tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

多忙のため2017年からは毎日更新できないかも…。しかし、中身は充実いたしますので、引続きのご愛読よろしくお願いします!

旭堂南青さん 奈良検定1級に合格/おめでとうございます!

2017年02月25日 | 奈良検定
嬉しいニュースが、昨日(2/24)の奈良テレビ放送「ゆうドキッ!」でオンエアされた。若手講談師の旭堂南青(きょうくどう・なんせい)さんが、今年(2017年)1月に実施された「第11回 奈良まほろばソムリエ検定」の「奈良通1級」に見事、76点で合格されたのだ(合格ラインは70点)、おめでとうございます!



これは同番組の「旭堂南青の無理ナンだい!」というコーナーでの話だ。南青さんは昨年の2級に90点という高得点で合格(合格ラインは70点)。これに続き、今年は1級に挑戦され見事、合格されたというわけだ。ウチの同僚が続々と沈没するなか、忙しい南青さんが1発合格されるとは、これは快挙である。



私は番組で合格を指南するという役回りだったので、南青さんには、おおよそこのようなアドバイスをした。いつもブログなどに書いていることだ。





1.公式テキストブックを隅から隅まで読みこなし、きちんと覚えること。
2.苦手分野を重点的に勉強すること。
3.過去問をできるだけ多く解き、間違えた部分をシッカリ覚えること。
4.公式テキストを読んだあと、2級対策用の『ズバリ!奈良検定2級の要点整理』をもういちどおさらいし、記憶を確実なものにすること。
5.奈良まほろばソムリエの会が実施する「奈良検定 受験対策講座」や、奈良商工会議所が実施する「認定支援セミナー」に参加すること。




南青さんがどれだけ実践されたかは定かではないが、昨年11月6日に馬見丘陵公園でお会いし、フリップを使った問題を出題したところ、ほぼ全問、正解されたのである。10月に過去問を解かれて38点だったと聞いていたので、これには驚いた。わずかの間にこれだけ進歩されていたのである。すごい集中力だ。「この調子でいけば、合格するかも」と意を強くした。



オンエアの前々日、南青さんの得点をこっそり聞いてビデオ収録し、それがオンエアで流された(もちろん南青さんは、オンエアまで結果を知らない)。南青さんの喜びようが尋常ではなかったのは申すまでもない。

南青さんが最上級の「奈良まほろばソムリエ」に挑戦されるかどうかは定かではないが、ぜひ受験していただきたいし、その場合は今日からでも準備を始めてほしいと願っている。ともあれ南青さん、ご立派です、おめでとうございました!
ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奈良検定1・2級(第11回)の... | トップ | 奈良ものろーぐ(11)阪本仙... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。