Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

39.99ユーロという額

2017-07-30 | 生活
パン屋の帰りに洗濯屋に寄った。開店が病院訪問で遅くなるということで後先逆になった。沢沿いを往復した後だ。26分以上掛かった。外気温は18度ぐらいで気持ちよかったが、二度寝の体調で仕方なかった。汗をポリタンの水で流して、再び洗濯屋に向かう。折角だから違う経路を通って、山を下りていく。先ずはパン屋の道へ入る上の通りを入っていく。予定では住宅街を通るうちに向こう側の道に出れると思っていたが、バートデュルクハイムで最も高級住宅街を過ぎ抜けるとそのまま向こう側の道に通じていた。知らなかった。流石に高級住宅街だが、広さ共にヴィラらしい家は殆んどなかったが、基本としては大企業のボーディングメムバーの自宅並みの住居が寄っている。見晴らしも良く道も上手く通じている。しかし対向車を待ってストップすることなく走れる道ではない。要するにVIPの警備上も問題のある道路事情である。

電動歯ブラシの替えブラシを買わなければいけなかった。フィリップスの古いタイプを使っているので、高価過ぎて、前々回はそれどころか二つ組の一つが壊れていた。最初は一つで10ユーロもしなかったのだが、今や充分に超えるため、ミニのを買ったりして自分を誤魔化していた。しかし最早一本10ユーロ越で三か月ぐらいしか使えない。もう駄目だと思った。そこで、代替の歯ブラシを探すとフィリップスのイージークリーンというのが40ユーロであった。これならば替えブラシ四個分以下で、それに対応する純正替えブラシが6ユーロぐらいで買える。つまり、ブラシ一つ7ユーロほど安くなる。同じように使えれば、年で28ユーロは安くなる。製品保証期間二年間使えれば資は十二分に取れる。

調べてみると実は経済性だけではなく、もしかすると問題の歯茎の炎症のために良いのではないかと思った。力を入れないでも綺麗に歯磨きが出来るとすれば、問題の多い物理的な圧力を避けることが出来て、一進一退の炎症の影響を好転させていけるのではないかと期待するのだ。但し大量消費品だけに製造コストを落としていて、接触不良などのトラブルも多いという。実際配達されて、ブラシを捻じ込んでみると上手く嵌まらない。本体とブラシの間に溝が開く。早速代替を送らせることにした。しかしその他の面は悪くはなさそうで、壊れなければ使い易そうだ。中華製ということで皆が不安に思う。

実はこの40ユーロという額は、アルプスに行く前に注文して違うサイズが届いたので送り返した靴下の38ユーロとほとんど変わらない。如何にその靴下が高価過ぎるかということである。素早く金を返さなかったのでアマゾンに直ぐに紛争処理を申し出た。その靴下を使っていたとしても靴ずれを防げたとは思わないが、こうして公にすべきと思ったほど出品業者の事務処理が悪かったので腹立たしい思いをした。明くる日には全額返済された。

洗濯屋で六月に下して初めて洗濯したシャツを回収した。冬にピンクのシャツを購入したお陰で回す色シャツに余裕が出来てとても嬉しい。これで長袖時期が来たならば一着を部屋着に下せる。寒くなると袖があるシャツが有り難い。

日曜日午前10時から、2008年7月バートキーシンゲンでの録音から、キリル・ペトレンコ指揮の放送交響楽団の演奏でトュリーナの曲などが放送される。二曲目はレーピン独奏のスペイン交響曲は既に聞いたが、もう一度聞いてみよう。後半は交響的舞踊が演奏されてYOUTUBEには出ているが高音質ではまだ聞いていない。但し、どうも保養地の雰囲気でざわざわした印象があってあまりよくない。




参照:
違和感が消えるときは 2016-11-20 | 雑感
ネットでも価値ある買物 2008-11-05 | 生活
ジャンル:
インターネットショッピング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「笛を吹けども踊らず」 | トップ | 寛容の海を泳ぐ人々 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
電動ハプラシ (matsubara)
2017-07-30 14:09:12
10年くらい前から米国製の電動ハブラシを
使用しています。

今、スペアのブラシを使っていますので
これがダメになると買い換えます。
20000円ほどでした。
米国製の電動ハブラシ (pfaelzerwein)
2017-07-30 18:48:47
米国製ですか、知りませんでした。私は歯科衛生士さんに薦められて、奥が磨きやすいタイプとしてフィリップスを使い始めました。その後、白物部門の身売りなどで、二つ目はライセンス生産のものを使っていましたが、書いたように三か月毎のブラシ交換の価格に耐えられなくなりました。

今回もその継承タイプと思って注文しました。因みに人気のブラウンは歯科では薦められなかったです。対抗製品として歯磨きメーカーOralBのもあるようですが、分かっているフィリップスの安売りにしました。

一台目はやはり100ユーロほど出したと思います。中華製になって品質は兎も角安くなりました。火曜日に代替品が届くので使い勝手が楽しみです。

コメントを投稿

生活」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。