名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(442); 四間飛車に棒銀

2017-02-26 | 大山将棋研究
☆ 昨日の復習

後手番大山先生の次の手は?


☆ 今日の棋譜
昭和53年10月、石田和雄先生と第28期王将戦です。

大山先生の四間飛車に石田先生は急戦です。理論派ですから急戦が似合います。

大山先生は64歩から14歩と左金の配置を決めないのでどう指すか迷うんです。14歩は手抜いて急戦を仕掛けたら有利になると思うので、16歩と合わせるのはやらないタイプです。38飛に32飛だったので棒銀に。

42金46歩で最強の受け方、と思ったら、これは玉頭銀を狙っています。

石田先生も強情ですね。穏やかに66歩なんて指しません。55歩から棒銀ですがこれは作戦分裂している感じです。攻めるなら35歩同歩26銀ではなかったかと。

54歩から45歩で複雑な形ですが、棒銀がさばけそうにないので振り飛車を持ちたいです。

ところで、昔(多分)原田先生が「歩が3つぶつかったら初段」と解説されて、それ以来こういう3つ歩がぶつかると初段なのだと条件反射で思いだします。友人も言っていたので同じ世代の人はわかるはず。級位者のうちは歩がぶつかるとすぐに取るけれど・・・という説明です。

2つ歩が消えて、角と銀が進出しました。こうなると角の働きが違います。

端攻めがあるから玉頭銀はさらに怖いです。96歩から85銀というのもありました。大山先生は歩を取り込んで46同銀上に

角を切って98銀。こんなところに打てました。こんなことなら端攻めの途中で56歩を打つべきだったかも。仕方ない77金に

桂を取って玉を下に落とし

上から押さえつけます。攻め駒は2枚だけですが、受けている駒が少ないので受けるのは簡単ではないです。

86銀から79歩で一段落しそう。

馬を作って大山先生のほうが良さそうです。

石田先生は金を打って頑張ります。

大山先生は と金を作って戦力強化し

石田先生は駒得だけは主張しますが

大山先生の と金が活躍してきて有利が拡大します。

馬の位置を変えて、57金に69馬

だったのですが、よく見ると馬を切って銀を持ったら89銀88玉78香成99玉、98歩は打ち歩詰め、95香は同飛、なので96歩同銀97歩ならば勝ち、96歩の時に32馬が74桂打以下詰めろかどうか、ならば78香成で78と ならどうか、というのはあったのですね。ややこしいからやめた方がよさそうですか。

石田先生は96銀から97玉で粘ります。78馬の詰めろも飛車を引いて受け

馬を取って角を打ちこみ、難しくなりました。後手玉も狭いのです。

この歩を突くのが攻防です。後手玉が広くなりました。

75金に42の金を上がって飛車の横利きが通り

石田先生も後手玉に迫りましたが

84の歩はしっかり働いて詰みがありました。

大山先生の41金の形の四間飛車、急戦で攻略するのは難しそうです。これは四間飛車の急所に詳しいのでご参照ください。やはり14歩には16歩と受けて、振り飛車が何を指すのか待ってみるのが良いと思うのですが。このころは定跡が完成していないので、14歩は緩手、仕掛けを探すのが当然だと思われていました。棒銀と玉頭銀では迫力が違うし、居飛車から45歩と突く攻め筋にならないですから分が悪いです。
大山先生の角切りからの強襲、無理に見えるかもしれませんが、振り飛車十分です。でも石田先生もしっかり粘って勝負になりました。大山先生のほうをもって、終盤の84歩など、言葉通りの「懐の深さ」を鑑賞しましょう。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.30 棋譜ファイル ----
手合割:平手  
先手:石田和雄7段
後手:大山十五世名人
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 3四歩(33)
3 2六歩(27)
4 4四歩(43)
5 4八銀(39)
6 3二銀(31)
7 5八金(49)
8 4二飛(82)
9 6八玉(59)
10 6二玉(51)
11 7八玉(68)
12 7二玉(62)
13 5六歩(57)
14 8二玉(72)
15 3六歩(37)
16 4三銀(32)
17 6八銀(79)
18 7二銀(71)
19 5七銀(68)
20 1四歩(13)
21 9六歩(97)
22 9四歩(93)
23 6八金(69)
24 6四歩(63)
25 2五歩(26)
26 3三角(22)
27 3八飛(28)
28 3二飛(42)
29 3七銀(48)
30 4二金(41)
31 4六歩(47)
32 5四銀(43)
33 5五歩(56)
34 6五銀(54)
35 2六銀(37)
36 5四歩(53)
37 3五歩(36)
38 4五歩(44)
39 6六歩(67)
40 7六銀(65)
41 3四歩(35)
42 5五角(33)
43 3五銀(26)
44 9五歩(94)
45 同 歩(96)
46 9七歩打
47 同 香(99)
48 4六歩(45)
49 同 銀(57)
50 同 角(55)
51 同 銀(35)
52 9八銀打
53 7七金(68)
54 8九銀(98)
55 同 玉(78)
56 7七銀成(76)
57 同 角(88)
58 8五桂打
59 8八角(77)
60 7七金打
61 8六銀打
62 9七桂(85)
63 同 銀(86)
64 7四香打
65 7九歩打
66 8八金(77)
67 同 玉(89)
68 7七角打
69 9八玉(88)
70 6六角成(77)
71 5七金(58)
72 6五馬(66)
73 5六金打
74 7六馬(65)
75 6六金(56)
76 4九馬(76)
77 3六飛(38)
78 4七歩打
79 4四角打
80 4八歩成(47)
81 1一角成(44)
82 5八と(48)
83 6七金(57)
84 6九と(58)
85 3五飛(36)
86 4八馬(49)
87 8六桂打
88 7九と(69)
89 2一馬(11)
90 4七馬(48)
91 5七金(67)
92 6九馬(47)
93 9六銀(97)
94 7八馬(69)
95 9七玉(98)
96 7七香成(74)
97 7四桂打
98 9二玉(82)
99 3八飛(35)
100 7四歩(73)
101 同 桂(86)
102 7三銀(72)
103 7八飛(38)
104 同 と(79)
105 6三角打
106 9九飛打
107 8六玉(97)
108 8四歩(83)
109 7五金(66)
110 5三金(42)
111 9四香打
112 9三歩打
113 同 香成(94)
114 同 桂(81)
115 9四歩(95)
116 9六飛成(99)
117 同 玉(86)
118 9五歩打
119 8六玉(96)
120 8五銀打
121 投了
まで120手で後手の勝ち



コメント
この記事をはてなブックマークに追加