LA VIE EN ROSEのプロムナード(散歩道)

私達の毎日の生活は”プロムナード(散歩道)”です。散歩道で発見した出来事を日常世界ふしぎ発見!でご紹介して行きます

今週のgooなブログ:”帰りは、新宿伊勢丹”

2018年01月15日 19時02分31秒 | 良い出来事
 私達の1月10日のブログ記事の”帰りは、新宿伊勢丹”が、今週のgooなブログに選ばれて驚いています。

 稚拙な内容の私達のブログ記事ですが、膨大な数のgooブログサイト数:2,799,744の中からどうして選ばれたのでしょうか?私達は、本当に驚いています。

 思う事は、カメラマン(妻)の写真術が、日に日に向上しています。このカメラマン(妻)が撮った写真が評価されたのでしょうか?もし、そうでしたらカメラマン(妻)にとって、本当に喜ばしい、嬉しい出来事ですね!!

カメラマン(妻)は、これからも、日々の発見・驚きを写真に撮って行きます。

カメラマン(妻)

毎日、楽しんで、写真を撮ってくださいね。


記録

 天気: 晴時々曇
 最高気温(℃)[前日差] 12℃[+4] 
 最低気温(℃)[前日差] -1℃[-1]

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うれしい出来事で今夜は、お祝い

2017年12月22日 23時55分03秒 | 良い出来事
今夜は、デパートのお寿司と


うれしい出来事がありまして、今夜は、ささやかなお祝いをしました。真面目に頑張っていれば良い事は、起こりますね。

ワインで乾杯!!



記録

 天気:  晴時々曇
 最高気温(℃)[前日差] 11℃[+1]
 最低気温(℃)[前日差] 0℃[-1]   

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”LA VIE EN ROSE”のバラ達に乾杯!!

2017年09月23日 19時54分11秒 | 良い出来事
”LA VIE EN ROSE”のバラ達に乾杯!!


 今日の午後からは、秋バラが美しく咲いて欲しくて、傷んだ葉っぱを取り、病気・害虫のバラチェック、南庭の誘引調整他のバラ仕事を頑張りました。明日から天気は回復して行くようです。バラ達は、IB化成肥料の栄養分を吸収して行って成長して、美しく咲いて欲しいですね。

1時半頃からバラ仕事を始めて、終わったら夕方5時になっていましたね。今日のバラ仕事お疲れ様でした。

 という事で、切ってきたバラを花瓶に入れて、テーブルに置いて飾って、今夜の夕食は、”LA VIE EN ROSE”のバラ達を見てワインで乾杯!!

 記録
  
 天気: 雨後曇
 最高気温(℃)[前日差] 22℃[-4]
 最低気温(℃)[前日差] 19℃[-1]

 散歩人とカメラマン(妻)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”天使のはしご”の空を見ました

2017年08月30日 15時33分29秒 | 良い出来事
 ”天使のはしご”


今朝、カメラマン(妻)は、”天使のはしご”の空を見ました。

 この”天使のはしご”の空は、たまにしか見ることができないという希少性な現象です。その美しいその光景に一瞬立ち止まってしまいました。

◆ ”天使のはしご”とは;
薄明光線(はくめいこうせん、英: crepuscular rays)は、太陽が雲に隠れているとき、雲の切れ間あるいは端から光が漏れ、光線の柱が放射状に地上へ降り注いで見える現象。通常とは逆に、雲の切れ間から上空に向かって光が出ることもある。おもに、地上から見た太陽の角度が低くなる早朝や夕方に見られる。

”薄明光線”は、別名が多数ある。気象現象としては「薄明光線」、一般的には「天使の梯子」がよく知られている名称。

・天使の梯子、天使のはしご(てんしのはしご、Angel's Ladder)
・天使の階段(Angel's stairs, Angel's stairway)
*ヤコブの梯子、ヤコブのはしご(Jacob's Ladder)
・レンブラント光線
・また、単に光芒と呼ぶこともある。

”天使のはしご”


*ヤコブの梯子、天使の梯子という名称;
旧約聖書創世記28章12節の中にある記述に由来する。この記述では、ヤコブが夢の中で、雲の切れ間から差す光のような梯子が天から地上に伸び、そこを天使が上り下りしている光景を見たとされる。これがキリスト教徒の間で知れ渡り、やがて自然現象もそのように呼ばれるようになった。

