女流名人戦第一局解説会

2017-01-21 00:00:00 | しょうぎ
1月15日に開催された女流名人戦第一局が箱根小涌谷の岡田美術館で開催されるということで、優先的に申し込むことができた。解説は森下九段と室谷女流二段、飯野女流1級で、立合いの青野専務理事と清水女流五段が時々解説に加わる。本来は連盟会長のイスが中原→米長→谷川となるよりも中原→青野→森下というようにやっていれば、こんなひどい状態にはならなかったような気がするが時間は戻らない。

meijin


そして、対局場は隣接の小涌園かと思ったが、岡田美術館の中。この、名品ぞろいの美術館を新築し、日本中に秘蔵されているお宝を集めたのが岡田さんという実業家。日本国内ではパチスロ王であり、海外ではカジノ王だ。といってもパチプロとかカジノでは無敵ということではなく、それらを経営して、収益を上げているということ。

ギャンブルの賭金が不浄財とすれば、それが美術品という浄財に変わる。女流名人戦のスポンサーになるということも、同じような仕組みなのだろうか。スポンサーという不浄財を対局料という浄財に変換するということだろうか。よくわからない。

なお、現在、FBIがフィリピンでのカジノ建設で現地の公務員にわいろを渡したのではないかと捜査中らしい。日本の国会ではわいろを渡す間もなく超速でカジノ法が通過した。米国で有罪になって罰金が発生した場合、美術館の所蔵品が減るのだろうか、あるいは女流名人戦スポンサーから降りるのだろうか。


joryumeijin


対局は、急戦好みの両対局者だけに、どんどんと進んでいき、細かな好手の応酬で形勢は揺れている。隙間だらけの先手上田玉に王手がかかり、里見名人の△8五桂打という手で、解説陣一同で、「この後数手で先手玉に必至がかかり里見さんが勝ちます」という的外れの結論が出た後、上田挑戦者からの▲5一角打というあり得ない超好手が炸裂、この一手でほぼ上田挑戦者の勝が決まった。


さて、1月7日出題作の解答。

2021k


0121kk


こういう軽い展開が好きなわけだ。

動く将棋盤は、こちら


今週の問題。

0121m


わかったと思われた方はコメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ、正誤判断。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ryu’s Talk いつでも夢を(村上龍講演会)

2017-01-20 00:00:41 | 書評
横浜市青葉区(たまプラーザ)に長く在住されている佐世保生まれの作家、村上龍さんが地元の青葉公会堂で講演会を開いた。

ryu


講演会のタイトルである「いつでも夢を」は、最新刊の『星に願いを、いつでも夢を』というエッセイ集からのものだろう。生きるだけで精一杯の人が、別の人生をイメージできるだろうか。いつでも夢を持っていられるだろうか。という高尚なテーマの本なのだが、対話形式の今回の講演会で話題となったのは、その一冊前の『日本の伝統行事』という本。

さらに、聞き手が持ち出した最初のテーマは、「どうして佐世保から出てきて青葉区に住むことになったのか。千葉でも埼玉でもなくこの町のどこが良くて選んだのでしょう」と誘導尋問から始まるが、龍さんからは驚愕の回答が飛び出した。

家を建てたのは、『限りなく透明に近いブルー』が芥川賞を受賞し巨額の印税が入ってきた勢いで、知人の建築家に頼んだところ、日本のチベット(おおた註:チベットの人ゴメン)と言われるたまプラーザの土地を探してきたので、現地を見ないで買った、ということ。驚愕はさらに続き、巨額の印税は家が建つ頃には派手に使ってしまいゼロに。ローンは月40万円ということになり、講談社から次作の原稿料の前借をして資金繰りということになり、『コインロッカー・ベイビーズ』が大当たりして金策が功を奏したということだそうだ。

結局、その後、ローンを抱えながら書いていたわけで、龍氏によれば「ローンがあるとどうしても街が嫌いになれない」ものだそうで、聞き手の希望していたトークとはかなりずれてしまった。

そして『日本の伝統行事』の方だが、従来、反体制的作家と思われていて、どうして日本の伝統行事というような保守的なものを賛美するようなことになったのかということに対して、聞き手から頼まれてもいないのに話し始めた内容は、なかなか要旨を再現するのは難しいのだが、一部、わたしのコトバで補うと、

