情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

共謀罪はなくても構わない?〜条約の立法ガイドに明記?

2006-06-07 01:48:56 | 共謀罪
共謀罪はすでに軽犯罪法で規定されているから,改めてつくる必要なし(ここ←参照)…というのはそれなりに説得力あるかなぁと思っていますが,本日の保坂議員のブログをみてあっと驚いた。「適切な法的な概念を持たない国においては、共謀罪又は結社罪という名の制度を導入することなしに、組織犯罪に対して効果的な措置を講ずるという選択肢は許容されている」…。ということは,暴対法や破防法,組織犯罪処罰法などがきちんと定められている日本においては,効果的な措置が講じられているため,共謀罪や結社罪を新設する必要はない…ということになる。

原文にあたってみよう。確かに,条約の立法ガイド(ここ←)の43/534に次のような一文がある。

The options allow for effective action against organized criminal groups, without requiring the introduction of either notion — conspiracy or criminal association — in States that do not have the relevant legal concept.


私の訳では,

「共謀又は犯罪結社に関連する法的な概念を持たない国においては、共謀又は犯罪結社という概念を導入することなしに、組織犯罪集団に対して効果的な措置を講ずるという選択肢は許容されている」

という感じかな。


つまり,共謀罪とか犯罪結社罪という概念をもともと持っていない国に対しては,強制的にその概念に基づく犯罪化を求めるのではなく,そのほかのやり方による組織犯罪対策をすればよいということだ。

どっひゃー。国会での答弁は,この解釈を無視したもので,国民に対する裏切り行為というほかない…。


※といったんは、書いたのですが、落ち着いて読むと、共謀罪とか犯罪結社罪という概念のどちらか一方を持っていない国は、持っていない概念について導入する必要がない…というようにも読めそう。そうだとすると、必ずしも、第3のオプションを認めているとはいえなさそうだ。ただし、条約がすべての国が共謀罪か犯罪結社罪か、少なくともどちらかの犯罪類型を有していることを前提としているとすれば、それは必ずしもそうではなく…。ということで、見出しも弱めに訂正しました。


法務省に問い合わせませんか?

※いずれにせよ、両方の犯罪類型を有していない場合は、どうするのか、条約制定過程でいかなる議論があったのか、法務省に問い合わせてみたいところです。軽犯罪法の件と併せて…。




※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共謀罪,継続審議へ?〜丸飲みし... | トップ | STOP米原リゾート&合意してない... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どーもー☆ (TOCKA)
2006-06-07 02:47:49
トラバありがとうございます。ご挨拶遅れてましたが、ヨロシクどーぞ☆



出典先のリンクに感謝 (Labyrinth)
2006-06-07 02:54:04
この「立法ガイド」へのリンクはまさに”金星(きんぼし)”です。政府原案を確実に廃案に追い込めそうですね。^^
英文解釈 (ネットの力)
2006-06-07 14:17:40
いつもトラバありがとうございます。確かに英文解釈により変わりますね。法的根拠無いところに法案を作る。意図的としか考えられません。継続審議自体やめされましょう。
問合せ先は、…… (Labyrinth)
2006-06-07 18:18:46
問合せ先は法務省ではなく、UNODC(国連薬物犯罪事務所)ではないかと存じますがいかがでしょう?
なくても構わない (うみゅ)
2006-06-07 20:55:49
条約にそういう文言があるとしても、全世界的にテロが横行し、日本でもテロが行われるリスクがある以上、法律は必要なのでは?



勿論、中身がいい加減なのは困るけれど。



スパイ防止法がない日本で、北朝鮮のスパイが覚せい剤の行商をしているのがわかったのだから、ちゃんとスパイも取り締まってほしいなぁ。
覚せい剤の行商をしているのが (ヤメ蚊)
2006-06-07 23:51:02
分かっているなら,覚せい剤取締法違反で逮捕すればいいだけで,共謀罪とは関係ないように思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
共謀罪は本当に必要か (共謀罪ってなんだ?)
6/1にニュースが駆け巡った「与党が民主党案を丸呑み?」といった動きは、 その後の報道でもあったように民主党が与党の提案を拒否という結果となりました。 今回、新聞やテレビはこのニュースを大きく取り上げ、 また、多くのブロガ ...
教育基本法審議もあと少し! (平和志向法律屋 「DANZO」。)
現在特別委員会の審議に係っている教育基本法ですが、今後の審議予定は.. ・6/7(水)同(3時間)    →共産党推薦で、堀尾教授が参考人に。 ・6/8(木)審議(7時間)   
共謀罪の今国会成立なしが確定? (南城悪口三昧)
社民党の保坂展人議員によると、共謀罪の今国会での成立見込みは、ほぼなくなったとのことである。 しかし、最近はとみに疑い深くなっている者としては、なかなか安心は出来ない。 まだ会期は残っているし、いつ会期延長を持ち出してくるか知れたものではない。 ...
保坂さんへ:国連作成の立法ガイドの文言の和訳について (どこへ行く、日本。)
「情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士」というブログ(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/d49a40602fc0377f301b7a07e8172334)によると、保坂さんご指摘の国連作成の立法ガイドの文言の英語は The options allow for effective action against organized ...
条約批准に共謀罪必要なし (Izumi weblog)
前エントリで紹介した保坂ブログのエントリ中に、貴重な一文があった、というTBがヤメ記者弁護士さんから入った。 共謀罪はなくても構わない〜保坂議員「条約の立法ガイドに明記」と指摘!
条約批准に共謀罪必要なし (Izumi weblog)
前エントリで紹介した保坂ブログのエントリ中に、貴重な一文があった、というTBがヤメ記者弁護士さんから入った。 共謀罪はなくても構わない〜保坂議員「条約の立法ガイドに明記」と指摘!
まだまだ気が抜けない共謀罪 (BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」)
1.そのとき歴史が変わった〜ジャーナリストたちのベトナム戦争 最近のNHKの番組としは珍しくまともな内容であった。 その時: 1973年3月29日 出来事: アメリカ軍がベトナム
新聞は?じゃんけん後出し?しかできなかったのではないか (ニュース・ワーカー)
 廃案となるまでは気を抜くわけにはいかない共謀罪だが、この1カ月余を振り返って、ブログの力というか、blogosphereの世論形成力、社会運動としてのブログの可能性について考えている。言い方を変えれば、新聞、放送といった既存の大手メディアが、共謀罪をめぐ ...
一億二千万(希望)テロ対策室(案) (IZAYOI吐露遺跡)
「一億二千万、共謀の日」に合わせたアンケート企画です。 注意事項 ※設問1~3では、他の回答に対するコメント・つっこみ不可。 そういうものがあった場合は、内容如何に関わらず削除します。 他の人の回答とかぶっている場合も、ぜひ自分の言葉で回答してくだ ...