情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【転載熱望】憲法改正国民投票法案、今日審議入り~稀代の悪法、総力を挙げて反対の声を!

2006-10-26 09:09:44 | 憲法改正国民投票法案そのほか
憲法改正国民投票法案が本日審議入りする(衆議院TV←参照)。何度も述べてきたが、この法案には、①発議から投票するまでの期間が短い、②与党案では、公務員・教育者に対する運動規制が残っている、③国民の過半数の賛成の定義が甘いため賛成が少数であっても可決されるおそれが大きい、などといった問題があるが、何といっても、無料放送や無料広告が国会議員の議席数によって割り当てられるという点は、とんでもない規定で、国民軽視も甚だしい。

何度でも繰り返します。問題点は次の点です。


 まず、①改憲案の内容を国民に伝える広報協議会が議員によって構成されるが、この配分は、議席数によって決まる。【第12条3項 委員は、各議院における各会派の所属議員数の比率により、各会派に割り当て選任する。】

 …ということは、改憲賛成派が3分の2以上いないと改憲案は発議できないので、広報協議会のメンバーは3分の2以上を占める。


 次に、②テレビや新聞で改憲案について無料で説明する機会が、政党に与えられるが、その場合、政党に所属する国会議員の数に比例してテレビラジオ無料放送の放送時間や新聞無料広告のスペースを割り当てることになっている。

【107条3項 第一項の放送に関しては、すべての政党等に対して、同一放送設備を使用し、憲法改正の発議に係る議決がされた際当該政党等に所属する衆議院議員及び参議院議員の数を踏まえて憲法改正案広報協議会が定める時間数を与える等同等の利便を提供しなければならない。】
【107条5項 政党等は、両議院の議長が協議して定めるところにより、憲法改正の発議に係る議決がされた際当該政党等に所属する衆議院議員及び参議院議員の数を踏まえて憲法改正案広報協議会が定める寸法で、新聞に、憲法改正案広報協議会が定める回数に限り、無料で、憲法改正案に対する意見の広告をすることができる。】

 …ということは、①と同じように、改憲賛成派から流れる情報が3分の2以上を占めるということだ。



詳しくは、日弁連の憲法改正手続に関する与党案・民主党案に関する意見書(←クリック)参照してほしい。

 これって完全に国民を馬鹿にしている。だって、通常の法律は議会に成立をゆだねているけれど、憲法を変える際は、議会のあり方も含めて決めることだから、主権者である国民自身が投票しようということなのだから、国会議員の数によって宣伝の仕方が影響されてはならないはずだ。はっきり言ってでしゃばるな!!と言いたい。憲法はあんたたち議員の権力に一定の枠をはめるものなんだから、あんたらが出しゃばるのはおかしい…

 諸外国でも、改憲案に関する宣伝については、媒体を賛成派と反対派と平等に使わせたり、国費の補助も賛成派と反対派と平等に渡されるケースがほとんどだ。日本は例外…。(衆院憲法調査特別委員会事務局がまとめた資料(http://www.shugiin.go.jp/itdb_kenpou.nsf/html/kenpou/shukenshi072.pdf/$File/shukenshi072.pdf)の46頁に「5 諸外国の国民投票運動に対する公的助成」の表として諸外国の例が掲載されているので確認していただきたい。


もし、このまま国民が声を上げずにこの法律が成立したら、日本人は、主権者たることを放棄した国民だとして世界でもの笑いになることは必定なり…。いや冗談ではなく…。

衆議院の日本国憲法に関する調査特別委員会委員名簿(←クリック)


などを利用して、情報提供が中立ではない「国民軽視」の憲法改正手続き法案は認められない…ことを多くの議員に伝えましょう!





※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教育を見直す視点はどうある... | トップ | 9条維持派は、カップラーメ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本国憲法に関する調査特別委員会 名簿 (村野瀬玲奈)
2006-10-28 03:53:10
はじめまして、村野瀬と申します。



問題点の整理、ありがとうございます。確かに、こういう内容の国民投票法案はめちゃくちゃです。主権者としての有権者の怒りを国会議員に伝えなければなりませんね。



「日本国憲法に関する調査特別委員会」の各議員の連絡先名簿はここにあります。↓



http://ts.way-nifty.com/makura/2006/10/post_bca4.html

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

憲法改正国民投票法案そのほか」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
稀代の悪法、憲法改正国民投票法案、今日審議入り~総力を挙げて反対の声を! (ここにいるということ)
【 10月26日 】  サーカスの日・・・1871(明治4)年、東京・九段でフランスの「スリエサーカス」による日本初のサーカス興業が行われた。 ・東富士が横綱に昇進(1948) ・埼玉県北足立郡足立町が市制施行して志木市に(1970) ・TBSテレビで「3年B組金八先 ...
国民投票法案めぐり本格論戦─衆院憲法調査特委 (もーちゃんの部屋)
第九十六条【憲法改正の手続】 1 この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の ...
悪法「憲法改正国民投票法案」が審議入りした (低気温のエクスタシーbyはなゆー)
☆転載熱望 憲法改正国民投票法案、今日審議入り~稀代の悪法、総力を挙げて反対の声を!(情報流通促進計画) http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/36bd79ed913d9b84b16d4b9eb9f1fced http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/930.html 憲法改正国民投票法 ...
【転載熱望】憲法改正国民投票法案、今日審議入り~稀代の悪法、総力を挙げて反対の声を! (+++ PPFV BLOG +++)
とんでもない極悪法案目白押し。息つく暇も無い。 ブログ「情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士」さんのエントリー 【転載熱望】憲法改正国民投票法案、今日審議入り~稀代の悪法、総力を挙げて反対の声を! http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/36bd79ed913d9 ...
風・・・に思う (益鳥の思いつき放題放談之記)
                           竜胆が咲いた。襲名菊の根元に咲いたものである。(画像クリック) &&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&am ...
国民投票法案、26日審議入り~稀代の悪法、総力を挙げて反対の声を! (内申書制度の廃止を求めます)
教育基本法のことばかり考えていたら、こっちも大変なことになっているようです。情報流通促進計画さんから転載させて頂きます。 ------------------------------------------------------- 【転載熱望】国民投票法案、今日審議入り~稀代の悪法、総力を挙げて反 ...
緊急時には 何でもいいから 社民党の社会文化会館に行く! (新党を欲する人 ~ 立憲平和党本部)
心ある ブロガーの皆様 トラバありがとうございます さて 来週 再来週ですな。 とにかく 目的は 独裁立法の強行採決阻止ですよな。 自民党は 必要多数を持っている状況で。 こうなりゃ がなりたてるしかない わしゃ とにかく いっぺ ...
私は日本人ですよ! (ケセラセラ~)
弁護士先生のTBは私の心に響かない。 このまま国民が声を上げずにこの法律が成立したら、日本人は、主権者たることを放棄した国民だとして世界でもの笑いになることは必定なり…。いや冗談ではなく…。 教育界が変だと思っていたら、法曹界も異常だな。国会は「 ...