昔と現代を比べればもちろん現代の生活の方がいいに決まっているのだが、その間に何か重要なことを忘れてしまっている。古来から続いている人と人との関係とか伝承の中に生きる人間性といったものが、経済的合理性の中で「そろばんに合わない」として消え去りつつある。正月のお飾りや雛祭り、七夕の意味、踊りや祈り、それらを伝承しようという試みだそうだ。

心がなくなり形が立派になる例として、昔は日本が貧しかったせいもあるが、家々の鯉のぼりの大きさとか武者人形の立派さというようなものは、誰も気にしていなかった。問題はおカネではなく、祝いや祈りの行為だった。ところが現代ではその心や祈りの意味がなくなり人々は金持ちをねたみつつある、ということだそうだ。

つまり、龍氏がずっと闘っていた相手は「体制」というよりも「資本主義的合理性」ということになるのだろう。だから資本主義の欠陥と民主主義の欠陥が噴出している現代社会では龍氏のスタイルの方が体制的に見えてきているということなのだろうか。

その他、作家的洞察力の片鱗が惜しみなく発揮される名言も多かったのだが、帰り道で聞いた聴衆の評判は「対談方式ではなく独演を期待していてガッカリ」との声が多かった。が、ノーベル賞の記念スピーチじゃないのだから、作家の思想を断片的に垣間見ることができた、というだけで満足できるのではないだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の男(2013年 映画)

2017-01-19 00:00:00 | 映画・演劇・Video
原作は桜庭一樹の同名小説(直木賞)。2006年から2007年に別冊文芸春秋に発表された。通常の小説は、
時系列の古い方から順に新しい方に時間が流れる。まれに過去のできごとがフラッシュバックすることがあるが、おもだったできごとをそのパート毎にたばねて逆順にすることはほぼない。むしろそういう実験は映画においてみられることが多い。

watashinootoko


ところが本作は、小説の方が逆順で映画の方が正順に時系列が進む。実際に、限りなくインモラルなテーマ(近親相姦、殺人の隠蔽)が段々と重なっていくという恐ろしい作品であり、この徐々に深みにはまっていくという正順法と恐ろしい状況に至った過去を分析していくという逆順法の違いというのかな。映画の方が怖い。

すべてのスタートは1993年の奥尻島を襲った大地震と津波。家族全員が津波に流され孤児になった少女の新しい父親になったのは、実は本当の父親だった。本当の父親でなくても父と娘の肉体関係というのは道徳的にはいけないことになっているのだが、本当の父娘がカメラの前で絡み合っていく(浅野忠良と二階堂ふみ)。

そして、それに関係して第一の殺人事件が起き、第一の殺人事件に関係して第二の殺人事件が起こり、その都度、撮影用の赤インクが大量消費される。

熊切監督は「夏の終わり」でも、本作でも暗い画像が好きなようだが。もっと色彩鮮やかな撮り方でも十分に怖い映画にできたと思う。夜になってから見るのはあまりお勧めできない。怖くて眠れないかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お年玉2等!

2017-01-18 00:00:37 | 市民A
最近、徐々に年賀状の枚数が減ってきて、50枚位かな。特に今年は喪中の人が多く(暮れのブログで8人と書いたが、最終的に10人とさらに増加した)、もっと少なかったのではないだろうか。

で、この2年は(1年は喪中だったのだが)切手シートも当たらないという残念なことになっていたが、今年は大当たりになった。

otoshidama


2等当選。

全国のふるさとグッズの中から一品をいただけることになった

下4桁が一致する率は1万分の1だから、50枚年賀状があるのだから、200年に一回という確立になる。

ところがそんなに気絶するほどうれしくないのにはわけがある。実は2回目なのだ。そして前回はブログに書いたような記憶がうっすらとあるので探してみると、2010年1月26日「おとし玉」に同じく1万分の1の確率で同様のお年玉を確保している。確率的には200年に1度が7年に1度あたっている。

そして最大の違いは何かというのは、2010年は「3等」だったのに、2017年は「2等」に格上げ。2010年にあった「2等」は消滅。

ゆうちょ銀行って苦しいのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メンタルヘルスマネジメント検定1種合格!

