情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

民主党がさらに限定的な再修正案を発表~あと一歩,反対運動を広げよう!

2006-05-18 00:34:30 | 共謀罪
民主党が,17日,これまでの案について,さらに適用範囲を限定させ,濫用の危険性を少なくする案を発表した。この案は,共謀罪が適用される団体を,「構成員の継続的な結合関係の基礎となっている根本の目的が罪を実行することにある団体」と定義したもので,普通の意味での「組織的犯罪集団」に近いものになってきた。民主党がさらに限定的な案に修正したのは,市民の廃案を願う声の高まりを受けたものだと思われる。さらに反対運動をパワーアップしましょう!

■■引用開始■■

第六条の二
次の各号に掲げる罪に当たる行為(国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約第三条2(a)から(d)までのいずれかの場合に係るものに限る。)(注1)で、組織的犯罪集団の活動(組織的犯罪集団(団体のうち,【その構成員の継続的な結合関係の基礎となっている根本の】目的が死刑若しくは無期若しくは長期五年を超える懲役若しくは禁固の刑が定められている罪又は別表第一第二号から第五号までに掲げる罪を実行することにある団体をいう。次項において同じ。)の意思決定に基づく行為であって,その効果又はこれによる利益が当該組織的犯罪集団に帰属するものをいう。第七条の二において同じ。)(注2)として,当該行為を実行するための組織により行われるものの遂行を共謀した者は、その共謀をした者のいずれかがその共謀に係る犯罪の予備をした場合において(注3),当該各号に定める刑に処する。ただし、死刑又は無期の懲役若しくは禁固の刑が定められている罪については,実行に着手する前に自首した者は、その刑を減軽し、又は免除する。

一 死刑又は無期若しくは長期十年を超える懲役若しくは禁錮の刑が定められている罪 五年以下の懲役又は禁錮

二 長期五年を超え十年以下の懲役又は禁錮の刑が定められている罪 二年以下の懲役又は禁錮

2 前項各号に掲げる罪に当たる行為(国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約第三条2(a)から(d)までのいずれかの場合に係るものに限る。)(注1)で、組織的犯罪集団(注2)に不正権益(組織的犯罪集団の威力に基づく一定の地域又は分野における支配力であって,当該組織的犯罪集団の構成員による犯罪その他の不正な行為により当該組織的犯罪集団又はその構成員が継続的に利益を得ることを容易にすべきものをいう。以下この項において同じ。)を得させ,又は組織的犯罪集団の不正権益を維持し,若しくは拡大する目的で行われるものの遂行を共謀した者も、前項と同様とする。

3 前二項の適用に当たっては,思想,信教,集会,結社,表現及び学問の自由並びに勤労者の団結し,及び団体行動をする権利その他日本国憲法の保障する国民の自由と権利を,不当に制限するようなことがあってはならず,かつ,労働組合その他の団体の正当な活動を制限するようなことがあってはならない。

■■引用終了■■

上記のうち,【】の1カ所が民主党修正案(末尾引用。ここ←にあり)された部分だ。


これまでは,長期5年以上の犯罪を実行することを【主たる目的】とする集団であったが,再修正案では,【構成員の継続的な結合関係の基礎となっている根本の目的】とする団体に修正された。

これは,これまで政府側が答弁してきたことをそのまま定義にしたもので,一見して分かるとおり,これまでの案よりもさらに限定的なものとなっている。

すご~い。普通,野党が案を変更するときは,与党側に歩み寄るときだが,今回は,反対運動の後押しを受けて,さらに,ましな案になったのだ!!

与党議員がテレビで,民主党案への歩み寄りの意向を示したとか…。

自民・公明党法務委員のメンバーや地元選出議員を中心に,政府・与党の団体に関する説明をそのまま書いたのが民主党じゃないか,なぜ自民党案はそうなっていないのか,などと抗議しましょう。

そして,民主党には,国際的な犯罪に限定する問題(越境性の問題)や対象犯罪を長期4年以上から長期5年を超えるに限定する問題などもあるのだから,安易に与党に妥協せず,突っ張れと激励?!しましょう。


