みみずのしゃっくり

みみずのしゃっくりのように役に立たないことを不定期に書き込むブログ。
専属スターはいませんが、猫っぽい内容です。

ななみみず前身「みみざこ連」




仔ニャンコ・仔ワンコが新たなお家に迎えられるには、いつ頃が良いのでしょうか?
いわゆる「8週齢」問題については、こちらをご覧ください。六つ子の仔猫の動画もあります。

最新記事は、この下です↓
通常1日おきに更新の予定ですが、2日おき、あるいは3日おきになることもあるかも・・・(^v^;)

2つの美術館

2016-09-27 | その他

9月24日付けNZZ(新チューリヒ新聞)で日本の2つの美術館が紹介されていました。


タイトル:空間のコンテナーと輝きのキャビネット


空間のコンテナーと名付けられたのは
大分県立美術館

写真は載っていませんが、その分本文の三分の二が充てられています。
設計者は坂茂で、一見したところミース・ファン・デル・ローエベルリン新ナショナル・ギャラリーを思わせるが、菱形をモチーフとする二層構造は独自のもので、地元の伝統工芸・竹細工を継承しており、提灯のような軽やかさを強調している。内部と外部の流動的な結び付きによって、美術館であると同時に人々の集う文化センターともなっている。また微かに湾曲した内部の木製構造は、建築家の代表作であるメスポンピドーセンターに通じるものがある。



輝きのキャビネットと名付けられたのは
富山市ガラス美術館(新聞記事の写真)

設計者は隈研吾で、ガラス、花崗岩、アルミニウムを用いた外壁は、繊細に分割されたキュービズムのレリーフのように見える。内部には図書館も併設され、木材を巧みに用いたホールには、外光が万華鏡のように演出され極めて快適である。北陸新幹線で東京から僅か2時間にあり、数々のガラス芸術作品が、見事な光の中に演出され、素晴らしい目の保養となる。


      

この記事で読むまで、私は2つの美術館を知りませんでした。ひょっとすると、日本に住んでいても、よほど現代建築に関心があったり、全国の美術館を巡り歩くほどの美術愛好家でなければ、知る機会がないかもしれません。
この記事は、スイスの読者に、日本に旅行して時間があったり足を伸ばしてみましょう、と薦めているように思えます。


大分県立美術館
大分県立美術館HP

富山市ガラス美術館
富山市ガラス美術館HP




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫花火

2016-09-25 | かりねこ

この頃は夜空に猫さんの顔が浮かび上がる打ち上げ花火があるようですね

但し家庭用の花火では、ネズミ花火はありますが、ネコ花火はないようです。
尤も、こんなことを言い出したらきりがないわけで、なぜ犬花火はないの?とか、なぜ象花火はないの?とか、きりがありません。


でも下の写真をネットで見つけたとき、猫さんのひげが、まるで花火のようだと思ったのです




この猫さんは「眠り猫」と「招き猫」の2役を演じヒゲで花火を打ち上げている・・・みたい



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大地を護る美形

2016-09-23 | おきにいり

私の敬愛するミミズさんです


とても美形の(若い?)ミミズさん


原画が小さいので大きくしてみたら画質が悪くなったので、結局小さいままです。

地下に住むミミズ軍団が常に土壌を耕しているので、農作物も野草も木々も育ちます。植物が育って草食動物を養い、草食動物が肉食動物を養っています。そして彼らの排泄物や死体などが肥料として大地に還元されます。
ミミズさん自身も、モグラ、ニワトリなどなど多くの小動物や鳥類の大切な食品です。
自然は持ちつ持たれつの生態系として調和が取れています。それを破壊するのは殆ど人間だけです。
でも人間も自然と生態系を護り保存し、あるいは「修復」することができます。大切なのは決意と実行力だけです。


