情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

匿名発表が広がっている…

2005-03-26 22:04:52 | 匿名発表問題(警察→メディア)
 現在、警察が事件事故を報道する際、当事者(加害者、被害者)を匿名で発表するケースが増えているという。青森県警は、2003年4月、交通事故について、過失割合の少ない第二当事者(被害者など)について、匿名で発表するとの方針を打ち出した。
 メディアがプライバシーに配慮して、匿名で発表することは必要だと思うが、警察がメディアに匿名で発表するということは、警察の情報をメディアがチェックすることができなくなるっていう意味で非常に問題が大きい。
 有名なところでは桶川事件女子大生殺人事件。この事件では、警察が自らの不祥事を隠蔽するため、毎日遺族宅に滞在し、メディアが遺族と接触するのを防いだという。もし、そのまま、メディアが遺族に接触できないままだと、あの事件は、遊び慣れた女子大生の軽率な行為に問題があったということで片づけられたかもしれない。それを暴いたのは一雑誌記者だった。
 
 そもそも、青森県警は、2000年9月、青森署員が酒気帯び運転で電柱に衝突する事故を起こした際、この署員を逮捕しないまま、「任意捜査(逮捕しない場合)は匿名が原則。警察官も例外ではない」と言って、この署員の使命の公表を拒んだことがあるという。

 この匿名発表は、全国各地で広がっており、警視庁でもそういう傾向があるという。

 そんな流れの中で、人権擁護法案や憲法改正国民投票法案などメディアを規制する法律が提案されようとしている。

 監視されるべき国・行政側は、できるだけ情報をださないようにしつつ、他方で監視する側(メディア)を監視する権限を持とうとしている…。
 
 ライブドアとフジテレビの問題よりも深刻だぞぉ!!


以上、河北新報社2004年6月3日、毎日新聞2003年6月3日など参照。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤミ金大好き?! | トップ | 原則と例外をはき違えさせた... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お礼 (dawn)
2005-03-26 23:32:46
はじめまして

trackback有難うございました。被害者は匿名でもいいと思いますが、加害者まで匿名と云うのは変ですね。dawnより
匿名報道は必要 (情報流通促進計画)
2005-03-26 23:38:33
 個人的には、被害者も匿名ではあかんと思うのです。本文に記載した例は、まさに被害者側とメディアがコンタクトできるかどうかってところがポイントだったのです。



 もちろん、報道する際は、匿名でかまいません。むしろ匿名であるべきだと思います。



 しかし、警察の発表時点で匿名だと、被害者の被害の経緯や実態を検証することができなくなりますから…
初めまして (適当人)
2005-03-27 00:37:26
 トラックバックありがとうございます。難しい問題ですね。加害者は無罪推定原則から説明がつきますが。不起訴の可能\性も考慮すれば合理性はなきにしも非ずと思いました。被害者に対しては、マスコミは捜査機関ではないし、あくまで企業であって、警察の違法行為を暴\くのは裁判所の役目という意図でしょうか。同じく不起訴の可能\性を考えるとそれなりに合理的かと…。
刑事裁判 (情報流通促進計画)
2005-03-27 04:31:18
における有罪率99.9%の現状では、裁判所に警察の違法行為を暴くことを期待するのは非常に困難です。警察の失態をフォローしているというのが実態だと言っても過言ではありません。刑事事件に真摯に取り組んでいる弁護士の多くが同様の感想を持つはずです。繰り返しますが、報道は匿名で行われることが前提での議論です。
Unknown (適当人)
2005-03-27 09:51:53
 報道は匿名で行われる事が前提での議論である事は承知しております。不要なマスコミの被害者達の身の回りの方々などに対するインタビューなどによって、被害者や加害者に与える影響や、不起訴の可能性を考えれば、それなりに合理性があるのではないかという趣旨のコメントです。分かりにくいコメントで申し訳なかったです。
たしかに (情報流通促進計画)
2005-03-27 12:44:54
 メディアの取材方法に問題があると言われれば、そのとおりだと思います。その点、メディアの姿勢が問われていると思います。

