名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

棋譜の表記法、間違っていました。もう一度すみません。

2017-05-23 | 未分類
皆様すみません。
私ずっと勘違いをしておりました。(20170522)

棋譜の表記方法について、正しくはリンク先の日本将棋連盟サイトにあるのですが、
優先度を駒の位置>駒の動作
だと思い込んで記事を書いていました。
もちろんずっと正しい方を知っていたのですが、このブログを書く少し前に、何かで聞いたのを間違って鵜呑みにしていました。
優先度は 駒の位置<駒の動作が正しいです。

例えば58金69金の形で、68に金が移動するのは
68金寄あるいは68金直
×68金左あるいは68金右
なんですね。×のほうに変わったのだと思い込んで、意識して直したつもりになっておりました。

明日からの記事は正しい方(昔からの方というか、間違っていない方)にします。
(竜や馬の場合は、最大2枚しかないので、直と書かない、という例外があって、これをどこかで聞き間違えたのだと思います。)

古い記事が多すぎて、全部は直せません。
すみませんでした。


<訂正>
また読みなおして間違いに気が付きました。(20170523)
68金寄あるいは68金直
ではなくて、68金寄あるいは68金上なんですね。居飛車の急戦の形や金無双の時には気をつけないといけません。昔は「直」と言っていたと思います。「上」は斜め上に行く時だけではなく、まっすぐ上にも使うとなりました。「引」は斜め後ろや真っすぐ後ろにも使うので、統一したということなんでしょう。

59金69金などと2枚横に並んでいる時だけ、68金直または68金右だということです。



☆正しくは
必要なときに寄上引を使い
は2枚ならんでいてまっすぐ上るときだけ。(ただし竜馬は直よりも右左を優先という例外があります。)
その動作の用語で2枚が区別できないときだけ、寄上引を省略可能なら省略して、右左をつけるのだとか。

やはりどこかでルールが変わっていたのですね。どちらにしても私が誤解していましたが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

質問や企画提案などありませんか?

2016-07-10 | 未分類
昨日の名南将棋大会で、Aさんから戦法研究したら面白いのではないか?という提案がありました。

戦法の研究は、ほかのサイトや棋書にいいものがある場合も多いので、場合によっては紹介にとどめるとして、希望などありましたらコメントかメッセージをください。
こういう戦法を指されて困ったとか、わからない局面があるとか、歓迎です。

他に、棋譜をいただいたら解説や上達のアドバイスなどできると思います。

当然ながら私のできる範囲でしか対応できませんが、こういう内容のもの(広く将棋に関するものに限ります)があればいいなあ、というご提案を待っております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加