黒姫Time

黒姫にログハウスを建て、黒姫山を望みながらのんびりマイペースで活動する暮らしを綴ります。

久々にネイチャーゲーム

2016-07-27 20:22:56 | ワークショップ
久しぶりにネイチャーゲームを楽しんだ午前中。
木が発する言葉を代弁してみたり


動物の目線で草むらを進んでみたり


一ノ鳥居園地はオオバギボウシが盛り。
ニッコウキスゲもポツポツと。


キキョウは咲き始め。
紙風船のようなつぼみを手でつぶしたい衝動にかられる...


オケラのつぼみ。初めて見たような。。


どんよりしていた空もお昼頃には青空が広がって
蒸し暑くなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鷹狩山展望公園

2016-07-25 20:42:19 | 
大町での用事の帰り、鷹狩山展望公園へ。
車で行けちゃうんですね〜。
何でも「信州ふるさとの見える丘」だとか。

今日は山には雲がかかってすっきり見えなかったけれど、
田園、高瀬川など町並みは見えました。
天気が良ければ良い展望なんだろうなぁ。


そんなときに目の前をバサっと通り過ぎて目の前に
降り立ったのはオオムラサキ、お初です!でかい!
羽根は傷んでいたけれど、存在感は抜群。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裏山の霊仙寺山

2016-07-24 21:56:09 | 
我家の裏山、霊仙寺山。
かなり前には我家から歩いていける登山道があったけれど
今は廃道と化している。

メインルートは霊仙寺跡から登るルート。
飯縄山同様(というか、飯縄山から縦走もできる)半日で
登って下りてくることができる近所の山。
とはいえ、飯縄山のように混雑は皆無。
今日出会ったのはソロ2名、2人組1組のみ。日曜日なのに・・・

霊仙寺跡の駐車場からスタート。
杉並木、足元は苔


割と下の方でも咲いていたミヤマホツツジ


オトギリソウも少し。


ダケカンバ林を抜けると夏の花。
オミナエシ


ちょっと地味ですが、シュロソウ


ピンクが目立つ!シモツケソウ


ツリガネニンジン


マツムシソウも咲きはじめ


いつも不思議なバランスで立つ岩


クルマユリも鮮やかに。


山頂はちょうどだれもいない


クガイソウ


コウリンカ


大きめな花がこれから最盛期のマルバダケブキ


足元に控えめな感じで咲くミヤマコゴメグサ


上部は全体的に笹薮が登山道に被って歩き難い。
しかも地面が滑るし。。。
まあ、人が少ないからいいか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日もMTB体験

2016-07-23 20:05:14 | MTB
一昨日と同様に黒姫高原で中学1年生のMTB体験の
イントラ。
今朝はすっきりした良い天気だったけれど、次第に
黒姫山の山頂付近は雲に覆われて・・・
まあ、講習をしている時はこのくらいの方がいいかな。


MTBも準備万端。


土曜日のせいか観光客も多く、ミニツーリングでは
声援をもらってゲレンデ下りも。

日差しももとでは暑いけれど、高原の風を切って走る
下り道は気持ち良かったらしい。
お疲れさま!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャム作り続く

2016-07-22 19:31:30 | 暮らし
連日収穫のブルーベリー。
冷凍庫はいっぱいになってしまったので、採り頃の
ブルーベリーをおすそ分けしたり、ジャムにしたり。
もちろんヒヨドリも啄みにきているけれど。

今日も約2kgをジャムに。またビンを買ってこないとなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MTB体験

2016-07-21 20:03:45 | MTB
今日は黒姫高原で東京の中学1年生とMTB体験のイントラ。
普段は未舗装路を走ることも無く、中にはほぼ自転車に
乗ったことが無い学生も。

それでも半日の短い時間で、講習とミニツーリング。
芝生の上やゲレンデのダウンヒル、長い登りなど大汗を
かきながら頑張っていました。
達成感もあったようで、良かった良かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢見平

