Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

どこから来てどこへ行くの

2005-04-09 | 文学・思想
バイエルン放送協会のニュースチャンネルでは、朝5時過ぎからサンピエトロ広場の様子が写され続けた。8時過ぎにスタジオからの前放送が始まり10時まで神学者とケルンドーム放送局の編集長が解説した。

大伽藍に柔らかな陽が当たる静かな朝の風景とは打って変わり、人の波で埋まる広場で死者のためのミサが執り行われた。恐らく誰もが意外に感じたのは、大変質素な木のお棺であろう。こうして巨大な権力の座から開放される。そしてそこに開かれて乗せられた聖書は、折からの突風に靡いて福音の頁が繰り返し捲られる。まるでラマ教の廻す教文のようである。ここに生前の活躍を多くの人が連想したように、風の助けを借りて最後まで強い印象を与えた。


「あなたたちは新たに生まれなければならない」とわたしが言ったからといって、驚いてはならない。風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、それがどこから来てどこへ行くのかを知らない。霊から生まれたものもその通りである。(ヨハネスによる福音3.7-3.8)


お棺の横には復活祭の蝋燭が立てられていた。これは復活祭に、教会の前で点火されて暗い教会へと導かれて、「光と温もり」を象徴する蝋燭らしい。アルファからオメガへと書かれた蝋燭はキリストが世界の始めから終わりであることを意味する。故人の身近な存在であったミュンヘンで活躍したラッチィンガー枢機卿長が式を執り行った。彼が冒頭に、「彼は今日、主の窓際にいる」と語ったように復活を表す。

そしてミサ式典の終わりにサント・スビドのシュプッレヒ・コールが巻き起こる。それは次から次へと大きな波となって広がっていく。若い信者たちは、早期の聖人推挙への要求を繰り返す。その訴えに呼応して今度はジョヴァンニ・パオロを呼ぶ掛け声が繰り返される。

実際、居並ぶ世界の権力者達はスターリンの悪い冗談「法王は何個師団を有しているのか?」を思い起こしたのではないだろうか。東方教会の祈りや来賓のイランのハメイニ師や合衆国要人が居並ぶ姿は改めて故人の世俗での業績を思い起こさせる。

そしてお棺が担がれ、それが改めて信者に向けられて最後のお別れをする。再びサントとジョバンニの応答が沸き起こり、手が大きく振られて送られる。お棺の聖水の雫が瑞々しかった。



参照:
神の器官の痛みを分けて [ 女 ] / 2005-04-06
鍵の架けられた法王執務室 [ 生活・暦 ] / 2005-04-04

後記:
その後発行された記念切手にも、故人が望んだお棺の通りに、十字架横にマリア信仰を表すMが記されている。
コメント (18)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エクスポートビーア/Das Expo... | トップ | 黒タイツの女子行員 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (michikong)
2005-04-09 11:09:48
世界中で一番何も持たない法王が、

世界で一番盛大な葬儀の主となった・・・

その人の生き様を見るには、

葬儀を見るとわかるといいます。



その光景を見ながら、宗教に関係なく

彼のもたらした平和への道を私達は

受け継がなければならないと、深く思いました。
Unknown (ひろ)
2005-04-09 11:17:24
TBありがとうございました。

私のほうからもTBさせていただきました。



今回の葬儀を見て、カトリックの影響力の強さを再認識いたしました。ドイツにいらっしゃると、日本にいるよりより強く感じられるのではないでしょうか。
TBありがとうございます (マサボン)
2005-04-09 12:06:39
 ボクは宗教やヨーロッパのことに疎いのでうまくコメントできませんが、この葬儀を機にバチカン市国と中国・台湾の関係がぎくしゃくしていくことは分かってきました。偉大なる方の死を前にして自国の主張を通そうとする浅ましい姿勢に、哀しくなってきました。
Unknown (☆木イチゴプリン☆)
2005-04-09 12:47:41
こんにちは、Himbeerpuddingです。

TBありがとうございます。

僕の方からもさせていただきます。



歴代法王の中でもっとも多くの国に渡った方でしたよね。

それだけ、世界平和に尽力された方だったのだと感じます。

私達は宗教に関係なく、彼の遺志を受け継がなくてはいけないでしょう。



バイエルンにお住まいなのですか?

