イエロー・ジャーナリズム?

2018-02-20 00:00:00 | 市民A
約2年間、暴露雑誌が売り上げを伸ばしていたのだが、二つの報道から、違和感を感じ始めた人が増えているように思える。奇しくもどちらも「小室」関連なのだが。

振り返ると、複数の雑誌が取り上げたスクープ記事は、「ベッキー」「甘利」「宮崎」「ジャイアンツ野球賭博」「舛添乱費」「山尾」「今井」「森友」「加計」・・・その他多数なのだが、特徴があるのは、「秘密性」というよりも「不公正」というところの要素が大きいような気がする。

テレビで活躍している姿とはまったく異なるタレントの実態(もともと虚像なのだが)に騙されていたことに気が付くというパターンがある。

公明正大であるべき政治家が嘘をついていたパターン。

やっては絶対いけないはずの野球選手の賭博。

一般国民には厚い壁である国家権力の忖度。

パワハラ、セクハラ、うそつき。もみ消しの類。

つまり「アンフェア」。


ところで、両小室事案だが、

小室哲哉の件。小室哲哉という存在は、虚像ではないわけで、作曲家をやってお金を稼いだわけだ(そして派手に遣ってしまった)。それはみんな知っているわけで、そういう能力のある人は、大衆からは妬まれないわけだ(同業の作曲家からは別として)。ストーリーに登場した看護師という職業も、みんなが知っているように、激務であり、それに対する報酬が少ないことが言われている。つまり、もともとアンフェアではない人たちのわけだ。

そしてもう一つの小室家のことというのは、今のところ当人には責任がないことになっている。こどもが婚約したから親が婚約破棄したとしても、少なくても子供の責任はないはずだ。こどもの問題に親が責任があるというのには一分の理がある場合もあるが、逆はない。少なくとも小室家は普通の家庭なのだから、色々なことがあってもよくある話であるわけで、皇族でなくなる人と普通の人に対して行き過ぎ報道もいいところだ。

イエロー・ジャーナリズムの本家である英国だって、皇位継承権のある第二王子の花嫁の肌の色がちょっと違うとかバツイチだとか言わないことになっている(むしろ英皇室内に漂っているようだが)のに、日本はかなりの勘違い報道なのだろう。

といっても、買う人が一人もいなくなったら成り立たないのが雑誌の「定め」で、雑誌ほど勃興の激しい出版ジャンルはないのだから、その運命は一人一人の読者の財布が決めればいいのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンフェア the end(2015年 映画)

2018-02-19 00:00:18 | 映画・演劇・Video
2006年に放送されたテレビドラマシリーズの劇場版。第一作が2007年、第二作が2011年、そして2015年の完結編。

ufa3


三作ともほぼ同一キャストで撮影されるというのは、かなり困難なことだ。スケジュールを合わせるのが難しいし、間があくと容貌にも変化があるし、病気になる人もいるだろう。もしかしたら第二作の時に第三作の撮影も済ましていたのではないかと想像したが、ストーリーのコアのところにスマホ等の電子機器が登場することもあり、難しいような気もするが、そもそもいつの事件かも正確には明らかにされないのだから機器が古くても構わないわけだ。

そして、第一作からの流れは、冒頭で軽く復習されるわけで、国民を監視する国家の一部(警察+検察+裁判所)が、どうやって邪魔者を排除しているかがわかってくる。その事件簿のデジタル化されたものをめぐって、監視される側(一般国民)の代表が篠原涼子の演じる雪平刑事なのだが、なかなか味方があらわれない。

ということで、味方となるべき青年が現れ、ジャーナリストと接触しようという時に、ジャーナリストが次々に殺されていき、現場からその青年や雪平の指紋が発見されるわけだ。

つまり、この映画は、「誰が味方で誰が敵か」ということを観客になぞかけしているような展開なのだ。そして、アンフェアなことをやる権力は、日本の近くにある寒い国々と同じような方法を使うのだが、映画から離れて考えてみると、実際の日本は「殺人」という方法ではなく「忖度による政権運営と、ご都合報道による世論操作」ということで進んでいるように思える。

そして、デジタル情報をジャーナリストに渡すことが困難になり、中欧の某国の大使館に持ち込もうという方向に進んでいく。某国大使館は都心の高層ビルの中にあり、やめてもらいたいがそのビル内で撃ち合いが始まる。そして今まで命中率の低かったピストルが急に当たり始めて、敵も味方もゴロゴロということになり、ストーリー的には無事に完結する。

