広く浅く

秋田市を中心に青森県津軽・動植物・旅行記などをご紹介します。

浜街道

2017-04-17 21:02:15 | 秋田市営バス
秋田駅(西口)と秋田市南西部・新屋(あらや)地区を結ぶ路線バスが、いずれも秋田市営バスの路線であった新屋線と新屋西線。
うち新屋西線は、駅から県庁、市立病院西口(正面でなく)、川尻地区を経て、秋田運河を渡って勝平地区を貫き、雄物新橋で雄物川放水路を渡って、(勝平を含まない狭義の)新屋地区へ至る。(臨海経由新屋西線もありますが、本数が少ないので割愛します)

雄物新橋から先は、経路が二手に分かれる。
(再掲・2009年撮影)勝平側から雄物新橋を見下ろす。突き当りで道が左右へ
橋の突き当りを左折し、すぐに右折して新屋の商店街がある表町の旧道を抜けるものと、突き当りを右折して川沿いの坂を上り、県立栗田支援学校前、県営や市営の団地を通るもの。
再び合流するのは、終点の「西部サービスセンター(正式には西部市民サービスセンター)」。1つ手前はどちらも「日吉神社前」だが、バス停の位置は別。

前者のルートは特に呼び名がなく、後者は「新屋県営住宅経由」と呼ぶのが一般的か。※この記事では、前者を「栗田神社前経由」、後者を「県営住宅経由」と表記します。
県営住宅経由ができたのは、30年ほど前で、それ以前は新屋西線=栗田神社前経由(臨海経由は別として)。その名残りで、呼び名がないのかもしれない。

県営住宅経由が具体的に何年からできたかは不明だが、1988年かその少し前だと思う。
1988年の時刻表によれば、県営住宅経由はわずか1日3往復の運行。
その後、徐々に本数が増え、中央交通移管後の近年は、新屋西線全体が減便されたこともあり、両経由がほぼ半々に近くなった。昼間は両経由が1時間に1本ずつ。

市営バス時代~移管後しばらくは、新屋県営住宅経由を「栗田県営住宅経由」と呼んでいたが、そのようなものは存在しない。また、ごく初期は「栗田団地経由」とされていたようだ。
市営バス時代は「栗田県住」と表示された(2002年撮影。220号車)
中央交通移管後は、一部で県営住宅経由を「栗田町経由」と表記していたものがあったが、これは紛らわしい。
たしかに、県営住宅経由には「栗田町」というバス停があるのだが、両経由とも地名としては新屋栗田町を通るし、「栗田神社前」もあるし、よそ者には不親切な呼び方だと思っていたら、やはり浸透しなかった。


今回取り上げたいのは、県営住宅経由のとあるバス停なのだけど、もうちょっとルートをたどる。
駅から来て、雄物新橋を渡って右折すると、長い坂。車道は広く、川と反対側に歩道付き。坂の下に「雄物新橋」バス停がある。
2014年のNHKBS「にっぽん縦断こころ旅」では、この坂を上から下って、雄物新橋を渡った。
坂の上。右の塔みたいなのは津波警報サイレン
坂を上りつめると、道は若干カーブしながら雄物川放水路沿いに河口の雄物大橋の上(立体交差で国道へ下りられる)、さらに海岸のももさだカエル方面へつながる。
坂の途中も坂の先も、道ばたにニセアカシアなどの木が多く、川や海が見えるわけではない。
坂の下を振り返る。雄物新橋は見えず、さらに上流の秋田大橋が見える
バスは坂の上で脇道(上の写真右の狭い道)へ入る。
川と逆側に左折する形だが、角度にして315度くらいありそうな後方への鋭角なカーブ。さらにその直後に右折がある(ここを直進すると、栗田神社の前を通って「栗田神社前」バス停付近へ出る)。
大型バスも運用される系統だが、ここがいちばんの難所かもしれない。(栗田神社前経由では狭くて曲がった道が続くのも大変そう)

この鋭角カーブと次の角の間に、バス停がある。
脇道から坂を振り返る。右が坂の下・雄物新橋

電柱の先・民家の手前を右折

そのバス停の名は、
「浜街道」
ほぼ真向かいに立つ上下両側とも、だるま型ポール。表示板は市営バス時代に設置されたローマ字入りカッティングシール文字。
表示板は両側同じ程度に色あせているが、棒の部分は上り側だけ妙に錆びていた。上の写真は下り側。

なお、雄物新橋も浜街道も、昭和末期頃は棒バス停が設置されていた。上記の通り1日3本だから、それで充分だったようだ。
浜街道から先の各バス停は記憶にないが、やはり棒だったのかもしれない。ただし、運行開始当初は現在と一部違うルートで、後で追加設置されたバス停もあったそうだ。