★ちなみに,注は,

注1:条約上でいうところの「性質上国際的な犯罪」にあたる場合に限って,処罰の対象とする。

国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約(ここ←)第三条2(a)から(d)とは,

(a)二以上の国において行われる場合

(b)一の国において行われるものであるが、その準備、計画、指示又は統制の実質的な部分が他の国において行われる場合

(c)一の国において行われるものであるが、二以上の国において犯罪活動を行う組織的な犯罪集団が関与する場合

(d)一の国において行われるものであるが、他の国に実質的な影響を及ぼす場合

である。

注2:共謀罪については,条約でいうところの「組織的な犯罪集団が関与する」場合に限って処罰の対象とする。

注3:共謀罪の成立については,条約で認められているところのいわゆる「合意の内容を推進するための行為」を要件とする。


【もとの民主党案】
■■引用開始■■
第六条の二
次の各号に掲げる罪に当たる行為(国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約第三条2⒜から⒟までのいずれかの場合に係るものに限る。)で、組織的犯罪集団の活動(組織的犯罪集団(団体のうち、死刑若しくは無期若しくは長期五年を超える懲役若しくは禁錮の刑が定められている罪又は別表第一第二号から第五号までに掲げる罪を実行することを主たる目的又は活動とする団体をいう。次項において同じ。)の意思決定に基づく行為であって、その効果又はこれによる利益が当該組
織的犯罪集団に帰属するものをいう。第七条の二において同じ。)として、当該行為を実行するための組織により行われるものの遂行を共謀した者は、その共謀をした者のいずれかがその共謀に係る犯罪の予備をした場合において、当該各号に定める刑に処する。ただし、死刑又は無期の懲役若しくは禁錮の刑が定められている罪については、実行に着手する前に自首した者は、その刑を減軽し、又は免除する。

一 死刑又は無期若しくは長期十年を超える懲役若しくは禁錮の刑が定められている罪五年以下の懲役又は禁錮得した財産

二 長期五年を超え十年以下の懲役又は禁錮の刑が定められている罪二年以下の懲役又は禁錮

2 前項各号に掲げる罪に当たる行為(国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約第三条2⒜から⒟までのいずれかの場合に係るものに限る。)で、組織的犯罪集団に不正権益(組織的犯罪集団の威力に基づく一定の地域又は分野における支配力であって、当該組織的犯罪集団の構成員による犯罪その他の不正な行為により当該組織的犯罪集団又はその構成員が継続的に利益を得ることを容易にすべきものをいう。以下この項において同じ。)を得させ、又は組織的犯罪集団の不正権益を維持し、若しくは拡大する目的で行われるものの遂行を共謀した者も、前項と同様とする。

3 前二項の規定の適用に当たっては、思想、信教、集会、結社、表現及び学問の自由並びに勤労者の団結し、及び団体行動をする権利その他日本国憲法の保障する国民の自由と権利を、不当に制限するようなことがあってはならず、かつ、会社、労働組合その他の団体の正当な活動を制限するようなことがあってはならない。
■■引用終了■■

★そういえば,法務省がHP(ここ←)のtopics欄の【「組織的な犯罪の共謀罪」に対する御懸念について(2006/5/17)】の中で, 法務大臣のコメントを長文できちんと明記した。こうやって明らかにすればするほど,与党案は条文が説明通りになっていないことがよく分かるねぇ…。


※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 橋本勝の政治漫画再生計画-... | トップ | 姑息な修正による強行採決に... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
それから… (きびだんご)
2006-05-18 10:57:16
懸念されるのは市民同士の疑心暗鬼じゃないでしょうか。松本サリン事件に於ける魔女狩りを思い出してみたいんです。精査なき悪意が一点集中は怖いです。それと横浜事件の“死んじゃってるんでおわり~!”っていう驚愕判決は、共謀罪成立を前にして、国民の反応を見てみたのか?なんて思ってしまいます。そうじゃないでしょうけど。
Unknown (滑稽本)
2006-05-18 11:15:34
ここまで条約と乖離した法案を出すという事が何を意味するのか。

もう、治安維持法を作ろうとしたとしか思えません。



その背景にあるのは、教育基本法改正と9条改憲の動きと併せれば、軍国主義しかないと思うワケです。







共謀罪に反対してそれで終わりというのは片手落ち。

明らかに軍国主義志向の政治家が多数居るという事です。

彼らに名分を与えるのは危険かと
TBありがとうございました。 (テッド)
2006-05-18 12:03:45
はじめまして、テッドです。

TBありがとうございました。とても勉強になるブログだと思います。今日は時間がないので、残念なのですが、これからは頻繁におじゃましたいと思います。

色々と読んでみたいテーマがありました。正直、嬉しいです。

ヤッターという気持ちです。

今後とも、よろしくお願いします。
Unknown (Unknown)
2006-05-18 16:28:30
自公が19日に委員会で共謀罪採決に合意と今朝の新聞に載っていました。数の力で医療改悪を強行採決したように、共謀罪採決を行おうとしているものと思われます。民主党など野党は徹底抗戦で、廃案にするためにたたかってもらいたいと思います。



