みみずのしゃっくり

みみずのしゃっくりのように役に立たないことを不定期に書き込むブログ。
専属スターはいませんが、猫っぽい内容です。

ななみみず前身「みみざこ連」




仔ニャンコ・仔ワンコが新たなお家に迎えられるには、いつ頃が良いのでしょうか?
いわゆる「8週齢」問題については、こちらをご覧ください。六つ子の仔猫の動画もあります。

最新記事は、この下です↓
通常1日おきに更新の予定ですが、2日おき、あるいは3日おきになることもあるかも・・・(^v^;)

映像美の極致

2017-06-23 | おきにいり

久々の映画遅報です。今回は超遅報です
映画関係の遅報については「これから」とそのリンクや「メルヘン王」をご覧ください。

あれこれ考えごとをしていたとき、突然、思い出したのです

それは、私がこれまで見た中で最も美しい映像美の世界でした
アンドレイ・タルコフスキー監督「僕の村は戦場だった」

ロシア語原題は「イワンの少年時代」、他の主要言語も全て「イワンの少年時代」、更に中国語も「伊凡的少年時代」です。
日本で何かの折に1回見て深い印象を受け、ウィーンでソ連およびロシア映画の特集があったとき、もう1度見ました。このとき、映像の美しさに感動して泣いてしまったのですが、一緒に見に行った友達は多分、イワンの悲劇に泣いていると思ったことでしょう。
反戦映画でありながら、ソ連のプロパガンダ映画ではなく、白黒映画でなければ描けない美しさが画面に満ち溢れています。これがソ連映画かなと、ちょっと不思議に思いましたが、やはりタルコフスキーは亡命しました。


画面をクリックすると断り書きが出てきますがYouTubeで見るをクリックすると、夫々のシーンが見られます。


白樺林の中のシーン



従軍看護婦のマーシャにホーリン大尉が強引に接吻するシーンですが、詩情豊かです。

イワンの処刑場面は出てきません。ソ連軍が占領した戦後のベルリンで、ソ連軍将校が捕虜収容所の書類を調べています。「銃殺」「絞首刑」「銃殺」「絞首刑」と読み上げていくうち、イワンの顔写真が出てきます。確か銃殺だったと思うのですが、2回しか見ていないので記憶は不確かです。
この場面で、もうひとつ印象的なのは、これまでビロードのようなロシア語が聞こえてきた中に、突然、硬質なドイツ語が混ざることです。夫々の言語の「色彩」が際立って、聴覚的にも美しいのでした。


そして、イワンが妹や友達と遊ぶシーンが最後を飾ります。「戦争が無ければ、こうだったのに」という訴えだと思います。





戦争に巻き込まれて家族を失い、ドイツ軍を憎み、少年であることを利用して前線の伝令として働き、結局ドイツ軍に処刑されるイワンの運命は、今になってみると、イスラエル軍に親を殺されたパレスチナの少年の姿を重ねることもできます。こうした少年がイスラエル軍兵士に投石したり、あるいは若者になって自爆テロリストになったりするのでしょう。「悲嘆-憎悪-復讐」の連鎖を終わらせることは難しいですが、これしか解決の道は無いだろうと思います。


「イワン」のDVDはアマゾンでも扱っていますが、残り1点となっています。
名画なのであるいはブルーレイになるかもしれません

その後、タルコフスキーの「ノスタルジア」も見ましたが「イワン」よりもっと悲しい映画でした。
ラストシーンからタルコフスキーの孤独感が観客席に溢れ出てくるようでした。

ヴィスコンティの「ヴェニスに死す」や「ルードヴィヒ」などは、むしろ絢爛豪華というべきでしょうか?






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絵本

2017-06-21 | かりねこ

絵本(Bilderbuchビルダーブーフ)という名前のオーストリアのロック・バンドです
えーと、猫さんがチラッと出てくるので、こじつけで「かりねこ」グループです





ウィキの英語記事は短いです。詳しいのはドイツ語






いよいよ昼の一番長い日になりましたね。
これから又昼が短くなり始めますが、夏はこれからが本番。
大規模な山林火災の続くポルトガルは日中の気温が40度を超えているとか。
ここらへんも35度くらいが頻繁になってきました 
昔は6月でも肌寒いことがあったのに・・・
頑張って夏を乗り切りましょう






