魯生のパクパク

ブログ人から来ました

亡国の民

2017年06月12日 | 日記・エッセイ・コラム

愛知の東名事故。映画のような事故だが、それにしてもスゴイ映像だ。高速を横切った台湾の飛行機墜落事故に、勝るとも劣らない。バス側の死者が出なかったのは不幸中の幸いどころか、奇跡的だ。

事故の状況を聞いて、路肩が傾斜になっていたことに驚き、「それは、アカンわ」と、思ったら、やはり自動車評論家が問題視していた。
ところが、もっと問題なのは、それに対する一般の反応だ。
「スピードの出し過ぎに責任がある。どんな道路だろうと、スピードを出さなければ良いことだ」と、事故死した運転手の責任とするのが大方の意見だったという。

この評論家も直ちに反論し、道路上で起こりうる様々な事態に備えるのが、道路を提供する側の義務であることを説いていた。
全くその通りだと思う。
今回の事故も、何が原因で起こったのか、何も解っていない時点で、「スピードの出し過ぎ」と決めつけるのは、何でも良いから、誰かを悪者にして、血祭りに上げ、憂さ晴らしをしたい野次馬的視点であり、韓国の前大統領叩きと同じ、精神の貧困だ。

世の中が停滞すると、必ず、弱者イジメ、弱者探しが始まる。学校を始め、イジメが蔓延し始めたのは、高度成長が終わってからだ。人々が「違う明日」に希望を待つ時には、他人より自分の発展に関心があるから、他人をイジメる暇など無い。
しかし、自分の未来が見えなくなると、比較進歩を感じるために、他者を貶めようとする。「あいつより上だ」と。
学校でイジメが起こりやすいのは、学校は、子供を型にはめる場だから、その価値観にはまらない多くの子が、劣等感を持つようになるからだ。
その学校を経て形成された日本社会は、社会そのものが、画一的なイジメ社会と化している。

画一社会に溢れる劣等感は、優越感を求めて、常に攻撃の種を探し、何か事件が起こると、直ちに犯人を求め、血祭りに上げたがる。
魔女狩り、鬼退治、山姥と、それは人間の常ではあるが、問題はその度合いだ。
科挙の文化圏の影響を受けている日本は、中韓よりマシかも知れないが、やはり相当ひどい。
マイスターやアカデミーなど、技や思考を磨く場として発展させた欧米式の学校も、東洋に入ると進級の具になってしまった。

そこに、ネットのような情報システムが加わったことで、システムとしてイジメや差別が増幅されるようになった。野次馬が、どこからでも石を投げるようになったのだ。
事の真相などどうでも良い。とにかく、自分が安全と思える、単純な正義の側に立って、石を投げたい。まさか自分が石で撃たれる側になるなどとは、考えたこともないだろう。
こんな貧困な精神が蔓延る社会は、決して発展しない。落ちるところまで落ちる。それが歴史の興亡だ。

これを書いていると、ニュースで、「事故死した件の乗用車は、法定速度で走っていたとみられる」と伝えていた。まだ、何も解っていないのだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒雲充満 | トップ | 妄想適性 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。