ヨモギさんも、開きましたね。 昔も今も、この色にて。 . . . 本文を読む
コメント

沈丁花さんに誘われて歩く

2019-02-24 07:23:22 | 里山を歩く
 日の出の瞬間に。 ジンチョウゲさんを、撮る。 気温上昇のお陰様で、花芽動きました。 こんな感じで、一歩づつ。 ふくらんだ先に、ついに一輪。  さて。 まだまだ堅いカエデさんにおかれましても。 梢の色味は、増しております。 今朝は、お月様もいい感じでした。 ハヤブサ2号が成功し、かぐや姫さんも一安心。 キジバトさんも、お天道様に感謝ですが。 本日も、十分注 . . . 本文を読む
コメント

つぼみ緩んでも気は引き締め

2019-02-23 07:37:48 | 野の花の笠間茨城
 拙宅でも、紅梅さんが加速。 開花の力に、勢いが出たようです。 白梅さんも、一番の早咲きが開きました。 こんな感じで、遠くに見えます。 モチノキさんの、青葉の岩戸が開いたような、そのすぐ向こう側に。 遠いですが、確認できました。 ズームすると、こういう絵です。 枝は素直に伸びて、伸びっぱなしですが。 庭木ではなく、梅干し用でもなく、花材に供されます。  ところで、こちらはウ . . . 本文を読む
コメント

早春の昼に目にしたことども

2019-02-22 07:15:41 | 里山を歩く
 ヒノキ林の足元に、ささやかな青葉さんあり。 やはり。 つぼみ秘めたる、シュンランさんかな。 こんな感じで。 気温が上がれば、四輪ほど咲くようです。 仕事場近くですから、折々の昼に観察できそうです。 すぐお隣には、ナンテンさんあり。 さらに向こうには、クヌギさん立ってます。 目印がしっかりしておりますから、迷わず再訪できるでしょう。 これも、何かの御縁ですね。 クヌギ . . . 本文を読む
コメント

湧水の池は澄んでネコヤナギ

2019-02-21 07:09:32 | 庭の仕事誌
 古池改修の続き、遮水実験のその後ですが。 水位上昇した上流側の水圧に押し戻されたようで、下流側の対岸の底から地下水が浸み出し始めました。 拙宅でも、秋に田んぼの水を抜いた後に、井戸の水位が下がるのと同様の現象。 そこで、池底の泥をかき寄せて、滝の下流側の水位も上げた状態で様子をみることに。 早速、効果が表れました。 画像左上の部分、滝の上流の水位はしっかり上昇。 お陰様で、つい . . . 本文を読む
コメント

はるおりはべりいまそがり

2019-02-20 07:06:12 | 里山の言の葉
 芝生に春が。 拙宅界隈の芝土手にて、ホトケノザさん咲いており。 昨日の雨で、田んぼさんも水吸って黒々。 お陰様で、麦畑も悠々と。 一段と、春の青みが沁みましたが。 霧の濃い朝でした。 霧の上にお山あり。 お山の上に、雲さんあり。 東の空にも、なびいております。 こんなふうに、鎮守さんに向かうように。 ちょっといい感じ。 東雲ことしののめという言葉もございますが . . . 本文を読む
コメント

古池改修中の水止め施工完了

2019-02-19 07:29:43 | 庭の仕事誌
 ちょっと雑然としておりますが、工程は順調。 先日レポートいたしました、古池改修のその後。 撮影前日に排水ポンプ止めて、一晩おいた翌朝。 湧水ポイントからの水は温かいようで、マイナス6度の下でも凍結せず。 一方の下流側は、薄氷ありました。 滝石基礎下の仮設パイプ経由で浸透したものですので、水温が失われるのでしょうね。 そして、さらに水位が下がったところで、ちょっとサプライズ。 底 . . . 本文を読む
コメント