映画が終わっても敵と味方の区別ができなかった人のためにエンドロールの中で、詳しい補足情報が映し出される。それでも理解できなかった人は、yahoo!知恵袋に尋ねると、誰かが詳しく教えてくれるが、中には誤った回答も見受けられるわけだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渋谷でもっとも暑い場所

2018-02-18 00:00:44 | 美術館・博物館・工芸品
渋谷駅周辺では、駅そのものを含め無数の工事が行われている。古いビルは次々に倒され、高層のオフィスビルやホテル、商業施設に建て直されている。ある意味で「暑い街」といってもいいだろう。

ただし、実際に気温が熱いわけではなく、冬になれば雪は積もるし、高層ビルの間を寒風は吹き抜けている。

ところが、徒歩10分程度のところに、本当に暑い場所がある。しかも公共施設である。

目白通りを恵比寿方面に歩き、突如右に曲がった場所にその建物はある。

nettai1


「渋谷ふれあい植物センター」。この施設名だけではよくわからないだろうが、大きなガラスの温室が建っている。入館料は100円(シルバー無料)と格安で、館内は相当暑い。つまり亜熱帯から熱帯といった設定になっていて、そういう種類の植物が植えられている。お決まりの食虫植物もある。この時期、コートを着ているので、まず一枚脱いで、次にまた一枚脱いでということになる。太陽政策だ。

nettai2


今まで行った色々な植物園の中でも異例の感じがある。どうも強い主張が感じられない。サボテンも鉢植えで並んでいるし、屋上のハーブ園も鉢植えで、私の庭の地植えのハーブ類の方が立派に思える。そして2階部分には、椅子がおかれ、無料のお茶が飲めるし、植物関係の様々な本を読むこともできる。くつろいでいるのは20代の男性とか女性とか。

nettai3


一人でこういう場所で精神を休ませているのだろう。ちょっと心配だ。まあ、ペットと一緒の時がくつろげるという人もいるのだから、植物と一緒の時にくつろげる人がいてもおかしくない。こういう方々が年配になると盆栽とかやるのだろう。

そして、この場所は、渋谷区民他の心を休ませる大きな役目を果たしているといえるのだが、一つの根本的な問題がある。

それは、暑過ぎることかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

禁断のオッサン流振り飛車破り(神谷広志著

2018-02-17 00:00:54 | しょうぎ
本日は、朝日オープンの準決勝&決勝ということで初の藤井×羽生戦が行われる。勝負以外の興味として、どちらかが「和服で現れるのか」ということ。そして、興味ではないが、いずれ名人戦と重複感のある本棋戦は廃止になるだろうとも思われていたこの棋戦で藤井五段が優勝すると、簡単には廃止にできないだろうと、彼の優勝を祈っている棋士もいるだろうと想像する。

ossan


さて、その藤井五段によって不滅の28連勝の記録を破られた神谷広志八段の渾身の著書である「オッサン流振り飛車破り(平成28年5月)」。第29回将棋ペンクラブ大賞の技術部門大賞に選ばれている好作である。「29回」という著者にとって不吉な数字が付いているというのが、連勝を破られる運命を暗示していたのかもしれない。

内容は、大きく四戦法。「ゴキゲン退治の盛り上がり戦法」、「四間飛車退治の鳥刺し戦法」、「四間飛車穴熊退治のホラ囲い」、「石田流退治の棒金戦法」。

ペンクラブ大賞の選考会でのプロ棋士の声では、B級戦法ではなくマニアック戦法であり、しかも自分で対局に使った上、本書を書いているというところが評価されているようだ。まったく指しもしない戦法の本を出版する人に対する反語的評価でもあるのだろう。

自分的にはホラ囲い(別名ミレニアム)と棒金は時々指すのだが、なかなかうまくいかないのだが、本書を読むと形勢が良くわからない時はゴリゴリと攻めてみればいいというように感じた。鳥刺しは、将棋を覚えたての頃の古い定跡書に書かれていたように思うので、少しやってみようかなとも興味を持っている。

選考棋士の談によれば、文才があるのだから棋書だけではなく文芸作品を書かれたらどうかという意見もあった。記録を破られて意気消沈するだろうことを、半年前に予測していたのだろうか。


さて、2月3日出題作の解答。

0217k


0217kk


舟囲い崩しの詰将棋で、1二から角を打つ筋に気付くかどうかである。ただし、6手目の玉方の逃げ方が、同手数迂回手筋になっているとのご指摘があり、修正図を作ってみた。

0217kkk


0217kkkk


最後の追い方が原図は派手なのだが修正図では金のストーカーになってしまった。

原図の動く将棋盤はこちら


今週の出題。

0217m


超難易度の手はない。

入口がやっかいな面はあるが、途中からは駒のさばきを行っていくので、どこかで見たような終局になる。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ正誤判定します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豆の雪

