今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

人生フルーツ 7

2017-01-16 23:30:12 | ノーヒットノーラン
じわじわ~
90歳と87歳。あわせて177歳のご夫婦の幸せな生き方にため息がでる。おそらくだけど貯金は知れてると思う。でもどっしりしたあの幸せ感はなんだろう?経済成長が何よりも優先された時代に自然との共生を視野にいれた開発を提案していたじいちゃんの先見の明に頭が下がる。周りの評価は気にせず、自分のやれることをコツコツやることで見えてくること。後れ馳せながらながらやっとボンヤリ見えてきた気がするわ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

俺たち文化系プロレスDDT 7

2017-01-12 21:50:29 | ノーヒットノーラン
人生はプロレスじゃないから。
エンターテイメント性の高さで人気のインディー団体DDTのドキュメント。一流団体のスター棚橋選手に、立ち向かう4人のレスラー。段取りのある試合と違い、厳しい人生や諸事情とガチンコで戦いながら、夢を与える試合に臨む姿に泣きそうになった。。ラストの「プロレスで人生って解決できるんですね…」は名言やろ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僕らのごはんは明日で待ってる 4

2017-01-10 20:12:55 | ノーヒットノーラン
これもかぁ…。
フリーパスがあるから東宝の映画をしらみ潰しに見てるけど、これも残念。少女マンガあるあるの展開。美男美女が都合よく出会い、天真爛漫な彼女に草食系男子が振り回され、でも彼女には秘密があって…何回見たら気が済むねん。思わせ振りなタイトルも映画ではほぼ意味なしだし。オッサン禁止マークとか作って貼っといてほしいわ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぼくは明日、昨日の君とデートする 4

2017-01-09 22:42:37 | ノーヒットノーラン
勝手にしたら。
役者もパッとせんし、少し不思議設定もしっくりこない。これは俺がおっさんになったからだけなんだろうか?薄いなぁ、最近の邦画。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

14の夜 6

2017-01-05 21:06:55 | ノーヒットノーラン
あれは俺だわ。
87年の14歳、全く同学年の物語。部屋に貼ってある菊池桃子のポスター、まだ高かったレンタルビデオ、ヤンキー。あんな田舎ではないけどほぼストライク。30年経った今は違うような気になってるけど、アホな原動も、退屈な日常も、大人へのイラつきも、無限の衝動もたぶんおんなじ。懐かしさは満載だけど、そこから先の展開がなかったのと、もうすぐあの歳になる息子への警戒が芽生えて集中できなかったので、この点かな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土竜の唄 香港狂奏曲 3

2017-01-01 18:45:58 | ノーヒットノーラン
今年の1本目がこれて(涙)
タダやったし、ちょうど時間があったからだけど、後悔。やっぱりこの監督の作風が生理的にあわない。おもろくもないし、俺がいうのもどうかと思うが下品。これを見て喜ぶのは生田ファン以外のどういう層なのか?逆に興味湧くわ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海賊とよばれた男 6

2016-12-29 20:53:48 | ノーヒットノーラン
たぎるものはあった。
出光の創業者をモデルにした物語。石油に目をつけた先見性、制度の隙間を見つけて立ち向かった気概、大資本のアメリカメジャーを蹴散らした技術と工夫。今の日本に足りないものを持っていた「あの頃の男たち」に憧れを感じた。なかでも一番よかったのが、船の上で歌う「国岡商店の歌」の一体感。昭和のおっさんの戯れ言かもしれんけど「自分の目先の得になるかどうか」でなく、仲間のため、家族のため、他人のために身体をはれる、そこが日本人の強さ。それが一番だよな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ローグ・ワン 6

2016-12-29 12:07:15 | ノーヒットノーラン
スターウォーズ エピソード3.7くらいの物語。
デス・スターの設計図を反乱軍が手に入れるまでの物語だから、その結果はわかっている。それでも後半、目的がハッキリして戦闘機が飛び始めるとワクワクするのはやっぱりスターウォーズ。ドニー・イェンがカッコよかった。イップマンと座頭市だけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マダム・フローレンス! 夢見るふたり 4

2016-12-09 22:44:35 | ノーヒットノーラン
それは愛なん?
さすがにおっさんになったヒュー・グラントとメリル・ストリープの夫婦愛を描いたみたいなストーリーになってる。でもあれのどこが愛なんやろ。明らかに金目当てで外に女もいるダンナ。自分を客観視すらできず、金の力で気持ちよく生きているだけのマダム。どっちもとても幸せそうには見えなかった。見てて寂しくなったわ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古都 4

2016-12-09 22:34:43 | ノーヒットノーラン
どうでもええわい!
外国人観光客にはアメイジング!なのかもしれない。でも俺は興味なく、うっとおしいだけの「京都のイヤなほうの部分」が凝縮された映画。見た目はきれいかもしれんけど、食ったか食わんかわからんような薄味の京料理みたい。ホンマにうまいと思ってる?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファンタスティックビースト 5

2016-12-07 22:06:23 | ノーヒットノーラン
もうお腹いっぱいやわ
ハリー・ポッターは全部見た。本を読んで想像していた世界がCGで産み出され、ぼやっとしてたものの輪郭がハッキリしたような快感があった。でもあれはもう10年以上前。信じられない世界が画面の中なら下手すると素人でも実現できる時代に、その部分の強化だけではしんどい。魔法使いも生きにくい世の中になっちまったもんだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界の果てまでヒャッハー 5

2016-12-05 11:21:08 | ノーヒットノーラン
タイトルまんま。
なんだっけ、あのバチェラーパーティで飲みすぎて偉いことになる映画、あ!「ハングオーバー」や。あれの舞台をラスベガスからブラジルの奥地にした感じ。細かいことはいい、笑えればという作品。でもこれがフランス映画だってのが一番の驚きだわ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖の青春 5

2016-11-30 08:56:27 | ノーヒットノーラン
マツケン頑張った。
若くしてなくなった羽生さんのライバル、村山聖の物語。十年以上前に原作を読み、心動かされただけにハードルは高かったかもしれない。もしかしたら道ですれ違っていたかもしれないくらい身近な舞台。ただマツケン頑張って太ったでしょ、東出くんもソックリでしょ、役の見た目に重きを置きすぎたのか、そこまでの説明やエピソードが希薄。村山くんのキャラクターや性格、将棋にあそこまでのめり込む動機付けが見えなかった、映画だけでは。盤面の熱い闘い、どうやって撮るのがええんかなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この世界の片隅に 7

2016-11-24 21:55:16 | ノーヒットノーラン
まだ残ってる。
のんが主人公の声をやった戦時中の呉を描いたアニメ。自分は感動してボロボロとはならなかった。でも見終わって1週間、まだイメージが残っている。激しく感情を揺さぶられ、全米が泣く作品ではないと思う。でも、悲しい運命に翻弄されても、ほわっと前向きな普通の女の子、すずちゃんの生き方が心のいろんなヒダに滲みてくる。そんな1本だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オケ老人 6

2016-11-18 18:47:36 | ノーヒットノーラン
ベタの気持ちよさ。
タイトルどおり、老人オーケストラにひょんなことから入ってしまった女教師の「がんばれベアーズ」。展開も結果も予想どおり。驚きは0。でも寅さんや水戸黄門の予定調和を楽しめる人たちにとっては堪らないんだこれが。そこに杏の意外な表情の豊かさが加わって、けっこう楽しめた。1000円で見れる人たちに囲まれてたけど、まあいいか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加