「浜街道」なんて、どこかロマンチックな響きのバス停。由来は何なのか昔から気になっていた。命名時にふさわしい名前がなくて悩んだのはうかがわれるけど。

「羽州浜街道」というものがある。山形県鶴岡市の鼠ヶ関と秋田市(久保田城下)を結ぶ旧街道。酒田市以北では「酒田街道」とも呼ばれる。
大ざっぱには現在の国道7号線のルートだが、本来の羽州浜街道は、この近辺では栗田神社前経由新屋西線のルートがまさにそれ。
ただし、昔は雄物川放水路がなかったから雄物新橋もなかった。両経由が分かれる橋のたもとの突き当りの崖の上に、行き止まりの道があるのだが、それがかつては街道だったそうだ。

ということで、羽州浜街道が由来だとすれば、こちら経由に「浜街道」があるのは適切とは言いにくい。
旧・秋田市交通局では、「旭北前」「勝平二丁目」「古城苑二丁目」のように、意味が分からないというか、テキトーにつけたんじゃないかと思えてしまうバス停がちらほらあるから、「浜街道」もそう(交通局の“創作”)なのかな…なんて思っていた。

その後、新事実が判明。
川と平行な坂道の道路の名称が「秋田市道 浜街道2号線」なのだそう。遅くとも1978年には存在している。
浜街道2号線の区間は、秋田大橋のたもとから雄物大橋の上(~国道に合流するまで?)までらしい。ただし、雄物新橋たもとでは、一瞬だけ県道が間に入る。
ということで、近くの道路の正式名をバス停名にしたのが真相ではないだろうか。

【18日追記】前にも書いたけれど、「大町通り」のように「点」であるバス停に対して、バスの経路と重なる「線」である通り(道路)の名称をつけるのは、場所を特定しにくくて、あまり好きじゃない。「浜街道」もその1つということにはなるが、道路名称自体が一般に浸透していないだろうし、「バス停だけで使われる名称」として認知されてしまっているのだとすれば、それはそれでいいのかな。

それから、栗田神社そのものへ行く場合、栗田神社前経由の「栗田神社前」よりも、県営住宅経由の「浜街道」で降りたほうが、少し近い。ただし、浜街道からだと鳥居・参道でなく脇から入る形になるのと、運賃が1区間高くなる。
(以上追記)

地理院地図に加筆。緑が栗田神社前経由、赤が県営住宅経由、続く左右両側がずっと浜街道2号線
↑地形図で見ると、高低差や鋭角カーブの鋭さはあんまり分からない。

バス停名としてはいいとして、道路の(愛称でなく)正式名称として「浜街道」なのも、珍しいかもしれない。たいてい地名を使うのに。バス停同様、道路にも適切な地名がなくて、苦肉の策で浜街道になったのかも。
そして、2号線なのに「浜街道1号線」はおそらく存在しないのも、不思議(計画倒れに終わったとかだろうか)。

あと、浜街道2号線の坂は、平坦な秋田市において、なかなかダイナミックな坂。
名前があってもいいのにね。「あかしあ坂(正しくはニセアカシア、ハリエンジュですが)」などいかがでしょう。
『秋田県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大通り沿い山王二丁目の変化 | トップ | 静岡のバス2017 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ユーラシア大陸と新屋 (あんなか)
2017-04-19 05:36:16
「あかしあ坂」良いですね。
子供の頃に近くにあった公園で大きなアカシアの木がありました。
その所為かアカシア(ハリエンジュ)には懐かしさを感じます。
北米原産ですが中国やシベリア南部で良く街路樹として植えられて大連も有名ですが天津でも植えられていていました。
ストリートビューで見るとシベリアの結構北のコムソモリスク・ナ・アムーレでも植えられていました。
ユーラシア大陸で人工的に植えられたのは荒れ地でも育ち成長も早く落葉樹だったことでしょうか。
香りの良い白い花を咲かせるのも気に入られたかも知れません。
そう言えば新屋、特に割山の原風景はどことなくユーラシア大陸的な感じを受けます。
日本では外来樹として切られていますがハチミツの花として有効でもありとても残念です。
Unknown (taic02)
2017-04-19 23:13:48
見た目がきれいで、使いみちが多く、丈夫で育ちやすいと、人間にとっていろいろと役に立つ植物ですね。小坂町ではすっかり観光資源です。どこか荒涼とした土地に育つ、柔らかいイメージの植物といったところでしょうか。
でも、やはり本来ない土地ではびこってしまうと、やっかいなのでしょう。

ニセアカシアは秋田市では、手形山や千秋公園の一角にも生えていますが、個人的にはやっぱり新屋とか割山です。
逆に新屋・割山を象徴する植物といえば、松とニセアカシアとハマナスでしょうか。
改めて調べたら、秋田市が公募する「市民に親しまれる道路愛称」の1987年において、空港跡地~向浜の県道に「あかしあロード」という愛称がつけられていました。じゃあ、あかしあ坂は没ですね…

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。