2018-02-16 00:00:37 | あじ
大室山のふもと近くの伊豆高原に泊まっていたのだが、晴天から急変。驚くことに雪が降ってきた。そしてノーマルタイヤ車できたこともあり、閉じ込められることになる。しかもコンドミニアム方式なのでキッチンで勝手に調理しなければいけないが、外食予定だったので食材はほぼなし(飲み物と酒のつまみのみ)。

shoku3


ということで、出前を取るという予想外の展開になるのだが、といってもこの天候では頼まれた方も同じようなことなのかもしれない。東伊豆らしくもない普通の刺身定食となる。

shoku1


といっても東伊豆を代表する食材は、「金目鯛」、「伊勢海老」ということか。「干物類」というのもあるが、それは帰りのお土産用だろうか。

むしろ、味と魚の多様性にこだわれば西伊豆(駿河湾)の方だろうか。といっても伊豆半島中央の山岳地を天城越えしないと西側には行けない。

shoku2


そして、中伊豆にある「伊豆の国ビール」を飲むことになる。伊豆の地ビールとしては「伊豆高原ビール」と「伊豆の国ビール」が有名だが、ビールの味には詳しくないので評価しないことにする。もちろん館内の自販機でナショナルブランドの缶ビールは買える。

20ほどある部屋(2LDK)のうち、たぶん4部屋しか稼働していないように感じたのは館内の天然温泉に何度も使ったのだが、誰一人として見かけなかったことや駐車場の車の台数からの推測なのだが、チェックアウトの時にタイ国人夫妻のように見える二人を見かけ、何日逗留していたのか不明だが、この寒さにいささか同情してしまった。もっとも、一定期間潜伏するには適しているように感じた。

ところで、各地で火山活動が活発になり、伊豆の大室山にしてもそう遠くない時に大爆破したことは、山肌に樹木が生えていないことや、城ヶ崎海岸の溶岩を見ても感じられるのだが、列島の真下でマグマが上昇していることを示すのではないかと思えてしまう。そう思うと、温泉の湯温も少し高すぎるように感じた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神祇大社で踏みつけたもの

2018-02-15 00:00:05 | たび
伊豆ぐらんぱる公園の道路を挟んだ向かい側の丘に登っていくと現れるのが神祇大社という神社である。神祇は「じんぎ」と読む。有名なのは、お犬様の神社であること。たまたま本殿に繋がる階段を上っていたら犬を抱いて下りてくる男性とすれ違った。

jingi1


神社の入口にある手や口を洗う場所には別途、犬用の水場がある。ただし、人間用の神社の場合、「八方除専門」とか「金儲け専門」とか「足の病気専門」とか「交通安全専門」とか願い事別に専門化しているが、神祇神社の場合は「犬問題一般」が対象のようだ。

jingi2


もちろん人間の側にもご利益が必要ということで、用意されたのが地面の各所の敷石に刻まれた謎の文様。これは象形文字であって、その後簡略化されて現在に至った漢字が添えられていて、文字の意味が分かるようになっている。神社内のすべての象形文字を踏めばご利益があるようだが、寒すぎたし、境内各所には雪の名残があり、自分勝手に作業簡略化することにして、現代漢字「宝」という字の上で、繰り返し足踏みすることにしてしまった。作業簡略化が吉と出るか凶と出るか、いずれ結果はわかるだろう。

jingi3


そして、絵馬ならぬ絵犬。かなりたくさん掲げられている。しかし、読んでいると、ほとんど全部が「犬の健康」についての祈願である。それも特別の病気というわけではなく健康一般を願うということなのだから、愛犬との旅行中に気楽に立ち寄るのだろう。犬は伊豆にとって大きなビジネスチャンスになっている(というか人間観光客が減ってきたため、犬用に改修していることが多いのが実態)。

しかし考えてみれば、犬の健康を祈るというのは飼い主の気持ちとしては当然なのだが、犬の立場で考えてみれば、「今年こそステーキ一枚食べてみたい」とか「隣家の目つきの悪いオヤジに噛みつきたい」とか、犬の本性にのっとった愛情表現をしてみたいとか、色々あるのだろうと、犬に同情してしまうのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