僕はStuttgartで生まれました。



Unknown (yukimomo)
2005-04-09 16:39:33
こんにちわ。



TBありがとうございます。



ジョバンニ・パオロ2世は、私にとっていつの間にか、遠いところにいるおじさんのような感覚になっていましたので、これから寂しくなるような気がします。

Unknown (庄治)
2005-04-09 16:58:20
TBありがとうございます。

前半部が全く違う内容なので迷いましたがTBさせて貰います。
素朴な問い、影響力、台湾、人類の願い、皆同じ、文化的な記号 (pfaelzerwein)
2005-04-09 18:01:34
michikongさん、コメント有難うございました。生き様、死に様、何人もそこから逃れられない素朴な問いが投げかけられます。



法王は実際は何も持たない所か、教会を通して巨大な権力を保持しています。軍事力は僅かなスイスの傭兵ですが、比較の出来ないほどの精神的影響力を持つ事が出来ます。しかし、それが己の宗教を越えて正しく行使される事によって、法王庁が世界の宗教の指導的立場を確立する方向にあります。仰るようにそれが世界の平和に繋がりますね。







ひろさん、コメントとTB有難うございました。同じリンクが既に入っていたので、新しい方を消してしまいました。必要ならば後ほど貼って置いてください。



法王庁の影響力の強さは、ドイツでは違う方向に出ていて教会改革への圧力となっています。この件は改めて記したいと思います。只、欧米先進国での精神的影響力は何処でも然程変わらないと思います。寧ろ東欧、南米、アフリカ、アジア地域での権威のほうが高いかもしれません。







マサボンさん、コメント有難うございます。私も中継を観ていて、サンピエトロの参道建物に大きく掲げられている台湾の国旗に気が付きました。法王庁にとって大陸の方が重要ですし、今後も共産党との駆け引きが注目されます。地下に潜っているキリシタンの数も含めると可なりの数になっているかも知れません。それが東欧のように党崩壊に繋がる切っ掛けになるとも思いませんが。中国人の法王なども想像してしまいます。







☆木イチゴプリン☆さん、コメント有難うございます。なるほど、プァルツは旧バイエルン領地ですが、カトリック多数ではありません。



参照:朕強クリースリングヲ欲シ [ 歴史・時事 ] / 2005-03-30



宗教的にはシュトュツガルトと同じような事情です。放送は有線です。確かに平和への理想やメッセージと言う意味では人類全ての願いなのですが。







yukimomoさん、コメント有難うございます。おじさんですか。特に死者はその尊厳を持って扱われるべき事は、誰でも変わらないですね。







庄治さん、コメントとTB有難うございます。こちらこそ知っていて敢えてTB貼りました。一つは、報道の仕方と受け取られ方に興味を持っているからです。ここで挙げているようなエピソードも新約聖書の引用を除けばこちらの定時ニュースの冒頭でのナレーションにあたります。受け取り方によっては可なり宗教的とも取られないのですが、これを欧米の文化的な記号の典型として著しました。勿論カトリックの聖体拝領などは秘儀のようなものですが、これらは全て象徴的なものとして捉えられています。カトリックのフィリッピンなどでは、また違うのであろうと想像しています。

はじめまして (susie)
2005-04-09 22:41:29
TBありがとうございます。



同じ映像を異なる地で異なる解説で見ていたのですね。こちらでは、木製のお棺について、木、亜鉛、木で三重になっていて、遺体の腐敗の過程を遅くする、という解説がありました。



また途中でEastern ---(よく聞き取れなかった)の方たちがお棺近くで儀式をされました(流れる歌がまったく違うものになりました)。あれは東方教会の方たちだったのでしょうか?
TBありがとうございました。 (かっしー(@Payaso))
2005-04-10 00:40:02
トラックバック、ありがとうございました。



私はローマ法王について詳しく存じていないので、コメントはできませんが、テレビでなんとなく目に入った厳かで、盛大な葬儀に、ヨハネ・パウロ2世の功績と、その偉大さをうかがいしることができました。



そして、pfaelzerweinさんの記事を拝見させていただいて、改めて法皇について触れることができました。本当にトラックバック、ありがとうございました。

はじめまして (lisa555)
2005-04-10 08:12:53
TBありがとうございました。



武器を持たずにこれだけ世界を変えた法王は偉大でした。



オーソドックス、素晴らしいミサ、重大な責任 (pfaelzerwein)
2005-04-10 14:40:12
susieさん、オハイヨからコメント有難うございます。オーソドックス・チャーチです。



