黒姫Time

黒姫にログハウスを建て、黒姫山を望みながらのんびりマイペースで活動する暮らしを綴ります。

晴れ間

2016-09-27 19:50:34 | 暮らし
晴れた〜!

細々した用事をMTB移動で。
なかなか晴れの日が少ないこの頃、農家さんは
青空のもと、稲刈りに忙しそう。

北信五岳もよく見えた日でした。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大天井岳

2016-09-26 20:51:38 | 
長い秋雨が続いて、やっと晴れ予報になった昨日と、
雨予報の今日は稜線歩きへ。
紅葉が始まり、良い展望が楽しめました。


8月にサル調査でお世話になった大天荘を目的地に
中房温泉から入山。

さすが週末、駐車場はほぼ満車。何とか第3駐車場の
奥に奇跡的に2台のスペースが残っていて無事駐車。

燕岳は人気の山だけあって登山口には大勢の入山者。
下りて来る人とすれ違いも多かった。

合戦沢ノ頭あたりから紅葉が鮮やかに。
稜線もくっきり


燕山荘は人がたくさん。そこから燕岳の眺めも良し。


燕岳はパスして大天井岳方面へ。
急に人数は少なく。。。
景色を堪能しながらの稜線歩きは楽しい



行く先の大天井岳方面も紅葉とまずまずの天気。


ひょっこりイワヒバリが降り立ってくれてパチリ。


花は終わっているな、と思っていたら
イワツメクサやツガザクラが咲いていた!



思いの外早くお昼に大天荘に到着。支配人始め、
従業員のみなさまに温かく迎えていただきました。

お昼時ということで、ゆっくりランチを。
カレー(ほうれん草をチョイス)、ナン、サフランライス
チャイ、フルーツのセット(1300円)


食事後は大天井岳や中天井岳など近くを散策。
雲が多くなったものの、槍ヶ岳や常念岳、剣岳も
見えて景色を堪能。




小屋の周りにはコケモモのやクロマメノキ、ガンコウランの実。
ライチョウには嬉しい実りの季節。



今日は朝から小雨。
出発する頃はちょっと本降りへ。。。
従業員のみなさん総出で見送っていただきました。
ありがとうございました!
来年はお客様を連れて行かねば。


今回は往路下山。山肌の紅葉ももう少し。


雨は降ったり止んだりで予想よりも悪くなかった。
燕山荘で稜線に分かれを告げて合戦尾根へ。


それほど良いとは言えない天気でも登ってくる人は
そこそこいます。
中房温泉直前に雨足が強くなったけれど、無事下山。

ピーク目的でなく、山小屋目的で行く山歩きも良いものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雁田山

2016-09-24 19:27:17 | 
お客様のリクエストで今週末も雁田山へ。
町の外れにあって、家の裏山という雰囲気の里山です。


雨が続いていたけれど、朝のうちは青空も少し見られて
全体的に何とか曇り空が保って周回コースを歩けました。

小布施の町中は朝から観光客が多く結構な賑い。
町中を抜けて岩松院から登り始め。

入口には「クマがいます」プレートと鐘。
この鐘は数カ所に設置。(そんなに必要?とも思いますが。)


カシワが多いこの山、良く見ると頭に3本の毛が生えている
みたいな実が可愛い


もちろん登山道上いたるところにある板状節理は象徴的


大城跡の周りには堀切が多数。


展望園地から、今日は北信五岳は山頂が隠れて見えず、残念。
ですが黄金色の刈取り間近の田んぼをバックに。


反射板跡を経て登山口へ。最後まで雨に降られず良かった。
おまけはトゥエルでジェラートダブルで乾杯。
お疲れ様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妙高の豆腐屋

2016-09-23 19:37:27 | 暮らし
東京から友人が来たので黒姫高原のカフェ茶房主へ。
話をしているうちにカレーうどんの中に入っている油揚げ
は妙高高原の豆腐屋のものと聞いて行ってみた。

