ベラルーシの部屋ブログ

東欧の国ベラルーシでボランティアを行っているチロ基金の活動や、現地からの情報を日本語で紹介しています

甲状腺にセシウムが蓄積する(追加の内容があります)

2011-07-16 | 放射能関連情報
 先ほどの投稿記事にも書きましたが、甲状腺にはヨウ素だけではなく、セシウムも甲状腺に蓄積することが分かりました。
 正直言って知りませんでしたし、ショックでした。私は甲状腺にはヨウ素しか蓄積しないと、思っていて、しかもベラルーシでは風土病として慢性的ヨウ素不足状態が続いており、それでSOS子ども村に行ったときにはいつも
「海草を食べよう!」
と保養家族のお母さんや子どもたちに話してきたのです。
 もちろんそれは無駄ではないし、これからも続けますが、甲状腺被曝に関してはヨウ素のことだけ考えてればいい、というものではなくなってしまいました。

 確かにねえ・・・おかしいと思っていたんですよ。
 ベラルーシでチェルノブイリ原発事故後、甲状腺の異常が増え、それが放射性ヨウ素被曝によるものであるというのは事実ですが、ヨウ素の半減期は8日間ですよ。
 事故から25年経っても、SOS子ども村で癌でなくても、甲状腺肥大のある子どもにたくさん出会ってきました。もちろん年齢から言って事故後に生まれた子どもばかりです。
 晩発性によるものなのか、親からの遺伝なのか? と思っていましたが、そうではなく、セシウムが蓄積したことによる異常だったのですね。

 私はこのブログにも書きましたが、日本はベラルーシと違ってヨウ素がたくさん含まれている食品が多くあるし、それをたくさん食べる食生活を送っていますから、ベラルーシのような甲状腺癌が今後増える、というようなことは日本ではないだろう、と思っていました。
 しかしヨウ素だけが甲状腺に蓄積するのではないとしたら、日本もベラルーシ同様、今後が心配です。
 どうか皆さん、被曝対策をしてください。特にお子さんの被曝をできるかぎり防いでください。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この記事と前の記事「内臓に蓄積するセシウム」でご紹介した内容について追加の情報です。
 個々の内臓のセシウム蓄積量について研究した元ゴメリ医大の学長バンダジェフスキー氏について、入学した学生からわいろをもらった罪により、投獄されていた(だから学長もやめさせられた。)ことがある人で、信用できないといった意見や、論文内容に不適切な部分がある、という人もいます。(以下の「buveryの日記」をご覧ください。)

http://d.hatena.ne.jp/buvery/20110701


 しかし、こちらの木下黄太さんのブログをご覧ください。

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/2b356495a621a17046356b99b27142d2


 ここにコメント欄でこのように書き込んでいるアメリカ在住の医師、と言う方がいます。「buveryの日記」の中の内容を分析されています。
 長いので、こちらで一部だけご紹介しますが、ぜひともこの方のご意見を木下黄太さんのブログのほうで読んでください。

「バンダジェフスキー博士は、当時隠蔽されていた、内部被曝という情報を公にするために、研究をされたようです。その研究のためにゴメリ医科大学を設立されたそうです。 しかし、結果的に、恐らく真実を述べられていたがために投獄されたそうです。 そして、釈放された後、恐らく、健康を取り戻しながら、研究成果を出版されたのだろうと察します。
(中略)
 第一印象としては、その研究がされた背景を考慮し、現在私達が、セシウムはカリウムと似ていて、主に筋肉に集中する、と思っている事も考慮したら、画期的な情報だと言えると思います。 筋肉の細胞は、ナトリウムとカリウムのイオンポンプを用いています。 だから、筋肉中にはカリウムの分布が多いのです。 それが、他の臓器にも蓄積される、と言うのは、大変重要な情報です。

 批判されてるブログの方が、どういう素性の方なのか分かりませんが、おそらく、統計学にも詳しく、医学論文がどうあるべきか、と言うのを御存知なのだと思われます。 しかし、論文中の3つのデータの整合性がないと言われているのは、原文を読めば、3つのグループが明らかに別々のグループである、と言うのが分かるので、整合性を求める方が無理があるのでは?とも思います。例えば、最初のデータは、生後6ヶ月未満の乳児6人から。 2つ目のデータは、ゴメリ郊外に居住していた大人と子供から。3つ目のデータは、10歳未満の子供達51-52人。最初から、3つのデータを整合しようと書かれてないように思えます。

 この方のブログエントリーの提議は、「セシウムは甲状腺に集積して、甲状腺癌を引き起こすのか?」なので、その方が出された答えの、「ある程度は集積されるかもしれないが、極端に集積する訳ではない。 ただし、小児甲状腺癌は引き起こさない。」という結論は、それなりの答えになってるのだろうとは思います。(小児甲状腺癌のデータは、別の論文から得られてます。)

 (中略)
 一般的に、放射線被曝で癌になる、ならない、が良く話されているようですが、癌まで至らなくても起こる疾患が、山ほどあるのです。免疫力の低下によって起こる様々な不具合。 

(中略)
 例えば、甲状腺癌。 早期に発見されて癌摘出手術を受けたら、あとは甲状腺ホルモンを投与すればOK、と言う風に言われてますが、その診断に至るまで、どれほどの症状が出るのか、御存知ですか?
(中略)エネルギーがなくて、体がちゃんと動いてくれず、いつも疲れていて、普通の日常生活が送れないのです。
 被曝の症状は、甲状腺が大きく取り上げてられますが、それだけではありません。

(中略)
 それを、私達は、今までのデータや研究の隠蔽のせいで、知らないだけなのです。セシウムが筋肉だけでなくて他の臓器にも蓄積されると言うのは、非常に貴重な情報です。
 インターネットのおかげで情報の共有が簡単になったから、今回の福島原発事故からの影響は、こういう木下さんのブログなどのおかげで、隠蔽は困難だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

 引用は以上です。このアメリカの医師さんと私は全く同意見です。 
 甲状腺に放射性ヨウ素が蓄積すると癌になると言われていますが、みんながみんな癌になるわけではありません。
 また甲状腺にセシウムが蓄積すると癌になるのか? ときかれると「分かりません」と答えるしかない。しかし癌にならないのだったら、放射性セシウムが甲状腺にたまってもいいのか? ときかれると、やはり蓄積するより蓄積しないほうがいいに決まっています。
 だって、放射性物質ですよ。

 それからバンダジェフスキー氏の手紙が日本語に訳されています。ぜひご覧ください。

http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/etc/RFERL/Banda-j.htm


 ベラルーシに住んでいる人間からすれば、バンダジェフスキー氏の投獄事件は裏が丸見えです。
 ベラルーシは経済状態がずっと低迷し続けており、チェルノブイリ関係の国家予算を減らしたくて
「事故からこんなに時間が経ったのだから、もう大丈夫。汚染地域にみんな住めますし、元気に暮らしています。」
と強調しています。
 そこへバンダジェフスキー氏が「低レベルの被曝でも健康に影響が出る。」と警告したわけです。
 ベラルーシ政府からすれば「寝た子を起こすな」でしょう。
 アムネスティーが良心の囚人としてバンダジェフスキー氏の釈放を求めたのもうなづけます。
  
ジャンル:
東日本大震災
この記事についてブログを書く
« 内臓に蓄積するセシウム | トップ | 仙台市役所より (追加の内... »

放射能関連情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事