2017-01-17 00:00:11 | 市民A
11月に受験したメンタルヘルスマネジメント検定で1種合格の通知が届く。この検定には、1種・2種・3種があり、職場でのストレスに起因するメンタルヘルス不調者が大問題になってからだいぶ経った10年ほど前から、遅きに失した感もあるが資格認定が始まった。

mh


3種は労働者自身がストレスを軽減して不調に陥らないようにする対策で、2種は中間管理職が部下のストレスを軽減する方法やメンタルヘルス不調者の早期発見方法、休職者の職場復帰支援が範囲。1種は、そういう色々な対策をシステム化したり、緊急事態対応とか職場外の組織と連携といった要するに大局的に管理する知識を試すわけだ。3種の合格率は約8割、2種は約5割、1種は10~20%で毎年200人強が合格している。

1種は2015年の秋に受験したものの惜敗。その反省として1種の復習の前に2種や3種の勉強をすることにした。つまり1種の問題は幅広いのだが、その中に2種や3種の範囲の難問も含まれているということ。難問が多く合格ラインが厳しいので、1問でも無駄にできないという状況なのだ。選択問題と言っても「選択肢4つの中から正しいものを選べ」というだけではなく、「4つの文章の中に正解はいくつあるか」というような厳しいものもある。しかも全部正しいとか正解なしとかのばあいもある。常識外れなのだ。

で、2016年春に計画通り2種と3種に同時合格(1種は秋のみ)。自信満々で1種の試験会場に行ったわけではないが、結果は自己採点より低かったものの合格。選択問題終了後、論述問題開始までの30分間に、「選択問題から意図的に除かれている分野が怪しい」と仮説を立て、出題問題の推測を続け、開始1秒前まで悪あがきでテキストを読んでいたら、その部分がピンポイントで出題された。(例は悪いが米軍が日本に対し、人口の多い順に無差別都市爆撃をしていた中で、爆撃されない空白の都市が数ヶ所あって、そこが原爆投下候補だったことを日本側は察知していたのだが国民には内緒だった。)

で、本来なら電通や三菱電機、佐川急便といった長時間労働による鬱病だけではなく、仕事上のストレスについても守備範囲なのだから産業アドバイザーでもやればいいのだが、数か月前から密かに調べていると、いくつかの大企業の総務・研修関係の人によると「メンタルヘルス教育のような後ろ向きのことは、会社としては興味がない。むしろ不調者をどうやって追い出すかが課題」というような状態なのだ。おそらく小企業でも相談されるのは休職者とどうやって円満解決するかというのがメインテーマのようだ。

本来は、不調者が出ないような職場作りという入口の対策が重要なのだけど、何もしないで不調者をどうやって追い出すかというのは出口作戦ということで、甚だがっかりしているわけだ。

いっそ、「心理カウンセラー」という肩書にして不調者とのコミュニケーション専門に徹するという方法もあるのだが、日本の場合、米国と異なりカウンセラーのところに行くのは、初期の不調状態の時ではなく、重症になって「生きるか死ぬか」というようなことになりそうで、そういう人を相手にする根性はないので、悩ましい。悩み過ぎないようになにかバイオリン協奏曲でも聞こうかと思うが、多くの有名作曲家が精神不調を抱えていたことを思い出してしまう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊洲地下水から異常ベンゼン値

2017-01-16 00:00:01 | 市民A
豊洲問題が五輪問題と差し替えになって衆目の関心が薄れ、やっと築地からの移転が動き始めそうな段階で、ふたたび激震が始まった。地下水のモニタリングでベンゼンが大幅に増加したことと、今まで検出されなかったシアンが検出された。

まず、前回までの数字と大きく異なるということで、採取方法などのチェックをするということだが、そういう今回限りの技術的問題なのか、あるいは今までの採取方法が「恣意的に怪しい」のかという大問題がある。

よく公共工事、特に道路工事などでは、舗装の厚さを検査するのが難しく、完成した道路をランダムに検査官が穴を開けて検査すべきところを、業者が推奨する地点だけの厚さを調べて合格させるということが過去には行われていたとも聞くが、地下水の調査では不正行為はなかったのだろうか。あるいは採取方法が異なるとか。まあ、種も仕掛けもないという前提で考えると、その数字は何を意味するのかというと、安易に盛り土なんかしたからなのではないだろうか。

もともとベンゼンは気体になりやすい物質だし、その有害さというのは気化したベンゼンを大量に吸い込む(あるいは少量を継続的に吸い込む)ことによる発ガンリスクが高いこと。土を盛るのでは、結局は長期間すこしずつ気化して空中に現れてくるわけだ。だから、被害を受けるのは消費者ではなく、市場で働く労働者。40年間市場一筋で働くような人が一番危ない。消費者だって労働者だって被害があっては困るのは同じだ。