商店街でもなく、普通の家のような入口に、
「看板がないとわからないね」
昔ながらの豆腐屋、こんなお店がまだあったのかという感じ。

馬場豆腐店というお店。


あぶらあげが名物のよう。
茶房主のオーナーいわく、さっと炙って生醤油で食べると
酒のつまみに最高とか。

さっそく大きめなあぶらあげと見た目普通の厚揚げ、
ずっしり迫力のおぼろ豆腐を購入。
夕飯の三品になり、美味しくいただきました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

袴岳

2016-09-22 21:20:15 | 
今日の予報も雨予報。
雨続きもそろそろ終わって青空が見たいこの頃。

今日はガイド仲間と戸隠山に行く予定も、雨予報に
早々に延期を決定。

朝はまだ霧雨が降ったり止んだりだったので、
秋の味覚を探しに近場の袴岳へ。

赤池ではまだ雨は降っていなかったので、何かないかなあ
ときょろきょろしながら進みます。

ミズナラの葉に虫こぶ。
ナラハヒラタマルタマフシ、なかなか綺麗な虫こぶ。


ヤマブドウはだいぶ熟していて甘いけれど、すぐに実が
落ちてしまう(ピンボケ)


足元にホコリタケ。薬効があるらしい。
もうすぐてっぺんから胞子を出しそうなくらい張りがある。


ヤマボウシ、これもヤマブドウ同様熟していて地面に
落ちてしまったものが多い。


第1ピークからは直江津の海も薄ら見えるくらいの展望は
あったけれど、すぐにガスの中へ。


袴岳へのルートは先日行なわれたトレランレースのコース
になっていて、雨の中のレースだったせいかトレイルは
かなり荒れています。轍のように深くえぐれていたり
路肩が崩れていたり。


さすがに600名以上が雨の中走ればこうなるのは予想して
いたけれど、予想以上の荒れ方。
袴岳へのトレイルでレースコースから外れていた部分と
比べると一目稜線。
何だか後味が悪い気がするのは私だけ?

気を取り直してブナ林を見上げてホッとする気持ち良さ。


山頂は展望なく、霧雨もしっかり降ってきて雨具着用。


下って沢地形のトレイルには毎年サルナシの穫れる場所が。
あったー、まだ固いものが多かったけれど、熟したものを
いくつかいただいて水分補給。



栃の実が落ちていたり、


マタタビ。熟しているものを食べたけれどちょっと渋かった。


雨は降っているけれど森の中はそれほど強くなくカタツムリの
ようにのんびり(ゆっくり?)歩ける。


森を抜け林道に合流したら思ったよりもしっかり雨が降っていて、
風もあったので急いで駐車場まで。
雨の中でも秋の味覚を楽しめた袴岳でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨続く

2016-09-20 21:27:19 | 
大雨続きで家に籠るのも段々と飽きてきて、
パソコン仕事もあるけれど、長続きせず。

ちょっと身体を動かしに。久々で1時間で十分でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨なので

2016-09-18 19:59:56 | 暮らし
昨晩からの強い雨に山行中止にして良かったと安堵。
特に午前中は外に出ない方が良さそうな雨で、それならと
換気扇&キッチン周りの掃除。

昼前に少し雨が小降りになったので久しぶりに買物がてら
上越へ。
連休なのに雨で外遊びが出来ないせいか、どこへ行っても
家族連れが多い感じ。(私も同じか・・・笑)

明日も雨予報だなあ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信越トレイル改め雁田山

2016-09-17 16:13:39 | 
今日明日とテント泊初めての方と信越トレイルの北部を歩く予定
だったけれど、今晩から明日にかけての予報が雨量多めだったので
中止に。