2016-07-18 16:37:42 | 
昨日の黒姫山に引き続き、Iご夫妻をご案内。
今日は足に優しい場所ということで夢見平へ。

黒姫は霧雨の降るしっとり濡れる天気で、笹ヶ峰に
向って登って行って仙人池のカーブを過ぎても変わらず・・・
晴天率の高い笹ヶ峰も今日はダメか、と諦めたけれど、
グリーンハウスへ入口から晴れ間が!感動・・・

ブナ・ミズナラの林、カラマツ林、シラカバ林、湿生林
などそれぞれの林を繋ぐコースが設定されている夢見平を
ゆっくり植物や鳥など観察をしながら歩きました。

ミズナラの大木にぴったり寄り添うブナ。
腕ならぬ枝を絡めている姿が印象的。


鳥の写真を撮るのが趣味のご主人、鳥の動きを素早く
見つけて被写体にレンズを向けていました。


森林軌道跡のあるルートはブナの大木が多い。
ガスが下りてきてちょっと神秘的な風景になります。


連休最後の祝日でしたが、混雑も無くゆっくりできました。
2日間お疲れ様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒姫山

2016-07-17 21:35:17 | 
雨でぬかるみの登り、雨が止んでもぬかるみの下り
の黒姫山でしたが、無事登頂できました。

(写真提供:Tさん)


登り始めの古池でカルガモの親子が2組。
親の後にちゃんとまとまって泳ぐ子ガモたちの群れと
親の前に行ったり来たりまとまりの無い子ガモたちの群れと
対比が面白い。


なかなか雲が取れない稜線歩きだったけれど、途中から
雲の切れ間から志賀高原方面の展望、飯綱山、斑尾山もチラリ。


最後の登り!

(写真提供:Tさん)

山頂では信濃町の田畑も野尻湖も見下ろせるほど回復
した天気になりました。
良い笑顔です!


下りは段々と晴れ間も出てきて予報よりも早く回復した天気。
ちょっと蒸し暑くなりましたが、順調に下山。

大変お疲れ様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑気払い

2016-07-16 21:10:51 | 暮らし
暑気払いしよう!と呼んでいただきました。
涼しかったけれど(笑)

ペンションオーナー時代のメニューも作っていただき、
美味しくいただきました〜。
(ナスのパン粉焼きと生ハムのミルフィーユ仕立てだったと思う)


ありがとうございました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涼しさを求めて

2016-07-15 21:05:01 | 暮らし
夜中、激しい雨音で目が覚めるほどの豪雨。
後で降水量を見てみたら3時頃は33mm/h
どおりで雨音がすごかった訳だ・・・
明るくなって5mm/hくらいにおさまっていたけれど、
水路はオーバーフローしたらしく、お隣の畑は水浸し。


午前中には雨もほとんど止んで、水量も引いていった
けれど、作物は大丈夫だろうか。


そんなヒヤヒヤする朝を過ごした今日は、東京から友人が
1泊で黒姫にやってきた。なんでも出張開けとか。
タイトスケジュールにも関わらずやって来たのは、
スギちゃんと「飲む」ことが最大の目的(たぶん 笑)
あとは涼しさを求めて・・・

昼に到着していつもの黒姫高原の「茶房主」でランチ。


黒姫駅前の酒屋萬屋で日本酒を買い、
昼寝をし、(窓を開けていたら寒かったらしい)
いつも持ってくる刺身で飲み食い、
涼しく寝る (といっても夜中肌寒くて起きたとか)

まあ、普段のぴりぴりしたサラリーマン生活のストレス
発散になったならいいか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒沢遡行

2016-07-14 21:14:48 | 
今日は黒沢遡行。
我家はどんよりして少しガスがかかっている天気だったけれど、
笹ヶ峰は青空も見えていて、ここはやっぱり天気が良いなぁ。
下界の天気がいまひとつだったせいか、登山者も少なめ。

黒沢橋から入渓、未明までの雨のせいか水量は多め。


岩の上にはフキユキノシタがあちらこちらに


オオバタネツケバナは何だかワサビっぽい味


ヤマハハコはまとまって咲いて


柱状節理の岩壁の上部辺りは十二曲り上かな。


今日の相棒、カンちゃんと楽しみました!