ベンゼンやシアンが存在するということはそれ自体大問題であって不適切な場所としか言えないが、使うとなれば土をかけるのではなく、数年間、土を掘り返して全部蒸発させる(あるいは濃度の高い場所は焼却処理)べきではなかったのだろうか。大気は圧倒的に大きな体積なので、特に被害を受けるような人はいないはずだし。

大気放出というとびっくりする人が多いのかもしれないが、土をかぶせてごまかす方が長期的には問題だったような気がする。

実はもう一つの可能性は、盛り土や大型の建物を地上に建てたために、空気中に徐々に逃げていくはずのベンゼンが気化できずに地下に滞留している可能性。これまた問題。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜の文化財展(横浜市歴史博物館)

2017-01-15 00:00:47 | 美術館・博物館・工芸品
横浜市には、江戸時代以前の歴史は少ない。現在の山下公園の近くは江戸時代のほぼ終わりまで砂浜で、一部に漁民が住んでいた。さらにその少し前は河口の浅瀬で、江戸時代に埋め立てが行われた。陸にしろ海にしろ、そこには歴史がない。

bunkazai


ということで、苦しいところで文化財を探すと、まず、現在の港北ニュータウンのあたりの丘陵地は古代日本人が集落を作っていた。石器時代人、縄文人、弥生人。奈良時代の頃までは住宅地だった(後日詳細)。そして、鎌倉時代。横浜市の金沢区と鎌倉市は背中合わせになっていて、三浦半島の東京寄り(東京湾)が金沢で、向こう側(相模湾)が金沢。しかし、その間には三浦半島の背骨のような岩山があり、何か所かに切通しがある。

つまり文化は鎌倉にあり、文化がこぼれたところが横浜市の金沢だ。ところがその東京湾寄りの方に鎌倉執権の北条氏と関係が近い寺院があり、称名寺という。北条実時が建立ともいう。変わっているのは、この寺は真言宗なのだが、仏教各派の歴史を研究していた。それらの研究成果をまとめたものが金沢文庫というライブラリーになっていた。(もっとも、「この本貸しといてよ」といって持って行かれた本は多数で全国に散逸した。特に家康は返さない人だったらしい。

国宝の多くはその称名寺関係だ。本展には、そういう各派の教義本や、幕府への陳情書などが並んでいる。見ても残念ながら解読できない。

それと鶴見のあたりも総持寺関係の資料がある。さらにいうと明治時代以降。多くの近代文化遺産があるのだが、重要文化財に指定されているものがある。

hikawa


氷川丸。日本郵船の客船である。夏はビアパーティには最適だ。もちろん現在も海面に浮かんでいるので、展覧会場に並べるわけにはいかない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一手必至100題(大森常一著)

2017-01-14 00:00:38 | しょうぎ
将棋を孫に伝える会で活躍されている大森さんの必至集である。作り貯めているという話は聞いていたが、100題も創られたというのは、かなりの驚き。私には一題作るのも大変で、うっかり詰みのある図だったり、受けなしと思っても驚異の受け手があったり、また余必至があったりとか。なにしろ柿木将棋のアシストを受けられないというのが大きく(受けられる方法があるのかもしれないが)、完成に至るのは苦難の道だ。

hisshi100


何しろ実戦では、なかなか必至をかけることが難しく、逆に必至をかけられてから、相手を連続王手で詰ませることで勝率の半分を稼いでいるような状態なので、「必至返しの双玉詰将棋」というのが得意ジャンルなのだ。

本書を解いていって、もちろん一手必至というのは一手詰より100倍は難しいのだが、それでも何題かは間違えてしまった。

hisi


ところで、本書は「必至」と表示しているが、「必死」と書く場合もある。書棚に4冊の本があった。「縛り手必勝法(佐藤大五郎)」では「必死」と表現。「来栖克由必至名作集」「詰めと必至(内藤国雄)」「ザ・必死(金子タカシ)」と必至派が2冊、必死派が2作。ということで本書が必至派なので3対2になった。

必死というのは、「必ず死ぬ」ということで、必至というのは「必ず詰みに至る」ということなのだろう。それぐらいの用語は統一した方がいいのだろうが、死と至はほぼ拮抗していて決着付けられないということだろう。いっそのこと「必ず死に至る」ということにして、「必至死(ひっしし)」ということにしたらどうだろうか。受けがない深刻さがヒシヒシと伝わってくる感じが表現できているような気がする。