答弁にたっている与党の議員さえ法案の中身をよく理解しておらず、野党の質問に対して満足に答えることのできない欠陥法案を、かれらはなぜ強行に成立させようとするのでしょうか。



自公連立は双方のマイナス要因が連立によってさらに倍増し、政治ではなく、利権集団の悪の巣窟となった感があります。



共謀罪の小噺作りました (カーク)
2006-05-18 18:40:14
良かったら、読んでください。

TBありがとうございます (無所属ひとり)
2006-05-18 20:10:26
本当に選挙の無い年に自民党はえぐい事をやってきますね~。

私も共謀罪は、これからも最大級の関心をもって追いかけていきたいと思っています。
あきらめないで (育児失格パパ)
2006-05-18 23:08:36
トラバありがとうございました。明日、法案が廃案、最低でも修正になりますように・・
Unknown (じゅん)
2006-05-18 23:50:42
著作権法違反の無断転載を、日頃お目こぼし下さいまして、まことに有り難うございます。

 勝負が参院になったとしても、廃案に追い込みましょう!
皆さま (ヤメ蚊)
2006-05-19 01:15:19
TB,コメントありがとうございます。ぎりぎりまで,電話,メール,FAXによる抗議活動を続けましょう。
共謀罪否定、告発 (2+3)
2006-05-19 08:02:43
共謀罪の法務委員会での強行採決は単に一法案の賛否の問題ではなく、60年前の無条件降伏の大敗北を喫しした明治維新以来の天皇元首制大日本帝国憲法の思想文化を戴く社会を再興しようとする与党自民党・公明党とそれと結ぶ悪徳官僚群の「国家主義勢力」と現行憲法と共に生きて来たそして生きて行こうとする国民・市民を中心とする「主権在民の民主主義」を信奉する「民主主義勢力」の日本列島を二分する大内乱・角遂のスイッチを押すことを意味する。