 今朝は、”天使のはしご”を見ました。”天使”が私達家族に幸せを運んで来てくれているそんな暗示を感じた朝となりました。
困難から逃げないで乗り越えれば、きっと良い事を”天使”が運んで来る。そんな思いで今日を過ごしました。

”天使のはしご”を見た人には、幸福がやって来ると言われています。この写真の”天使のはしご”を見た皆さまに幸福がやって来ますようにお祈りします。


 記録

 最高気温(℃)[前日差]  32℃[0]
 最低気温(℃)[前日差] 26℃[+1]

カメラマン(妻)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BAR ”LAVIE EN ROSE”

2017年06月25日 19時59分38秒 | 良い出来事
BAR ”LAVIE EN ROSE”です


 昨日は、恵比寿にある東京都写真美術館に行って、三つの写真展を見学してきました。見学し終えたら時間は二時半頃になっていましたね。お昼を食べていませんでしたので、恵比寿駅の近くでランチをしようと考えたのですが、これといったお店が見つかりません。
遅いランチと早めの夕食を一緒に取ろうと考えたのですが、どうも、良いお店が見つかりませんでした。

 昨日は、外食のランチも夕食もやめて家に帰って早く夕食にする事に決めました。その後、家に着きましたら、お腹が空いてきて、また、暑い日に外を歩いたので疲れが出てきました。

時間は、5時頃になっていましたので、こんな日は、”LAVIE EN ROSE”でバラを見ながら夕食前にリゾートホテルのガーデンテラスにあるバーでくつろいでいる気分で、カメラマン(妻)と梅酒とをいただきながらスナックをつまんでで軽くJOYFUL TIMEをしました。
 
外が暗くなって行きますと、”LAVIE EN ROSE”は、リゾートホテルのガーデンテラスにあるバーの雰囲気になりますね。


陽が沈み、涼しくなり、気分が良くて、すぐに梅酒が無くなってしまいました。

もし、恵比寿駅の近くのお店でランチもしくは、夕食していましたら、3、4千円かかっていたことでしょうか?
それがBAR ”LAVIE EN ROSE”で、バラ、ユリの花を眺めながらJOYFUL TIMEをすれば、2、3百円で済みますね。お楽しみの時間が非常に安上くあがり、私達の家計にずいぶん助かりますね。
これからの季節は、BAR ”LAVIE EN ROSE”は病みつきになってしまいそうです。

でも、これからの季節、外での飲食は、蚊の襲来に注意しまいと行けませんね。

冒険者とカメラマン(妻)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神様からのプレゼント

2017年06月25日 08時03分19秒 | 良い出来事
ラ・フランス


 ”LAVIE EN ROSE”の春バラの季節は終わり、夏バラの季節になりましたが、今年はを造園して二年目の年で、今年は、うどん粉病の被害、気候の変動による開花遅れへの影響はありましたが昨年以上に多くのバラが咲きました。

エントランスゲート





東側


玄関前


 私は、うれしくなって、友人のみなさんに『”LAVIE EN ROSE”の庭だより』として、バラの写真を送らさせていただきました。

 そして、友人の皆さんは、送られて来た写真を見て、美しさに”驚き”、”感激”、”感動”していただきまして、私達にこれからも、バラ栽培頑張ってください。との激励のお言葉をいただきました。

グラハムトーマス


 ”LA VIE EN ROSE”のローズガーデンを造園するきっかけは、ある年の春の朝、庭に咲いた一輪のバラの美しさに感動して、それがきっかけで、”LAVIE EN ROSE”のローズガーデン造園に発展して行きました。

 当初の私達の思いは、私達の個人の趣味でバラの花を楽しむ為に始めた事ですが、それが、私達以外の人達に咲いたバラの美しさを見ていただき、バラの美しさに”驚き”、”感激”、”感動”してもらっている事がわかりました。

チャイコフスキー


 私達自身の趣味でやっている事が私達以外の人達にも幸せな気分を与えているんだなあと思うと、私達の”LAVIE EN ROSE”のローズガーデンは人の為に役立っている。世の中の為に良いことをしている事を実感するようになりました。