代わりに着晴らしに、とのことで日帰りの登山に変更。
ここは変化に富んだ里山、雁田山へ。
下山後、小布施観光もちょっとできるし。

雲は多いものの、比較的遠くも望める天気の中、岩松院から登り
始めました。
地形図を見ながら現在地確認の練習をしながら登っていきます。
この時期の花はあまり無く、ピンク色のヤマハギと登山道脇に
目についたのは白い花のオケラ


板状節理の火山岩が露出する岩場を登れば堀切が出てきて大城跡。


コナラがカシノナガキクイムシの被害にあっているものが結構あり。
何回か登っているけれど前回登ったときには気がつかなかったので、
夏の間に被害にあった様子。被害の拡大が心配。


千僧坊からは市町村境。所々に大岩があって飽きない稜線歩き。
姥石のある辺りも大岩が集まっている場所。


展望園地からは北信五岳が見渡せました。この地域からだと
右手から斑尾山、妙高山、黒姫山、戸隠山、飯縄山を頭文字を
取って「まみくとい」といって覚えるらしい。
後立山連峰も何とか見えて思いのほか良い展望でした。


雁田山山頂は一応三角点のある反射板跡地。
山頂と書かれているものもなく、ちょっと寂しい感じですが。


下りは尾根の分岐の確認をしながら、急斜面を下って道路に合流。
ブドウ畑、クリ畑、リンゴ畑を横目に遊歩道を歩くと浄光寺の
スラックラインパークで小学生くらいの男子がスラックラインの
上でトランポリンのように飛んで回転してる!
すごいわ・・・

岩松院の駐車場まで戻ってひと回り。
手軽な里山だけど、変化に富んだ雁田山はこれから紅葉のシーズン
がおすすめです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブナのトレイル

2016-09-15 18:41:49 | 
信越トレイルの伏野峠からブナの森へ。
雲が多かったものの、雨には降られず涼しく散策。


キューピッドバレイスキー場のゴンドラ山頂駅に
信越トレイルテントサイトが試験運用になったので偵察に。
伏野峠から野々海峠方面に向って小さなアップダウン
のブナ林主体の稜線。途中から見える菱ヶ岳。


樹々は厳しい気候に樹形が曲がって変形も。
なので跨ぐ場所も多々あり。
部分的にはスッと伸びたブナの回廊。


オオカメノキが少し色づいて


⑥−5の道標からゴンドラ山頂駅に向けて尾根下り。
急な斜面で滑り易いので注意。
急斜面を下りると湿地帯。
そしてゴンドラ山頂駅の広場。
今年の雪の時期にはお手軽BCツアーで何度か来た場所。


帰りは須川峠に向って別のルートから。
菱ヶ岳の登山口でもあり、須川峠への古道でもある。
⑥ー3の道標で信越トレイルの本線に戻れます。
こちらのルートの方がアクセスは楽。


ツノハシバミがぽとぽと落ちていたけれど、中身は・・・
腐っていた〜残念。


伏野峠に戻って終了。
伏野峠までの道は舗装されているけれど車1台程度の
細い道なのですれ違いに注意。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再び小諸days

2016-09-13 18:53:23 | 
10日から今日までまたまた小諸へ。


こちらの安藤百福記念自然体験活動指導者養成センターでのFA講習。


救急救命医、救急救命士の方々から直接指導の講習です。
室内で講義とCPR、傷の手当、固定など・・・


屋外でシナリオトレーニングをたっぷりと。
そしてビデオで振り返り。


少人数だったのできめ細かい指導が受けられて有意義な講習でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観音沢から八島ヶ原湿原