映像はRAI制作の共通だったと思います。演出も好く出来ていましたね。流石にカメラの切り替えが重要なつぼをついていました。リハーサルがそれ程出来たわけはないのですが。手馴れていて、式典についても熟知していた様子です。ヘリコプター映像はポリスのものでしたね。



お棺はあの後でしっかりとしたものに入れて、2000年ぐらいでは簡単に壊れないようにします。







かっしー(@Payaso)さん、コメント有難うございます。本当に式典は手馴れたもので、全員が専門家ですから凄いです。それにあれだけの人が詰めかけて厳重なチェックをしてもトラブルが無かったのが奇跡といわれています。実際あそこに詰めかけるような巡礼者は礼拝慣れしているわけですから。素晴らしいミサでした。







lisa555さん、コメント有難うございます。仰るとおりで、これだけでも教わる事が出来ます。反対に、それ程の影響力があるので、重大な責任がありますね。違う側面から新たに記事を書いて見ましょう。

人間らしい人間 (Noemie*)
2005-04-12 04:52:36
TBありがとうございます

私は無信仰なんですが今回のことでいろいろ深く考えさせられました・・

何が?って・・それはパウロⅡが、とても人間らしい人間だったということを今になって気付いたからです

こんな偉大な人の存在を亡くなってから知るなんて情けないなあ・・と思ってしまって

今になって彼の半生記を読みまくっています



そのときの気持ちは亡くなった数日後に他に持っているBlogで書いたところでした・・



それでは、またゆっくり伺います
公的人物の人間性、人間味 (pfaelzerwein)
2005-04-12 23:37:39
Noemie*さん、コメントありがとうございます。私も特別なファンと云うことはなかったので、最後の10年間の生き様の意味も気がつきませんでした。これが公に云われ出したのも今年の2月からですから無理もありません。



仰るように公的人物の人間性、人間味は、その権威や権力の椅子から降りて味わえるものかもしれません。



フランス文化サイドから見た新鮮なスイスの印象は面白いです。



メルシー・フィルマルです。また、声を掛けてください。

”新ローマ法王・コンクラーベ”記事書きました (紫藤ムサシ)
2005-04-21 22:42:12
毎度、お世話になっております。紫藤です。

ふつつかながら、仏教徒である私が、今回の「バチカンの新法王・誕生」について記事を投稿いたしました。

 決して、貴サイトを辱めるものではなく、世界の政治動向を考察するためのものです。

 あなたさまのサイトを拝見させていただき、深い敬意と親愛の情を感じております次第ですので、今後ともよろしくお付き合いのほど、お願い申し上げます。
Unknown (げちゅ~)
2005-08-03 10:23:06
やっと最近、身辺も、落ち着いてきました。

TB有り難うございました。

バタバタしていて遅くなって申し訳ありません。

264代ローマ法王は若者から世代を超えた方でしたね。

また、お邪魔します。

遅くなり、失礼をお許し下さいませ。

時差調整の問題 (pfaelzerwein)
2005-08-04 03:05:52
げちゅ~さん、お忙しそうですね。時差調整の事で興味持っています。飛行のクルーなどが出来るだけ順応をせずに滞在地を去って本拠地へ戻る方法です。またそちらへゆっくり伺います。



流石に話題が古くなりすぎましたが、切手のコピーを入れる事が出来ました。
とても忙しかったです (jyakuzuregawa)
2005-09-13 21:18:01
半年近くたってこの記事を拝見しました。

 パパ様が亡くなった頃は、所属教会の追悼ミサの準備、所属教区主催の追悼ミサへの参加と、慌しく過ぎてしまいました。

過去にパパ様が来日されたこともあってか、日本人の彼への意識は、けっこう高かったと思います。

キリスト教なんて、たいがいの人が信じていませんのに。皮肉ですね。



 

厖大な布教への貢献 (pfaelzerwein)
2005-09-14 05:18:43
バックナンバーですね。それにしても、凄い数でしょう。



Comment ( 17 )

Trackback ( 11 )