さて、12月31日出題作の解答。

0114K


0114kk


ミニ「一の字」詰でミニ煙。お正月向けだ。4手目の玉は2ヶ所選択できるが同じことになる。

動く将棋盤は、こちら


今週の問題。

0114m


香車と歩兵の使い方に工夫がいる。

わかったと思われた方はコメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ正誤判定します。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本場のそば焼酎は強烈だ

2017-01-13 00:00:44 | あじ
そば焼酎というと「雲海」というのが有名なのだが、なめらかで特徴に薄いタイプで、蕎麦店で蕎麦と天ぷらと塩を肴に「そば湯割り」で飲むのがクラシックだ。ということで、ふるさと納税お礼品として長野県という都道府県が提供している蕎麦焼酎を入手。イモ焼酎(長野県初)と「二八」という蕎麦焼酎2本がセットだ。

shotyunagano


それで、蕎麦焼酎をそば湯割りにするにはどうすればいいかというと、蕎麦を茹でなければならない。蕎麦を茹でて蕎麦湯を作ってから焼酎の蕎麦湯割りを作る。白く濁った酒だ。

soba


割り方は、焼酎6、そば湯4にしたのだが、これがあまりよろしくなかった。何しろ味が強烈なのだ。

口が曲がり、胃が燃える。焼酎ってこんなきつい飲み物だっただろうか。

どうも焼酎の名前の通り、二八(焼酎2、お湯8)が妥当な比率なのだろう。

やはり、食べ物は「地元で発掘」するのが一番なのだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スローなブギにしてくれ(1981年 映画)

2017-01-12 00:00:00 | 映画・演劇・Video
原作は片岡義男の同名の小説で発表の6年後に映画が公開された。原作は読んだことがあるのだが覚えていないし、書庫(という名の段ボール箱群)の中から取り出すことは不可能なので、詳しく比較することはできないが、他の方の評論を読むと、「かなり筋が異なっている」ということのようだ。

bugi


筋の上では中年男(山崎努)が主演で、はっきりしない役を続ける。妻子と別居中に男二人女一人の奇妙な共同生活をするが、男一名が急死し、今度は男一人女二人の共同生活となる。

一方、女子高生(浅野温子)との奇妙な関係を始めるが、浅野温子は別の恋人(古尾谷雅人)との生活を始めるも、心は山崎努に惹かれていき、男一人女三人の生活と変わる。

さらに、三人の女は、それぞれ怪しい(説明不能な状態)関係から、通常の関係に戻りはじめ、浅野温子も山崎努が別れたこどもに執着することが嫌になり、元の恋人のところに戻るのだが、・・

最後は山崎の運転するムスタングで、海に突っ込む。が、山崎だけはヌケヌケと海中のクルマから脱出する。

筋立てからいえば、最後に生き残った方が主演ということだが、実際には浅野温子の魅力で成り立っている映画だ(ダメ男とダメ女の組み合わせでは映画にならないだろう。世間の一般的な家庭になってしまう)。

この頃、浅野温子は脱ぐ女優として有名になっていたようだが、80年代後半になり、映画からテレビドラマの方に移ってしまう。また小説家の高橋三千綱氏は、別の作家の作品に出演するという勘違いをし、本映画ではレイプ犯を演じ、今ではひた隠しにしている。

35年前の映画で、現代では考えられないような犯罪行為の表現が次々に登場する。(酒酔い運転、未成年飲酒、レイプ。タバコはどこでもポイ捨てだし、空家の破壊、危険運転、援助交際、動物虐待・・・)

そして、特筆すべきは出演者の多くがすでに他界(それも平均寿命よりずっと短く)していること。

監督の藤田敏八、脚本の内田栄一、古尾谷雅人(自殺)、室田日出雄、伊丹十三(自殺)、鈴木ヒロミツ、林美雄、原田芳雄。特に、古尾谷雅人氏は本作と同様に荒んだ生活に突き進み、妻の鹿沼えりさんには、DVを続け、結局は借金に追われ自殺。鹿沼さんはこの後、実母、実父の自殺が続き、二人のこどもを育て続けることになった(こういうのは映画にはならないようだ)。

『やはり、スローな生活で長生きする方が、お得な人生だ』ということを、表現したい映画だったのだろうか。

たぶん、違うだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加