”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

オゼイユ、スカンポ、スイバ

2017-06-20 14:43:26 | ハーブ

先日のフランス料理とだしの講座で

「フレッシュサーモンのエスカロップ オゼイユ風味 トロワグロ好み」

というお料理のデモを見せていただき、そのあと実際にいただくことができました。

 

    

このソースに使われている緑色のものがオゼイユです。

日本名は、スカンポというそうです。

炒めると酸味が出て、ソースに爽やかさを与えてくれます。

レモン汁と違って、加熱しても分離する心配がなくていいですね。

  

でも、このスカンポという言葉、どこかで聞いたことがあるような・・・。

それに酸味のある山野草にも覚えがある。

私が山野草の勉強をした時の資料をひも解いてみると・・・。

 

そうです。

スカンポは、スイバの別名でした。

こちらは、スイバの花です。見覚えがあるでしょう。

 

この時は、スイバの花を天ぷらにして食べました。

   

あれから2年。

今度は、オゼイユとして私の前に現れたスイバは、山野草というよりは

ふわりとしたハーブの姿をしていました。

 

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜお蕎麦屋さんのBGMはJazz? | トップ | 八王子の生姜はちみつかりんとう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ハーブ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。