城ヶ崎海岸の冒険者

2018-02-14 00:00:25 | たび
東伊豆に行っていた。伊豆は温かいだろうと思っていたのだが、宿泊地が高原のリゾートクラブであったこともあってほぼ横浜と同じようなものだった。

jogasaki1


ということで厚着して国立公園の城ヶ崎海岸を散策。溶岩が固まってできた海岸だそうで、大室山というシンプルな形の火山が爆発した時に海岸まで溶岩が流出したそうだ。そして、溶岩は脆いので、波に洗われたり風雨で岩が劣化して、ボロボロと壊れていき、現在の野性味の高い岩石海岸ができたようだ。一応、釣り橋と灯台が名物なようだが、景観にそぐわないような気がする。

jogasaki2


もっとも、自由に人間が歩き回ると危険すぎるので、遊歩道方式にしているようにも思う。

にもかかわらず、インスタ映えを狙い、岩場の上に登ってつま先を10センチ近く岩の外に出した画像とか、岩場に座って足を投げ出したりと、ハイリスク画像があふれているそうだ。そもそも岩が崩れて現在の状況になったわけで、地震一揺れで総崩れだって起こるはずだ。

また、後で調べると、この岩から本人の希望のないまま落ちる人は後を絶たないらしく、その場合、ほとんど全員が岩の上に落ちて違う世界(天国か地獄)に向かうそうだ。しかも救出(あるいは回収)も簡単には行えないわけだ。

海の上に落ちないとライフジャケットは役に立たないわけで、むしろ体に重りを付けた方が安全意識が高まるような気がする。

jogasaki3


当日も、遠くの岩場に目を凝らすと、どうも釣り人の用具である釣り竿のケースやアイスボックスが放置されているように見えた。近くに人影はないし、さらに既にうちよせる高波はアイスボックスを洗っているように見えている。

翌日の地元ニュースを確認したのだが、アイスボックスの運命について書かれているものはなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンフェア the movie(2007年 映画)

2018-02-13 00:00:14 | 映画・演劇・Video
篠原涼子主演のテレビドラマ(2006年 全11回)が好評だったため、映画化された。実は全三作のシリーズの第二作から観てしまったので、第三作を観る前に第一作に戻っておかないと困るかなと方針を変更。

ufr1


しかし、どうもテレビドラマで残された謎が本作で解決されるというような事態に気付く。それではさらにドラマを見ないといけないのではないかと思ったりする。この因果関係がつながっているものを結果の方から逆に辿るというのは少しおかしいように思われるだろうが、例えば犯罪捜査なんかはこの逆方向に進むわけだ。犯罪が行われ、その直接の原因を調べ、さらにその元になる原因を調べたり深い動機を探ったりする。鳥取のカラオケバーの頭蓋骨破壊事件から逆に追跡して錦糸町のモンゴルバーに辿り着くようなものだろうか。(テレビの方は観ないことにしておく)

ただし、犯罪捜査そのものが映画になっているので、「どうしてこういう捜査が行われたのだろうか?少しおかしい」ということになる。犯罪映画シリーズを逆から観ていくというのもあまりないパターンではないだろうか。

第二作に比べ、第一作の方が犯罪が陰惨な雰囲気がある。誘拐や銃撃、爆弾テロ、バイオテロ。

といって、結局はこの映画のすべては篠原涼子のために存在するという構造になっているわけだ。確か、このアンフェアシリーズによって、「男性社員が選ぶ理想の女性上司」に選ばれたはずだが、冷静に考えれば、無暗にピストルを撃ったり、ルーティンワークをほったらかして大きな案件があれば、勝手に行方をくらまして一人でお手柄を独占するというのが理想の上司とはどうなのだろう。私が部下なら警察署ごと何らかの方法で吹き飛ばしてしまうかもしれない。

ところで、なぜ、歌手をやめて女優に専念するようになったか時系列で考えてみると、小室哲哉氏のグループから離脱した後、適当な曲が回ってこなかったということだったのではないだろうか。小室氏も引退宣言をして今後お暇になるようなので、篠原涼子作曲ということで、こっそりゴーストライターをお願いしてみたらどうだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お断り価格に乗ったのでは?

2018-02-12 00:00:04 | 市民A
名門泰明小学校がブランド大好き校長の元で揺れている。明治初期に設立され、まもなく90年に達するという歴史的建造物にも指定された校舎とさらに古く南フランスからやってきた門扉(フランス門)を持つ同校の歴史に、一つの滑稽な瞬間的エピソードとして挿入されることになるのだろう。