エントランスゲート


バラが咲いている頃、庭に出てバラのチェックをしていますと通りがかりの人が立ち止まって咲いているバラ見て行きました。その中で、近所の人でない、見慣れない人もいました。
きっと散歩の途中でバラが満開に咲いている家を見かけたので、気になって通りがかったのでしょう。

ある日の出来事(1)


 ある日は、自宅前に業務用のハイエースが止まり、中から、きつい顔の工事関係者らしき男が出てきました。道路に立って、バラをチェックしていた私は通行の邪魔をしてしまい、怒られるのかな?と思ってしまいました。

 そのきつい顔の男は、私に”お宅のバラは本当に綺麗だね、ここを通ると、俺、いつもお宅のバラを見ているんだよ”、”お宅のバラはどこの家のバラよりも綺麗だよ”、”俺は、いつも、ここを通るといつもお宅のバラを見て感心しているんだよ”、”俺、バラ好きなんだよ”。
 このきつい顔の男は、見かけによらず、バラの好きな心の優しいいい人なんだと思いました。人を外見で判断してしまった自分を反省しました。

 別れ際にこのきつい顔の男の人は、”俺は府中に住んでいて、妻がバラが大好きなんだ、家で妻がバラを育てているんだよ。今度、妻を連れて来て見させてもらっていいかな?”と言いました。そうか、このきつい顔の男の人は愛妻家で、奥さんがバラ好きなんだ。それで、夫婦の趣味でバラに関心があるんだと思いました。
私達のバラは、遠くからでも来て見てみたい、そんな気持ちにさせるバラなんだ、人に喜びを与えているのだと思いました。

パットオースチン



ある日の出来事(2)


 また、ある日は、お年寄りが、立ち止まって、じっとバラを眺めていました。このお年寄りには、バラに何か感じるものがあったのでしょうか?




ある日の出来事(3)


 また、ある日の夕方は、ご主人が車椅子に座った奥さんを押して歩く初老の御夫婦が、咲いているバラをずっと眺めていました。奥さんは、無言でバラをずっと眺めていて、勝手な想像ですが、奥さんは、”認知症”なのかな?と思ってしまいました。
 奥さんは、バラを近くで見たいようでしたので、私はこの初老の御夫婦に、バラを近くで見てもらうために、どうぞ、近づいて、花を見てください。香りを嗅いでください。と言いました。奥さんは立ってバラを近くで見たいようでしたが車椅子から立ち上がる事が出来ないようでしたので、私は、奥さんに咲いているバラを近づけてあげて見せてあげました。ご夫婦は、しばらくバラをずっと眺めていました。


ある日の出来事(4)


 また、ある日の朝は、懇意になった奥さんから”あなたの家のバラは、この近所から離れた人でも綺麗なバラの咲く家と知っているわよ”と教えてくれました。自宅から離れてる人達にも、”LA VIE EN ROSE”のローズガーデン知られているのか?と私は驚きました。

 バラ栽培を始めたのは、ある年の春の朝に玄関ドアを開けると一輪のバラの花が目に飛び込んできて、思わず、”美しい”と思った事がきっかけでした。
 障碍を持った体では、健康な頃のようにもう、バラ栽培は出来ないと諦めていた私に、もう一度、バラ栽培を復活させる、活力を与えてくれました。
最初はバラ栽培は、私達がバラの花を楽しむ為に始めた事でした。

そんな、私達が育てたバラの花を楽しむ為に造園した”LA VIE EN ROSE”のローズガーデンのバラ達は、私達が知らない人にも、バラを見る楽しみを与えている事を”LA VIE EN ROSE”のローズガーデンを造園して発見しました。また、バラの花を見に行きたくても、行けない人達がいる事を”LA VIE EN ROSE”のローズガーデンを造園して気が付きました。

レディエマハミルトン
 

”LA VIE EN ROSE”のローズガーデンは、開花したバラの花を私達が楽しむ為に造園しましたが、今回の出来事で、私達は、バラの花は人と人とをつなぎ、バラを見る人を優しい気持ちにさせる”魔法の力”のある植物、花である事を強く感じました。

”LA VIE EN ROSE”のローズガーデンは、生きる事に悲観的だった私への希望を与えてくれた、神様からのプレゼントだと思えています。

 そして、私達の”LA VIE EN ROSE”のローズガーデンは、見る人に”感動”、”感激”、”優しい心”、”穏やかな気分”を与えられる”魔法のローズガーデン”にして行きたいと思いました。


コンパッション


私達に”愛”と”勇気”を与えてくれた、神様からのプレゼント”LA VIE EN ROSE”のローズガーデンに感謝!!