傾斜が緩くなってきて景色が開けてきたら黒沢湿原の端に到着。
本日の終了点。気持ち良い広がり。


ハクサンフウロ、カラマツソウ、ヨツバシオガマ、クルマユリ
などの夏の花たちが咲いていました。




下山は富士見平分岐経由で下って黒沢橋でひと回り。
雷が遠くで聞こえ始めて雨を心配したけれど、登山口まで
ギリギリセーフで雨を避けて下山。
水と戯れた日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

峠から峠へ

2016-07-12 21:18:58 | 
今日は信越トレイルへ。
森の家から牧峠に向う県道の途中にある宇津ノ俣峠登山口
から宇津ノ俣峠を目指し、峠からは信越トレイルを歩いて
旧牧峠で県道へ下山のルート。

豪雪地帯の森の中は根曲がりの木が多いのでまたいだり、
くぐったりすることも多い。


そしてこの辺りはどこもブナ林が多くて気持ち良い。
ブナ林帯に入ると風が涼しい〜


緑のグラデーションの森の中に青色が引き立つエゾアジサイ。


お、ツノハジバミの実が大きくなってきた!
もはや美味そうにしか見えない(笑)


小さな沢を越えたりしながら標高を上げていくと宇津ノ俣峠。
先客1名で、広島から信越トレイルを歩きにきた方でした。
今日は野々海池キャンプ場から光が原キャンプ場までだそう。


県境の信越トレイルを歩くとブナもなかなか大変な格好に
なって育っています。


ブナの葉に虫こぶはブナハマルタマフシ。
形成者はブナマルタマバエ。小さい突起が面白い形。


稜線上で時々見える上越の展望。


花立山には三角点。こちらも上越方面の展望あり。


旧牧峠から下山。かつては冬も交易が行われていた古道。
4〜5m以上の積雪がある中の行き来は大変だったろうなあ。


鬼ブナは樹齢300年以上と言われているブナの巨木。


さらに下って行くとまたまたブナ林帯。
ここもまた気持ち良い〜。


県道に合流して約30分の舗装路歩き。
日差しは暑いけれど、風が吹けば涼しいのは救われるなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の瑪瑙山

2016-07-11 19:21:39 | 
今日はちょっと戸隠方面のトレッキング。
スタートは戸隠イースタンキャンプ場から。

キャンプ場には常設テントの上にブルーシートの
タープが張られているものが整然と並んで、学校の
林間学校仕様?

ちょっと異様な光景のキャンプ場を後にカラマツ林
の登山道へ。


途中から広葉樹林に代わりブナや、ミズナラの大木も。


勾配が急になり始める頃に咲き始めたエゾアジサイが
数株。


小ピークを越えてゲレンデに合流。
ゲレンデは夏の花が咲き始めて賑やかな感じに。

アサギマダラ(蝶)が吸蜜するヨツバヒヨドリ


オレンジ色がひときわ目立つコオニユリ


ひょろひょろと長い花序のクガイソウ


夏の瑪瑙山は久しぶり。
雲が出てきたら涼しくなって歩き易い気温。


ゲレンデを周回するように下るとヤマブキショウマや
カラマツソウの群落。



足元にはノコギリソウも真っ白な花を咲かせて。


スキー場の駐車場に下りてきてそのまま越後道で
念仏池経由でキャンプ場まで。



念仏池は親鸞上人が戸隠権現へ参詣で立ち寄った折に、
ここで念仏を唱えると池底から沸き上がる現象が起きて、
戸隠権現の霊験であることは明らかだと感激したところ
から付けられた名前ということです。

