名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(755);中飛車に居飛車穴熊(福崎文吾)

2018-01-05 | 大山将棋研究
今日の棋譜20180105
昭和58年11月、福崎文吾先生と第33回NHK杯です。

大山先生はまたも中飛車で、福崎先生は居飛車穴熊です。

66歩と止める将棋がほとんどですが、

角筋を通したまま右46銀でした。ツノ銀中飛車にはうまくいかないものなのですが、居飛穴ならどうか、というのが福崎先生のアイデアです。

51飛の位置ならば34歩が利く(34歩46歩33歩成同金42角)のですが、ここでは利かないので

飛車先は切りましたが1歩損です。51飛が間に合っては失敗した感じ。

16角の筋は「角には角」で受かります。24歩同歩同飛23金に34飛とか23同飛成とやってしまうのもあると思いますが。でも24歩同歩同飛に25歩かも。それで断念したというところでしょうか。

早指しで時間がないのは攻めるほうがつらそうです。7筋に目を向けて

角を追われたら切ってしまい

7筋を攻めます。

大山先生は1歩損で受かるのですが、福崎先生はまた銀を打ってしつこく狙います。1手と1歩を交換していることになります。

大山先生は馬を作りながら歩を補充できるのでこの筋は大丈夫でした。

福崎先生、今度は歩を合わせてから銀を打ち

74歩と捨ててから銀をぶつけ

横っ飛びです。

先手を取って74歩で攻めが続くかどうか。大山先生は攻め合いを選びました。

桂を取って銀を打てば手ごたえはあるのですが

わずかに届きません。64銀引成と捨てて

と金を作りましたが、堂々と銀を外されて

飛を切ってもここまでか。

端を伸ばしていっても、と金を寄られたのが詰めろのようで

投了図。

福崎先生が無理なことをやったなあ、と思うのは多分古い感覚です。駒損で少し無理かもしれませんが、かなり難しい終盤で1手負けになったのです。109手目75銀が取られることになったのならば、代わりに何かないか。盤に並べてあるいは棋譜ソフトで変化を並べて考えてみましょう。攻めるなら62銀か74歩か、受けるなら78金右と取ってみるか。先手の攻め駒が3枚でも穴熊だとそれでも、ということがあります。
あるいは117手目64銀成で何かないか。重く72銀成~73歩成とか、55桂同歩同飛とか。
攻め将棋ならばそういう検討をしてみます。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.31 棋譜ファイル ----
手合割:平手  
先手:福崎文吾7段
後手:大山十五世名人
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 3四歩(33)
3 2六歩(27)
4 4四歩(43)
5 4八銀(39)
6 4二銀(31)
7 5六歩(57)
8 5二飛(82)
9 6八玉(59)
10 6二玉(51)
11 7八玉(68)
12 7二玉(62)
13 5七銀(48)
14 5四歩(53)
15 5八金(49)
16 8二玉(72)
17 7七角(88)
18 7二銀(71)
19 8八玉(78)
20 6四歩(63)
21 9八香(99)
22 6三銀(72)
23 9九玉(88)
24 7二金(61)
25 8八銀(79)
26 7四歩(73)
27 3六歩(37)
28 4三銀(42)
29 7九金(69)
30 9四歩(93)
31 6八金(58)
32 7三桂(81)
33 4六銀(57)
34 3二金(41)
35 2五歩(26)
36 3三角(22)
37 3五歩(36)
38 4五歩(44)
39 3三角成(77)
40 同 桂(21)
41 5七銀(46)
42 3五歩(34)
43 2四歩(25)
44 同 歩(23)
45 同 飛(28)
46 2三歩打
47 2八飛(24)
48 5一飛(52)
49 1六角打
50 3四角打
51 同 角(16)
52 同 銀(43)
53 1六角打
54 6一角打
55 6九金(68)
56 1四歩(13)
57 7五歩(76)
58 同 歩(74)
59 6六銀(57)
60 6五歩(64)
61 7五銀(66)
62 7四歩打
63 8六銀(75)
64 1五歩(14)
65 3四角(16)
66 同 角(61)
67 7五歩打
68 同 歩(74)
69 7八飛(28)
70 4六歩(45)
71 7五銀(86)
72 7四歩打
73 同 銀(75)
74 同 銀(63)
75 同 飛(78)
76 6三銀打
77 7六飛(74)
78 7四歩打
79 4六歩(47)
80 2八角打
81 8六銀打
82 4六角成(28)
83 7五歩打
84 同 歩(74)
85 同 銀(86)
86 7四歩打
87 同 銀(75)
88 同 銀(63)
89 同 飛(76)
90 6三銀打
91 7八飛(74)
92 7四歩打
93 7五歩打
94 同 歩(74)
95 8六銀打
96 6六歩(65)
97 7四歩打
98 同 銀(63)
99 7五銀(86)
100 同 銀(74)
101 同 飛(78)
102 6四馬(46)
103 3五飛(75)
104 5六角(34)
105 7四歩打
106 7八歩打
107 7三歩成(74)
108 同 金(72)
109 7五銀打
110 7九歩成(78)
111 同 銀(88)
112 5三馬(64)
113 7四歩打
114 6三金(73)
115 7三銀打
116 9二玉(82)
117 6四銀成(73)
118 同 金(63)
119 7三歩成(74)
120 7五金(64)
121 5二歩打
122 4一飛(51)
123 7五飛(35)
124 同 馬(53)
125 7四歩打
126 8一銀打
127 9六歩(97)
128 6七歩成(66)
129 9五歩(96)
130 7七と(67)
131 9四歩(95)
132 8九角成(56)
133 同 玉(99)
134 8八銀打
135 投了
まで134手で後手の勝ち


ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大山将棋問題集 20180104 | トップ | 大山将棋問題集 20180105 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事