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小粒獅子

2017-06-19 | かりねこ

何年も前の週間カレンダーの1ページです





このカレンダーには、週ごとに写真に対応する名言やことわざが付いていました。
この写真の「ことば」は・・・


猫はミニチュアのライオンである
ネズミを好み、犬を嫌い、人間を許容している



出典あるいは発言者(記述者)は挙げられていません。どこかの諺かもしれませんが、当を得ています。
とはいえ・・・
猫さんの個性、性格は千差万別で幅があり、しかも現代ではネズミさんの味を知らない猫さんが当たり前。
犬さんに育てられたり、仔犬を育てたりで、犬さんと仲良く暮らす猫さんも多く
人間については「許容している」から「熱愛している」まで様々だと思います。


ミニライオンというとウサギさんだったり
獅子にも色々あるので、タイトルは小粒獅子にしました





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あるドイツ的運命

2017-06-17 | その他

以前にアップしたクラウディオ・マグリスの「ドナウ」の中で、最も印象に残ったエピソードです。
この章の原語タイトルは「un destino tedesco(ウン・デスティノ・テデスコ)」です。








著者がバナト地方ベラ・チュルクヴァで聞いた話です。簡単にまとめてみます。

この地に第一次大戦以前からフォークターという名のゲルマン系実業家が住んでおり、この人物は大地主でもありました。第一次大戦後もこの土地に残り、第二次世界大戦中の1941年にドイツ国防軍が、この地を占領してから、地主の屋敷は若いドイツ軍少尉の宿舎となり、フォークターは少尉を大いに歓待しました。

しかしフォークターの農場で働く労働者たちは、夏には午前2時から夜10時まで働かされ、漸く10時過ぎに屋敷の裏の小屋で、粗末なスープと僅かなパンを食べました。これが彼らの毎日唯一の食事でした。ある晩、少尉は全く事情を知らないまま裏の小屋に迷い込み、1つの鍋を囲んで食事をしている労働者たちに出会いました。彼らと食事のみすぼらしさに驚いた少尉は、すっかり恐縮しておずおずと答える労働者たちから事情を知りました。

激怒した少尉は鍋を蹴飛ばし、フォークターを呼びつけて「お前はならず者だ、ドイツの名誉を傷つける者だ」と叱責し、労働者たちには、これから自分が支払うから、まともな食堂で十分食事をするようにと話しました。

著者が少尉のその後の運命を訪ねると、語り手は「多分、ドイツ軍の敗退のときパルチザンに殺されたんだろうよ。あるいは殺したのは、彼のおかげで食堂に行っていた労働者のひとりだったかも知れない・・・」



      


東欧バルカン半島は古来、様々な勢力の衝突の場となり、繰り返し支配者が替わっています。その後遺症は今も続き、ユーゴスラヴィア崩壊、そしてロシア(プーチン)によるクリミア半島併合東ウクライナの武力紛争は今も続いています。

バルカン半島については複雑なので日本語ウィキは簡単な記述しかありません。英語ウィキは非常に詳しいです。

ところで・・・

上の2つの写真はドイツ語ウィキ記事からピックアップしたイメージ画像です。

人物はウェルナー・ゴルトベルクで、この写真はナチスの新兵募集ポスターに「理想のドイツ軍兵士」として利用されました。しかし片親がユダヤ人だったため軍から除籍されました。多分完全なユダヤ人ではなかったため強制収容所に送られることはなく、親の救出に尽力、戦後は政治家となっています。

追記:ゴルトベルクの両親はクリスチャンで本人も子供のときからクリスチャンとして育てられたので、事件が起こるまで片親がユダヤ人であることを知らなかったそうです。それでも、ユダヤ系の親の救助に尽力したのですから、模範的息子と言えるかもしれません。


下は、第二次大戦西部戦線(フランス)の写真で、バルカン半島の戦線とは関係ありません。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぷりこぞう

2017-06-15 | おきにいり

前回の自然史博物館を出ると、入るときは急いでいて気付かなかった小象さんが


プリケツが非常にチャーミング



前から



ちょっと近づいて



このプリケツ小象さんは、オーストリアの画家・彫刻家ゴットフリート・クンプフ(1930~)の作品です

人柄なんでしょうね。作品は絵画も彫刻も愛らしいものばかり

ウィキはドイツ語だけですが、本人のHPで沢山の作品が見られます







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加