冒険者とカメラマン(妻)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

万歳!!超特急!!これでストレス解消!!

2017年03月04日 23時35分55秒 | 良い出来事
朝起きた頃の空


日暈
 

 今日は、夜寝ていましたら、急に、悪寒がしてくしゃみが出て、目がかゆくなりました。昨日から、気温が上昇し風が吹いて来てその風に花粉が乗ってきました。そして、家の中にも花粉が入って来たのです。夜中に鼻水が出て、目もかゆくなり、もう寝ていらられませんでした。それで、三時半頃からずっと朝まで起きる事になってしまいました。

 今朝は二度寝するのをやめて、起きてバラ仕事をする事にしました、今朝の天気は、晴れましたが風が吹き始めて、花粉の飛散が多くて、こんな日に外にいたら、花粉の飛散で悲惨な結果になりますので、今日のバラ仕事は、バラは生育状態のチェックに留めて早く、家の中に入りました。家の中にいておとなしくしていました。

 ところで、昨年からパソコンの調子が悪くて、サイトへのアクセスが遅くて遅くて、ブログ作業他で大変困っていました。文字変換も遅くて、動作があまりにもノロノロで一つ一つ処理に物凄く時間がかかってしまい、”このパソコンを叩き壊してやる!!”と思った日もあるくらいストレスを感じていました。

 とうとう昨日は、OUT LOOKが使用できなくなってしまいました。メールが使えないと非常に困ってしまいます。急いでマイクロソフトのサービスに電話をして対処してもらいましたが、使えるようになるまで、3時間半くらいかかってしまいましたね。
 その時、ついでにマイクロソフトのサービスにインターネットへのアクセス時間が非常に遅い事を伝えてその対処改善について相談したところ、プロバーダーに相談してくださいとの回答でしたので、今日は、花粉症で家の中にいましたので、今のパソコンのストレス解消の仕事をする事にしました。

 自宅は光通信回線なのに糸電話のような遅さの通信速度になっています。11時頃にプロバーダーのNIFTYに電話にて相談しましたところ、プロバイダー契約で一年に一回無料でパソコン診断をしてくれる契約になっていましたので、さっそくパソコン診断をしてもらいました。

 ◆パソコン診断結果:
 デスクが常時100%の状態になっていて作業余地の無い状態であるためにすべての作業がノロノロで、一つ一つ処理に物凄く時間がかかってしまう結果になっていたのでした。複数の処理作業をするマルチタスクできない状態でした。

 プロバーダーのNIFTYによれば、このデスクが常時100%の状態を解消するにはパソコンメーカーのサポートに電話して、対処してもらう事です。とのアドバイスでしたので、さっそくパソコンメーカーの東芝に電話をしてアドバイスを受け対処してもらう事になりました。

 サポート担当者は、頼りない感じの対応でしたが、私から不具合の状態を聞いて今のパソコンの状態を判断して私に適切に指示して、私はその指示に違って処理して行きました。
 指示通りすべての処理を行い、パソコンを再起動しましたら、いままでの亀のように遅いパソコン状態から”超特急”のように早いパソコンに変身していましたね。
サポート担当者の最初の頼りない印象を誤解してすみませんでした。さすが、”パソコンの東芝”頼りになるサポートでした。感謝!!