これより多かったのはクリスマスでした。実際に信仰とは全く違う事が多いかもしれませんが、人物像がもたらす雰囲気とかが与える影響の大きさは無視出来ません。



メディアを上手く使って、布教への貢献も厖大なものだったと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
偉大さの尺度 (Abstacle Web Column ~言いたい放題(かも…)な、らくがき帖~)
ローマ教皇が亡くなった時のサンピエトロ広場。 故人を慕う人達の多さに、悲しみの度合いが増すばかりですね。 そんな中、このようにちょっとアレな反応を示す人達もいるのですが…だから民度がh(略
追悼 (ひとよし、心のつぶやき)
ローマ法王 ヨハネ・パウロ2世のご逝去を悼み 謹んで哀悼の意を表します。
ローマ法王に最後の別れ 史上最大の葬儀 (ペンギンの 気になるニュース & 日記帳)
冷戦終結に貢献し、今月2日に84歳の生涯を閉じたローマ法王ヨハネ・パウロ2世の葬儀が8日、バチカン市国内のサンピエトロ広場で行われた。  葬儀には、米国からブッシュ現大統領と父親のブッシュ元大統領、クリントン前大統領と3代の大統領が歴代大統領として初めて参加
ローマ法王の遺書 (木イチゴプリンな日々)
ローマ法王の遺書が公表されたそうです。  (→http://www.cnn.co.jp/world/CNN200504080001.html)             遺書は法王の母国語であるポーランド語で書かれ、イタリア語の翻訳と共に公開されたそうです。 葬儀は8日午前
フィリピン・八方美人 (庄治の最近気になること)
 題名通りの国なんですが国力が低すぎるから致し方なしってところでしょうか。フィリピンの経常収支は700万人に及ぶ海外在住労働者の送金によって支えられていると言っても過言ではありません。出稼ぎ先はサウジアラビア、香港、日本がTOP3で他にも湾岸の産油国に大勢行って
別れの言葉 (yukimomo日記)
《別れの言葉》ヴァチカンを背景に、ゆっくりと暮れていく春の日没はまるで映画のなかのシーンのようだ。サン・ピエトロ広場の灯が一つ、二つと灯りはじめる。広い広い美しいその広場は、一つの窓を食い入るように見つめる人で埋まっている。あの窓の中には・・今まだ”彼”
国連常任理事国を目指す前に (二人のピアニストに思う)
2005/04/08 ローマ法王ヨハネパウロ2世の葬儀には全世界から200万人の人がヴァチカンに参集した。全世界から集まったこれ等の中には220 人の各国首脳{米国のブッシュ現、元大統領、クリントン前大統領、英国のブレア首相、フランスのシラク、ドイツ、オランダ、ポーラン
Pope John Paul II (The Blue Bird Diary)
今日はローマ法王、ヨハネ・パウロ2世のお葬式でした。 僕はローマ法王がこんなに偉大な方だとは全く知りませんでした。こんなこと書くのはカトリックの人にしばかれるかもしれませんが、僕の知っているローマ法王は、まともに話が出来ないおじいさんでした。今思うとな
ローマ法王の死 (ベリッシマの欧州日記)
昨夜、ローマ法王が亡くなった。 人が亡くなった後のセレモニーというのは、 残されて生きてる人たちのためにあるものだけど、 世界一大宗教の偉い人の死は、多くの信者が自分を表現する機会ともなり、 国家元首のような偉い人たちのセレモニーともなり、格別にぎやかなのが
法王、サン・ピエトロ大聖堂の地下墓地に埋葬[BBC] (英国から日本を見る)
8日、200人の各国指導者を含む何万人もの見守る中、ローマ法王ヨハネ・パウロ二世の葬儀がローマで行われ、遺体はサン・ピエトロ大聖堂の地下墓地に埋葬された。 膨大な数の巡礼者がサン・ピエトロ広場を埋めつくし、周囲の街路にまであふれた。 数百万人はテレビや世
馬鹿マスゴミの極み (1喝たぬき)
 ローマ教皇庁がいくらクレームをつけても法王と呼び続ける馬鹿マスゴミ。世界中のカトリック信者を敵にして何が面白いのか。馬鹿小泉も一国の責任者のくせに教皇選出会議をおちゃらけてコンクラーベは根比べ、とか訳のわからないことのたまって馬鹿にする。本人にそのつも