monmon photo
日頃撮影した写真の記録。鉄道中心に。

個人的な範囲以外での画像の無断使用を禁じます。
 



塩浜を覗いた後は9時の便を撮影に臨港線へ。この日は運用通りだと旋回窓の1146号機がやって来るはず。ネタが入らない時よりも撮影者が多いようなので、運用通りに来そうですね。 新たな撮影ポイントを開拓したと思うもののm、あまり時間がなくいつもの倉庫前へ。前回は三脚を設置しましたが、前後に撮影者がいたため手持ちでしゃがんで場所を確保。光線は申し分ありません。ローアングルで待ち構え、ゆっくり入線してきた列 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




5271レ撮影後は四日市港まで時間があったので、塩浜駅に寄り道。タブレットがなくなったので、私の中での重要度は下がってしまいました。 駅に着くと、ちょうど5282レで折り返し待ちをしている更新色凸重連が停まっていました。跨線橋からは工場の煙突と奥に雪を頂いた鈴鹿山脈が見えています。列車とコラボがなかなか難しい雪山ですので、跨線橋から標準レンズで無理やり絡めてみました。 2017.02.04 塩浜 . . . 本文を読む

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




もう1ヶ月前の撮影になります。 2/4は朝から時間が取れたので、撮影に出掛けました。各地の運用をざっと見てみましたが、パッとするものもなく、5271レの先頭に入るであろう原色852号機を狙う事にしました。四日市までの運用で、順光で撮れる所は海蔵川ぐらい。天気が良くて逆光は承知の上で、朝日のカーブから追っかける事にしました。ここは75レなんかがおあつらえ向きの15時以降ポイントですが線形が好きで朝の . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ここ2年ほどは新幹線開業など華々しい話題があったJR春のダイヤ改正ですが、今期はこれと言って華になる話題もなく、趣味的には地味に国鉄時代からの古兵が消えていく事案が多い寂しい改正でした。 先日遠征した宗谷本線関連では、サロベツで運用されていたキハ183が撤退となり、特急は以前のような同一形式のみの体制となったようです。 今回の改正では、驚いたことに新車を作る資金的な余裕がない事から苦肉の策で利便 . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




この先は雄信内あたりで追い越せると考え、線路意沿いではなく国道をひたすら南下。約10分程度の余裕を持って雄信内駅周辺までやって来ました。このあたりからは天気は打って変わって晴れ!昨日おぼって勝手が分かっているので雄信内俯瞰へ登る事も考えましたが、おそらく幌延町主催の団体さんが先に陣取っておられるだろうこと(場所がきつそう)、この天気で万一撮り逃したらもったいないため、安全パイとして駅で進入から発車 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




勇知跨線橋で撮影後、列車を追いかけて南下開始。バイパスには乗らず線路に沿って国道を南下する事にします。豊富あたりで数分先行で来ていたので、県道のオーバークロスにしようかと思いましたが、すでに先客が多くパス。そのまま南下して、国道オーバークロスまでやって来ました。 ここも先客は数名いましたが、車が停めやすかったのでここに決定。トラックも頻繁に走る交通量の多い道なので、滑ってこけないように注意して道路 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




事前情報で知ってはいたのですが、跨線橋北側のカーブに制限25Km/Hの臨時速度標識が設置されています。戻ってきて明るくなっていたため全容が分かりましたが、沿線で重機を入れた工事をやっている為のようです。カーブ上のごく短い区間にのみ設定されており、JR北海道の各路線で問題になったいわゆる危険個所の一つなのかもしれません。そのため、路盤などの整備工事が行われているのかもしれませんね。今年は例年のように . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1/7は幌延駅前で宿泊。未明にやって来るラッセルを運転確認方々バルブしようかと考えていましたが、寒さと疲れに負けて不戦敗。それでも5時過ぎに宿を出発して稚内を目指します。 まずは、勇知跨線橋で撮影場所を確保すると、そのまま線路に沿って海岸へ抜けて、南稚内へ。海岸沿いの道路はびっくりするぐらい雪がありません。順調に車を走らせることが出来たため、6時半に開店するセイコマートが開店するのを待って朝食を買 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




5087レまで撮影すると、8865レ撮影のために移動開始。これだけ晴れて湖西の山々もくっきり見えるなら、編成の短い6685レは真横から狙いたい。調べると荷物なしの重単で下ってきている模様。ワンスパンにきっちり入れられるので好都合です。山が見える場所は多数ありますが、線路際が建物などでわずらわしくない場所は限られています。築堤が高くなっている地点で下から見上げると、そういった線路の向こうの建造物が消 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今シーズンから減便ダイヤの影響をもろに食らってしまい、追っかけがとてもタイトになり、昼の音威子府そば休憩すらさせてもらえなくなってしまいました。佐久で撮影後は、音威子府手前で列車には追いつけますが、数分停車の間にスキー場前で何とか撮影してもその後の豊清水の交換停車もなくなってしまったため、追っかけはかなりタイトになってしまいます。しかし、もう1発俯瞰撮影をしたい場所があったため、佐久から直行して現 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