monmon photo
日頃撮影した写真の記録。鉄道中心に。

個人的な範囲以外での画像の無断使用を禁じます。
 



三輪崎で撮影後は、素早く撤収して追いかけます。 紀伊半島先端部も高規格道路が少しづつ延びてきているため、撮影後すぐに勝浦市街地を過ぎるあたりまでワープ。既に列車は追い越しています。次なる目的地は道中色々悩んだ挙句、平凡にも古座川橋梁に落ち着きました。第一目標は浦上俯瞰なのですが、キャパの問題でおそらく困難でしょうし、あまり作例を見かけない御座俯瞰(上り線)を考えましたが、午前3時過ぎの真っ暗な中で . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




4月、新宮を往復したなにわを撮影にミニ遠征を行いました。 当初は往復とも撮影する気で宿の手配までしていましたが、フル編成ではなくて5両編成と残念な減車で単機牽引であることがわかり、一気にトーンダウン。仕事が立て込んできた事、週末の天気予報が悪くなってきた事などで一旦出撃を止めようかとも考えていましたが、運転日が近づいてくるにつれて復路の天候は回復傾向に。3月の「出雲」のように、復路に良いカンが付く . . . 本文を読む

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




3月から3か月間シリーズもののように運転された、日本旅行主催の短縮バージョン「なにわ」による各地への運転ですが、現在は網干へ入場して検査を受けており、検査前の一稼ぎを行った形です。 往復とも異なるHMを用意し、一部は当日まで非公開という念の入れようでしたが、HMのセンスとしては物によりかなり差があったように感じます。また、これまでの例からはどう考えてもフル編成で満席が予想されるのに、2両減車。宿の . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




3月下旬の東京出張日。 カシオペア紀行の運転日が設定されていたので、これまで気になっていたけど未訪問の撮影地のうち、脚立が無くても何とかなる東京近郊の撮影地へ行ってみた。光線状態としては順光だが、沿線の高層ビルの影が線路に深く刺さるため曇りの方がありがたい。 蕨駅から線路沿いに歩く事20分弱で現場到着となるが、1時間ほど前でもよいアングルが得られる立ち位置にはすでに撮影者が張り付いている。その隙間 . . . 本文を読む

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




6/3-4にD51-200の試運転があるとの事。先日のオヤを従えた試運転も無事終了し、このタイミングでまた試運転するとは思っていませんでした。 7月からの北びわこ号もC56牽引で落ち着いた模様で、やまぐち号での営業デビューとなる見込みです。北びわこ号での登場はまだ先の事と思っていた矢先の客車フル編成従えての試運転。HM無しで5両の客車を従えた列車を撮影する事が出来るという、次何時あるかないかわから . . . 本文を読む

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




だいぶ写真が溜まってしまい、今更感が強くなってしまっていますが、順にあげていきたいと思います。 今年のダイヤ改正初日、前日に幡生からムドで広島へ移動した27号機が改正でロクロク運用となった1072レに充当されたとの事。不可解なムドで、トラブルで広島車両所へ入るのかと思っていたので、ほっと一安心。神戸あたりまでで撮らなければ正面へは陽が回りませんが、滋賀でも半逆光で撮る事が可能です。たまたま時間が . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先週末は碧南線40周年の記念HMを付けたKE65重連が走り、碧南市駅で撮影会も実施されたようですが、4月の凸乗務員訓練の話題が続きます。 半田埠頭駅では、倉の前に2両のKE65が停めてありました。1号機は一部エンジンむき出しの状態で、2号機はピカピカの塗装にお召の装飾が施されています。保安装置の加減でJR線に乗り入れられないため、実質運用させようがない状態のようですが、DE10時代にお召に抜擢さ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




明石陸橋でホキを見送ると、渋滞回避のため奮発して衣浦トンネルを抜けてすぐの半田埠頭駅へ。すぐに移動したのですが、それでもすでに先客多数で、後方から何とか抜ける位置を確保する事が出来て一安心。駐車スペースの問題などあり、昼食のため現場を離れる事も難しく、列車が来るまで2時間ほど天気が良くなって太陽がジリジリ差し始めた現地で時間をつぶす事になりました。 構図としてもタイトで、あまり前に出ても編成後半 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




凸単機の訓練運転3往復目を見送ると、ホキ便撮影のため、明石陸橋へ戻ります。この時間はどこで撮っても順光(半逆光まで)にならないので、お手軽に朝の便を撮影後に場所を確保していました。渋滞に巻き込まれながら、撮影地を目指していると4往復目の運転が行われていました。予定時間内で何回折り返すか決まっていないのかもしれません。 先ほど連れてきたホキのうちの6両程度の積み下ろしを完了させ、単機で仕立てられる列 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




凸が訓練運転に発車するのを見送ると、撮影するために移動開始。3往復程度あるのですが、並走する国道は渋滞し始めており、あちこち動いて撮影する事は難しそうです。そこで、碧南線のハイライトというべき、鉄橋を目指す事にしました。1往復目は撮れずに見送る鉄になってしまいましたが、迷いながらも辿り着いたのは碧南側の橋の袂。数名パラパラと撮影者がいる程度でした。後からよく調べると有名撮影地は反対側の袂だったよう . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