2016-09-09 22:13:02 | 
今日は観音沢を通って旧御射山神社を経由して八島ヶ原湿原へ。


まずは今年行なわれた御柱祭で、下社の御柱が落とされた木落坂
を拝見。こりゃ急だわ・・・


棚木場を通り、大平に車を置いて山の中へ。
一応ハイキングルートらしく、道標がわかり易くあります。



若干林業用の作業道のような感じで一旦林道へ合流。
観音沢橋から沢沿いへ。苔むした感じが良い。





沢は涼しげ。


屏風岩は迫力。


二俣付近では新しい橋が架かっていました。


さらに沢沿いを登って


ぽっかり開いた空、旧御射山遺跡
旧御射山神社にも新しい御柱が建っています。



木道を経て八島ヶ原湿原へ。
木道沿いには夏の終わりの花と秋の花。

ビジターセンターで話を聞いて、御柱の切り株があると
いうので下りは舗装路で。
道沿いに「秋三」「春四」と書かれた切り株を見ることが
できました。
今年使われたんだなあ、と何か感動。(伐ったのは昨年)



そして7年後を見据えてか何本かのモミにテープが巻かれています。
シカ除けのメッシュのシートも巻いてある。


さらに、伐ったらその分植樹している様子。
次世代に残すのは祭りの文化もモミの木も同じですね。




そのうち道路脇がキラキラするの発見。
「黒曜石」がありがたみ無い感じで露出(笑)。
霧ヶ峰周辺は黒曜石の代表産地なんです。



途中から林道に戻って下山。紅葉の頃が良さそうだなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天水山

2016-09-07 19:33:02 | 
何とか天気が保った今日は天水山へ。
森宮野原駅からアプローチルートを探ってみた。


登りは越手集落を通って林道歩きで栄村登山口へ。
まあ、ここまでは舗装路、コンクリート道路に落ち葉や
草が生えてきた道をつづら折りで登って行く感じです。

ヤマイモのむかごが実っていたり、ミツバアケビの実が
大きくなってきたり



栄村登山口から少し登って行くと気持ち良いブナ林


967mの三角点からアップダウンの稜線歩きで天水山。
ほぼ長野県と新潟県の県境を歩く信越トレイルの北の起点。
ブナに囲まれた山頂はちょっとガスがかかって涼しげ。



下りは整備中の森コースで下山。


刈り払った後で、そこそこ歩き易い道だったけれど、途中から
舗装路歩きで足が疲れた・・・
森宮野原駅で車を回収して終了。
雨には少しあたった程度で雨具を着ることも無くよかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小諸day

2016-09-06 19:17:52 | 
5、6日は小諸の安藤百福記念自然体験活動指導者養成センター
で講習。初日は晴れから雨という変わり易いお天気。


2日目は屋外で。蒸し暑い気温で久しぶりにやぶ蚊に数カ所
刺されて痒い・・・油断してたなぁ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高原の風

2016-09-03 19:16:59 | 暮らし
今日は日差しが強いもののカラッとした高原の風が
気持ち良い日。

沼津の友人が富山のおわら風の盆に行った帰りに
立ち寄ってくれました。久しぶりの再会。
昔話ばかりなのはお互い年を取ったからだね。

お昼に黒姫高原の蕎麦屋へ。
木陰で気持ち良いテラス席で涼しい風を感じながら
細めの蕎麦を堪能。
短い時間だったけれど、懐かしい顔に会えて楽しかった。


暖かかったせいか、ちょっと遅い種蒔きだった畑の大根も
ニョキニョキ芽を出していました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火打山登山道、小屋情報

2016-09-02 22:03:54 | 
9/1〜10/31の予定で高谷池ヒュッテから火打山に
かけての登山道改修作業とヒュッテの改築工事が
始まっています。

登山道は主に天狗の庭を過ぎたあたりから山頂に
近い場所までの刈り払いや木道、階段の改修が行な
われています。
足場が悪い場所があるので注意して通行してください。


高谷池ヒュッテは1階部分(玄関、食堂、厨房、自炊室、
受付&スタッフルーム)とトイレの改築。
1階は使えず、厨房や食堂は庭に置いたコンテナハウス
だとか・・・


トイレは仮設トイレが8個ありました。


出入り口は外階段で2階のベランダからということです。
工事関係者が宿泊しているので、登山者の泊れる場所は
減少しています。

焼山は今朝は水蒸気が2ヶ所から上がっていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加