 ただ、あえて言うと、被害者に一定の不利益が生じる可能性があっても、情報を警察が独占することは非常に危険だと思うのです。

 調書を偽造したり、領収書を偽造したりする方々ですから…。

拝見しました (kamiyam_y)
2005-03-29 17:20:49
トラックバックありがとうございます。

メディアの公共性というなら、人権擁護法案こそ大問題ですね。政治家・国家権力に対する取材や報道を、人権をタテマエにして規制しうるわけですから。

警察による情報独占をおしすすめる方向、おっしゃるとおり危険だと思います。





そうですよね (情報流通促進計画)
2005-03-29 18:14:59
人権擁護法案に、憲法改正擁護法案に、個人情報保護法に、有事立法に、…。息のしにくい社会が実はすぐそこまで来ているのかもしれません。
こんにちは (高田昌幸)
2005-03-30 17:02:33
高田と申します。トラックバックをありがとうございました。情報流通促進計画さんのエントリを参考に私も少し、書いてみました。なんだか、まとまってない内容ですが、よろしくお願いします。それも含めて記事2本をTBさせてもらいました。これからもよろしくお願いします。
よろしくお願いします (情報流通促進計画)
2005-03-30 20:19:30
 高田さんのエントリに記載されている「権力の監視という意識がない新聞記者が多い」という主旨の指摘には、驚きました。

 もちろん、得意不得意はあるから、あるテーマにピンとくるかどうかは人それぞれだと思うけれど、少なくとも、私の記者時代には、メディアの究極の目的は権力を監視するためであるというのは共通認識だったように思う。

 逮捕原稿より、市政の不正原稿に惹かれる人が多かったはず…とまではいえないかな。

 
情報統制の怖さ (tomonofu)
2005-05-01 12:24:40
トラックバックありがとうございます。今日の僕のブログでも書いたのですが、国家権力による情報統制、これが最も恐ろしいことだと感じます。戦争下のメディア規制にも通じます。

警察に都合の良い情報、悪い情報の表面化を、匿名発表・人権保護という形で隠されるのであれば、権力側の自己保身としかいえないでしょう。
はじめまして (やまもと)
2005-11-11 12:17:24
マスコミは権力側の自己保身を懸念しますが、

直接に、又は電通を通じた間接に、権力側の圧力に既に屈しているマスコミは何を今さら、という感があります。

それを盾に非難・主張できる資格があるのは、週刊誌媒体ぐらいでしょう。
強盗殺人犯人を隠ぺいした高知県警 (斬馬)
2008-12-03 18:08:32
 私は元警察官(高知県警)です。
現在報道されている「裏金」などの「裏話」は、極めて基礎的な警察の入り口であり、まだ中には入ってない。・・・との思いから
   私のブログ「悪魔と踊ろう」
      http://blog.goo.ne.jp/zanba36
内容・・・銀行員を襲って現金を奪い取った
        強盗殺人の凶悪犯は警察幹部の親類
        だった為、この事件は組織的に隠ぺ        いされ、事件をあばきだした警察官        (私)は蒸し込まれた。
を投稿しました。
 是非ごらんになって下さい。  

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
記者ブログのまとめ (FIFTH EDITION)
今、記者ブログが熱い! ネット時代の新聞、ネット時代のジャーナリズムの あり方を巡って、論争勃発中です。 というわけで頼まれていないのに 論争中の記者系ブログのまとめ。 ネットは新聞を殺すのかblog ネット時代のジャーナリズムのあり方に最初の一石を投じた  .
いったい、どうしちゃったんですか? (我的因特網留言板 (by 浜村寿紀))
共同通信編集委員の小池新さんが書かれた「マスコミを勧めない理由」(署名で書く記者の「ニュース日記」)に対して、コメントやTBでさまざまな批判が寄せられている。特に共同からニュース配信を受けている地方紙、ブロック紙に勤務している方の怒りが目立つ。それらを...
広がる警察の匿名発表 (札幌から  ニュースの現場で考えること)
情報流通促進計画さんが、自身のブログで「匿名発表が広がっている」というエントリを書かれている。青森県警が2003年4月から、交通事故について、過失割合の少ない第二当事者(被害者など)について、匿名で発表する方針を打ち出したことなどを例示し、匿名発表が広が
再び、「きょう逮捕へ」について (札幌から  ニュースの現場で考えること)
ジャーナリズム考現学さん(以下、J氏)が「酔っ払い記者との議論、再び」というエントリを立てられました。昨年末ごろ、私がまだブログを開設していないころに、警察取材をめぐって議論しました。その続きです。 J氏のブログ内に関連記事が何本かあります。私の関連エ
事故 過失 (s blog)
本文は「事故 過失」に関するニュース、ブログを紹介しています。
事故 過失割合 (s blog)
本文は「事故 過失割合」に関するニュース、ブログを紹介しています。