池底からポコポコ沸いている様な姿が見られます。


思ったよりも雲が多く、涼しい半日トレッキングでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤石山と笠岳

2016-07-10 18:54:57 | 
志賀高原の赤石山と笠岳へ。
雲があるものの、北アルプス、北信五岳の山並みも
何とか見えてまずまずの天気。


高天ヶ原から登って、赤石山、大沼池を経由して
大沼池入口というコースで。
なので路線バスの時間に合わせて大沼池入口に到着。
(1時間に1本なので)
車を置いてバスに乗って高天ヶ原へ。

サマーリフトに乗って高度をかせぐつもりで動くのを
待っていたのに時間になっても動かない・・・
機械の調子が悪いとかでいつ動くかわからず、ゲレンデ
を登る。リフト降り場に着いたら「サマーリフト運行」
とアナウンス。ま、そんなもんです。

植物園を通り、寺子屋登山口へ。
ゲレンデにはヤナギランやニッコウキスゲ、テガタチドリ、
ネバリノギランなどなど、夏の花の賑わい。
ニッコウキスゲ


テガタチドリ


寺子屋登山口から金山沢の頭の分岐まで全般的にツルツル
だったり、ぬかるみでドロドロなところが多い。


金山沢の頭からは赤石山方面へアップダウンの稜線歩き。
樹林帯で涼しく、鳥の声が賑やか。
近くに飛び回るメボソムシクイ(たぶん)


ときおり見晴らし良くなって、岩菅山も見える。


樹林帯な分、こちらもツルツル、ぬかるみも多めで、
ネマガリダケが伸びて登山道に被さっているところも
あり、快適ではなく・・・

ゴゼンタチバナも終盤。


シラタマノキが小さい花を揺らして。


アカモノは花が終わって実に。


最後の登りが緩やかになって大沼池が見えてきたら
すぐに山頂。長野県と群馬県の県境です。標識は樹林帯。


岩場の上から独特な色合いの大沼池を見下ろす好展望。


そそり立つ岩と赤い地面が特徴の赤石山。



岩に張り付くようにコメツツジ。


県境の稜線を横手山方面に下山して分岐より大沼池へ。
樹林帯で所々階段状の急な場所があるので注意。
傾斜が緩くなってきたら大沼池は近い。
大沼池から奥志賀山。


これぞ大沼池という色。


大沼池からはほぼ未舗装路の車道(一般車は通行止め)で
大沼池入口へ。
車に乗って今度は高山村との境にある笠岳へ。


峠の茶屋から約20分で登れる山だけれど、8割が階段。
そして結構急な階段・・最後は少し岩場を登って山頂。



横手山方面がすぐそこに見えます。


短時間で登れる場所なせいか、15:30に下山したときに
登り始めたグループもいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒姫山からの展望

2016-07-08 20:30:32 | 専門学校実習
今日は黒姫山登山。
曇りながらも山頂は見えていました。
古池登山口から歩き始め。
新しい看板が・・・登山についての装備や登山届け、
注意事項などが書かれていて、英語、韓国語もあり。

古池からはこれから登るルートの概要が見えます。
カルガモの親子が泳いでいたけれど、遠くでカメラに
収められず残念。


森林帯は蒸し暑く、水分補給をこまめにしないと
熱中症になりそう。
稜線に出ると良い風が吹いてくれました。(ほっ)
しらたま平で思いのほか良い展望に学生たちは感激
したようです。
北信五岳の戸隠連峰(高妻山)、飯縄山や、雨飾山、火打山
など近くの百名山、北アルプス、中央アルプス、南アルプス
の山々、八ヶ岳や富士山、四阿山に根子岳、志賀の山々などなど
山が幾重にも重なる様子が良かった〜。



雨にパラパラとあたったけれど、雨具を着る程ではなく
山頂到着。


こちらからも好展望。





花の時期がちょっと過ぎてしまって目立つものはあまり無く、
オミナエシが花を咲かせる準備中でした。


学生たち、明日は撤収作業後、帰京です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加