明治11年に設立された同校は、皇居を挟んで反対側の番町小学校とともに麹町中学、日比谷高校、東大と進む官制エリートコースのスタート台なのだが、泰明と番町を比べると、前者は文化人を多く輩出し、首相としては近衛文麿がいる。後者は戦前は軍人や政治家を多く輩出し、首相としては東條英機がいる。また泰明の方が似合うと思うが吉行淳之介は番町出身だ。

taimei1


たまたま、3ヵ月ほど前に、泰明小学校の向かいにあるジャンセン美術館に行った際、「そのうちなんらかのイベントが起こるかもしれない」と予感があって、校舎の脇に置かれた卒業生の制作作品を撮影していた。予感とは、この何かを咥えた(楽器を吹いているのかサトウキビを齧っているのか)少年か少女像の制作者が有名彫刻家となるとか、そういう方向だったのだが、あまりにレベルの低い話になっている。

校長の「服育」方針として、制服にアルマーニ製が選ばれたのだ。一式そろえると9万円ということで、ワイシャツは5000円ぐらいだそうだが、当然ワイシャツは1枚では足りないだろうから、最低3枚そろえると10万円になる。

「当校の児童の親は高所得だ。買えない人は買わなくてもいい。」と校長は言っているようだが、そういう問題ではないと思う。頭のいい子を集めるという方針には授業の運営上は一分の理があるかもしれないが、お金持ちだけを集めたからと言って小学校が立派になるわけではないし、本当のお金持ちの子は公立には行かないわけだ。

さらに、フランス門という立派な文化財を持っているのだからフランスのブランドならともかくアルマーニはイタリアだ。イタリア人みたいに教育するのだろうか。イタリア人と一緒に会議をすると、かならず遅刻してきて、席に座ると隣の人間のネクタイを裏返してブランドを確認したりするような人間が多いそうだが、そんな服育って求めるべきものなのだろうか。

どうも、真相はエルメス、シャネル、バーバリーにも声を掛けたのだが、価格を示したのがアルマーニだけだったそうだ。

しかし、エルメス、シャネル、バーバリーといえばブランドの中でも超一流である。もしそれらだったら、もっと驚きだっただろうが一応、フランス、英国、イタリアの三か国に絞ったというのが一流指向なのだろうか。

というよりも、各ブランドの方も、まさか選ばれることはないと思っていて、見積もりを出すことなく辞退したのに、アルマーニは絶対に選ばれないように高めの金額を書いたのに、それでも選ばれてしまって困惑しているということなのではないだろうか。

ところで、教員もアルマーニ着用ということになるのだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福山自動車時計博物館はバラエティ過ぎる

2018-02-11 00:00:00 | 美術館・博物館・工芸品
福山駅から北に10分ほど歩くと、福山自動車時計博物館に到着する。隣のマンションの屋上に巨大な看板塔が立っているので、驚くのだが、博物館はその隣だ。いや、道の反対側にもある。いや、その隣にも隣にも・・

jidou1


屋外展示は、バスや作業車、などの大物の車両や元車両(半スクラップ)も並ぶ。バラエティ感があふれている。

jidou2


そして館内に入ると、所狭しと各種クラシックカーが並ぶ。国産車、外国車、360CCの軽自動車や、いまや見ない三輪車など。しかも飛行機(チェロキー)まである。

jidou3


しかも、自由に運転席に乗れるのだ。もちろん、中には座席のスプリングがへたっているものもあるし、チェロキーの狭く低い座席に潜り込むと、お尻が抜けなくなる危険も感じる。

jidou4


現代のクルマと比べても、基本的には、アクセルとブレーキとギアがついているだけなので、基本的にはあまり変わっていない。100年前と変わっていないのに商業的理由で変わっているように自動車会社が見せかけているだけかもしれない。

そして、壁には壁掛け時計が並んでいる。自動車時計博物館というのは「自動車の時計の博物館」ではなく「自動車の博物館でもあり、時計の博物館」でもある。

jidou5


館内の入口の方に、日本独自の「尺時計」という珍品が並んでいる。日本で使われていた、〇の刻という時間制は夜明けと日没を規定してそれを12等分するのだから、夏は昼間一刻の方が長く、冬は夜の一刻の方が長い。

そのため、一刻の長さが調整できるように尺を刻むようにできているのが尺時計というそうだ。

jidou6


従業員の方に聞くと、これらは館長の趣味で集めているらしいとのこと。蝋人形まであり、あまり似ていないペリー提督の隣に並ぶのが、幕末の英才、阿部正弘だそうだ。老中首座で切れ者だったらしいが、25歳で老中になり39歳で急死し、その後、井伊直弼が大老になり、以下は大混乱となり明治維新を迎える。その阿部正弘は福山藩主だったそうだ。

その他、咸臨丸の水夫で米国に墓のある人物のカリフォルニアの墓石の拓本も展示されていて、館長は幕末史にも蒐集の手を延ばしたいような感じが見えるが、もはやこれ以上蒐集しても館内に展示できる隙間はないだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加