ミミズさんの活躍を紹介する絵本


専門書だと読むのも大変ですが、こういう絵本は、素人のミミズ・ファンには楽しいです


ミミズさんが主人公のお話


ワルターというミミズの子供が地面の上に出て、カラスに食べられそうになったり、蝶の毛虫やハエと知り合ったりするお話。

こういう本を読む子供たちは、自然の大切さやミミズの重要さを理解して環境保護をも意識するようになるでしょう



Wikipedia:ミミズ







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

宮殿周辺散歩

2016-09-21 | 旧市街

これまでにも数回アップしているホーフブルク王宮の周りを半周散歩しました

ハプスブルク皇帝の住居であり政庁だったので帝宮でもいいのですが、ハプスブルク王朝というのは色々な国を寄せ集めたもの(中央集権化が遅れた)で、ボヘミア王、ハンガリー王の肩書きもあったので、王宮でも良いのです。
そもそも神聖ローマ帝国というのが「絵に描いた餅」のようなややこしい存在でしたが、その説明はウィキでご覧ください。


1)外ブルク門

ライプツィヒの戦い戦勝を記念したもの

2)同じ場所から振り返るとリンク大通りを隔てて自然史博物館


3)ホーフブルク王宮見取り図

左のピンク色がミュージアム・クオーターと自然史博物館と美術史博物館


4)外ブルク門の柱を通して見たミノリーテン教会(工事中らしい囲いあり)

手前はカール大公騎馬像(ナポレオン軍に勝った人)


5)この部分が新王宮(ノイエ・ブルク)と呼ばれます

ノイエ・ブルクだけの説明はドイツ語ウィキしかありません

6)オイゲン公騎馬像

オスマントルコ軍その他と戦って全勝だった帝国軍総司令官

7)古い建物とノイエ・ブルクをつなぐ建物には旗がいっぱい

ここに国際会議場があります

8)振り返って見た外ブルク門:後方は自然史博物館


9)つなぎの建物の下の通路へ向かいます


10)通路のランプ


11)通路にはお土産屋さん数軒


12)次の中庭(正門から入れば最初の中庭)


13)棍棒を振り上げるヘラクレス

以前に殺したネメアーの獅子の皮をまとっています

14)この人はイピトス?気の毒です


15)全体


ヘラクレスはギリシャ神話の代表的な英雄とされ、エルキュール・ポアロの名前もヘラクレスの仏語発音です。でも矢鱈強いだけで、以前にも書きましたが、どうも好きになれません

16)正門(ミヒャエル門のドームの中)


17)ミヒャエル門を通って先へ進みヨーゼフ広場の片隅

左後方はヨーゼフII世騎馬像

上の写真の場所からまっすぐ進んで突き当たりの通路を入った小さな中庭で発見

18)1341年に完成したゴシック教会の回廊の一部

2011年の修復の際、発見されたという説明プレートがありました

ここで電池がきれ、予備を持っていなかったので、ここでおしまいです





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チリトンバ

2016-09-19 | おきにいり

ラジオで特集番組を放送していて気がつきました。今年はフリッツ・ヴンダーリヒ没後50年に当たります。
不世出のテノール歌手と言われながら1966年9月17日、階段から落ちて頭蓋骨骨折という不慮の事故で亡くなりました。オペラ歌手の活躍できる期間を30代から60代としても、向こう30年の輝かしい歳月が突然消えてしまったのです。大変残念なことです。
ルチアーノ・パヴァロッティも、歴史上最高のテノールとしてフリッツ・ヴンダーリヒをあげています。

ヴンダーリヒのCDは今でも入手できますが、幸い今はYouTubeもあります。


チリトンバ


歌詞の英訳

ナポリ民謡と言ってよいでしょう。歌詞英訳サイトによれば「チリトンバの意味はいまだに不明」とあります。まあ「エッサホイサ」とか「ヤットコドッコイ」の類と思われます。
「ティリトンバ」というカタカナ表記が一般的のようですが、歌えば「チリトンバ」に聞こえるし、この方が可愛い・・・かな


ヴンダーリヒの録音作品の中で重要なひとつは「グラナダ」だと思います。ドイツ語訳で歌っているのですが、不自然さがありません。

グラナダ


歌詞の英訳


グラナダは、アラビア語の「アル・ハムラ(赤い宮殿)」に由来するアルハンブラ宮殿で知られています。



ルチアーノ・パヴァロッティの歌唱が聞ける以前の記事
再びルチアーノ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加