 彼等はこの戦いに勝てると読んで、我等に、戦いを挑んできたのだ。挑戦を受けようじゃないか。命を懸けて。
Unknown (じゅん)
2006-05-19 20:07:19
延期で少し時間が出来ました、偽メールで「きっこ」さんが呼びかけたような、何とかテレビのワイドショーに働きかけて、世論の雪崩を起こすことを考えてはと思うのですが、如何でしょう?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「共謀罪法案」の怖さは杞憂ではない (ざぶさんの呟き)
 16日の法務委員会の審議状況を衆議院TVで見た。  そこにあったのは、自公与党委員の「国際条約合致が必要、心配は杞憂というばかりの無責任ぶり」、法務大臣の「まるでわかっていない無能ぶり」、公安上がり刑事局長の「したたか傲慢ぶり」の、「ぶり3点セット ...
それでも共謀罪に賛成!? (日本を☆あっきーらめない~☆真実☆を探しています。)
コメント欄にいつも僕へ批判記事と言う形で応援してくださる方がいます。^^ 詳しくはコメント欄を参照にしてください。 確かに<a href=\"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC40%E6%9D%A1\" target=\"_ ...
強行採決は、議会制民主主義への冒涜&恥だ~世論+国民の監視の目+投票行動によるプレッシャーを~  (日本がアブナイ!)
 共謀罪+α、教育基本法の改正案、格差社会(医療費問題含む)、輸入牛問題など 重要な問題に関して書きたいことが山ほどあって(しかし、時間はなく)、何をどこ から書いていいものなのか悩んでしまう今日このごろであるのだが。。。  今、衆院TVで党 ...
「共謀罪」5月19日にも採決に! (観劇レビュー&旅行記と日記)
昨日ご紹介した「日本ペンクラブ」の記者会見の模様(映像)が、下記アドレスで見ることができます。(但し、今現在はTOPページにありますが、日時が経過すると背後に移動するかも知れませんので、その場合は検索を掛けてください) http://www.videonews.com/ ...
成立を 振り込み詐欺師 待っている (季節)
共謀罪について、与党は修正案を出しています。 それを民主党が呑まなければ強行採決!!の、おなじみの脅しをちらつかせ。
「共謀罪」NHKラジオでは、明日採決強行の目論見もと (季節)
今朝、自民党の動きをそう伝えていました。 本当に危険な事を彼らはしようとしている、それをもう一回り広い範囲に、時間は限られますが、伝えてゆきましょう。
共謀罪、犯人が盛り場に居たら全員逮捕だ~!! (滑稽本)
国際条約の絡みでどーのこーのだから成立させなきゃいかんいかん!! と賛成派が気違いになっている共謀罪であるが…。 これがその条約。 んで、これが案。 ちなみに、条約関連はウィーン条約にリンク。 都合の悪い条約なんて、ちゃんと守ってな ...
医療法案を与党が強行可決 これで他の悪法成立にも弾みがつきます (大和ごころ。ときどきその他)
共同通信 医療法案を与党が強行可決 衆院厚労委混乱  (以下引用) ?衆院厚生労働委員会は17日、高齢者の負担増や入院日数の短縮で医療給付費の抑制を図る医療制度改革関連法案について、小泉純一郎首相の出席を求め質疑を行った後、与党側が採決を強行 ...
たった2人で「犯罪組織」の前例が既にある (ニュース・ワーカー)
 ヤメ蚊さんのブログ「情報流通促進計画byヤメ記者弁護士」によると、共謀罪をめぐって民主党が17日、さらに適用される団体の範囲を限定する再修正案を発表した。ポイントは「共謀罪が適用される団体を,『構成員の継続的な結合関係の基礎となっている根本の ...
刑事(デカ)さんたちも反対する「共謀罪」 (由布院発 デジアナおじさんの一筆啓上)
= 刑事(デカ)さんたちも反対する「共謀罪」 =  17日、衆議院厚生労働委員会で怒号の飛び交う中、核心に触れる議論もないままに「医療制度改革関連法案」が強行採決、可決された。次は「教育基本法改正案」か、それとも「国民投票法案」か。そして「共謀罪」 ...
共謀罪 5.19危機 (平成暗黒日記)
 衆院法務委員会での共謀罪強行採決の危機が高まっている。これまで4月28日、5月
共謀罪9 (喜八ログ)
 「これほど広範な犯罪が対象になる法改正は、初の経験。拡大解釈の余地を残さぬように、慎重な上にも慎重な審議が必要なのに、国民の不安に正面から答えようとしていない」。青山学院大の新倉修教授(刑法)は、不十分な審議を強く批判する。そして、政府・与党 ...
自民党独裁パッケージ (新党を欲する人)
自民党の異常な右傾化 共謀罪で、市民運動をはじめとする国民の声を奪う。 教育基本法で愛国心を強制。 愛国心とは、すなわち自民党を愛する心であろう。 そして、憲法改正国民投票法で9条を改正。軍隊を持ち、戦争ができる国にする。 私は、これら ...
やっぱり異常な共謀罪 (野良狸の巣)
○共謀罪の対象となり得るケース
共謀罪:警察関係者の見方/国会が緊迫/英国に続くなかれ (人工楽園)
 ・刑減免より犯罪組織が怖い 共謀罪 刑事が反対する理由(東京新聞)  これはなかなか面白い。現場の刑事さんは、法案をむしろ迷惑に感じているようだ。  しかし面白がってばかりもいられない。再び国会が緊迫してきた。  ・共謀罪、荒波高まる。 ...
第79号 5月19日の強行採決を阻止せよ (帝國愁報)
敵が痺れを切らし、19日に採決を強行する構えを見せている。敵のやろうとしている事は、数を頼みにした暴力だ。
第79号 5月19日の強行採決を阻止せよ (帝國愁報)
敵が痺れを切らし、19日に採決を強行する構えを見せている。敵のやろうとしている事は、数を頼みにした暴力だ。
海渡(かいど)弁護士からです 「この条約は留保でき る」とのこと (『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu of ODA Watchers)
◆外務省の胸先三寸、多くは実務上、外務官僚一人か二人の以って、締結可能な『条約』について、国会が、その法案成立マシーンになっていることが問題だ。小泉政権も、結局、外務官僚の手先、走狗にすぎないことが明らかになっている。 Date: Thu, 18 May 20 ...
暗黒社会 2 ( 反戦老年委員会)
毎日新聞(5/12)から2題。 【ワシントン共同】テロ容疑者に間違われ、米中央情
5.28共謀罪反対全国統一行動 (平成暗黒日記)
 知人のジャーナリストによると、共謀罪を巡って自民党内は揺れている。動揺している
小泉暴走にstop! 6・1大集会 (平成暗黒日記)
 保坂展人議員のブログにhttp://blog.goo.ne.jp/hosaka