この改善結果に万歳!!万歳!!超特急!!と私達は思わず叫んでしまいました。
これで今までのパソコンのストレス解消!!です。

 思えば、昨年末に、パソコンの調子が悪くて、2016年の結果をまとめる事ができませんでした。以来パソコンの調子がずっと悪くて今日までこの状態が続いていて非常に困っていましたが、これでパソコンは、ストレスは解消されました。これから快適にパソコンが使えるようになりました。
 
 パソコンの症状を人間で例えるならば重病の患者が病気の治療をして、無事に退院、社会復帰したような気がします。このパソコンも私たち家族の一員だったのですね。
これから、毎年、パソコン診断を受けて、パソコンの本体を大切に扱いたいと思いました。

今日の終わり:夕暮れの京王線上の空  空を見上げると晴れ晴れとした気分になっていましたね

パソコンの不具合の解決改善作業を11時から始めて、終えた時間は17時となっていました。6時間もかかりましたね。

◆お礼

マイクロソフトのサービスの方
NIFTYのサービスの方
東芝のサービスの方

昨日、今日と今回のパソコンの不具合の解決改善のために長時間にわたり作業をしていただき大変ありがとうございました。皆様のおかげで亀のように遅かったパソコンが”超特急”のようになりました。これでパソコン作業が飛躍的に時間の短縮となり助かりました。
この場を借りて皆様にお礼申し上げます。


今回の作業を行ってくれた皆様へ

今日はありがとうございました。


記録 

天気: 晴時々曇
最高気温(℃)[前日差] 15℃[-1]
最低気温(℃)[前日差] 3℃[-1]

冒険者とカメラマン(妻)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”LA VIE EN ROSE ”の庭に乾杯!!

2016年02月06日 19時31分34秒 | 良い出来事
”LA VIE EN ROSE ”の庭に乾杯!!

今日のバラ仕事お疲れ様でした。

 今日は天気は、曇りで寒い日となり、冬のバラ仕事は体にこたえました。これはバラを綺麗に咲かせる為の苦労ですが、バラ仕事を終えた後、私達は、不思議な充実感を感じました。
 ”LA VIE EN ROSE ”の庭が完成して、多くのバラを植栽して、このバラのお世話を始めてから私とカメラマン(妻)はバラ栽培農家になってしまいました。今、私達は春GWの頃にバラの咲く、花園を夢見て頑張っているのです。バラ仕事に集中していますと、日々の嫌な出来事を忘れさせてくれます。ストレスの解消になっています。そして、バラ仕事を終えた後は、何という充実感なのでしょうか。言葉になりませんね。農家の人達の気持が良くわかります。 
そして、バラ仕事を終えた後の夕食とワインは最高に美味しく感じます。

”LA VIE EN ROSE ”の庭に乾杯!!

冒険者とカメラマン(妻)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”鬼は外!、福は内!”

2016年02月03日 19時52分36秒 | 良い出来事
”福豆”


朝の三日月


”福豆”


 今朝、歩いている途中、駅に向かう途中のマンション前あたりで、時々出会う・すれ違う、自転車に乗った”笑顔のご婦人”とすれ違いに朝の挨拶をしました。
 今朝は、”笑顔のご婦人”は、自転車を降りて、私の方に近づいて来ました。私は、何だろうか?と思いましたら、笑顔でニッコリと私に何かを差し出してくれて、”はい、福豆”と言って”福豆”を渡してくれました。
 そうです、今日は”節分”の日なのです。”笑顔のご婦人”から”福豆”をいただき感激しました。”笑顔のご婦人”と出会う・すれ違う時間は、わずか2、3秒ですが、”笑顔のご婦人”は、いつも私が必死になって駅まで歩いている姿を見ていてくれて、私の事を思ってくれていたのでした。
 ”笑顔のご婦人”からいただきました”福豆”は、”頑張っていればいつか福がやって来ますよ”。そんな神様からのメッセージに思え、この”笑顔のご婦人”の姿が神様のように見えました。

”鬼は外!、福は内!”

陽が昇り夜明けです。



■節分(せつぶん/せちぶん):参考ウィキペディアより
雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。この場合、節切月日の大晦日にあたる。立春の前日の節分。大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークである。

豆まきの行事:一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(炒り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。

冬のお気に入りの風景

春はそう遠くではありません。


記録

 天気: 晴れ。寒い朝
最高気温(℃)[前日差] 9℃[-2]
最低気温(℃)[前日差] 1℃[-2] 

冒険者とカメラマン(妻)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加