情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

報道の自由、日本は51位へ転落~原因は、uyoku(右翼)

2006-10-25 07:03:51 | メディア(知るための手段のあり方)
国際的なジャーナリスト団体「国境なき記者団」(本部パリ)が、24日、168か国を対象に報道の自由に関する調査結果(←英文クリック)を公表した。日本は、37位から51位まで転落した。2002年には26位だったから、それと比較するとかなりの下落だ。

この原因を国境なき記者団は、
Rising nationalism and the system of exclusive press clubs (kishas) threatened democratic gains in Japan, which fell 14 places to 51st. The newspaper Nihon Keizai was firebombed and several journalists phsyically attacked by far-right activists (uyoku).
(日本は14ランク落ちて51位となった。その原因は、ナショナリズムの高揚と記者クラブシステムが日本で民主主義が進展することを脅かしていることだ。日本経済新聞は火炎瓶を投げられ、数人のジャーナリストが右翼uyokuによって負傷させられた)
と説明している。

記者クラブについて最近問題が悪化したということは聞かない。したがって、ナショナリズムの点が問題とされたと言うことだ。

しかし、それにもかかわらず、読売(←クリック)は、【日本については、記者クラブの存在とナショナリズムの高揚を順位低下の理由として指摘した。】などと欺罔的な記事を書くから、腹が立つ。きちんと問題点を伝えないといかんだろ。同じ新聞社やジャーナリストへの攻撃が問題とされているんだ。それくらい、きちんと伝えてほしいもんだ。

読売は、米国についても、【当局と記者団との関係悪化で前年比で9位後退して53位だった。】と淡々と書くが、実際には、【the president used the pretext of “national security” to regard as suspicious any journalist who questioned his “war on terrorism.” 】(大統領が国家安全保障を口実として、彼のテロとの戦いに疑問をぶつけたあらゆるジャーナリストを疑わしいと見なしたこと)を関係悪化の原因だとしているのに書いていない。

北朝鮮が最下位だなんてことは明白であり、そこにスペースを割くのもいいが、少なくとも日本のことはきちんと伝えないとね。






※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国際刑事裁判所規定を署名・... | トップ | 豪州で、メディア所有規制緩... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まだ、いい方じゃないかと。 (何時の時点が〆?)
2006-10-25 13:09:50
朝日新聞社会部の斉賀さんが通勤途中に「病死」と発表された不審死とか、多分まだカウントに入ってないんじゃないでしょうか。
アパ隠蔽事件は、凄いらしいですよ!
再考・報道の自由 (self0507)
2006-10-28 09:00:14
報道の自由は、表現の自由の中に納まる重要な基本的人権であることは間違いない。しかし、各国ともその報道の自由の射程を法律で設けているわけであり、そのレベルを問題にするのだろうが、統一的な規格でランキングすることにどれだけ評価の妥当性があるのか非常に疑問でならない。例えば、日本の刑罰思想の一番代表例になるだろう少年法の精神において、61条(報道制約)の部分は、むしろ教育刑罰思想の元ではあるべき姿である。応報刑思想においてはそのような制約などを設ける必要性はないのだろうが、このような思想性の差異を鑑みないでランキングされたことには非常に報道の自由の理解を妨げる問題があると言えるのではないだろうが?

確かに、イラク戦争関連、自衛隊関連などの報道を筆頭に非常に制約的環境にあることは否定しえない。しかし、これはジャーナリズムの発展の低さも否定しえないが、市民社会がディスクローズ意識が低いという問題点に集約されるのだと思う。

ちなみに、韓国よりも下位である事実に関してはその回答を用意できないのだが、一方で報道で人権侵害が発生する事実に対して、上位の北欧諸国では問題が発生したことも忘れてはならない。(ムスリム風刺表現事件)

報道が自由であることは否定しえないのだが、自制できないメディアであってはそれは暴露ジャーナリズムとして第四権力としての暴走の可能性を締めていることを忘れてはならないと思える。この反省はアメリカとイギリスの暴露ジャーナリズムによる政治不信から見ることができるのであるが、日本はその歴史を経ていないので、おそらく留意する人は数少ないのだろうが・・・・

日本の報道の権力批判が (ヤメ蚊)
2006-10-28 10:38:43
不十分なことは間違いありません。制度的欠陥も多い。これまで何度も触れていますので、メディアのカテゴリーをご覧ください。
Unknown (self0507)
2006-10-29 16:26:22
不十分であることは否定しえないのだが、問題は指標としての例証に関する問題があまりにも大きすぎることにある。

報道の自由に関しては、当事国の公益性の感度精度に依存するものであり、国家間の差異だけではなく、個人間の差異において非常に触れ幅があるわけである。どこまでを報道許容範囲として理解しえるのか?というアウトラインは法理で律するものであるべきだろう。

ちなみに、報道の自由は、もう一方で報道する側の信用度の問題があることを忘れてはならない。暴露ジャーナリズム時代の再燃(写真週刊誌の隆盛期)などの醜態を晒すことなきよう、報道の自由のあり方を考えることが先だと思う。律することも重要だが、律せされる側のモラルも課題であると、日本の報道の自由に関しては感じている
指標として信頼できるかどうかは (ヤメ蚊)
2006-10-29 17:09:21
それぞれが、判断するしかないでしょう。個人的には、日本の順位が不当だとは思っていないということです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「報道の自由」~右傾化する日本は世界ランキング51位に転落 (低気温のエクスタシーbyはなゆー)
国際的なジャーナリスト団体「国境なき記者団」は、168か国を対象に報道の自由に関する調査結果を公表した。 日本は51位(前年37位)。順位低下の理由は、記者クラブの存在とナショナリズムの高揚によるもの。 ☆報道の自由…北朝鮮5年連続最下位、日本 ...
国境なき記者団「日本における報道の自由の確実なる劣化は非常に警戒を要する」 (低気温のエクスタシーbyはなゆー)
「uyoku」。 「国境なき記者団(Reporters Without Borders)」は「2006年度 ワールド・プレス・フリーダム・インデックス(世界の報道自由度指数)」を公表。日本を厳しく批判した。 ☆報道の自由度で米は53位、日本は51位とダウン 「国境なき記者 ...
報道の自由度ー「国境無き記者団」 (思い付くまま雑感文)
「国境無き記者団 Reporters Without Borders」の“Worldwide Press Freedom Index 2006”によれば日本の報道自由度(press freedom)は調査した168ヵ国中51位だそうです(下記URL参照)。一部引用してみます。 >It is based solely on events between 1 September ...
裁判員辞退理由募集・報道の自由度 (天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳)
 まずは、こちらをごらんください。このサイトのPDFファイル参照で、裁判員制度辞退用件の「政令で定めるやむを得ない事由」についての意見募集が行われています。keiji9@moj.go.jp、〒100-8977 東京都千代田区〓..
「報道の自由」が低下している日本 (S氏の時事問題)
報道の自由…北朝鮮5年連続最下位、日本は51位  【パリ=島崎雅夫】国際的なジャーナリスト団体「国境なき記者団」(本部パリ)は24日、168か国を対象に報道の自由に関する調査結果を公表した。北朝鮮が調査開始の2002年以来、5年連続で最下位、日 ...