”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

なぜお蕎麦屋さんのBGMはJazz?

2017-06-19 13:25:27 | ブログ

先週末、伺ったお蕎麦屋さん「にはち」さんのBGMはジャズでした。

そうしたら、お友達が行った他のお蕎麦屋さんのBGMもジャズだったそうで…。

で、調べてみたら

「ジャズが流れるおしゃれな店内・・・」と紹介されているお蕎麦屋さんが

全国にゴマンとありました。

 

どうしてお蕎麦屋さんにはジャズなの?

私のこの疑問を解決したくて、ネットで調べてみると

この問題を詳しく解説している方々がいらっしゃいました。

 
【写真は、にはちさんの店内で流れていた曲】

  

一番の理由は

●なんとなくおしゃれだから

●無難だから

食事や会話に耳障りを感じないのがジャズなんだそうです。

クラシックはかしこまりすぎる。

ポップスや歌謡曲では、曲調がバラバラなのでお客さんのテンションとの差が生じ、

曲によっては不快感を与えるのだそうです。

 

その他

●音量やリズムに変化があり、ずっと聴いていても飽きにくい。

●4ビートが適度な緊張とリラックス感を生み出している。

●ブルー・ノートがセンチメンタルな雰囲気を作り出している。

というジャズを本格的に解説しているものをありましたが、

私が興味を持ったのは、アメリカ・アーカンソー大学の研究チームが行った、

食事中のBGMとして4種類の音楽をかけ、それぞれの満足度を測定するという実験。

その結果、クラシック・ジャズ・ヒップホップ・ロックのうち、

チョコレートを食べたときの満足度がもっとも高いのがジャズだったそうです。

  

店内にジャズが流れているのは、お蕎麦屋さんだけでなく、

カフェはもちろん、ラーメン屋さんや牛丼屋さんでも。

今回もなかなか面白い自主勉でした。(*^-^*)

 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メロンの安井農園で「メロン... | トップ | オゼイユ、スカンポ、スイバ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。